ここに泉あり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ここに泉あり
美しい音楽を市民へ
監督 今井正
脚本 水木洋子
製作 岩崎昶、市川喜一
出演者 岸恵子
岡田英次
小林桂樹
成瀬昌彦
加東大介
三井弘次
大滝秀治
音楽 團伊玖磨
撮影 中尾駿一郎
編集 河野秋和
製作会社 中央映画
配給 独立映画松竹
公開 日本の旗 1955年2月12日
上映時間 177分、150分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ここに泉あり』(ここにいずみあり)は、1955年(昭和30年)2月12日に公開された日本映画。モノクロ/スタンダード/モノラル。

概要[編集]

第二次大戦直後の高崎の市民オーケストラが、群馬交響楽団(以下、群響と記す)へと成長する草創期の実話を舞台としたヒューマンドラマ。現代の大都市においても運営が難しい交響楽団を、終戦直後の衣食住にも困る時代に地方都市で立ち上げ、活動する事から当然のように押し寄せる困難な事態に、事務方、楽団員が苦しみながらも、山村の子どもにも演奏を届けていく事などで、市民と共に歩む社会運動と変貌していく姿が描かれている。

群響と市民の情熱的な活動に感銘を受けた地元出身の映画プロデューサー市川喜一が、1952年に映画化を企画したのが発端である。監督には今井正を迎えながらも、大変に厳しい状況で制作されていたが、群馬市民の積極的な協力により完成した。全国での上映により300万人を超える大ヒットとなり、日本中に、感動と共に群響と音楽の街・高崎の認知を広げた。

ストーリー[編集]

終戦直後結成された市民オーケストラは働く人や子どもたちに美しい音楽を与えようと努力するが、人がいいマネージャー井田の奮闘にもかかわらず、楽団員の生活は苦しかった。唯一の女性楽団員佐川かの子は、音楽学校を出たばかりだが、田舎にくすぶっていてはピアノの腕が落ちると悩んでいた。新しく参加したヴァイオリンの速水は彼女を励ますものの、自身も苦しかった。解散止むなしと追いつめられ、最後と思って利根源流の山奥の小学校へ行くと、思いがけずの大歓迎を受け、みんなで「赤とんぼ 」を合唱して感動する。草津にあるハンセン病療養では入所者たちが不自由な手で「音のない拍手」をする。速水とかの子は結婚するが生活は苦しく、将来への不安も大きくなるばかりだ。軍楽隊上りの工藤や丸屋は楽器を質に入れたり、チンドン屋になったりして頑張っていた。井田は東京から山田耕筰指揮の交響楽団とピアニスト室井摩耶子を招いて合同コンサートを開くことにしたが、余りに大きな技術の差に一同は落胆。2年後、耕筰は旅の途中で彼らの練習所へ立寄る。生活と闘いながら立派な楽団に成長したことに安堵する。かの子は赤ん坊を背に、人々の心に美しい音楽を伝えるため歩き続けるのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

以下はノンクレジット

主な演奏楽曲[編集]

主な受賞[編集]

備考[編集]

  • 上映時間は出典元により、177分(キネマ旬報映画データーベース、ぴあ映画生活)、150分(新日本映画社の販売によるDVDでの表示時間)、なお、日本映画データーベースでは18缶4,850m(フィルムのリーダー及び、テール部分を先引くと大凡158分程度)との記載がある。
  • この作品で、大滝秀治がスクリーンデビュー。
  • 東京12チャンネルにおいてテレビドラマとしてリメイクされ、1964年7月に放送されている。
    脚本:田井洋子 / 演出:岡本愛彦 / 音楽:冬木透
    主な出演:下元勉山内明冨士真奈美川辺久造米倉斉加年

関連項目[編集]

参考文献[編集]

キネマ旬報」 増刊 名作シナリオ集 №105 刊:キネマ旬報社/1954年11月
「水木洋子集 日本シナリオ文学全集9」 刊:理論社/1957年

外部リンク[編集]