清水将夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しみず まさお
清水 将夫
清水 将夫
西鶴一代女』(1952年)左は田中絹代
生年月日 1908年10月5日
没年月日 1975年10月5日(満67歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区
死没地 日本の旗 日本東京都新宿区
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1931年 - 1975年
配偶者 高野由美
主な作品
生きる
椿三十郎
白い巨塔

清水 将夫(しみず まさお、1908年10月5日 - 1975年10月5日)は、日本俳優。妻は女優の高野由美

大学中退後、舞台活動を経て松竹蒲田撮影所新興キネマ東宝の映画に出演。戦後は滝沢修宇野重吉らと劇団民藝を結成し、劇団の代表的俳優として活躍した。また、映画・テレビドラマでもバイプレーヤーとして数多くの作品に出演した。黒澤明監督作品の常連でもあった。

来歴・人物[編集]

妻・高野由美とともに(1955年)

1908年(明治41年)10月5日東京市牛込区(現在の東京都新宿区)に生まれる。明治中学在学中から、キリスト教青年会の演劇サークルに入り、新劇に興味を抱いた[1]1926年(昭和元年)、明治大学文科に入学後、新劇俳優を目指す。翌1927年(昭和2年)に大学を中退して畑中蓼坡率いる新劇協会に研究生として入り、『クレオパトラ』で初舞台を踏んだ[1]1929年(昭和4年)に新劇協会は解散するが、その後も畑中に師事。畑中が新国劇入りしたのを機に、俳優仲間と市民座を旗揚げし、新劇の世界に残った。1930年(昭和5年)、市民座が解散した後に、小杉義男に勧められて劇団築地小劇場の『幽霊』北海道巡演に参加するが、途中で退団して帰郷している[1]

1931年(昭和6年)、本郷座の支配人をつとめていた従兄・船越弁三郎から映画俳優に転向するよう勧められ、松竹蒲田撮影所に入社。当初は大部屋俳優の一人だったが、松竹の看板スターだった鈴木伝明岡田時彦高田稔らが不二映画社を作って独立した為、急遽、端整な顔立ちだった清水が主演スターに抜擢され、『桃色の誘惑』で主演デビューするが、当時活躍していた江川宇礼雄竹内良一岡譲二に比べると精彩を欠き、また自身も映画俳優として疑問を感じ始め、1932年(昭和7年)に松竹を退社した[1]

1935年(昭和10年)、新興キネマ東京撮影所に入社、『愛怨峡』などで主役または準主役として活躍した。1939年(昭和14年)、「新興現代劇部の革新」を目的に、のちに妻となる高野由美をはじめ同社俳優の河津清三郎菅井一郎らと共に水曜会という研究会を結成するが、会社側が水曜会を受け入れなかった為、フリーランスの俳優集団である第一協団を結成して新興キネマを退社した[1]1942年(昭和17年)、信欣三宇野重吉らと移動劇団・瑞穂劇団を結成し、農村漁村を巡演。1943年(昭和18年)には滝沢修らと芸文座を創立した[1]。この間も東宝と契約を結び多くの映画に脇役出演している。1944年(昭和19年)、応召で中国へ従軍、敗戦で帰国した[2]

戦後、滝沢らの東京芸術劇場に入るが、1947年(昭和22年)に分裂し、滝沢と共に民衆芸術劇場(第一次民藝)の結成に参加した。1950年(昭和25年)には劇団民藝(第二次民藝)を創立し、その中心的存在として『炎の人』のゴーギャン役、『オットーと呼ばれる日本人』のジョンスン役など多くの舞台で主要な役を演じた。

また、堅実なバイプレイヤーとして映画テレビドラマにも出演した。特に黒澤明作品の常連で、『生きる』『椿三十郎』など計9作に出演したほか、日活のアクション映画・青春映画、溝口健二監督『山椒大夫』、山本薩夫監督『白い巨塔』など多くの名作・話題作に出演した。

