1993年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1993年 | 1993年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 ヤクルトスワローズ 80 50 2 .615 -
2位 中日ドラゴンズ 73 57 2 .562 7.0
3位 読売ジャイアンツ 64 66 1 .492 16.0
4位 阪神タイガース 63 67 2 .485 17.0
5位 横浜ベイスターズ 57 73 0 .438 23.0
6位 広島東洋カープ 53 77 1 .408 27.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 西武ライオンズ 74 53 3 .583 -
2位 日本ハムファイターズ 71 52 7 .577 1.0
3位 オリックス・ブルーウェーブ 70 56 4 .556 3.5
4位 近鉄バファローズ 66 59 5 .528 7.0
5位 千葉ロッテマリーンズ 51 77 2 .398 23.5
6位 福岡ダイエーホークス 45 80 5 .360 28.0

日本シリーズ[編集]

  • ヤクルトスワローズ(4勝3敗)西武ライオンズ

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 古田敦也 ヤクルト   工藤公康 西武  
最優秀新人 伊藤智仁 ヤクルト   杉山賢人 西武  
首位打者 トーマス・オマリー 阪神 .329 辻発彦 西武 .319
本塁打王 江藤智 広島 34本 ラルフ・ブライアント 近鉄 42本
打点王 広沢克己 ヤクルト 94点 ラルフ・ブライアント 近鉄 107点
ロバート・ローズ 横浜
最多安打 古田敦也 ヤクルト 161本 石井浩郎 近鉄 147本
和田豊 阪神
盗塁王 緒方耕一 巨人 24個 大石大二郎 近鉄 31個
石井琢朗 横浜
最高出塁率 トーマス・オマリー 阪神 .427 辻発彦 西武 .395
最優秀防御率 山本昌広 中日 2.05 工藤公康 西武 2.06
最多勝利 山本昌広 中日 17勝 野田浩司 オリックス 17勝
今中慎二 中日 野茂英雄 近鉄
野村弘樹 横浜
最多奪三振 今中慎二 中日 247個 野茂英雄 近鉄 276個
最高勝率 山本昌広 中日 .773 工藤公康 西武 .833
最優秀救援投手 石毛博史 巨人 30SP 赤堀元之 近鉄 32SP

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 今中慎二 中日 工藤公康 西武
捕手 古田敦也 ヤクルト 田村藤夫 日本ハム
一塁手 広沢克己 ヤクルト 石井浩郎 近鉄
二塁手 ロバート・ローズ 横浜 辻発彦 西武
三塁手 江藤智 広島 石毛宏典 西武
遊撃手 池山隆寛 ヤクルト 広瀬哲朗 日本ハム
外野手 前田智徳 広島 秋山幸二 西武
アロンゾ・パウエル 中日 佐々木誠 ダイエー
新庄剛志 阪神 藤井康雄 オリックス
指名打者   ラルフ・ブライアント 近鉄

