小林信彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小林 信彦
(こばやし のぶひこ)
ペンネーム 中原弓彦
ウィリアム・C・フラナガン
三木洋
有馬晴夫
類十兵衛
スコット貝谷
誕生 1932年12月12日
日本の旗 日本東京市日本橋区
職業 小説家評論家コラムニスト
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1963年 -
主題 喜劇映画
代表作 『オヨヨ』シリーズ
『唐獅子株式会社』
主な受賞歴 芸術選奨新人賞(1973年)
「キネマ旬報」読者賞(1978年・1981年)
菊池寛賞(2006年)
処女作 『喜劇の王様たち』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小林 信彦(こばやし のぶひこ、1932年12月12日 - )は、日本の小説家評論家コラムニストである。中原弓彦(なかはら ゆみひこ)の筆名も用いた。

筆名を作ったのは、小林が正業につかないのを親戚が嫌っていたからであるという。「日本のことを勘違いして論じるアメリカ人」という設定のウィリアム・C・フラナガン名義の作品もある。また1958年、失業中に書いた「消えた動機」という推理短篇が江戸川乱歩時代の『宝石』誌1959年2月号に掲載され、のち三木洋(処女長篇『虚栄の市』の登場人物の一人と同名)という変名のもとにテレビ化および映画化(山田洋次監督『九ちゃんのでっかい夢』)されたことがある。その他の筆名に有馬晴夫類十兵衛スコット貝谷など。早稲田大学第一文学部英文学科卒業。血液型B型。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

東京市日本橋区米沢町2-5(のちの東京市日本橋区両国18-5、現在の東京都中央区東日本橋2-18-5)に生まれる。江戸時代から9代続いた老舗和菓子屋「立花屋」の長男であった。

代々婿養子が跡を継ぐ家風であったが、やり手であった祖父は自分の息子に跡を継がせようと考えていた。だが、その「長男」(小林の父)は自動車の運転・修理が趣味であるようなモダンな趣味人であり、商人としては無能で後に小林の一家が没落する原因となった。小林はこの父親に歌舞伎寄席などに連れていかれ、「芸人のうまい下手を、くどくどと説明するのは野暮」と教わった。

両国は商人町であり、小林は「このような町が本来の江戸以来の下町である」と作家となった後に繰り返し主張、浅草柴又を「下町」と呼ぶ安易な「下町ブーム」に嫌悪を感じ、自分の生地について何度もエッセイ小説に描写している。

落語に淫して育つ。下町の商人家庭には、小林の世代のインテリ少年の大半が愛読した『少年倶楽部』などはなく、読書も落語速記本が主であった。

母方の祖父は山形県村山市出身で、沖電気の創業時のメンバー、沖牙太郎の右腕といわれた高宮信三[1][2][3]。同社を退社後独立して、港区青山に高宮歯科工業という会社を設立した。信彦は子供の頃から山の手の祖父宅へ遊びに行って、この母方の祖父から自身の精神成長に大きな影響を受けたという[4]。信彦の信は信三の信から付けられている[1]

慶應義塾幼稚舎を受験したが失敗し、日本橋区立千代田小学校(のち国民学校と改称)に入学。小学1年生の時の志望職業は第1が「上野動物園園長」、第2が落語家だった。幼少時から浅草で映画や軽演劇、ショウを見る。なかでも古川ロッパの喜劇に熱狂し、自宅でロッパの声真似をしていた[5]。また、人形町では末広亭で落語を聞き、明治座新派新国劇を見ていた。学校の「お話の時間」に、同級生の前で落語を演じる。

小学3年生の時に戦争が始まる。『無法松の一生』と『姿三四郎』を封切時に見る。

1944年8月、千代田国民学校在学中に埼玉県入間郡名栗村(現在の飯能市)へ集団疎開。疎開先で疎開者同士での陰湿ないじめに遭い、この時の悲惨な体験は後に純文学長篇『冬の神話』となって実を結んだ。小説『東京少年』(2005年)も再度この時の体験を扱っている。この時の体験が、のちの「他人を容易に信じられない。執念深く、恨みがましい」性格を生んだと思われる。

戦争末期に、担任教師から将来の希望を問われ「小説家になりたいであります」と答えた。

中学校・高等学校時代[編集]

1945年3月5日の下町大空襲で生家が焼失。かつて父が病気で中退した、文京区大塚の東京高等師範学校附属中学(現・筑波大学附属中学校・高等学校)に無試験入学するが、空襲で校舎が焼失していたため、再疎開先の新潟県高田市(現・上越市)の県立高田中学校(のち新制の新潟県立高田高等学校)に学んだ。在住先は新井市(現・妙高市)。

1946年12月、東京に戻って青山の母方の実家に住み、東京高師附属中学に復学。このころ下町と山の手の文化的なギャップに開眼。中学では美術研究会に所属し、一学年上にのちの美術評論家高階秀爾がいた。中学時代、神田冨山房シムノン徳川夢声の著書を万引きしようとして店員に捕らえられ袋叩きにされたことがある。

1948年東京高等師範学校附属高等学校1949年東京教育大学附属高等学校と改称、現・筑波大附属高校)に進む。同期には、嘉納行光(元全日本柔道連盟会長)、藤井裕久(元財務大臣)、鈴木淑夫(元日本銀行理事)、徳山明(元富士常葉大学学長)、中江陽三(元NHKアナウンサー)、吉田庄一郎(元ニコン会長)などがいた。

高校では、友人たちと4人で映画研究会を設立(メンバーのうち、銀行員になった荻昌孝以外の2名は東宝のプロデューサーとなり、のちにクレージー映画で小林と共に仕事をした)。高校の文化祭「桐陰祭」では、アメリカ人劇作家"H・B・ガーガン"なる人物の作品と称して(実は架空の人間)自作の西部劇を上演したことがある。また、戦後再上映されたマルクス兄弟の映画を見て、そのアナーキーなギャグに衝撃を受ける。

1949年を「自分の人生で一番面白かった年」と後に語るが、1950年の朝鮮戦争の開戦により核戦争の恐怖にとらわれる。この時代のことは小説『世間知らず』に描かれている。なお高校の1年後輩には、『ニッポン無責任時代』などの脚本家となる田波靖男がいた。

同じ1950年、神保町のゾッキ本屋でさまざまな本を買う。『太宰治全集』で「人生の進路を決定」され、ヘンリー・フィールディングの『ジョゼフ・アンドルーズ道中記』で「英文科に進学する」こととなり、安藤鶴夫『落語鑑賞』で桂文楽独特の語り口を活字化する技術に衝撃を受けた。

大学進学[編集]