1975年(昭和50年)、野上弥生子原作『迷路』の劇団公演で各地を回っていたが、7月に帰京してから脊椎関係の病気で中央鉄道病院に入院したが、10月5日午前4時40分に肺炎を併発して亡くなった[1]。奇しくも67回目の誕生日であった。

出演作品[編集]

酔いどれ天使』(1948年)

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品
★印は黒澤明監督作品

  • 桃色の誘惑(1931年、松竹
  • 淑女倶楽部(1931年、松竹)
  • 満州行進曲(1932年、松竹) - 大高四郎
  • 貞操問答(1935年、入江プロ) - 小池
  • 三聯花(1935年、新興キネマ) - 一郎
  • ふるさとの歌(1936年、高田プロ) - 桜井
  • 大尉の娘(1936年、新興キネマ) - 松雄
  • 武器なき人々(1936年、新興キネマ) - 新聞記者
  • 愛の山河(1937年、新興キネマ) - 高山博士
  • 愛怨峡(1937年、新興キネマ) - 滝沢謙吉
  • 海軍爆撃隊(1937年、新興キネマ) - 海軍飛行中尉鳴海駿
  • 花ひらく(1937年、新興キネマ) - 杉村画伯
  • 懐かしの我が子(1938年、新興キネマ) - 番頭栄吉
  • 露営の歌(1938年、新興キネマ) - 三浦医師
  • 愛国行進曲(1938年、新興キネマ) - 佐田一等兵
  • 乙女ごころ(1938年、新興キネマ) - 裁判長
  • あゝ故郷(1938年、新興キネマ) - 坂本和夫
  • 噫!南郷少佐(1938年、新興キネマ) - 吉田大尉
  • 亜細亜の娘(1938年、新興キネマ) - 同中隊長
  • 白衣の兵隊(1939年、新興キネマ) - 前田軍医
  • 供艶録(1939年、新興キネマ) - 医師浅野
  • 女性開眼(1939年、新興キネマ) - 矢島伯爵
  • 夢ならぬ恋(1939年、新興キネマ) - 財界ゴロ奥田
  • 花園の結婚(1939年、新興キネマ) - 町須画伯
  • 情熱の翼(1940年、新興キネマ) - 鳥川弁護士
  • 元禄忠臣蔵前篇(1941年、松竹) - 加藤越中守
  • 南海の花束(1942年、東宝) - 操縦士西條
  • 母は死なず(1942年、東宝) - 専務
  • ハワイ・マレー沖海戦 (1942年、東宝) - 秋山飛行長
  • 決戦の大空へ(1943年、東宝) - 飛行分隊長
  • 望楼の決死隊(1943年、東宝) - 杉山巡査
  • あさぎり軍歌(1943年、東宝) - 徳川慶喜
  • 熱風(1943年、東宝) - 佐々木
  • 浪曲忠臣蔵(1943年、東宝) - 浅野内匠頭
  • 楽しき哉り人生(1944年、東宝) - 呉服屋
  • 加藤隼戦闘隊(1944年、東宝)
  • 民衆の敵(1946年、東宝) - 将官
  • 明日を創る人々(1946年、東宝) - 岡本の課長
  • 麗人(1946年、東宝) - 河田先生
  • 人生とんぼ返り(1946年、東宝) - 樋口
  • 或る夜の殿様(1946年、東宝) - 山崎勝五郎
  • わが青春に悔なし(1946年、東宝) - 筥崎教授
  • 愛の宣言(1946年、東宝) - 万華生命保険支店長
  • 安城家の舞踏会(1947年、松竹) - 新川
  • 四つの恋の物語 第四話 恋のサーカス(1947年、東宝) - 刑事
  • 素晴らしき日曜日(1947年、東宝) - ダンスホールの支配人
  • 今ひとたびの(1947年、東宝) - 刑事
