吾輩は猫である

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『吾輩は猫である』
(わがはいはねこである)
『吾輩ハ猫デアル』
著者 夏目金之助(漱石)
発行日 1905年10月6日1906年11月4日1907年5月19日ほか
発行元 服部書店大倉書店ほか
ジャンル 小説
日本の旗 日本
形態 3分冊
ページ数 上290、中238、下218
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

吾輩は猫である』(わがはいはねこである)は、夏目漱石長編小説。中学校の英語教師である珍野苦沙弥の家に飼われているである「吾輩」の視点から、珍野一家や、そこに集う彼の友人や門下の書生たち、「太平の逸民」(第二話、第三話)の人間模様を風刺的・戯作的に描いた、漱石の処女小説である。「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」という書き出しは有名。1905年1月、『ホトトギス』に発表され、好評を博したため翌年8月まで継続した。

着想は、E.T.A.ホフマンの長編小説牡猫ムルの人生観と考えられる。[1]

連載と反響[編集]

漱石が所属していた俳句雑誌ホトトギス』では、小説も盛んになり、高浜虚子伊藤左千夫らが作品を書いていた。こうした中で虚子に勧められて漱石も小説を書くことになった。それが1905年1月に発表した『吾輩は猫である』で、当初は最初に発表した第1回のみの、読み切り作品であった[2]。しかもこの回は、漱石の許可を得た上で虚子の手が加えられており[2]、他の回とは多少文章の雰囲気が異なる。だがこれが好評になり、虚子の勧めで翌年8月まで、全11回連載し、掲載誌『ホトトギス』は売り上げを大きく伸ばした(元々俳句雑誌であったが、有力な文芸雑誌の一つとなった)[2][3]

舞台化されたほか、『吾輩ハ鼠デアル』『我輩ハ小僧デアル』『吾輩は主婦である』など多くのパロディが生まれた。三島由紀夫も少年時代に『我はいは蟻である』(1937年)という小品を書いている[4][5]

登場人物・動物[編集]