1951年早稲田大学慶應義塾大学のそれぞれ文学部を受験して合格。東京大学を受けるのが当たり前とされる高校に在って、文系科目の成績は全校で一桁の実力だったので東大受験を勧められたが、理系科目が苦手だったため東大を受験しなかった。実家が没落して経済的に貧しかった引け目から早稲田に入学。面接試験では英文科志望の理由を問われて「物語性に惹かれたからです」と答え、教授から苦笑された。山本山アルバイトしながら学業を続け、大学図書館では戦前の『キネマ旬報』を渉猟した。早稲田大学第一文学部英文学科の同級生に作家の生島治郎映画評論家河野基比古がいる。

1952年に父親が死去。翌1953年に店を売って、四谷に引越し、下町とは縁が切れた。

1955年、大学卒業直前に埴谷雄高編集の文芸雑誌近代文学』1955年3月号(近代文学社)に有馬晴夫名義で短篇「白い歯車」を発表。母校早大を舞台に学生運動を扱った、後年の短篇「ある晴れた午後に」の原型とも言える作品である。3月に早稲田大学第一文学部英文学科を卒業。卒論ではサッカレー悪漢小説ピカレスク)の関係を扱った。

不本意な就職[編集]

いざとなれば英語教師で食べて行けると考えて英文科に入学したにもかかわらず、教職課程の単位の一つを「意図的に」取り損ねたため、公立校の教員になることができなかった。唯一採用の口があった私立高校は校内暴力の評判があったため、就職を辞退。マスコミ関係への就職を望み、讀賣新聞社光文社、さらにスポーツ新聞社や映画会社の入社試験を受けたが、空前の就職難時代だったのでことごとく失敗。三省堂に英語辞書の校正係として採用される話はほぼ決まりかけたが、直前で不採用になった。飯島小平教授に研究者への道を勧められ、小林自身も早稲田大学に残ってヘンリー・フィールディングを研究する希望を持っていたが、大学時代に父を結核で亡くしていたうえ、日本橋の実家の土地を騙し取られていたことによる生活苦もあり、不本意ながらセールスマンとして叔父経営の塗料会社に就職、鬱屈した日々を送る。気晴らしに推理小説、昭和初期の大衆文学を読む。

1956年6月、横浜市中区矢口台に転居し、日英混血の親類が米兵相手に営んでいた貸家会社・有限会社レオポルド&サンに勤務。エルビス・プレスリーを聞き、衝撃を受ける。このころの体験は、後年の純文学長篇『汚れた土地』に反映されている。同じころ、400枚のユーモア本格ミステリを江戸川乱歩賞に応募して落選。

駐留軍の縮小という時代の流れの中で会社が経営不振に陥り、不渡り手形を出したうえ、社内の派閥抗争に巻き込まれて社長から暴行を受け、1958年7月に失職。失業保険を受給しつつ職安に通う毎日を送る。一度は浜松航空自衛隊の英語教師の口を紹介されたこともあるが、再軍備反対論者として辞退。

1958年9月「大学院を受験する」と身分を偽って池袋の学生下宿に潜り込み、ここに逼塞して江戸川乱歩が社主の推理小説雑誌『宝石』に「雑誌の改善案」を投稿する。先の見通しが立たず、しばしば自殺を考えた。

雑誌の編集長に[編集]

1958年秋、失業保険が切れる直前に、投稿していた「雑誌改善案」で実力が見込まれ宝石社の顧問として採用された。月俸は当時としても格安の5000円。

1959年1月、6月創刊予定だったミステリ雑誌『ヒッチコックマガジン』の編集長に、江戸川乱歩の後押しで抜擢された。これは、宝石社の顧問だった田中潤司宇野利泰長谷川修二たちが就任を拒んだために小林のもとに回ってきた仕事で、「3号まで赤字ならクビ」という条件で始まったが、実際には13冊目でやっと黒字に転じたものである。このときの月俸は、当時の一般会社員の初任給に満たない1万円(金額は「地獄の読書録」巻末の田中潤司との対談内での発言による)。当時、宝石社には戦前の『新青年』のバックナンバーが全冊揃っていたため、この雑誌を耽読して大きな影響を受けた。

同誌の編集長としては、最初期の星新一筒井康隆の活動をサポートした功績も大きい。また海外のショート・ショートを紹介し、日本に根づかせた。一方で『ヒッチコックマガジン』は、大藪春彦の協力を仰いだ増刊号『ガン特集』が好評を得るなど小林の趣味とは違う方向に進み、「若者のライフスタイル・マガジン」の様相を帯びた。その「洗練されたライフスタイル・マガジン」としての面は、後に木滑良久らが、平凡出版(のちのマガジンハウス)で『平凡パンチ』、『an・an』、『POPEYE』等の雑誌を創刊するにあたって大きな影響を与えた。なお、1962年に太平洋をヨットで単独横断した堀江謙一は、ヨットの上で航空雑誌と『ヒッチコックマガジン』を読んでいたという。

薄給を補う目的と雑誌の宣伝を兼ねてテレビラジオにたびたび出演したところ人気を得て、マルチタレントの走りとして当時のマスコミの寵児となった。1962年3月には、青島幸男永六輔前田武彦の3人とともに「多角経営派」の名のもと、『サンデー毎日』から記事にされたことがある(「俺たちゃ"職業不定族"」)。

1963年1月、萩原津年武大坪直行ら折り合いが悪かった者たちの策謀で宝石社を解雇された(表向きは自主退職。なお、当時、早川書房の編集者だった常盤新平は小林の解雇に同情する様子をみせながら、裏で『ヒッチコックマガジン』の次代編集長への打診を受けていたとされ、小林の恨みを買うことになる)。この時の苦い体験は〈信じていた者に裏切られる〉テーマとして、以後たびたび小林作品のモチーフとなった。「疎開経験」「実家の土地を騙し取られた体験」に加えて、この際の体験が「容易に他人を信用しない」性格にさらに拍車をかけたと思われる。

『ヒッチコックマガジン』時代の体験は、小説『虚栄の市』『夢の砦』に描かれている。ただし、『夢の砦』では時代を1959年から1962年にかえ、主人公から「作家的要素」を取り除いている。また、『夢の砦』は夏目漱石の『坊っちゃん』の1960年代版だとも語っている。

フリーとして[編集]

フリーになった後は、映画、ミステリ、テレビなどの評論の執筆や『九ちゃん!』『植木等ショー』などテレビバラエティ番組の構成作家業のかたわら純文学を発表するようになり、1964年に中原弓彦名義で処女長篇『虚栄の市』を河出書房から刊行(なお、前年の1963年に校倉書房から初の著書である喜劇映画論『喜劇の王様たち』を刊行しているが、刊行本の半分を取次が受け取らない事態になり、また出版社からの印税も出ず「代わりに本で」と言われ途方に暮れていた)。

