淡路恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あわじ けいこ
淡路 恵子
淡路 恵子
野良犬』(1949年
本名 井田 綾子(いだ あやこ)[1]
生年月日 1933年7月17日
没年月日 2014年1月11日(満80歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市荏原区[2]
(現・東京都品川区荏原[2]
死没地 日本の旗 日本・東京都港区
血液型 AB型
職業 女優
活動期間 1949年 - 2014年

淡路 恵子(あわじ けいこ、1933年7月17日 - 2014年1月11日)は、日本女優。本名、井田 綾子(いだ あやこ)[1][3]

来歴[編集]

1933年、東京・品川に生まれる[1]。家は二階建ての借家だった[2]。父は海軍の軍人だったが、胸を患って海軍省を辞め自宅療養していた[2]。母は助産婦[2]

集団疎開先の富山県から一時荏原に戻った時ものすごい空襲に遭った[4]。そのため茨城県の母の親戚の所へ疎開に行く[4]田舎暮らしを体験[4]

府立第八高等女学校(現・東京都立八潮高等学校)を受験、合格する[5]。13歳の時、終戦の翌夏父親が他界[5]。「女医にしたい」という母の願いをよそに、淡路はSKDに合格、卒業まであと数か月だったが第八高女を退学した[6]

松竹歌劇団のユニット「スリー・パールズ」(左から草笛光子、深草笙子、右が淡路。1952年10月)

1948年松竹歌劇団の養成学校である松竹音楽舞踊学校に4期生として入学。1949年、入団前の学校生の時に黒澤明監督に抜擢され本名の井田綾子で新東宝映画野良犬』に映画デビュー。1950年松竹歌劇団に入団。草笛光子、深草笙子と組んでスリーパールズにも抜擢され歌に踊りに大活躍した。1953年からは多くの松竹映画に出演。主演したメロドラマ『この世の花』は続編、続々編と大ヒットしたため完結編まで全10部作となった。1954年にはマーク・ロブソン監督に見出され、パラマウント映画トコリの橋』でミッキー・ルーニーと共演。1957年に出演した『太夫さんより・女体は哀しく』と『下町』の演技でブルーリボン賞の助演女優賞を受賞。1960年代には東宝の“駅前シリーズ”や“社長シリーズ”のレギュラー出演など数多くの映画に出演した。

テレビドラマでは、1961年にNHKの『若い季節』に女社長役で主演。1963年越路吹雪岸田今日子横山道代との四姉妹役で出演した日本テレビ男嫌い』は数々の流行語を生み出す話題作になった[7][8]1987年男はつらいよ 知床慕情』で結婚引退から20年ぶりに女優復帰した。

2011年7月に、波瀾万丈の芸能人生60年を振り返った『凛として、ひとり~弱かった自分が強くなれた瞬間』(実業之日本社)を出版した。

2014年1月11日17時24分、食道がんのため、東京都港区の病院で死去。80歳没[3][9]。食道がんに関しては投薬により治療していた。また直腸がんの手術も成功していたが、2013年9月以降食事を受け付けなくなり、徐々に体力が落ちていき、所属事務所の社長の話によれば、2014年1月9日に会ってから容体が急変したという。[9]戒名は「宝珠院淡路日恵清大姉」[10]。東京・青山葬儀所で通夜告別式が営まれ、デビュー当時から親交が深い旧友の草笛や宝田明、プライベートで可愛がられていた浅田美代子小堺一機爆笑問題はるな愛など約300人が21日の通夜に参列し、22日の告別式には淡路と60年来の大親友であったデヴィ・スカルノ高橋英樹中尾ミエ綾戸智恵栗原類など約150人が参列し別れを惜しんだ。

エピソード[編集]