  • 酔いどれ天使(1948年、東宝) - 親分
  • 破戒(1948年、松竹) - 町会議員
  • わが生涯のかがやける日(1948年、松竹) - 平林達造
  • 四人目の淑女(1948年、松竹) - 弁護士
  • わが恋は燃えぬ(1949年、松竹) - 坂崎武
  • 殺人鬼(1949年、松竹) - 部長検事
  • こんな女に誰がした(1949年、東横映画) - 小池の夫
  • 痴人の愛(1949年、大映) - 吉岡
  • 野良犬(1949年、新東宝) - 被害者・中村の夫
  • 暴力の街(1950年) - 岡野
  • 七色の花(1950年、東横映画) - 竹中
  • 醜聞(1950年、松竹) - 裁判長
  • 三悪人と赤ん坊(1950年、大映) - 加藤刑事
  • 處女峰(1950年、大映) - 谷口英助
  • 自由学校(1951年、松竹) - 辺見
  • 熱砂の白蘭(1951年、第一協団) - 瀬戸
  • 盗まれた恋(1951年、新東宝) - 吉崎画商
  • 西城家の饗宴(1951年、大映) - 水野長太郎
  • 花ある怒濤(1951年、大映) - 大島
  • 愛妻物語(1951年、大映) - 増田
  • 死の断崖(1951年、東宝) - 動物園園長
  • 赤道祭(1951年、東宝) - 貨物船船長
  • 慶安秘帖(1952年、東宝) - 松平伊豆守
  • 或る夜の出来事(1952年、民藝=新映画社) - 辻本記者
  • 西鶴一代女(1952年、新東宝) - 菊小路
  • 箱根風雲録(1952年、新星映画) - 老中保科正之
  • 原爆の子(1952年、近代映画協会) - 石川利明
  • 思春期(1952年、東宝) - 中里信之
  • 生きる(1952年、東宝) - 医師
  • 激流(1952年、東宝) - 松田所長
  • 母のない子と子のない母(1952年、新教映) - 校長先生
  • 縮図(1953年、近代映画協会) - 梅村医師
  • 太平洋の鷲(1953年、東宝) - 鹿島中佐
  • 千羽鶴(1953年、大映) - 三谷浩造
  • 嫁ぐ今宵に(1953年、新映プロ=新東宝) - 福井社長
  • 夜明け前(1953年、近代映画協会) - 寿平次
  • 地獄門(1953年、大映) - 信頼
  • (1953年、東宝)
  • 日本敗れず(1954年、新東宝) - 滝川侍従
  • 叛乱(1954年、新東宝) - 山口大尉
  • 番長皿屋敷 お菊と播磨(1954年、大映) - 旗本加賀爪
  • 山椒大夫(1954年、大映) - 平正氏
  • 続坊ちゃん社員(1954年、東宝) - 社長
  • 太陽のない街(1954年、新星映画)- 大川社長(*一部の資料では滝沢修になっているが、本編では清水が演じている)
  • かくて夢あり(1954年、日活) - 赤間蔵六
  • 人生劇場望郷篇 三州吉良港(1954年、東映) - 志下狂一
  • 泥だらけの青春(1954年、日活) - 石川監督
  • 生きとし生けるもの(1955年、日活) - 業務部長
  • 不滅の熱球(1955年、東宝) - 米井徳造
  • ゴジラの逆襲(1955年、東宝) - 田所博士
  • 由起子(1955年、東映) - ホテル支配人
  • 男ありて(1955年、東宝) - 瀬川記者
  • おえんさん(1955年、東宝) - 谷清太郎
  • (1955年、近代映画協会) - 東洋生命支社営業部長
  • おしゅん捕物帖 謎の尼御殿(1955年、日活) - 長崎屋市右衛門
  • 自分の穴の中で(1955年、日活) - 藤田