『虚栄の市』は好評ではあったが、「コミック・ノベル」自体が当時の日本の文壇には受け入れられず、十分な理解を得られなかった。そのため小林は「私小説的な、個人的体験を書けばよいのか」と考え、学童集団疎開時の陰惨な体験を描いた第二作『冬の神話』を1966年11月に上梓。だが今度は「あまりに暗すぎる」と言われ、不評であった。なおこの作品から本名(小林信彦)で発表するようになった。

のちに『地獄の読書録』にまとめられるような、膨大な書評をこなしたが、SFでは小松左京筒井康隆の才能を、逸早く発見。また、アリステア・マクリーンギャビン・ライアルが冒険小説の第一人者になることを予言した。また、山田風太郎の忍法帖も繰りかえし高評価した。

1969年10月以降はテレビの仕事が途絶えたため[6]、小説の執筆に専念。その後『オヨヨ』シリーズや『唐獅子』シリーズなどのパロディ性に富んだエンターテインメント作品、『神野推理』シリーズや『紳士同盟』シリーズなどのミステリ系の作品等を執筆。並行して長編『夢の砦』、連作短編『家族漂流 東京・横浜二都物語』としてまとめられた自伝的要素の強い純文学作品を発表。たびたび直木賞芥川賞候補にノミネートされた。しかし放送作家としてのキャリアが災いして、選考委員たちから「新人の資格がない」「テレビの世界で金を稼いでいるのは不純」との反対を受けて受賞を逸した。その事情は文壇諷刺的作品『悪魔の下回り』に反映されている。

自らの文学観が日本の文学界とあまりに違うことに業を煮やし、夏目漱石にはじまりジョセフ・ヘラーフレドリック・ブラウンなど「笑いの文学」を中心に論じた、文学論『小説世界のロビンソン』を1989年に刊行した。『吾輩は猫である』は、落語の知識がないとギャグが楽しめないことを指摘。また文芸評論家の常套句「人間が描けていない」に対抗し、「フラット・キャラクター」という、ディケンズの小説に登場するような「典型的なキャラクター」の有効性も提示した。

連作エッセイ集『パパは神様じゃない』『つむじまがりの世界地図』や「W・C・フラナガンによるエッセイ」等は、浅倉久志によって「ユーモア・スケッチ」と名づけられた、かつてアメリカで人気を博した「生真面目な文体で、馬鹿馬鹿しいことを記す」内容で、日本人作家には他に追随例がほとんどないユニークなものである。

1970年代、晶文社から「バラエティ・ブック」と称するコラム集を何冊も刊行。これは、当時のサブカルチャー愛好者に大きな影響を与え、のちに小西康陽『これは恋ではない』(幻冬舎、編集者:高畑圭)、安田謙一『ピントがボケる音』(国書刊行会、編集者:樽本周馬)など、その様式を真似た「リスペクト本」を生んだ。

1986年、「戦前の下町アメリカニズム」と「戦争を楽しんでしまう日本人」を描いた、自伝的かつ〈笑いの文学〉の集大成的作品『ぼくたちの好きな戦争』で「小説家・小林信彦・第一期終了」を宣言。

以降の小説では、〈笑いの文学〉を封印し、現在・過去の時代風俗を丹念に描いた作品(業界小説や、タイムトラベル物、自伝的な作品)や谷崎潤一郎を意識したフェティシズム的な作品、パトリシア・ハイスミスの影響を受けた「異常者が日常に入り込んでくる」小説などを発表。

だが「小説家・第二期」は、最初の2作(『極東セレナーデ』『世間知らず』)は好評であったが、以降の作品は第一期の作品と比べて特筆して優れているとは言い難いとの批判もある(ただし、小林自身も『マニアックな読者ばかりいて「カルト作家」とよばれるのは、決してありがたいことではない。読者は同じような作品を求めるが、自分の作家的必然性から、作風を変えざるを得ない。失望して離れていく読者も出るだろう』と語っている)。特に1993年の『怪物がめざめる夜』は、主人公である悪役の設定が凡庸であるとの批判があった。また、塩山芳明のように小林のコラムを高く評価しつつ小説は一切認めないとする者もいる。

一方、『世界の喜劇人』や『日本の喜劇人』などで初めて喜劇を本格的な評論の対象に採りあげた。『世界の喜劇人』の原型となった「喜劇映画の衰退」は、1961年に『映画評論』誌に掲載され、イデオロギー批評が全盛の当時に突如出現した異色の評論として多くの人々に衝撃を与えた。その後も『天才伝説 横山やすし』、『おかしな男 渥美清』、『植木等藤山寛美』など喜劇役者の評伝を執筆し、高く評価されている。

これらの評論は、小林のポリシーとして間接的な資料類に頼らず、「できる限り、自分自身が体験したり、自分の目で見聞きしたものから」論じられている。個人的体験から普遍性を導くという稀有な傑作となっている。また、背広を着た立川談志のピンでのトークや漫談時代の明石家さんまのトークが「アメリカのスタンダップ・コミック芸」にあたることや、『ビートたけしのオールナイトニッポン』での村田英雄をからかう企画が「キャンプ・ユーモア」であることを指摘するなど、「笑いの本場」であるアメリカの芸能との比較も行っている。

映画評論についても、双葉十三郎に私淑して『映画評論』誌を中心に1960年代から盛んに行い、マルクス兄弟再評価や「日活無国籍アクション映画」を同時代から既に評価。映画作家としてのクリント・イーストウッドを一貫して支持している。映画評論が本業ではないが、豊富な鑑賞経験から「確かな映画見巧者」として多数の映画ファンの信頼を得ている。

1960年代を「テレビの黄金時代」と呼び、それ以降はテレビ番組はほとんど見なくなったが、1980年代の深夜番組『オールナイトフジ』をいち早く評価するなど、アンテナは鋭く張っている。『オールナイトフジ』については、蓮実重彦編集の映画研究雑誌『リュミエール』創刊号で、「アイドル伊代ちゃんの暴力性」という松本伊代を称える文章を書いている。

また『私説東京繁昌記』、『私説東京放浪記』などの東京を題材としたエッセイも、小林の個人的体験をもとに東京の歴史的な地層を解き明かす内容で、小林の東京に対する強いこだわりが感じられる。なかでも、小林がこだわっていた生地「西両国」については、『和菓子屋の息子』(1996年)『日本橋バビロン』(2007年)において、当時の地図を再現までして詳しく描写した。なお、小林は1964年東京オリンピック前の東京の無計画な開発については歴史的な愚行として再三激しい怒りと批判を表明しており、オリンピック開催中は東京の喧騒を嫌がり関西に滞在していた。