交友関係
  • 宝塚歌劇の娘役スターであった淡島千景に憧れて、芸名を淡路にしたという。淡島のことは「お姉ちゃま」と呼んで慕っており、『駅前シリーズ』など多くの映画や舞台「毒薬と老嬢」で共演している。また、プライベートでも大変親交が深く実妹の様に可愛がられ、淡島の親族・関係者と共に臨終にも立ち会った[11]。淡島に初めて会ったのは1949年(昭和24年)で、日劇で宝塚歌劇を初めて見て淡島に感激したことがきっかけだった。学校をサボって4日間通い続け、どうしても淡島に会いたくなり、楽屋に入りたいがために淡島の妹だと嘘をついた[12]。淡島との初共演作の『美貌と罪』(1953年、松竹)では姉妹役が実現した[12]
  • 恵子の名は黒澤明監督に付けて貰っている[13]
  • 1954年11月、映画『風と共に去りぬ』などで知られる俳優のクラーク・ゲーブルが来日した時に、彼に会っている[14]
  • 越路吹雪とは生前、プライベートでも大変仲がよくて大親友であり、越路が亡くなった際には死化粧を行った。山本陽子も親友の1人である。
  • 堺正章とは堺が子供の頃、父親の堺駿二と共に散歩しているところに遭遇していたことを公言している[15][要高次出典]
愛煙家
大の愛煙家。長年、パーラメントのライト100(ハンドレッド)を一日に3箱愛飲していた[16]。芸能界有数の喫煙姿が絵になる人として、バラエティ番組等で紹介されることもある[17]
ゲーマー
芸能界屈指のゲーマーで、中でも大のドラゴンクエスト好きであり、第1作目からやっている[18]。お気に入りは『ドラゴンクエスト8』。後にレギュラー出演することになる『アウト×デラックス』に初めて出演した際には「ドラクエは裏切らない」と発言している[19]。『火曜サプライズSP』出演の際には後発の『ファイナルファンタジー6』込みでDAIGOに熱く語り、VTRを早送りされたほどである[20][要高次出典]。携帯電話の機種変更の際にはドラゴンクエストの序曲を着信音にするほど熱中している。また地方の公演の際には携帯ゲーム機だけではなく大型の家庭用ゲーム機をホテルに持ち込んでプレイをしている。同シリーズは新作が発売されるまでのスパンが長いこともあり、「一遍にやっては勿体無い」という思いから、ラストダンジョンの前で一度プレイを止め、主人公の名前を違うものに変えて最初からやり直す、ということを何十回と繰り返すという。ゲームデザイナーの堀井雄二に「早く3年ごとくらいに作ってくれないと、私、死んじゃう」と懇願したこともある。同シリーズ9作品目に関して、プラットフォームが携帯機に移行したことと、セーブデータが1つしか作れないため、上記のような再プレイに際してその前の古いデータを残しておけない(結局、同じソフトを買い足した)ことなどから、不満を持っているが、プレイ時間は300時間を超えサブロムも所有し[21]、食道ガンと直腸ガンで入院していた際にも『IX』を持ちこんでいたほどである[9]。『ドラゴンクエスト10』は、インターネットで繋げて遊ぶことから「不特定多数の人と繋がるだなんて嫌」と発言し[22]、その画面上に「あくまでも個人の感想です」というテロップが表示されるほど批判しているが、今作品の為にインターネットを自身で接続している事を述べている[20]。仕事のない日には3日ほど徹夜で遊び続けるほどやり込んでいる[23]。また、同じRPGでも、『ファイナルファンタジー』は主人公が喋ってしまうという点で好きではなく、「喋るまではやっていた」と語っている。また『桃太郎伝説』もプレイしていたことがある[24][要高次出典]
病院嫌い
亡くなった際の所属事務所の社長の証言として、四男出産以降40年ほど病院に通っていなかったことが明らかになった[9]

家族・親族[編集]

父は海軍軍人だった[2]。母は茨城県久慈浜の網元の娘[2]。母は、道楽者の結婚相手に愛想を尽かして子供2人を連れて東京に出て助産婦を始めた時、父と知り合い再婚した[2]。13と11違いの兄が2人いる[2]

淡路は20歳のときにフィリピン人歌手ビンボー・ダナオBimbo Danao)と結婚[25]。彼のショーを見に行って人に紹介された[25]。ビンボー・ダナオは本国に妻と4人の子供がいて、またカトリック信者であり、その妻と離婚ができなかった[25]。入籍はしていない[25]。淡路によれば「私、結婚に対してなんの夢もなきゃ、婚姻届を出すとかそんなことも知らなかったの。“好きだ、好きだ”って彼が言って、私が家を建てたらやって来て、お互いに好きだから一緒にいただけ。一緒にいるから結婚だと思っていたくらい(笑い)」という[25]

長男の島英津夫と次男(一般人のため非公表)を出産。二児の母となるが1965年に離婚(ダナオは1967年腺肉腫で死去)。1966年に中村錦之助(後に萬屋錦之介と改名)と再婚し女優業を引退、三男・四男を出産した。しかし、萬屋の個人事務所である中村プロが13億円もの莫大な負債を抱え倒産。筋無力症で倒れた萬屋を献身的に看病するが、豪邸を売却し貯金も尽きた淡路は、萬屋を看病しながら生活費を稼ぐため、一時期は六本木でクラブの雇われママも経験した。甲にしきとの不倫問題などで1987年に離婚。

