三塁打

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三塁打を放ったタイ・カッブ

三塁打(さんるいだ)とは、野球ソフトボール打者が打った安打のうち、三塁まで進んだ場合を指す。

概要[編集]

スリーベース(ヒット)とも呼ばれる。なお、アメリカのOfficial Baseball Rulesでの表記はthree-base hitだが、現在ではtripleトリプル)という呼称が定着している。

ただし、打者が三塁まで進むことが出来ても、その進塁に野手の失策野手選択によるものが含まれていた(と公式記録員が判断した)場合は三塁打ではなく、単打二塁打と失策(野手選択)による進塁と記録される。

安打が三塁打となるためにはグラウンドの最も深い位置に打球を転がすことと走者の足の速さが要求され、安打の中でも数が少なく、守備技術、特に中継技術の向上により、本塁打よりも希少な存在となっている。また、三塁打のシーズン最多記録や連続試合記録などが近年では更新されることが無く、日米ともに1970年代までに記録されて以降更新されていない記録がほとんどである。

三塁打が出なかったためにサイクルヒットが完成しなかったケースは多い。逆に、走力の低さからなかなか打てない三塁打を打つことが出来、その後サイクルヒットに繋げたというケースも存在する。

野手がグラブや帽子、着衣の一部などを投げつけたり本来身に着けている場所から離したりしてフェアの打球に当てた場合、打者と走者にはそれぞれ3個の安全進塁権が与えられる(安全進塁権を参照)。

三塁打に関する記録[編集]

日本プロ野球[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 三塁打数 順位 選手名 三塁打数
1 福本豊 115 11 飯田徳治 67
2 毒島章一 106 12 大下弘 66
3 金田正泰 103 蔭山和夫
4 川上哲治 99 村松有人
5 広瀬叔功 88 15 新井宏昌 65
6 呉昌征 81 川崎宗則
中暁生 17 藤村富美男 63
8 長嶋茂雄 74 大石大二郎
9 張本勲 72 小坂誠
10 吉田義男 70 20 小鶴誠 62
柴田勲
  • 記録は2013年シーズン終了時点

シーズン記録[編集]

個人[編集]
順位 選手名 所属球団 三塁打数 記録年
1 金田正泰 大阪タイガース 18 1951年
2 ラリー・レインズ 阪急ブレーブス 16 1953年
3 蔭山和夫 南海ホークス 15 1950年
4 鈴木清一 セネタース 14 1946年
5 鬼頭数雄 ライオン軍 13 1940年
金田正泰 大阪タイガース 1946年
藤村富美男 大阪タイガース 1948年
蔭山和夫 南海ホークス 1951年
ロベルト・バルボン 阪急ブレーブス 1955年
関口清治 西鉄ライオンズ 1956年
箱田淳 国鉄スワローズ 1956年
毒島章一 東映フライヤーズ 1957年
吉岡悟 太平洋クラブライオンズ 1976年
松井稼頭央 西武ライオンズ 1997年
村松有人 福岡ダイエーホークス 2003年
鉄平 東北楽天ゴールデンイーグルス 2009年
チーム[編集]
順位 チーム 三塁打数 記録年
1 阪急ブレーブス 66 1955年
2 阪神軍 61 1946年
3 東京巨人軍 57 1946年
大阪タイガース 1947年
5 西鉄ライオンズ 56 1956年
東映フライヤーズ 1961年
7 阪急ブレーブス 55 1956年
8 南海ホークス 54 1949年
中日ドラゴンズ 1950年
阪急ブレーブス 1954年
東映フライヤーズ 1959年

その他の記録[編集]

個人[編集]
記録 三塁打数 選手名 所属球団 日付
連続試合三塁打 4 長嶋茂雄 読売ジャイアンツ 1960年5月8日 - 5月14日
連続打席三塁打 3 堀尾文人 阪急ブレーブス 1936年11月14日
蔭山和夫 南海ホークス 1951年9月28日 - 9月29日
河埜和正 読売ジャイアンツ 1974年5月29日 - 5月30日
1試合最多三塁打 3 堀尾文人 阪急ブレーブス 1936年11月14日
川上哲治 東京巨人軍 1939年6月21日
川合幸三 阪急ブレーブス 1948年11月1日
蔭山和夫 南海ホークス 1951年9月28日
吉岡悟 太平洋クラブライオンズ 1976年6月20日
1イニング最多三塁打 2 金田正泰 大阪タイガース 1946年7月25日
杉浦清 中部日本軍 1946年9月7日
最年長三塁打 48歳4ヶ月 浜崎真二 阪急ブレーブス 1950年4月30日
チーム[編集]
記録 三塁打数 チーム 日付
1試合最多三塁打 6 セネタース 1946年7月14日
1イニング最多三塁打 4 読売ジャイアンツ 1947年8月16日

メジャーリーグベースボール[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 三塁打数 順位 選手名 三塁打数
1 サム・クロフォード 309 11 ビッド・マクフィー 188
2 タイ・カッブ 295 12 エディ・コリンズ 187
3 ホーナス・ワグナー 252 13 エド・デラハンティ 185
4 ジェイク・ベックリー 243 14 サム・ライス 184
5 ロジャー・コナー 233 15 ジェシー・バーケット 182
6 トリス・スピーカー 222 エド・コネッチー
7 フレッド・クラーク 220 エド・ローシュ
8 ダン・ブローザース 205 18 バック・ユーイング 178
9 ジョー・ケリー 194 19 ラビット・モランビル 177
10 ポール・ウェイナー 191 スタン・ミュージアル

シーズン記録[編集]

※1901年以降を対象としたもの。

順位 選手名 所属球団 三塁打数 記録年
1 チーフ・ウィルソン ピッツバーグ・パイレーツ 36 1912年
2 ジョー・ジャクソン クリーブランド・インディアンス 26 1912年
サム・クロフォード デトロイト・タイガース 1914年
キキ・カイラー ピッツバーク・パイレーツ 1925年
5 サム・クロフォード デトロイト・タイガース 25 1903年
ラリー・ドイル ニューヨーク・ジャイアンツ 1911年
トム・ロング セントルイス・カージナルス 1915年
8 タイ・カッブ デトロイト・タイガース 24 1911年
タイ・カッブ デトロイト・タイガース 1917年
10 タイ・カッブ デトロイト・タイガース 23 1912年
サム・クロフォード デトロイト・タイガース 1913年
アール・コームス ニューヨーク・ヤンキース 1927年
アダム・コロモスキー ピッツバーク・パイレーツ 1930年
デール・ミッチェル クリーブランド・インディアンス 1949年
カーティス・グランダーソン デトロイト・タイガース 2007年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]