青い山脈 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『青い山脈』(続) 伊豆肇若山セツ子杉葉子池部良原節子龍崎一郎(左から)

青い山脈(あおいさんみゃく)は、石坂洋次郎小説青い山脈』を映画化した作品日本映画)である。

1949年1957年1963年1975年1988年の5回製作されたが最も名高いのは、1949年今井正監督作品である。主題歌の『青い山脈』は、日本映画界に限らず、広く知られている。(主題歌については、「青い山脈 (曲)」の項目も参照のこと。)

作品中、ラブレターの文に「恋しい恋しい私の恋人」と書かれるべきものが、「しいしい私の人」となっているエピソードは名高い。

1949年版[編集]

1949年版の原節子(右)と杉葉子(左)

正続2編。正篇7月19日公開、続篇7月26日公開。東宝松竹が映画化権を争い、松竹が木下惠介監督を提示したことから東宝側は負けるのを覚悟したが最終的には東宝が映画化権を獲得。途中に東宝争議があり、プロデューサーの藤本真澄は東宝を退社して藤本プロを設立する。この時期機能が麻痺していた東宝では各プロデューサーの独立プロにスタジオを貸す方式をとっており、本作は藤本プロと東宝の共同作品となる。 東宝からの製作協力者として代田謙三、井手俊郎らが当り、当初小国英雄が脚本を執筆したが、監督の今井正と意見が対立し降板したため代わりに井手俊郎が執筆。井手の脚本家デビュー作となる。以降のリメイク作品のほとんどは、この井手脚本が元になっている。また服部良一の主題歌も国民的愛唱歌になるほどヒットし、以降のリメイク作品にも使用された。

スタッフ[編集]

配役[編集]

1957年版[編集]

「新子の巻」10月17日公開と「雪子の巻」11月19日公開の正続2篇。東宝製作。併映作は、「新子の巻」は『善太と三平物語 風の中の子供(原作:坪田譲治。監督:山本嘉次郎)、「雪子の巻」は『脱獄囚』(主演:池部良。監督:鈴木英夫)。岐阜県恵那市で撮影された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

1963年版[編集]

日活製作、1月3日公開。本作では、時代に合わせて設定を、旧制・高等女学校から新制・女子高等学校に、旧制高校生から大学生に変更した。ラブレターの「恋しい恋しい」と「変しい変しい」をめぐって女子高の教職員と父兄とが議論する場面では、大学生がアマチュア無線で主人公たちに向けて実況中継するといった現代的な脚色が加えられていた。ロケーション彦根で行われている。1990年代以降のカラオケの画面に現れることのある映像はこの作品のものである。

スタッフ[編集]

  • 監督:西河克己
  • 脚本:井手俊郎、西河克己
  • 音楽:池田正義

キャスト[編集]

1975年版[編集]

東宝映画製作・東宝配給、8月2日公開。同時上映は『花の高2トリオ 初恋時代』( 東宝・ホリプロダクションサンミュージック提携。監督:森永健次郎。主演:森昌子桜田淳子山口百恵

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

1988年版[編集]

タイトルは「青い山脈'88」。キネマ東京=ビデオ東京製作、松竹配給、10月15日公開。

本作品は、今までのシリーズを大胆にリメイクした作品で、あまりにインパクトのある舘ひろしの保健の先生は、服装や姿・立ち振る舞いが濃い為に、ウラ関根TVでご紹介されており、ゴルフクラブを握る姿が、「ライフルを磨いているみたい」。囲碁を打つ時は、「ホシを追い詰めている」という一風変わった役作りで、「刑事みたい」と評される事になる。 また第1作で主人公を演じた池部良が、前作とは180度イメージが違う「封建的な父親」を演じた事で話題になった。主題歌を歌ったのは、舘ひろし

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]