高校野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

でぎごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 2月16日 - 前ロッテの高橋博士が1月に自由契約とされたのを不当と訴えた問題に対し、ロッテは高橋と年俸1137万5千円で契約締結するものとする連盟会長裁定が下る。3月18日に支配下選手として公示され、同26日に高橋は任意引退を申し入れ、これを公示[2]
  • 2月16日 - 年俸調停委員会は横浜ベイスターズ球団と高木豊に対し裁定を行った[3]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月1日 - ダイエーのジョージ・ライトが対近鉄戦(藤井寺球場)の1回に左打席で、7回に右打席でそれぞれ本塁打の、左右打席本塁打を記録[5]
  • 5月3日 - ロッテの伊良部秀輝が対西武戦(西武球場)で清原和博に対し、日本プロ野球史上最高の球速158km[7]
  • 5月4日 - この日の日本プロ野球の観客動員数が6試合で28万7千人となり(東京ドーム5万6千人、神宮4万8千人、甲子園5万5千人、西武5万人、千葉マリン3万人、福岡ドーム4万8千人)、史上最多を記録。前日の3日は25万2千人で史上4位(5日を含めて)、翌5日は26万2千人で4日に次ぐ史上2位を記録[5]
  • 5月7日 - 中日の落合博満が対横浜戦(ナゴヤ球場)でセ・リーグ通算200本塁打で、史上初の両リーグで200本塁打を達成(パで242)[1]
  • 5月7日 - 阪神の仲田幸司が対ヤクルト戦で日本プロ野球史上87人目の通算1000奪三振[5]
  • 5月8日 - 日本プロ野球記録の連続盗塁を記録していたヤクルトの飯田哲也がこの日の対巨人戦(明治神宮野球場)の1回に盗塁死で記録は30でストップ[4]
  • 5月8日 - オリックス・ブルーウェーブの山沖之彦が日本プロ野球史上88人目の通算1000奪三振[5]
  • 5月12日 - 西武の渡辺久信が対オリックス戦で日本プロ野球史上106人目の通算100勝[5]
  • 5月13日 - ロッテの小宮山悟が対近鉄戦で9回を完投で勝利投手となり、日本プロ野球史上初の開幕から完投で6連勝。この後小宮山は6連敗で、7勝目は7月12日となった[8]
  • 5月18日 - オリックスの藤井康雄千葉マリンスタジアムの対ロッテ戦で同球場史上初の1試合3本塁打[5]
  • 5月19日 - ヤクルトの池山隆寛が対広島戦(神宮)の3回に満塁本塁打と3ラン本塁打を放ち、日本プロ野球タイ記録の1イニング2本塁打と同7打点。試合は17対16でヤクルトが勝利し、両チーム合わせて33得点はセ・リーグタイ記録[4]
  • 5月19日 - ロッテの愛甲猛が対オリックス戦で日本プロ野球史上309人目の通算1000試合出場
  • 5月21日 - 日本プロ野球はこの日で通算4万試合[1]
  • 5月28日 - 中日のブルック・ジャコビーが任意引退[1]
  • 5月28日 - 横浜の高木豊が対ヤクルト戦で審判に暴言を吐いたとして退場処分[5]
  • 5月29日 - 日本ハムは対西武戦で全員安打も完封負け
  • 5月30日 - 巨人は対中日戦に勝利し、日本プロ野球史上初の球団通算4000勝[5]

6月[編集]

  • 6月1日 - 巨人の原辰徳が対横浜戦で日本プロ野球史上106人目の通算1500試合出場[5]
  • 6月2日 - 中日に新外国人選手のマット・ステアーズが入団[1]
  • 6月2日 - 西武の辻発彦が対ダイエー戦で日本プロ野球史上310人目の通算1000試合出場[5]
  • 6月4日 - 近鉄の大石大二郎が対ダイエー戦で日本プロ野球史上67人目の通算1500安打[5]
  • 6月5日 - 近鉄は対ダイエー戦(藤井寺)で9回裏2死まで2対8とされていたものの、そこから7得点で9対8で逆転サヨナラ勝利。9回裏6点差からの逆転はパ・リーグ史上初[9]
  • 6月6日 - ロッテの愛甲猛が1987年の10月20日からこの日まで、球団記録の694試合連続出場[10]
  • 6月6日 - 広島の西山秀二が対ヤクルト戦で暴力行為を働いたとして退場処分[5]
  • 6月8日 - 巨人対ヤクルト戦で、巨人の吉原孝介とヤクルトのジャック・ハウエルがトラブルを起こしたとして共に退場処分[5]
  • 6月8日 - ダイエーが対日本ハム戦に勝利し、根本陸夫が監督通算500勝[5]
  • 6月9日 - ヤクルトの伊藤智仁が対巨人戦(金沢)でセ・リーグタイ記録の16奪三振。試合は篠塚利夫が伊藤からサヨナラ本塁打を放ち、1対0で巨人が勝利。16奪三振で負けたのは伊藤が初めてで、篠塚はこれが現役時代唯一のサヨナラ本塁打となった[11]
  • 6月10日 - 広島の北別府学が対横浜戦で日本プロ野球史上66人目の通算500試合登板[5]
  • 6月11日 - ダイエーの山本和範が対ロッテ戦で日本プロ野球史上169人目の通算1000安打[5]。同じくダイエーの浜名千広がパ・リーグタイ記録の3試合連続三塁打[12]
  • 6月12日 - 巨人の桑田真澄が対中日戦で日本プロ野球史上89人目の通算1000奪三振[5]
  • 6月19日 - 横浜のロバート・ローズが対広島戦(秋田市八橋野球場)で球団タイ記録の1試合3本塁打14塁打[13]

7月[編集]