1991年から1992年にかけて松村雄策ビートルズ論争を行った。

以前は「権威的な朝日・岩波文化に対する過激な批判者」であった小林だが、1980年代以降にはマスコミなどで幼稚な笑いや基本的な知識が不足した評論類などが氾濫したため、「皮肉にも、私が伝統的なことを教えなければならない『文化的には保守的』な立場になってしまった。私の姿勢自体は一貫しているのだが、『世の中』が変わってしまった」と嘆くようになった。また、かつては政治的発言をあまりしないタイプの作家だったが、近年の連載エッセイでは、原発や自民党への激しい批判が繰り返されている。

美空ひばりの死去の直後には、非常に批判色の濃い文章を発表。以前から抱いていた、著名人死去の際に賛辞一色で埋め尽くされるマスコミの軽躁への苦々しい思いによるものであるが、日本的慣習に反する行為でもあり話題を呼んだ。小林は元々ひばり批判派の急先鋒であった服部良一の仕事を高く評価する立場でもあり、歌手としての資質は認めつつもその業績には批判的であった。

エピソード[編集]

  • 実弟の小林泰彦は『平凡パンチ』で「イラスト・ルポ」を生み出したことで知られるイラストレーターで、「ヒッチコックマガジン」のデザイン、イラストはすべて泰彦が担当した。なお、『ヒッチコックマガジン』の挿絵で、今まで広告業界でしか使われなかった「イラストレーション」という言葉を初めて雑誌界で採用し、普及させた。小林の著書『回想の江戸川乱歩』では、巻末で乱歩について兄弟で対談している。角川文庫版の「オヨヨ」シリーズの装画なども担当しており、二人の合作絵本『クネッケ博士のおかしな旅』もある。
  • 往年の番組『ゲバゲバ90分』の「ゲバゲバ」というネーミングは、小林信彦の創作による。ネーミング料は当時の金で10万円。ただし、小林はこの番組のコンセプトである「ストーリーはまったくなく、ひたすらサイト・ギャグでつないでいく」方法に違和感を覚え、テレビの仕事から離れることになった。
  • 1976年の1月ごろに、桂三枝(現・6代桂文枝)が「オヨヨ」というギャグを使っていたのを自著『オヨヨ』シリーズからの盗用とみなして抗議し、このギャグを使用禁止にするととも三枝に詫びを入れさせたことがある(いわゆるオヨヨ騒動)。しかし三枝の「オヨヨ」は俳優大河内傳次郎の物まねから派生したものであり、小林信彦の主張は誤解である。
  • 森繁久彌のように「初期はコメディアンであったが、年齢とともにシリアスな俳優になる」路線をとりたがるコメディアンが多いことに批判的で、『日本の喜劇人』の中で「森繁病」と命名した。また『日本の喜劇人』では小林旭のことを「無意識過剰」と評すなど、名フレーズが多い。
  • 横浜中華街が有名になる以前から熱心に通うなど、グルメであるが、エッセイ等では食べ物についての記述は抑制している。その知識は、グルメ小説としての『大統領の晩餐』『ドジリーヌ姫の優雅な冒険』にのみ結実している。
  • ある年齢から、煙草の煙に弱い体質になり、大人数が集まるパーティ等を避けるようになった。
  • 現在でも「アイドル・マニア」であり、コラム類にお気に入りのアイドル(といっても「広義のアイドル」で、若い女優が多いが)について、しばしば書いている。
  • 若い頃より「大勢の中から、将来スターになる人を一目で見抜く能力があった」と語っているが、「この能力は、特に役に立つものではなかった」とも言っている。
  • スティーブン・キングについても初期から評価していた。また彼の小説は、村上春樹吉本ばななにも影響を与えていると指摘している。
  • 小林の妻は、結婚前は映画関連の仕事に従事しており、その関係で知りあい結婚した。また夫婦そろって、古今亭志ん生古今亭志ん朝親子の大ファンである。志ん朝については、名古屋で毎年行われていた独演会に毎回参加していた。一方で、志ん朝のライバルであった立川談志については、「芸人は理屈を語るモノではない」として好んでいない。
  • フォーク歌手の小林啓子は従姉妹。
  • 妻の実家を通じて、伝奇作家山田風太郎、推理作家濱尾四郎、帝国大学総長加藤弘之、バチカン枢機卿濱尾文郎、東宮侍従濱尾実らが姻戚にいる。映画『無法松の一生』で阪東妻三郎と共演した俳優山口勇は母のいとこ。スリー・グレイセスの石井政江と石井操も遠縁にあたる。東洋大学社会学科教授で『オルグ学入門』の著者である村田宏雄はいとこの夫。伯父の一人は中将で、九州大学生体解剖事件被告人だった。別の伯父は蒙古聯合自治政府の高官だった。
  • 若い頃より、詳細な日記を日々記載している(母方の祖父が「記録魔」でその遺伝という)。その一部は『1960年代日記』として刊行された。その中にも常盤新平永六輔への非難等が書かれているが、原本にはかなりの量の恨みや悪口が書かれていると思われる。またこの日記は、過去の出来事についての文章を書く際の貴重な資料源となっている。
  • 自分の作品についての書評類は可能な限り集め、スクラップブックにまとめている。

連載中[編集]

受賞歴[編集]

  • 1964年 - 「衰亡記」で52回直木賞候補
  • 1973年 - 『日本の喜劇人』で芸術選奨新人賞を受賞
  • 1975年 - 「丘の一族」で74回芥川賞候補
  • 1976年 - 「家の旗」で76回芥川賞候補
  • 1977年 - 「八月の視野」で77回芥川賞候補
  • 1978年 - 「小林信彦のコラム」で『キネマ旬報』読者賞を受賞
  • 1978年 - 『唐獅子株式会社』で79回直木賞候補
  • 1978年 - 「みずすましの街」で80回直木賞候補
  • 1981年 - 「小林信彦のコラム」で2度目の『キネマ旬報』読者賞を受賞
  • 2006年 - 『うらなり』に至る業績で第54回菊池寛賞を受賞

著書[編集]

小説[編集]