吾輩(主人公の猫)
珍野家で飼われている雄猫。本編の語り手で、名前はなく、「吾輩」とは1人称。人間の生態を鋭く観察したり、猫ながら古今東西の文芸に通じており哲学的な思索にふけったりする。人間の内心を読むこともできる。三毛子に恋心を抱いている。ビールに酔い、に落ちて出られぬまま死ぬ(第十一話)。毛色は淡灰色の斑入(第六話)。年齢は、第七話では「去年生れたばかりで、当年とつて一歳だ」、第十一話では「猫と生れて人の世に住む事もはや二年越し」。
三毛子
隣宅に住む二絃琴の御師匠さんの家の雌猫。「吾輩」を「先生」と呼ぶ。猫のガールフレンドだったが風邪をこじらせて死んでしまった(第二話)。「吾輩」が自分を好いていることに気付いていない。
車屋の黒
大柄な雄の黒猫。べらんめえ調で教養がなく、大変な乱暴者なので「吾輩」は恐れている。しかし、魚屋に天秤棒で殴られて足が不自由になる(第一話)。
珍野 苦沙弥(ちんの くしゃみ)
猫「吾輩」の飼い主で、文明中学校の英語教師(リーダー専門)。父は場末の名主で(第九話)、その一家は真宗(第四話)。年齢は、学校を卒業して9年目か(第五話)、また「三十面(づら)下げて」と言われる(第四話)。妻と3人の娘がいる。偏屈な性格で、胃が弱く、ノイローゼ気味である(漱石自身がモデルとされる)。あばた面で、くちひげをたくわえる。その顔は今戸焼のタヌキとも評される(第三、八、十話)。頭髪は長さ2寸くらい、左で分け、右端をちょっとはね返らせる。吸うタバコは朝日。酒は、元来飲めず(第十一話)、平生なら猪口で2杯(第七話)。わからぬもの、役人や警察をありがたがる癖がある(第九話)。
迷亭(めいてい)
苦沙弥の友人の美学者。ホラ話で人をかついで楽しむのが趣味の粋人(美学者大塚保治がモデルともいわれるが漱石は否定したという。また、漱石の妻鏡子の著書『漱石の思ひ出』には、漱石自身が自らの洒落好きな性格を一人歩きさせたのではないかとする内容の記述がある)。近眼で、金縁眼鏡を装用し、金唐皮の烟草入を使用する。
水島 寒月(みずしま かんげつ)
苦沙弥の元教え子の理学士で、苦沙弥を「先生」とよぶ。なかなかの好男子(寺田寅彦がモデルといわれる)。戸惑いしたヘチマのような顔(第四話)。富子に演奏会で一目惚れする。高校生時代からバイオリンをたしなむ。吸うタバコは朝日と敷島。
越智 東風(おち とうふう)
新体詩人で、寒月の友人。「おち こち」と自称している。故郷は鰹節の名産地。絶対の域に至る道は愛の道と芸術の道であり、夫婦の愛がすべての愛の代表であるから未婚でいることは天の意志にそむくことになるという(第十一話)。
八木 独仙(やぎ どくせん)
哲学者。長い顔にヤギのような髭を生やし、意味不明な警句を吐くが、誰も分からない。40歳前後。
甘木先生
苦沙弥の主治医、温厚な性格。「甘木先生」は縦書きだと「某先生」と読める(尼子四郎がモデルとされる)。
金田(かねだ)
近所の実業家。苦沙弥に嫌われている。苦沙弥をなんとかして凹ませてやろうと嫌がらせをする。
金田 鼻子(はなこ)
金田の細君。寒月と自分の娘との縁談について珍野邸に相談に来るが、横柄な態度で苦沙弥に嫌われる。巨大な鍵鼻の持ち主で「鼻子」と「吾輩」に称される(鼻が大きくて「鼻の圓遊」と呼ばれた明治の落語家初代三遊亭圓遊にヒントを得て創作されたという説がある)。年齢は40の上を少し超したくらい(第三話)。
金田 富子(とみこ)
金田の娘。母親似でわがままだが、巨大な鼻までは母親に似ていない。寒月に同じく演奏会で一目惚れする。阿倍川餅が大の好物。
鈴木 籐十郎(すずき とうじゅうろう)
苦沙弥、迷亭の学生時代の同級生。工学士。九州の炭鉱にいたが東京詰めになる(月給250円+盆暮の手当)。金田家に出入りし、金田の意を受けて苦沙弥の様子をさぐる。
多々良 三平(たたら さんぺい)
苦沙弥の教え子。肥前国唐津の出身。法学士。六つ井物産会社役員(月給30円)。貯蓄は50円。猫鍋をしきりと恩師である苦沙弥にすすめる。
牧山(まきやま)
静岡在住の迷亭の伯父。漢学者。赤十字総会出席のため上京し、苦沙弥宅を訪問する。丁髷を結い、鉄扇を手放さない、旧幕時代の権化のような人物である(内藤鳴雪がモデルとされる)。
珍野夫人
珍野苦沙弥の細君。英語や小難しい話はほとんど通じない。頭にハゲがあり、身長は低い(第四話)。いびきをかく(第五話)。
珍野 とん子
珍野家の長女。「お茶の水」を「お茶の味噌」と、「元禄」を「双六」と、「火の粉」を「茸(きのこ)」と、「大黒(だいこく)」を「台所(だいどこ)」と、「裏店(うらだな)」を「藁店(わらだな)」と言うような、言葉間違いが多い。顔の輪郭は、南蛮鉄の刀の鍔のようである(第十話)。
珍野 すん子
珍野の次女。いつも姉のとん子と一緒にいる。顔は、琉球塗りの朱盆のようである(第十話)。
珍野 めん子
珍野家の三女。「当年とつて三歳」(第十話)。通称「坊ば」。「ばぶ」が口癖。顔は、横に長い面長(おもなが)(第十話)。
おさん
珍野家の下女。名は清という。主人公の猫「吾輩」を好いていない。埼玉の出身。睡眠中に歯ぎしりをする(第五話)。
雪江
苦沙弥の姪、女学生。17、8歳。時々珍野邸に来て苦沙弥とケンカする。寒月に淡い恋心を抱いている。
二絃琴の御師匠さん
三毛子の飼い主。天璋院様の御祐筆の妹の御嫁に行った先きの御っかさんの甥の娘である。
古井 武右衛門(ふるい ぶえもん)
珍野の監督下の中学生。2年乙組。頭部が大きく毬栗頭。
吉田 虎蔵(よしだ とらぞう)
警視庁浅草警察署日本堤分署の刑事巡査。
泥棒陰士
水島寒月と酷似する容貌の窃盗犯。長身で、26、7歳。喫煙者。
八(や)っちゃん
車屋の子供。苦沙弥先生が怒る度泣くという嫌がらせを金田から依頼された。