  • 生きものの記録(1955年、東宝) - 山崎隆雄
  • 丹下左膳シリーズ(日活) - 老中
    • 丹下左膳 乾雲の巻(1956年)
    • 丹下左膳 坤龍の巻(1956年)
    • 丹下左膳 完結篇(1956年)
  • 神阪四郎の犯罪(1956年、日活) - 三景書房社長
  • 太陽の季節(1956年、日活) - 父・洋一
  • 殺人計画完了(1956年、日活) - 川崎平助
  • しあわせはどこに(1956年、日活) - 芝田専務
  • 病妻物語 あやに愛しき(1956年、民藝) - 南部病院の院長
  • 夏の嵐(1956年、日活) - 教頭
  • 感傷夫人(1956年、日活) - 間庭左門
  • 孤独の人(1957年、日活) - 吉彦の父
  • 私は前科者である(1957年、日活) - 高塚
  • 「廓」より 無法一代(1957年、日活) - 碇川虎吉
  • フランキーの宇宙人(1957年、日活) - 星野編集長
  • 勝利者(1957年、日活) - 宮川圭介
  • 倖せは俺等のねがい(1957年、日活) - 大木成吉
  • 今日のいのち(1957年、日活) - 鳥羽宗広
  • 月下の若武者(1957年、日活) - 藤原頼通
  • 危険な年齢(1957年、日活) - 父浩三
  • 鳴門秘帖(1957年、大映) - 竹屋三位有位
  • 黒い河(1957年、大映) - 黒木
  • 殺したのは誰だ(1957年、日活) - 紳士
  • 地上(1957年、大映) - 父達造
  • 危し!伊達六十二万石(1957年、新東宝) - 酒井雅楽頭
  • 禁じられた唇(1958年、日活) - 大館
  • 錆びたナイフ(1958年、日活) - 間野真吾
  • 張込み(1958年、松竹) - 横川仙太郎
  • 白い悪魔(1958年、日活) - 白戸宗太郎
  • 忠臣蔵(1958年、大映) - 柳沢出羽守
  • 命を賭ける男(1958年、大映) - 松平伊豆守
  • 死の壁の脱出(1958年、日活) - 後姿の男
  • 嵐の中を突っ走れ(1958年、日活) - 五井明世
  • 傷痕の掟(1959年、日活) - 梶川剛造
  • 大東亜戦争と国際裁判(1959年、新東宝) - 広田弘毅
  • 網走番外地(1959年、日活) - 裁判長
  • 第五福竜丸(1959年、近代映画協会) - 都目博士
  • 今日に生きる(1959年、日活) - 杉野部長
  • JA750号機行方不明(1959年、日活) - 支局長宮村
  • 脅迫の影(1959年、日活) - フランク劉
  • 山と谷と雲(1959年、日活) - 古田
  • その壁を砕け(1959年、日活) - 警察署長
  • 事件記者シリーズ(日活) - 西郷
    • 事件記者(1959年)
    • 事件記者 真昼の恐怖(1959年)
    • 事件記者 仮面の強迫(1959年)
  • 世界を賭ける恋(1959年、日活) - 村岡壮吾
  • 清水の暴れん坊(1959年、日活) - 児島仙之助
  • 波止場の無法者(1959年、日活) - 原船長
  • 「キャンパス110番」より 学生野郎と娘たち(1960年、日活) - 長岡
  • 青年の樹(1960年、日活) - 桜井
  • 静かな脱獄者(1960年、日活) - 古沢種吉
  • 女妖(1960年、大映) - 伊豆井の親分
  • 武器なき斗い(1960年、大東映画) - 渡辺
  • 天下を取る(1960年、日活) - 田島社長
  • 疾風小僧(1960年、日活) - 笠井