  • 虚栄の市(中原弓彦名義)河出書房新社(1964年)のち小林名義で角川文庫
  • 汚れた土地 ―我がぴかれすく―(中原弓彦名義)講談社(1965年
  • 冬の神話(中原弓彦名義) 講談社(1966年)のち小林名義で角川文庫
  • オヨヨ島の冒険 朝日ソノラマ(1970年)のち、晶文社(「怪人オヨヨ大統領」を含め一冊に)、角川文庫(以後「オヨヨ島の冒険」のみ収録にもどる)、ちくま文庫、のち角川文庫再刊
  • ある晴れた午後に 新潮社(1970年)※のち『監禁』と改題(角川文庫)
    • 「ある晴れた午後に」「川からの声」「日々の漂泊」」「監禁」を収録。
  • 怪人オヨヨ大統領 朝日ソノラマ(1970年)のち角川文庫、ちくま文庫
  • 大統領の密使 早川書房(1971年)のち角川文庫、ちくま文庫
  • 大統領の晩餐 早川書房(1972年)のち角川文庫、ちくま文庫
  • 合言葉はオヨヨ 朝日新聞社(1973年)のち角川文庫、ちくま文庫
  • 秘密指令オヨヨ 朝日新聞社(1973年)のち角川文庫、ちくま文庫
  • オヨヨ城の秘密 晶文社(1974年)のち角川文庫、ちくま文庫
  • オヨヨ大統領の悪夢 角川書店(1975年)のち文庫
    • 「不眠戦争」「虚名戦争」「無限戦争」「終末戦争」収録
  • クネッケ博士のおかしな旅 偕成社(1976年小林泰彦が絵の絵本
  • 家の旗 文藝春秋(1977年
    • 「兩國橋」「家の旗」「決壊」「丘の一族」収録
  • 神野推理氏の華麗な冒険 平凡社(1977年)のち新潮文庫
    • 「ハムレットには早過ぎる」「さらば愛しきヒモよ」「コザのいざこざ」「〈降りられんと急行〉の殺人」「災厄の島」「粗忽な〈恍惚〉」「抗争の死角」「幻影の城で」「殺意の片道切符」「はなれわざ」「超B級の事件」「神野推理最後の事件」
  • 唐獅子株式会社 文藝春秋(1978年)のち、唐獅子シリーズのみを集めて新潮文庫
    • 単行本:「唐獅子株式会社」「唐獅子放送協会」「唐獅子生活革命」「唐獅子意識革命」「雲をつかむ男」「雲をつかむ男ふたたび」「JELLIES(ジェリーズ)」を収録。
    • 文庫:「唐獅子株式会社」「唐獅子放送協会」「唐獅子生活革命」「唐獅子意識革命」「唐獅子映画産業」「唐獅子惑星戦争」「唐獅子探偵群像」「唐獅子暗殺指令」「唐獅子脱出作戦」「唐獅子超人伝説」」収録
  • ドジリーヌ姫の優雅な冒険 文藝春秋(1978年)のち文庫
    • 「夜霧に消えた東坡肉」「ババロアおばさん」「一品料理のシャリアピン」「アボガドの街角」「どぜう相手のドジリーヌ」「ダイエット・ビスケット」「麺からでた面倒(トラブル)」「しちめんどくさい七面鳥」「雑煮とスーパーマン」「餅は餅屋の春の宵」「玄人うなぎ」「スモーガスボードで終幕(フィナーレ)」
  • 唐獅子惑星戦争 文藝春秋(1978年)
    • 「唐獅子映画産業」「唐獅子惑星戦争」「唐獅子探偵群像」「甚助グラフィティ」「横になった男」「中年探偵団」「衰亡記」収録
  • ビートルズの優しい夜 新潮社(1979年)のち文庫
    • 「ビートルズの優しい夜」「金魚鉢の囚人」「踊る男」「ラスト・ワルツ」収録
  • 唐獅子超人伝説 文藝春秋(1979年)
    • 「唐獅子暗殺指令」「唐獅子脱出作戦」「唐獅子超人伝説」「わがモラトリアム」「親子団欒図」「おとなの時間」「家の中の名探偵」「鉄拐」「消えた動機」収録
  • 夢の街 その他の街 文藝春秋(1979年)
    • 「みずすましの街」「八月の視野」「息をひそめて」収録
  • 袋小路の休日 中央公論社(1980年)のち文庫、講談社文芸文庫
    • 「隅の老人」「北の青年」「根岸映画村」「路面電車」「自由業者」「ホテル・ピカディリー」「街」収録
  • 紳士同盟 新潮社(1980年)のち文庫、扶桑社文庫
  • 中年探偵団 文春文庫(1981年)
    • 「甚助グラフィティ」「わがモラトリアム」「親子団欒図」「JELLIES<ジェリーズ>」「中年探偵団」「鉄拐」「おとなの時間」「家の中の名探偵」「雲をつかむ男」「雲をつかむ男ふたたび」収録。
  • 悪魔の下回り 文藝春秋(1981年)のち新潮文庫