構成[編集]

第1話
「吾輩」は薄暗いところで出生したが、まもなく書生に遺棄され、教師の家に住み込む。人間について車屋の黒から、わがままで不人情で泥棒も働く不徳者であると聞き知る。
第2話
家に、寒月、迷亭、東風などが訪問し、好き放題のでたらめを言う。三毛子が死去し、吾輩は恋に破れる。
第3話
金田の妻が寒月のことを訊きに来て、寒月が博士にならなければ娘の富子と結婚させないという。
第4話
鈴木が金田の意向を聞いて、寒月の様子を探りに来る。
第5話
苦沙弥宅に泥棒が入る。吾輩はネズミ取りに失敗する。
第6話
寒月、迷亭、東風による恋愛談義、女性論。
第7話
吾輩は運動し、公衆浴場をのぞき見る。
第8話
落雲館中学校生徒が苦沙弥宅の庭に野球ボールを打ち込み、苦沙弥は激高する。
第9話
古井が金田の娘に恋文を送り、退校処分にならないかと心配して苦沙弥宅に来る。
第10話
寒月は珠磨をやめ、故郷で結婚した。独仙、苦沙弥、寒月、東風らによる夫婦論、女性論。来客が帰ったあと、吾輩は飲み残しのビールに酩酊し、水甕のなかに転落して水死する。

素材[編集]

主人公「吾輩」のモデルは、漱石37歳の年に夏目家に迷い込んで住み着いた、野良の黒猫である[2]1908年9月13日に猫が死亡した際、漱石は親しい人達に猫の死亡通知を出した[2]。また、猫の墓を立て、書斎裏の桜の樹の下に埋めた。小さな墓標の裏に「この下に稲妻起る宵あらん」と安らかに眠ることを願った一句を添えた後、猫が亡くなる直前の様子を「猫の墓」(『永日小品』所収)という随筆に書き記している。毎年9月13日は「猫の命日」である[6]

ちなみに『猫』が執筆された当時の漱石邸は現在は愛知県の野外博物館・明治村に移築されていて(旧所在:文京区千駄木)公開されている。東京都新宿区弁天町の夏目公園(漱石山房跡地)には「猫塚」があるが、後年復元したものだという。

最終回で、迷亭が苦沙弥らに「詐欺師の小説」を披露するが、これはロバート・バーの『放心家組合』のことである。この事実は、大蔵省の機関誌『ファイナンス』1966年4月号において、林修三によって初めて指摘された[7]。同様の指摘は、1971年2月号の文藝春秋誌上で山田風太郎によっても行われている。

古典落語のパロディが幾つか見られる。例をあげると、窃盗犯に入れられた次の朝、苦沙弥夫婦が警官に盗まれた物を聞かれる件(第五話)は『花色木綿(出来心)』の、寒月がバイオリンを買いに行く道筋を言いたてるのは『黄金餅』の、パロディである。迷亭が洋食屋を困らせる話にはちゃんと「落ち」までつけ一席の落語としている。漱石は三代目柳家小さんなどの落語を愛好したが、『猫』は落語の影響が最も強く見られる作品である[要出典]