  • 波濤を越える渡り鳥(1961年、日活) - ロチャ・ナ・ブリ
  • 街から街へつむじ風(1961年、日活) - 田島社長
  • お嬢さん(1961年、大映) - 藤沢一太郎
  • 処刑前夜(1961年、日活) - 裁判長
  • 大暴れマドロス野郎(1961年、日活) - 水原荘太郎
  • 俺は死なないぜ(1961年、日活) - 父研作
  • いのちの朝(1961年、日活) - 村野勇彦
  • あいつと私(1961年、日活) - 浅田金吾
  • 椿三十郎(1962年、東宝) - 大目付菊井
  • 姿なき追跡者(1962年、日活) - 秋津達之助
  • 銀座の恋の物語(1962年、日活) - 春山
  • 上を向いて歩こう(1962年、日活) - 正一郎
  • 山河あり(1962年、松竹) - 黒川
  • 夜の傾斜(1962年、宝塚映画) - 川地大作
  • 若くて、悪くて、凄いこいつら(1962年、日活) - 佐倉総一郎
  • 激しい河(1962年、日活) - 白石博士
  • 女の一生(1962年、大映) - 吉江大作博士
  • 太平洋の翼(1963年、東宝) - 軍令部A参謀
  • 青い山脈(1963年、日活) - 寺沢修蔵(新子の父)
  • 泥だらけの純情(1963年、日活) - 公安委員・大山
  • 天国と地獄(1963年、東宝) - 刑務所長
  • 若い仲間たち うちら祇園の舞妓はん(1963年、宝塚映画) - 町田栄介
  • 午前零時の出獄(1963年、日活) - 渡辺局長
  • 霧子のタンゴ(1963年、日活) - 父亮三
  • 秘剣(1963年、東宝) - 島村十左衛門
  • 風が呼んでる旋風児 銀座無頼帖(1963年、日活) - 田沼博士
  • 赤いハンカチ(1964年、日活) - 公安委員
  • こんにちは、20歳(1964年、日活) - 野村教授
  • こんにちは赤ちゃん(1964年、日活) - 宇田川
  • 潮騒(1964年、日活) - 灯台長
  • 敗れざるもの(1964年、日活) - 塩見博士
  • 博徒ざむらい(1964年、大映) - 甲州屋助蔵
  • 男の紋章 喧嘩状(1964年、日活) - 藤野
  • 証人の椅子(1965年、大映) - 地裁裁判長
  • さすらいは俺の運命(1965年、日活) - 貴島
  • 大空に乾杯(1966年、日活) - 立花啓左衛門
  • 白い巨塔(1966年、大映) - 河野正徳(被告側代理人)
  • 佐々木小次郎(1967年、東宝) - 長岡佐渡
  • 花の宴(1967年、松竹) - 岩村専造
  • 颱風とざくろ(1967年、東宝) - 坂本信太郎
  • 青春太郎(1967年、東宝) - 長谷川常務
  • 黒部の太陽(1968年、三船プロ=石原プロ) - 田山(地質学者)
  • 陸軍中野学校 開戦前夜(1968年、大映) - 大原秀人
  • 怪談雪女郎(1968年、大映) - 慈雲
  • (1968年、東宝) - 高林浩三
  • 8.15シリーズ(東宝)
  • 風林火山(1969年、三船プロ) - 横田備中
  • 富士山頂(1970年、日活) - 伊佐山長官
  • 愛の化石(1970年、石原プロ) - 津久井常務
  • 野獣都市(1970年、東宝) - 市原
  • 戦争と人間第一部(1970年、日活) - 市来善兵衛
  • 雨は知っていた(1971年、東宝) - 裁判長
  • 男はつらいよ 寅次郎夢枕(1972年、松竹) - 湯中教授
  • 俺の選んだ女(1976年、東宝) - 鷲尾重役