  • 超人探偵 新潮社(1981年)のち文庫
    • 「ブルー・トレイン綺譯」「帰ってきた男」「悪魔が来たりて法螺を吹く」「神野推理氏の推理休暇」「きみとともに島で」「大阪で起こった奇妙な出来事」「クアラルンプールの密室」「ヨコハマ1958」「ボガードになりたかった男」
  • サモアン・サマーの悪夢 新潮社(1981年)のち文庫
  • 変人十二面相 角川書店(1981年)のち文庫
  • 唐獅子源氏物語 新潮社(1982年)のち文庫
    • 「唐獅子選手争奪」「唐獅子渋味闘争」「唐獅子異人対策」「唐獅子電撃隊員」「唐獅子源氏物語」「唐獅子紐育俗物」「唐獅子料理革命」を収録
  • ちはやふる奥の細道(W・C・フラナガン)新潮社(1983年)のち文庫
  • 夢の砦 新潮社(1983年)のち文庫
  • 発語訓練 新潮社(1984年)※のち『素晴らしい日本野球』と改題して文庫
    • 「W・C・フラナガン 素晴らしい日本野球」「W・C・フラナガン 素晴らしい日本文化」「サモワール・メモワール」「野球につれてって」「翻訳・神話時代」「到達」「ハーレクイン・オールド」「いちご色の鎮魂歌」「嵐を呼ぶ昭和史・抄」「発語訓練」収録
  • 紳士同盟ふたたび 新潮社(1984年)のち文庫、扶桑社文庫
  • ぼくたちの好きな戦争 新潮社(純文学書き下ろし特別作品)(1986年)のち文庫
  • 極東セレナーデ 朝日新聞社(1987年)のち新潮文庫
  • 悲しい色やねん(1987年)新潮文庫
    • 「悲しい色やねん」「みずすましの街」「横になった男」「消えた動機」収録
  • 世間知らず 新潮社(1988年)※のち『背中あわせのハートブレイク』と改題(新潮文庫)
  • 裏表忠臣蔵 新潮社(1988年)のち文庫のち文春文庫
  • Yesterday Once More(イエスタデイ・ワンス・モア)新潮社(1989年)のち文庫
  • 世界でいちばん熱い島 新潮社(純文学書き下ろし特別作品)(1991年)のち文庫
  • ハートブレイク・キッズ 光文社(1991年)のち新潮文庫
  • ミート・ザ・ビートルズ 新潮社(1991年)※のち『イエスタデイ・ワンス・モアPart2 ミート・ザ・ビートルズ』と改題(文庫)
  • ドリーム・ハウス 新潮社(1992年)のち文庫
  • 怪物がめざめる夜 新潮社(純文学書き下し特別作品)(1993年)のち文庫
  • イーストサイド・ワルツ 毎日新聞社(1994年)のち新潮文庫
  • 侵入者 メタローグ(1994年)のち文春文庫
    • 単行本:「侵入者」のみ収録
    • 文庫:「侵入者」「雲をつかむ男」「尾行」(午前十一時の少女、写真集、コンビニの聖女、時間)「話題を変えよう」「悲しい色やねん」「みずすましの街」収録
  • ムーン・リヴァーの向こう側 新潮社(1995年)のち文庫
  • 笑いごとじゃない ユーモア傑作選 文春文庫(1995年)
    • 「唐獅子料理革命」「唐獅子異人対策」「唐獅子源氏物語」「「降りられんと急行」の殺人」「ヨコハマ1958」「素晴らしい日本野球」「素晴らしい日本文化」「サモワール・メモワール」「ハーレクイン・オールド」「嵐を呼ぶ昭和史・抄」「虚名戦争」を収録。
  • 家族漂流 東京・横浜二都物語 文春文庫(1996年
    • 「みずすましの街」「息をひそめて」「丘の一族」「家の旗」を収録。
  • 結婚恐怖 新潮社(1997年)のち文庫
  • 東京少年 新潮社(2005年)のち文庫
  • 丘の一族 小林信彦自選作品集 講談社文芸文庫(2005年)
    • 「八月の視野」「みずすましの街」「丘の一族」「家の旗」を収録。
  • うらなり 文藝春秋(2006年)のち文庫
  • 決壊 講談社文芸文庫(2006年)
    • 「金魚鉢の囚人」「決壊」「息をひそめて」「ビートルズの優しい夜」「パーティー」を収録。
  • 日本橋バビロン 文藝春秋(2007年)のち文庫
  • 『流される』 文藝春秋、2011年
  • 四重奏 カルテット 幻戯書房(2012年)
    • 「夙川事件 谷崎潤一郎余聞」「半巨人の肖像」「隅の老人」「男たちの輪」を収録。