  • 7月6日 - 中日の今中慎二が対ヤクルト戦(ナゴヤ)でセ・リーグタイ記録の1試合16奪三振。両チーム合わせて1試合28三振は日本プロ野球新記録[1]
  • 7月9日 - ロッテの佐藤幸彦が対西武戦で日本プロ野球タイ記録の1試合4犠打[7]
  • 7月14日 - ヤクルトのジャック・ハウエルが対横浜戦(神宮)で日本プロ野球新記録のシーズン5度目のサヨナラ本塁打[4]
  • 7月15日 - 横浜のグレン・ブラッグスが対ヤクルト戦で中前安打を放ち、外国人選手新記録の29試合連続安打[14]
  • 7月25日 - ロッテの南渕時高が対ダイエー戦(福岡ドーム)[7]でプロ野球新記録の14打数連続出塁(4安打10四死球)[15]

8月[編集]

  • 8月1日 - オリックスの鈴木一朗がウエスタン・リーグの対広島戦(GS神戸サブ)で初回先頭打者で安打を放ち、リーグ新記録の27試合連続安打。この後、8月8日に無安打に終わり、記録は30でストップ[16]
  • 8月6日 - ナゴヤ球場での中日対巨人戦は東海道新幹線の事故のため中止[1]
  • 8月8日 - オリックスの野村貴仁が対ロッテ戦の7回にパ・リーグでは初、日本プロ野球史上34年ぶり2人目の1イニング4奪三振[17]
  • 8月22日 - 阪神の松永浩美が対ヤクルト戦(神宮)の1回表に、日本プロ野球史上初の3戦連続先頭打者本塁打を記録[18]

9月[編集]

  • 9月12日 - ヤクルトの池山隆寛が対広島戦(広島)で日本プロ野球史上314人目の通算1000試合出場[4]
  • 9月14日 - 西武竹下潤イースタン・リーグでノーヒットノーランを達成[19][20]
  • 9月15日 - ヤクルトの宮本賢治が対阪神戦で日本プロ野球史上251人目の通算1000投球回[4]
  • 9月16日 - ヤクルトの山田勉が対広島戦(広島)でセ・リーグタイ記録の毎回の16奪三振[4]
  • 9月25日 - ヤクルトの広沢克己が対巨人戦(神宮)で延長10回裏にサヨナラ本塁打を放ち、日本プロ野球史上64人目の通算200本塁打となり、ヤクルトは日本プロ野球新記録の今季9本目のサヨナラ本塁打で、日本プロ野球タイ記録のシーズン14度目のサヨナラ勝利[4]

10月[編集]

  • 10月1日 - 中日は山本昌と今中慎二がともに15勝で、日本プロ野球史上34年ぶり、セ・リーグでは初の1球団から左腕投手15勝が2人[21]
  • 10月2日 - オリックスのケルビン・トーベが対日本ハム戦(GS神戸)の4回の打席で左飛となり、日本プロ野球新記録の野手で53打席連続無安打。なお、続く5回の2死満塁の打席で右前適時打で記録はストップ[22]
  • 10月3日 - ヤクルトの池山隆寛が対横浜戦(横浜)で日本プロ野球史上65人目の通算200本塁打[4]
  • 10月10日 - ヤクルトは対横浜戦(横浜)に勝利し、球団新記録のシーズン同一カード22勝[4]
  • 10月10日 - ジュニア日本選手権(福井)は巨人が中日に3対0で勝利[23]
  • 10月13日 - 西武は対ロッテ戦(千葉)に3対2で勝利し、3年連続パ・リーグ優勝達成[24]
  • 10月14日 - オリックスの石嶺和彦が1988年8月14日からこの日まで、球団記録の696試合連続出場[10]
  • 10月14日 - 近鉄のラルフ・ブライアントが対ロッテ戦(千葉マリン)の第1打席で、自己の持つ日本プロ野球タイ記録のシーズン198三振、8回に同新記録の199三振として、10回に同史上初の200三振とした。当時のメジャーリーグのシーズン三振記録を上回るものであった[25]
  • 10月14日 - 【MLB】ワールドシリーズの第6戦が行われ、トロント・ブルージェイズジョー・カーターが5対6で迎えた9回裏にワールドシリーズ史上初の逆転サヨナラ優勝決定本塁打(優勝決定本塁打は同2度目)となる3ラン本塁打を放ち、ブルージェイズがフィラデルフィア・フィリーズに8対6で勝利し、4勝2敗でワールドシリーズ優勝[26]
  • 10月15日 - ヤクルトは対広島戦(神宮)に5対1で勝利し、2年連続3度目のセ・リーグ優勝達成[24]
  • 10月18日 - ヤクルトは対阪神戦(神宮)に勝利し、球団新記録のシーズン80勝[4]
  • 10月19日 - パ・リーグのシーズン公式戦全日程が終了[21]
  • 10月20日 - 横浜の斉藤明夫が対中日戦(横浜)で日本プロ野球通算600試合登板[13]
  • 10月20日 - 中日は小野和幸五十嵐明南牟礼豊蔵早川和夫に戦力外通告[21]
  • 10月22日 - セ・リーグのシーズン公式戦全日程が終了[21]