テレビドラマ[編集]

  • 大人は嘘をつく(1955年、NTV)
  • 東芝日曜劇場(TBS)
    • 第10話「幽霊屋敷」(1957年)
    • 第47話「古瀬戸」(1957年)
    • 第48話「ぶっつけ本番」(1957年)
    • 第66話「吉葉山物語」(1958年)
    • 第121話「大石最後の日 元禄忠臣蔵から」(1959年)
    • 第135話「心中宵庚申」(1959年)
    • 第194話「愛のしらべ」(1960年)
    • 第222話「赤ちゃん誕生」(1961年)
    • 第225話「雨の庭」(1961年)
    • 第252話「女房というもの」(1961年)
    • 第274話「柿の木の下」(1962年)
    • 第278話「探偵女房」(1962年)
    • 第296話「上臈の人」(1962年)
    • 第298話「東京一淋しい男」(1962年)
    • 第307話「慕情」(1962年)
    • 第347話「札幌夫人」(1963年)
    • 第348話「続・東京一淋しい男」(1963年)
    • 第372話「女と足袋」(1964年)
    • 第384・385話「愛と死をみつめて」(1964年)
    • 第429話「雪崩の行方」(1965年)
    • 第454・455話「太陽がまぶしい」(1965年)
    • 第504話「蛍火」(1966年)
    • 第519話「こわれない椅子」(1966年)
    • 第538話「虹」(1967年)
    • 第568話「愛のしらべ」(1967年)
    • 第606話「夏の日」(1968年)
    • 第612話「小指」(1968年)
    • 第626話「どっきり花嫁」(1968年)
    • 第634話「うちの親爺」(1969年)
    • 第636話「化粧」(1969年)
    • 第651話「どっきり花嫁 その2」(1969年)
    • 第670話「どっきり花嫁 最終回」(1969年)
    • 第692話「梅一輪」(1970年)
    • 第735話「一筆啓上致します」(1971年)
    • 第748話「女の庭」(1971年)
    • 第845話「初蕾」(1973年)
    • 第870話「もの言わぬ愛」(1973年)
    • 第949話「女ふたり」(1975年)
    • 第973話「娘よ」(1975年)
  • 山一名作劇場 / 本日休診(1957年、NTV)
  • プレイハウス(NHK)
    • 恋愛ダービー(1957年)
    • 社長命令(1957年)
  • ウロコ座(KR)
    • 第66話「姫重態」(1957年)
    • 第89話「細君三日天下」(1958年)
  • 夫婦百景(NTV)
    • 第1話「若い若い夫婦」(1958年)
    • 第173話「一茶と新妻」(1961年)
  • おかあさん(KR)
    • 第1シリーズ 第5話「トラムペットの子守唄」(1958年)
    • 第2シリーズ 第212話「そして迎える朝は」(1963年)
  • 事件記者(NHK) - 西郷
    • 第24話「暗い過去」(1959年)
    • 第26話「灰色の手」(1959年)
    • 第34話「割り符」(1959年)
  • 東芝土曜劇場(CX)
    • 第1話「左の腕」(1959年)
    • 第11話「失敗」(1959年)
    • 第18話「百足ちがい」(1959年)
    • 第21話「おしくらまんじゅう」(1959年)
    • 第146話「検事の新妻」(1962年)
    • 第238話「みんなが見ている」(1963年)
  • お好み日曜座 / 花嫁と警笛(1959年、NHK)
  • サンヨーテレビ劇場(KR)
    • おばあさん(1959年)
    • 平和な物語(1960年)
  • 母と子 第26話「ゆずり葉」(1959年、CX)
  • スリラー劇場・夜のプリズム 第26話「茶色の小瓶」(1959年、NTV)
  • テレビ劇場(NHK)
    • 36号室(1959年)
    • 昨日の虹(1960年)
    • ワシントンの日本人(1960年) - 新見豊前守
  • 指名手配 第3話「運転手強殺事件」(1959年、NET)
  • 日立劇場(NHK)
    • 第3話「森の石松」(1959年)
    • 第6話「紙の牙」(1959年)
  • 独航船(1959年、NHK) - 船主・大崎 ※芸術祭参加
  • この情報を買ってくれ(1959年、CX) - 中川代議士 ※芸術祭参加