評論・エッセイ[編集]

  • 喜劇の王様たち(中原弓彦名義)校倉書房(1963年)※のち加筆・再構成して『笑殺の美学 映像における笑いとは何か』(中原名義、大光社)『世界の喜劇人』(中原名義、晶文社)と改題。『世界の喜劇人』はのち小林名義で新潮文庫。
  • 笑う男・道化の現代史(小林信彦名義)晶文社(1971年) ※のち、収録作品を組み替えて『道化師のためのレッスン』と改題
    • 短編「おとなの時間」「疎開地探訪」「鉄拐」「消えた動機」「中年探偵団」「擬英雄詩」収録
  • 日本の喜劇人(中原弓彦名義)晶文社(1972年)※のち小林名義で『定本・日本の喜劇人』(晶文社)、のち新潮文庫、のち『定本・日本の喜劇人(上)』に収録
  • パパは神様じゃない 晶文社(1973年)のち角川文庫 のちちくま文庫
  • 東京のロビンソン・クルーソー 晶文社(1974年
  • われわれはなぜ映画館にいるのか 晶文社(1975年)※のち、収録作品を組み替えて『映画を夢みて』と改題(筑摩書房、ちくま文庫)のち、また収録作品を組み替えて『新編 われわれはなぜ映画館にいるのか』(キネマ旬報社)
  • つむじ曲がりの世界地図 角川書店(1976年)のち文庫
  • 東京のドン・キホーテ 晶文社(1976年)
  • エルヴィスが死んだ 小林信彦のバンドワゴン1961→1976 晶文社(1977年
  • 地獄の読書録 集英社(1980年)のち文庫、ちくま文庫
  • 地獄の観光船 コラム101 集英社(1981年)のち文庫 ※のち『コラムは踊る エンタテイメント評判記1977〜81』と改題(ちくま文庫)
  • 笑学百科 新潮社(1982年)のち文庫のち『定本・日本の喜劇人(下)』に収録
  • 地獄の映画館 集英社(1982年)のち文庫 ※のち再構成して『コラムは歌う エンタテインメント評判記1960〜63』と改題(ちくま文庫)
  • 道化師のためのレッスン 白夜書房(1984年) - 『笑う男・道化の現代史』を再構成、大瀧詠一糸井重里との対談を含む
  • 私説東京繁昌記 中央公論社(荒木経惟写真、1984年)※のち加筆・再構成して『[新版]私説東京繁昌記』と改題(筑摩書房)、のち『私設東京繁盛記』としてちくま文庫
  • 小林信彦60年代日記 1959〜1970 白夜書房(1985年)※のち『1960年代日記』と改題(ちくま文庫)
  • 時代観察者の冒険 1977〜1987全エッセイ 新潮社(1987年)のち文庫
  • 小説世界のロビンソン 新潮社(1989年)のち文庫 ※のち『面白い小説を見つけるために』と改題(光文社知恵の森文庫)
  • コラムは笑う エンタテインメント評判記1983〜88 筑摩書房(1989年)のち文庫
  • セプテンバー・ソングのように 1946〜1989 弓立社(1989年)
  • 映画を夢みて 筑摩書房(1991年)のち文庫
  • 植木等藤山寛美 喜劇人とその時代 新潮社(1992年)※のち伊東四朗を加えて『喜劇人に花束を』と改題(文庫)のち『定本・日本の喜劇人(上)』に収録
  • コラムにご用心 エンタテインメント評判記1989〜1992 筑摩書房(1992年)のち文庫
  • 私説東京放浪記 筑摩書房(1992年) のち文庫
  • 小説探険 本の雑誌社(1993年)※のち週刊文春連載の「読書日和」を加えて『読書中毒 ブックレシピ61』と改題(文春文庫)
  • 本は寝ころんで 文藝春秋(1994年)のち文庫
  • 回想の江戸川乱歩 メタローグ(1994年)のち文春文庫、光文社文庫
    • 短編「半巨人の肖像」収録
  • 日本人は笑わない 新潮社(1994年)のち文庫、のち朝日新聞連載「時のかたち」「深い潮目」を加えて『東京散歩昭和幻想』と改題(光文社知恵の森文庫)
  • 一少年の見た〈聖戦〉筑摩書房(1995年)のち文庫
  • コラムの冒険 エンタテインメント時評1992〜95 新潮社(1996年)のち文庫
  • 〈超〉読書法 文藝春秋(1996年)のち文庫
  • 和菓子屋の息子 -ある自伝的試み- 新潮社(1996年)のち文庫
  • 現代〈死語〉ノート 岩波新書(1997年
  • 天才伝説 横山やすし 文藝春秋(1998年)のち文庫のち『定本・日本の喜劇人(下)』に収録
  • コラムは誘う エンタテインメント時評1995〜98 新潮社(1999年)のち文庫
  • 人生は五十一から 文藝春秋(1999年)のち文庫
  • 現代〈死語〉ノートII 岩波新書(2000年
  • おかしな男 渥美清 新潮社(2000年)のち文庫のち『定本・日本の喜劇人(上)』に収録
  • 最良の日、最悪の日 文藝春秋(2000年)のち『最良の日、最悪の日 人生は五十一から2』として文庫
  • 2001年映画の旅 ぼくが選んだ20世紀洋画・邦画ベスト20 文藝春秋(2000年)※のち『ぼくが選んだ洋画・邦画ベスト200』と改題(文庫)
  • 出会いがしらのハッピー・デイズ 文藝春秋(2001年)のち『出会いがしらのハッピー・デイズ―人生は五十一から3』として文庫
  • 物情騒然。―人生は五十一から 文藝春秋(2002年)のち『物情騒然。―人生は五十一から4』として文庫
  • 昭和の東京、平成の東京 筑摩書房(2002年)のち文庫
  • テレビの黄金時代 文藝春秋(2002年)のち文庫
  • コラムの逆襲 エンタテインメント時評1999〜2002 新潮社(2002年)※のち、映画についてのコラムのみ『映画が目にしみる 増補完全版』に収録
  • 名人―志ん生、そして志ん朝 朝日選書(2003年)のち文春文庫
  • にっちもさっちも―人生は五十一から 文藝春秋(2003年)のち『にっちもさっちも―人生は五十一から5』として文庫
  • 定年なし、打つ手なし 朝日新聞社(2004年)※のち『「後期高齢者」の生活と意見』と改題(文春文庫)
  • 花と爆弾-人生は五十一から 文藝春秋(2004年)のち『花と爆弾―人生は五十一から6』として文庫
  • 本音を申せば 文藝春秋(2005年)のち文庫
  • 昭和のまぼろし―本音を申せば 文藝春秋(2006年)のち『昭和のまぼろし―本音を申せば2』として文庫
  • 映画が目にしみる 文藝春秋(2006年) - 中日新聞連載の「コラムの〜」シリーズの2002年8月〜2006年10月版。この巻から出版社が変わったため、分かりにくい題名に。のち、「コラムの逆襲」とあわせて、映画に関するコラムのみを『映画が目にしみる 増補完全版』として再編集して文庫化。
  • 昭和が遠くなって-本音を申せば 文藝春秋(2007年)のち『昭和が遠くなって―本音を申せば3』として文庫
  • 映画×東京とっておき雑学ノート-本音を申せば 文藝春秋(2008年)のち『映画×東京とっておき雑学ノート―本音を申せば4』として文庫
  • 定本・日本の喜劇人 上 喜劇人篇 新潮社(2008年)
    • 「日本の喜劇人」「日本の喜劇人2」(新潮文庫『喜劇人に花束を』を改題)「おかしな男 渥美清」を収録
  • 定本・日本の喜劇人 下 エンタテイナー篇 新潮社(2008年)
    • 「笑学百科」「天才伝説 横山やすし」「これがタレントだ 1963・1964」を収録
  • B型の品格―本音を申せば 文藝春秋(2009年)のち『女優はB型 本音を申せば5』と改題して文庫化
  • 黒澤明という時代 文藝春秋(2009年)のち文庫
  • 森繁さんの長い影―本音を申せば 文藝春秋(2010年)のち『森繁さんの長い影 本音を申せば6』として 文庫
  • 気になる日本語―本音を申せば 文藝春秋(2011年)のち『伸びる女優、消える女優 本音を申せば7』と改題して文庫化
  • 非常事態の中の愉しみ―本音を申せば 文藝春秋(2012年
  • 映画の話が多くなって-本音を申せば 文藝春秋(2013年
  • 私の東京地図 = MY TOKYO MAP 筑摩書房(2013年

