小川甲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
甲にしきから転送)
移動: 案内検索

小川 甲子(おがわ かつこ、旧姓:井戸1942年7月8日 - )は、元宝塚歌劇団花組主演男役・元女優で現在は東京宝塚劇場支配人。宝塚歌劇団時代の芸名は甲 にしき(こう にしき)。

兵庫県神戸市出身、公称身長162センチ、出身校親和学園,宝塚歌劇団時代の愛称コウちゃん

来歴・人物[編集]

中学時代、腎炎にかかり長期の療養生活を強いられる。状態が落ち着いた時、気分転換にと宝塚コドモアテネを利用し始めたことが、歌劇団志望のきっかけになる。

1960年、宝塚歌劇団入団。宝塚歌劇団46期生。宝塚入団時の成績は首席[1]。初舞台の公演演目は星組公演『春の踊り(日本の恋の物語)/ビバ・ピノキオ』[1]同期山吹まゆみ(女優)、上月晃(女優)、古城都本郷功次郎夫人)、振付師司このみらがいるが、同期の上月(星)・古城(月)とは“3K”と呼ばれ、絶大な人気を博した。1961年5月1日[1]花組配属。

1970年麻鳥千穂退団に伴いの主演男役を務める。相手役は竹生沙由里。その後、上原まりも相手役を務めた。『小さな花がひらいた』(茂次役)、『この恋は雲の涯まで』(源義経/チンギス・ハーン役)などの代表作を世に送り出し、1974年2月1日[1]に宝塚を退団。

退団後は”演れて舞える”実力を買われTV時代劇や舞台公演に多く出演、このことが後年の甲の私生活に大きな影響を与えた。1985年文化庁芸術祭賞受賞。

1980年代後半、共演が多かった萬屋錦之介と恋におち、当時経済的、人間関係などで不遇であった錦之介を支えたが、錦之介は甲との浮気により淡路恵子と別居、加えて淡路は甲の親友でもあったため(甲はこれを否定)甲は不倫のバッシングを受け仕事を干される事となる。

1990年、淡路との離婚を待って錦之介と正式に結婚。直後、錦之介の難病発病(錦之介の看護のため、この頃より事実上の芸能活動停止状態)、そして錦之介のガン闘病・死別と苦労は多かったが、錦之介とは最後まで変わらぬ夫婦生活を全うした。

錦之介の死後、東京宝塚劇場の支配人に就き、現在に至る。

主な出演[編集]

舞台[編集]

宝塚歌劇団時代[編集]

  • 『河童とあまっこ』(花・月組、1961年11月29日 - 12月27日、新芸劇場
  • 『落日の砂丘』(花組、1963年7月2日 - 7月31日、宝塚大劇場
  • 『洛陽に花散れど(花組、1964年6月30日 - 8月2日、宝塚大劇場)
  • パリ公演(1965年)
  • 『ぼくらの時代』(花組、1965年6月2日 - 6月29日、宝塚大劇場)
  • 『シンデレラ・イタリアーノ』『2人が出会うとき』(花組、1966年6月2日 - 6月29日、宝塚大劇場)
  • 『鬼にもらった美女』(花組、1966年7月30日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『龍鳳夢』(花組、1967年1月1日 - 1月25日、宝塚大劇場)
  • 『白鷺』(花組、1967年6月2日 - 6月28日、宝塚大劇場)
  • 『アルルの女』『ヒット・キット』(花組、1967年9月30日 - 10月29日、宝塚大劇場)
  • 『ピラールの花祭り』(花組、1968年3月28日 - 4月25日、宝塚大劇場)
  • 『メナムに赤い花が散る』『海のバラード』(花組、1968年9月3日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『メナムに赤い花が散る』『ハリウッド・ミュージカル』(花組、1968年11月1日 - 12月1日、宝塚大劇場)
  • 『風の砦』『ガールス・オー!ガールッス』(花組、1969年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
  • 『鐘つき与七』『テ・キエロ』I(花組、1969年4月26日 - 5月29日、宝塚大劇場)
  • 『真夏のクリスマス』『愛の交響詩』(花組、1969年8月7日 - 9月2日、宝塚大劇場)
  • 『永遠のカトレア』(花組、1970年2月6日 - 3月12日、宝塚大劇場)
  • 『炎』『ドリーム・ア・ドリーム-夢に歌うピエール-』(花組、1970年7月3日 - 7月30日、宝塚大劇場)
  • 『扇源氏』『アポローン』(花組、1970年10月29日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『花は散る散る』『ジョイ!』(花組、1971年3月26日 - 4月27日、宝塚大劇場)
  • 小さな花がひらいた』- 茂次 役『シシリーの夕陽』(花組、1971年10月30日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『哀愁のナイル』『ラ・ロンド-恋人たちの円舞曲-』(花組、1972年1月29日 - 2月24日、宝塚大劇場)
  • 『浮かれ式部』(1972年3月3日 - 3月27日、帝国劇場)
  • 『浜千鳥』『ザ・フラワー-ガールズ500-』(花組、1972年4月27日 - 5月30日、宝塚大劇場)
  • 『炎の天草灘』『ポップ・ニュース』(花組、1972年9月2日 - 10月1日、宝塚大劇場)
  • 『シャイニング・ナウ!』(合同公演、1972年12月2日 - 12月12日、宝塚大劇場)
  • 『宝塚名曲選』『パレード・タカラヅカ』(花組、1973年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
  • 『新・花かげろう』『ラ・ラ・ファンタシーク-あなたに宝石を-』(花組、1973年4月26日 - 5月24日、宝塚大劇場)
  • この恋は雲の涯まで』- 源義経/チンギス・ハーン 役(花組、1973年7月28日 - 8月28日、宝塚大劇場)
  • 『花のお嬢吉三』『カルナバル・ド・タカラヅカ』(花組、1974年1月1日 - 1月29日、宝塚大劇場)*最終出演

宝塚歌劇団退団後[編集]

  • 『元禄太平記 天下競宴の巻』(1975年)
  • 『元禄太平記 忠臣快挙の巻』(1976年)
  • 『愛染め高尾』(1976年・1977年)
  • 『風と雲と虹と』(1976年)
  • 『さすらいの旅路』(1978年)
  • 『女役者』(1979年)
  • 『草燃える』(1980年)
  • 『華麗なる遺産』(1981年)
  • 『笠森お仙』(1981年)
  • 『櫻姫』(1985年)

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、60-61頁。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]

外部リンク[編集]