  • ゴールデン劇場 / 鉄道唱歌物語(1959年、NTV)
  • 三菱ダイヤモンド劇場・直木賞シリーズ(CX)
    • 第8話・第9話「ボロ家の春秋」(1959年)
    • 第31話・第32話「鏨師」(1960年)
  • 文芸劇場(NET)
    • 雲の涯(1960年)
    • 命みぢかし(1960年) - 山上
    • パパの秘密(1960年)
  • カメラマン物語(NET)
    • 第7話「くらやみの栄光」(1960年)
    • 第19話「青春の絵」(1960年)
    • 第22話「1/250閃光」(1960年)
    • 第24話「五月晴れ」(1960年)
    • 第26話「風薫子」(1960年)
  • 東レサンデーステージ 第2話「美しき人々」(1960年、NTV)
  • 百万人の劇場 / 木村長門守(1960年、CX)
  • NECサンデー劇場(NET)
    • 錯乱(1960年)
    • 奉教人の死(1961年)
  • 源氏鶏太シリーズ / 印度更紗(1960年、KR)
  • 廃液(1960年、NHK) ※芸術祭参加
  • 名作菊五郎劇場 / 米百俵(1961年、NET)
  • テレビ指定席 / 社長室(1961年、NHK)
  • 創作劇場 / 室内楽(1961年、NHK)
  • 王国のブルース(1961年、NHK)※芸術祭参加
  • 松本清張シリーズ・黒の組曲 第1話「駅路」(1962年、NHK)
  • 純愛シリーズ(TBS)
    • 第69話「鬼ごっこ」(1962年)
    • 第88話「つぐない」(1963年)
  • ポーラ名作劇場 第7話「花は偽らず」(1963年、MBS)
  • NHK大河ドラマ(NHK)
  • シャープ火曜劇場 第83話「河のほとりで」(1963年、CX)
  • 鋳型(1963年、NHK)※芸術祭参加
  • 近鉄金曜劇場(TBS)
    • 幻の寺(1964年)
    • 剣(1964年)
    • 突っ走れ!落第生(1966年)
  • 娘の結婚 第14話「太郎と晴子」(1964年、NTV)
  • 判決(NET)
    • 第84話「愛のゆくえ」(1964年) - 雄二
    • 第161話「ダニ」(1965年) - 原総務部長
    • 第192話「いつかその日が」(1966年)
  • 日本映画名作ドラマ / 他人のこと(1964年、NET)
  • 風雪 / 博愛社起源(1964年、NHK) - 大給恒
  • 男ありて 第3話「街医者物語」(1964年、NTV)
  • 木下惠介劇場 第3話「見知らず柿」(1964年、TBS)
  • ザ・ガードマン(1965年 - 1966年、TBS) - 三原チーフ ※DVD発売
  • 日産スター劇場(NTV)
    • 素敵な犬と可愛い猫と(1965年)
    • おれの女だ(1966年)
  • 七人の刑事(TBS)
    • 第188話「あっちの水」(1965年)
    • 第217・218話「闇をのがれて」(1966年)
  • シオノギテレビ劇場(CX)
    • 帰郷(1965年)
    • 鶴八鶴次郎(1966年)
  • NHK劇場(NHK)
    • ひとりぼっちの廊下(1967年)
    • 平和(1968年)
  • 東京バイパス指令(1968年、NTV) - 木村警視監
  • 夜の主役(1968年、NTV / 大映テレビ) - 伊東弁護士
  • おんなの劇場 / 出雲の女(1969年、CX)
  • 銀河ドラマ(NHK)
    • 西陣模様(1969年)
    • 真昼の日食(1969年)
    • 白鳥の歌なんか聞えない(1972年)
  • ケンちゃんシリーズ(TBS) - おじいさん(レギュラー)
  • 大忠臣蔵(1971年、NET) - 落合与左衛門
  • ワン・ツウ アタック! 第4話「青春はまっしぐら」(1971年、12CH) - 外科医・長沢
  • レッツ・ゴー ミュンヘン! 第11話「世界に挑めサンダー・ボール」(1971年、12CH) - バレーボール協会理事長・前川
  • ありがとう 第2シリーズ(1972年-73年、TBS) - 十儀介役(レギュラー)
  • 赤ひげ 第23話「沢根屋おとき」(1973年、NHK) - 喜兵衛
  • 女・その愛のシリーズ / 鶴八鶴次郎(1973年、NET)
  • 銀河テレビ小説 / 宗方姉妹(1973年、NHK)
  • 座頭市物語 第16話「赤城おろし」(1975年、CX) - 勘助
  • 華麗なる一族(1975年、MBS) - 宮本長期開発銀行頭取