第三話にて寒月が講演の練習をする「首縊りの力学」は、実在する論文を摘要したものである。寺田寅彦の随筆「夏目先生の追憶」に、彼がその論文を夏目漱石に紹介した経緯が書かれている。同所で寺田は「レヴェレンド・ハウトン」の「首つりの力学」と言うが、正確には、サミュエル・ホートンen:Samuel Haughtonの " On Hanging considered from a Mechanical and Physiological point of view "である。

書誌情報[編集]

1905年1月にのちの第1章に相当する部分が発表され、その後1905年2月(第2章)、4月(第3章)、5月(第4章)、6月(第5章)、10月(第6章)、1906年1月(第7章および第8章)、3月(第9章)、4月(第10章)、8月(第11章)と掲載された。

第1巻(第1章 - 第3章)は1905年10月6日に、第2巻(第4章 - 第7章)は1906年11月4日に、第3巻(第8章 - 第11章)は1907年5月19日大倉書店服部書店から刊行された。全1冊としては1911年に刊行された。1918年に漱石全集の第1巻に収録された。

  • 夏目金之助 『吾輩ハ猫デアル』上、大倉書店、1905年10月6日、290頁。NDLJP:888725
  • 夏目金之助 『吾輩ハ猫デアル』中、大倉書店、1906年11月4日、238頁。NDLJP:888726
  • 夏目金之助 『吾輩ハ猫デアル』下、大倉書店、1907年5月19日、218頁。NDLJP:888727
  • 夏目漱石 『吾輩は猫である』 漱石全集刊行会〈漱石全集 第1巻〉、1918年1月1日、606頁。NDLJP:957303
  • 夏目漱石 『漱石名作選集』 東洋文芸研究会 編著、坂東三弘社、1934年6月28日(原著1925年11月30日)、20版。NDLJP:1106011/5
  • 夏目漱石 『吾輩ハ猫デアル』全3冊、日本近代文学館(出版) 図書月販(発売)〈近代文学館 名著複刻全集 35〉、1968年 - 大倉書店・服部書店刊(1905-1907)の複製。
    • 夏目漱石 『吾輩ハ猫デアル』全3冊、名著複刻全集編集委員会 編、日本近代文学館(出版) ほるぷ(発売)〈漱石文学館 名著複刻〉、1976年6月。 - 大倉書店・服部書店刊(1905-1907)の複製。
  • 夏目漱石 『ザ・漱石』 第三書館、1999年6月、増補新版。ISBN 4-8074-9910-6
    • 夏目漱石 『ザ・漱石 全小説全二冊 グラスレス眼鏡無用』下巻、第三書館、2006年4月、大活字版。ISBN 4-8074-0601-9

映像化作品[編集]

映画[編集]

これまでに、2度映画化されている。1936年版と1975年版がある。

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

まんが[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://nekotetu.com/cgi-bin/nekotetu.cgi?cont=1&cono=52
  2. ^ a b c d e 『週刊YEARBOOK 日録20世紀』第85号 講談社、1998年、27-29頁
  3. ^ 第1回、第2回の連載号は完売し、夏目の「坊つちやん」と同時掲載となった第10回掲載号は5,500部を発行するに至る。これは総合雑誌「中央公論」と同程度であった。
  4. ^ 決定版 三島由紀夫全集〈補巻〉補遺・索引. 新潮社. (2005年12月). ISBN 978-4106425837. 
  5. ^ 三島由紀夫文学館**新資料紹介”. 三島由紀夫文学館. 2009年2月26日閲覧。
  6. ^ “名前はないが日本一有名な「吾輩(わがはい)」のモデルだった“”(「春秋」日本経済新聞2014年9月13日)。
  7. ^ 漱石文庫関係文献目録 (PDF)”. 東北大学附属図書館. 2012-11-125閲覧。
  8. ^ 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争―そのとき一億人が感動した』講談社、2004年、220頁。ISBN 4062122227

関連文献[編集]

外部リンク[編集]