11月[編集]

12月[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」174ページ
  2. ^ a b c パシフィック・リーグ略史(1949年~2000年)パ・リーグ公式サイト
  3. ^ a b セ・リーグHistoryセ・リーグ公式サイト
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 球団のあゆみ1990年代ヤクルト球団公式サイト
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」付録
  6. ^ ベースボールマガジン社刊「広島東洋カープ60年史 HISTORY 1950-2009」63ページ
  7. ^ a b c チームヒストリーロッテ球団公式サイト
  8. ^ 日刊スポーツ出版社プロ野球B級ニュース事件簿【平成版】-エーッ、ウソッ、アリャリャ……170連発- 74ページ
  9. ^ 記録メモ(チーム・その他編)パ・リーグ公式サイト
  10. ^ a b 個人打撃連続記録(1)パ・リーグ公式サイト
  11. ^ 【6月9日】1993年(平5) 高速スライダーで16K 伊藤智仁、悲劇は150球目スポーツニッポン2011年月日配信
  12. ^ 個人打撃連続記録(2) パ・リーグ公式サイト
  13. ^ a b c ベースボール・マガジン社刊「ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡」26ページ
  14. ^ 【7月15日】1993年(平5) 運も尽きた?外国人新記録のブラッグス 実は前夜に…スポーツニッポン2009年7月11日配信
  15. ^ 個人打撃連続記録(3)パ・リーグ公式サイト
  16. ^ 【8月1日】1993年(平5) “1軍失格”鈴木イチロー、新記録の27試合連続安打スポーツニッポン2009年8月1日配信
  17. ^ 週刊ベースボール2012年4月30日号107ページ
  18. ^ 【8月22日】1993年(平5) 阪神在籍1年 巧打者松永浩美が残した世界初の記録スポーツニッポン200年8月5日配信
  19. ^ 翌年もイースタンリーグでノーヒット試合を達成しているが、1失点で敗戦投手
  20. ^ ベースボールマガジン2012年11月号72ページ
  21. ^ a b c d e f 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」175ページ
  22. ^ 【10月2日】1993年(平5) ブーマー切って入れたが…マジメ助っ人53打席音なしの新記録スポーツニッポン2008年9月30日配信
  23. ^ ファーム日本選手権 各年度試合結果(1990-1999)NPB公式サイト
  24. ^ a b 週刊ベースボール2013年10月7日号42-43ページ
  25. ^ 日刊スポーツ出版社プロ野球B級ニュース事件簿【平成版】-エーッ、ウソッ、アリャリャ……170連発- 102ページ
  26. ^ ベースボール・マガジン社刊 スポーツ伝説シリーズ22 メジャーリーグ「ワールドシリーズ伝説」18ページ
  27. ^ 【11月8日】1993年(平5) 旧大洋の顔を大リストラ 横浜流FA参戦スポーツニッポン2007年10月25日配信
  28. ^ a b タイガースヒストリー阪神球団公式サイト
  29. ^ 【11月11日】1993年(平5) ドラフト逆指名元年 ダイエー大逆転!1位に“ロッテの恋人”スポーツニッポン2009年11月1日配信
  30. ^ 【11月16日】1993年(平5) “特殊潜航艇”根本、久々の大型トレードで秋山ゲットスポーツニッポン2007年10月30日配信
  31. ^ 【11月28日】1993年(平5) 初のFA他球団交渉 大モテ石嶺和彦 好条件も気持ちは一つスポーツニッポン2009年11月12日配信
  32. ^ 【12月6日】1993年(平5) ゴールデングラブ賞なのに戦力外…平野謙、半額で新天地へスポーツニッポン2009年12月1日配信