ひめゆりの塔 (1953年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひめゆりの塔
監督 今井正
脚本 水木洋子
原作 石野径一郎
製作 大川博
出演者 岡田英次津島恵子信欣三河野秋武香川京子関千恵子小田切みき渡辺美佐子藤田進田中筆子利根はる恵加藤嘉神田隆殿山泰司原泉穂積隆信原緋紗子土屋嘉男原保美
音楽 古関裕而
撮影 中尾駿一郎
編集 河野秋和
配給 東映
公開 1953年1月9日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ひめゆりの塔』(ひめゆりのとう)は、1953年東映が製作・配給した今井正監督の日本映画である。

概要[編集]

企画は、マキノ光雄伊藤武郎。1953年度『キネマ旬報』ベストテン7位。脚本の水木洋子が第1回菊池寛賞[1]。第4回ブルーリボン賞1954年2月9日)監督賞、伊藤武郎に企画賞。沖縄ロケは出来ず、撮影所でのオープンセットと千葉県ロケで撮影されたが、原作の石野径一郎著『ひめゆりの塔』はもちろん、仲宗根政善著『沖縄の悲劇』、沖縄タイムス掲載『沖縄戦記』などの資料を駆使し、波平暁男沖縄民謡の編曲、舞踊振付の専門家を付けて製作された。

1982年に同脚本・同監督によりリメイク版が公開された。

あらすじ[編集]

1945年(昭和20年)3月、米軍が沖縄上陸作戦に着手するなか、艦砲射撃と艦載機の機銃掃射が続く沖縄。ひめゆり部隊と呼ばれ陸軍病院に配属された女子学生たちは、黙々と任務を遂行していく。卒業式も壕のなかで行われる。いよいよ米軍が迫ってくるなか、軍はいち早く退却。女子学生たちは丸腰で逃げ続けるしかなかった。

キャスト[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]