1990年に三男の小川晃廣がバイク事故で死亡する不幸に見舞われ、2004年には俳優業を放り出すなど以前から素行不良に手を焼いていた四男の萬屋吉之亮(本名:井田哲史)が恵子の自宅に侵入、金品を物色中に通報で駆けつけた警視庁麻布警察署署員に、住居侵入などの疑いで逮捕・連行され、ワイドショー女性週刊誌で話題となる。愛想を尽かした恵子は厳罰を求めて吉之亮を告訴、懲役6ヶ月の実刑となった。しかも彼はこの時、別の窃盗罪執行猶予期間中だった(懲役1年6月・執行猶予3年)ため、前犯と合算され、懲役2年の実刑となった。2010年6月18日、四男の吉之亮が自宅マンションで死亡しているのが発見された。自殺と見られている。

主な出演[編集]

映画[編集]

ほか、多数

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

テレビ一般[編集]

他多数

CM・広告[編集]

ほか

オーディオコメンタリー[編集]

  • DVD『無責任遊侠伝』(2006年12月15日、東宝ビデオ)
    • 音声特典として収録されている、副音声のオーディオコメンタリーを担当。同作に限らず、出演した他のクレージー映画や東宝作品について、『野良犬』出演のいきさつ、淡島千景との出会い、『トコリの橋』出演時にハリウッドに誘われていたものの断念したこと、『若い季節』『男嫌い』(それぞれテレビドラマ版・映画版とも)について、早世した三男との『ダウンタウン・ヒーローズ』での共演時のエピソードなど、幅広く語っている(聞き手:佐藤利明)。なお、同作のDVDは、DVD-BOX『クレージーキャッツ 大作戦ボックス』中の1枚としても発売されている。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』25頁
  2. ^ a b c d e f g h i 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』26頁
  3. ^ a b 淡路恵子さん死去、80歳…映画、ドラマで活躍 私生活は波乱万丈2014年1月11日)、スポニチアネックス、2014年1月11日閲覧。
  4. ^ a b c 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』27頁
  5. ^ a b 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』28頁
  6. ^ 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』29頁
  7. ^ 米川明彦『明治・大正・昭和の新語・流行語辞典』三省堂2002年、303頁。
  8. ^ 小林信彦『現代<死語>ノート』岩波新書1997年、98-100頁
  9. ^ a b c d 淡路恵子さん死去 直腸がんだった(2014年1月11日)、デイリースポーツ、2014年1月12日閲覧。
  10. ^ 淡路恵子さん通夜 爆笑問題、小堺一機ら参列
  11. ^ 『淡島千景 女優というプリズム』(青弓社)に収録のインタビュー
  12. ^ a b 神戸新聞1953年7月13日夕刊2面「思いかなった姉妹役 淡島千景 対談 淡路恵子」
  13. ^ 横須賀演劇鑑賞 第35回総会記念講演「淡路恵子さんお話し会」2004年2月14日
  14. ^ マガジンハウス刊『スタアの40年 平凡 週刊平凡 秘蔵写真集』より
  15. ^ TBS『チューボーですよ』2012年9月8日放送分より
  16. ^ たばこは私の6本目の指 淡路恵子(女優)| 愛煙家通信 Web版 - 喫煙文化研究会
  17. ^ 「タバコって私は、6本めの指だと思ってんですよ。もう、あって普通なの」(『無責任遊侠伝』DVD音声特典・オーディオコメンタリーでの発言)
  18. ^ すぎやまこういち「すぎやまこういちワンダーランド」、『WiLL』、ワック出版、2011年11月9日、 185頁。
  19. ^ 同番組レギュラー化以前の、2012年4月7日深夜の第3回放送分にて発言。なお、登場前には「ゲームをやりすぎて腱鞘炎になった大女優」と紹介された。“ゲーム持参で入院 淡路恵子さん「ドラクエは裏切らない」”. スポーツニッポン. (2014年1月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/01/12/kiji/K20140112007370680.html 2014年1月15日閲覧。 
  20. ^ a b 2013年2月12日放送『火曜サプライズ 今夜も豪華芸能人が大集結!3時間 SP』より。
  21. ^ 『WiLL』2011年2月号 新春特別対談
  22. ^ 『嵐を呼ぶあぶない熟女 五輪選手…若手女優…アイドル…政治家に!熟女が新年の一喝SP』2013年1月5日放送
  23. ^ すぎやまこういち「すぎやまこういちワンダーランド」、『WiLL』、ワック出版、2011年11月9日、 186頁。
  24. ^ 爆笑問題の日曜サンデー2010年7月4日放送分
  25. ^ a b c d e 淡路恵子 最初の結婚はフィリピン人歌手のビンボーさんと女性セブン 2013年1月24日

外部リンク[編集]