舞台[編集]

  • 三笑(1943年) - 野村広次 ※芸文座旗揚げ公演
  • 破戒(1948年)
  • たくみと恋(1948年)
  • 山脈(1949年)
  • かもめ(1950年) - ソーニン
  • 炎の人(1951年、1969年)- ポール・ゴーガン
  • 三太物語(1951年) - 仙爺
  • その妹(1951年) - 古本屋
  • 五稜郭血書(1952年) - 小林屋重吉
  • 十三階段(1952年) - 尾形幾之進
  • 冒した者(1952年) - 舟木
  • 厳頭の女(1952年) - 大野木清六
  • あっぱれクライトン(1953年) - クライトン
  • 日本の気象(1953年) - 八十島台長
  • 民衆の敵(1953年) - モンテン・キール
  • 幽霊やしき(1954年) - 金田耕三
  • 闇の力(1954年) - ニキータ
  • 神は知っていた(1954年) - ダニエル・ドウブエ
  • 愛は死をこえて(1955年) - アーヴィング
  • 女の声(1955年) - 谷村政夫
  • ヴィルヘルム・ヘル(1955年) - アティングハウゼン
  • 大和の村(1955年) - 大橋武雄
  • 帰らぬ人(1956年) - 趙組織部長
  • 最後の人びと(1956年) - イワン・コロミーツェフ
  • 遠い凱歌(1956年)- 川田勇蔵
  • セールスマンの死(1957年) - チャーレェ
  • 人形の家(1958年) - ヘルマア
  • 法隆寺(1958年) - ソガノウマコ
  • ボーギィとベス(1958年) - ジェーク
  • 夜の季節(1959年) - 加茂昇吾
  • どん底(1960年) - サーチン
  • 橋からの眺め(1960年) - アルフェイリ
  • 火山灰地(1961年) - 唐沢克己
  • オットーと呼ばれる日本人(1962年、1966年) - ジョンスン
  • 初恋(1963年) - チーホン・チモフェーヴィチ
  • 狂気と天才(1963年) - プリンス・オブ・ウェルズ
  • 夜明け前(1964年) - 青山吉左衛門
  • 開かれた処女地(1965年) - ポロフツェフ
  • バラが問題だ(1966年) - ジョン・クリアリイ
  • 報いられたもの(1966年) - レナード・アーズレイ
  • 瀬戸内海の子供ら(1967年) - 旗はん
  • うちのお姉さん(1967年) - ウーホフ
  • エレクトラ(1967年) - 老人
  • ヴェニスの商人(1968年) - ヴェニス公
  • ゼロの記録(1968年) - 平岡
  • ジョン・ガブリエル・ボルクマン(1968年) - ジョン・ガブリエル・ボルクマン
  • かもめ(1969年) - ピョートル・ニコラーエヴィチ・ソーリン
  • ロムルス大帝(1970年)
  • 七月六日(1970年)
  • 審判(1970年) - 裁判長
  • るつぼ(1971年)
  • 神の代理人(1971年)
  • 予告の日(1971年)
  • 48才の花嫁さん(1971年)
  • 三人姉妹(1972年)
  • 円空遁走曲(1973年)
  • 桜の園(1974年)
  • 才能とパトロン(1974年)
  • 迷路(1975年)

など

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『日本映画俳優全集・男優篇』p.276-277
  2. ^ 新撰 芸能人物事典 明治~平成「清水将夫」の項

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]