対談等[編集]

編集本[編集]

翻訳書[編集]

  • ポール・D・ジンマーマン「マルクス兄弟のおかしな世界」(中原弓彦名義、永井淳と共訳、晶文社、1972年

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

研究本[編集]

  • 別冊新評・小林信彦の世界」1981年
  • 藤脇邦夫「仮面の道化師 定本小林信彦研究」1986年
  • 弓立社編集部編「小林信彦の仕事 <第II期小林信彦>への完全研究読本」1988年 -短編「パーティー」収録。小林信彦自筆年譜・著作目録あり
  • 「LITERARY Switch」1991年7月号「小林信彦を探せ」 - 短編「男たち」収録
  • 「キネマ旬報」2013年5月下旬号「小特集:小林信彦のすゝめ」

関連人物[編集]

  • ビートたけし - たけしのオールナイトニッポン初回の放送から聞いて、雑誌連載で取り上げ絶賛した。のちにたけしは、「自分の娘を『若い世代』の代表として、新しい笑いへのアンテナ的存在として扱う」小林を、「親馬鹿」とたしなめる発言をした。なお、1982年に『日本の喜劇人』が新潮文庫に収録される際、小林は「タモリとたけしについての記述」を追加したが、2008年の『定本・日本の喜劇人』では、「この人たちは喜劇人ではなかった」として、下巻の『エンターテナー編』に移動して収録した(表現も微妙に変えている)。
  • 吉田照美 - 小林信彦はラジオのヘビーリスナーで吉田照美を評価している。吉田のラジオに出演し、吉田に対し悪態をついた天本英世の発言を「気にすることないですよ」などフォローをした。
  • 青島幸男 - 小林信彦とは同年齢で、老舗の食べ物屋の跡取りとして日本橋に生まれ育った点も同じ、大学も同じなど共通点が多い。小林や前田武彦永六輔ともどもタレント文化人の走りとして珍重され、この四人は昭和30年代に「才能多角経営人間」の名のもと、週刊誌からクローズアップされたことがある。『夢の砦』に登場する川合寅彦のモデルの一人と目される。青島が東京都知事に当選したとき小林は喜んだが、やがて青島都政に失望するに至った。
  • 秋元康 - 小林は一貫して、秋元の仕事および発言を評価しており、対談もしている。
  • 甘糟章 - マガジンハウス編集者。女性向け雑誌『クロワッサン』編集長時代に、村井弦斎食道楽』の現代版をということで、小林に、奇書との評価もある『ドジリーヌ姫の優雅な冒険』の連載を依頼した。
  • 新井素子 - 独特の文体で知られる小説家。ちくま文庫版『オヨヨ島の冒険』及び、新潮文庫版『ミート・ザ・ビートルズ』の解説を担当。彼女があの独特の文体を作る際、子どもの頃に読んだ小林の文章(特に『オヨヨ島の冒険』)に、影響を受けたという。また小林も、『小説探検』において、「外国は知らず、日本では〈ポストモダン〉と銘打つ小説の大半はイモであり、クズである。(略)はっきりいって、読者はこんな本を相手にしない。翻訳ミステリを読む方がマシにきまっている。あるいは新井素子さんの『おしまいの日』を読む。」と、新井を評価している。
  • 荒木経惟 - 東京三ノ輪出身。小林からは同じ下町出身者として親愛感を持たれており、『私説東京繁盛記』『私設東京放浪記』では、小林の文章に写真を寄せている。漫画家高信太郎は小林の面前で荒木を馬鹿呼ばわりしたため小林の怒りを買い、『天才伝説 横山やすし』では醜悪な酔態を実名で暴かれた。小林は、荒木の亡き妻荒木陽子も含め、夫婦ぐるみで交際していた。
  • アルフレッド・ヒッチコック - 『ヒッチコックマガジン』時代に『北北西に進路を取れ』の宣伝で来日。小林は、江戸川乱歩双葉十三郎淀川長治等との座談会のセッティングをした。
  • 安藤鶴夫 - 名著『落語鑑賞』の著者として小林から尊敬されており、小林の芸能研究に少なからぬ影響を与えた。晶文社版『日本の喜劇人』に刊行時に、対談を収録した。
  • 石川喬司 - 小林の理解者の一人。1963年、『サンデー毎日』編集部にいたころ、自分の首をかけて「これがタレントだ」の連載企画を通した。また、小林の処女長編『虚栄の市』の原稿をあずかり、あちこちの出版社に声をかけて、出版につなげた。
  • 石堂淑朗 - 放送作家時代の友人の一人。
  • 稲葉明雄 - 小林の最も親しい友人で、仕事についての相談もよくしていた。稲葉もギャグ、パロディが好きな才人で、初対面から気があった。小林の熱愛する小説、フレドリック・ブラウン『火星人ゴーホーム』の翻訳者でもある。『唐獅子株式会社』執筆に際しては、作中人物の大阪弁を監修した。
  • 井原高忠 - 日本テレビの元プロデューサー。1965年秋に小林をテレビの世界に引き込み、台本を書かせた張本人。4年間、小林とともにバラエティショーを作った。
  • 伊東四朗 - 伊東を「最後の喜劇人」として、高く評価している。
  • 井上ひさし - 井原高忠のもとで「九ちゃん!」の台本をともに書いた。
  • 色川武大 - 昔の喜劇や古いアメリカ映画について同好者であり、色川の膨大なビデオ・コレクションからビデオを借りたこともある。
  • 植木等 - クレージーキャッツのボーカリスト、ギタリスト、俳優。小林は無名時代から高く評価し、1980年代には再評価にも力を尽くした。私的な交流も長いが、年長者であり、謹厳な人柄もあって谷啓ほど気安い友人関係ではなかったようだ。
  • 植草甚一 - 『ヒッチコックマガジン』寄稿者の一人。当時の植草は気難しく、時に小林を怒鳴りつけた。
  • 内田春菊 - 小林の作品『極東セレナーデ』で、「若い女の子の会話文」を把握するのに小林は内田のエッセイ集を参考にした。
  • 宇野利泰 - 『ヒッチコックマガジン』のご意見番の一人。『虚栄の市』に登場するゴシップ狂の老紳士・蓮池教授のモデルの一人。
  • 永六輔 - 若い頃の一時期、小林信彦と最も多くの時間を過ごした人物。そのおかげで、小林は永の物まねがうまいという。小林ともども植草甚一から面罵されたことがある。ただし、永が製作した和製ミュージカルを、小林は酷評し「日本人にはミュージカルは無理だ」と失望した。
  • 江戸川乱歩 - 小林を『ヒッチコックマガジン』編集長に抜擢した張本人。のち、小林は短篇「中年探偵団」の中で乱歩の文体をパスティーシュしてみせた。『夢の砦』に登場する城戸草平のモデルの一人。
  • エドワード・ボンド - 1934年生まれ。イギリスの過激で反体制的な劇作家。労働者階級出身で中学までの教育しかなく、ローマ法王やイギリス王室などを茶化す劇を書いた。1968年の『奥の細道(The Narrow Road to the Deep North)』は松尾芭蕉が主人公で、最後には彼が首相になってしまう物語。この舞台の記事を当時、小林は新聞で読んで「喜劇的想像力」を刺激され、15年後に『ちはやふる奥の細道』を書いた。
  • 大島渚 - 映画界における小林の親友の一人。大島は小林の評論「喜劇映画の衰退」を読んで感動。自分の本を出したばかりの大光社に紹介し、単行本化される際の題名『笑殺の美学』を大島が命名した。また小林の才能を高く買い、1961年秋には、富永一朗の『チンコロ姐ちゃん』が映画化される際には、映画監督の仕事を世話しようとしたことがある。
  • 大瀧詠一 - 「クレイジーキャッツ」「小林旭」の音楽を愛するものとして、1970年代から小林の著書を愛読。のち小林と個人的に親交を結ぶに至る。
  • 大坪直行 - 元『宝石』編集長。『夢の砦』金井のモデル。
  • 大伴昌司 - 評論家。小林信彦編集長時代の『ヒッチコック・マガジン』に1962年3月号「テレビ上映映画のタイトルのカットに抗議する」(「伴陀韻」名義)で初登場、その後も数回寄稿[7]。竹内博・編『OHの肖像 大伴昌司とその時代』(飛鳥新社、1988年)では小林信彦が大伴を「嫌って、いじめていた」との証言が採り上げられたが、小林はこれを「意図的な虚偽」と否定し、1963年10月12日に小林がTBS「女性専科」にゲスト出演した折、当時同番組の台本作家のセミレギュラーだった大伴が小林の出演を知ってわざわざ追いかけてきたことを挙げ、「ぼくは63年1月に宝石社をやめて、フリーになっている。かりに、ぼくが嫌ったり、いじめたり(?)していたら、人一倍執念深く、愛憎ただならぬ大伴昌司が10月にTBSまで、わざわざ会いにくるはずがない」と反論[8]。また小林は1966年9月に大伴からインタビューを受けた折にも「私はあなたの弟子ですから」と言われて困惑したことを述べている[9]
  • 大橋巨泉 - 「11PM」東京は当初は、月水が小島正雄、金が大橋巨泉だった。1968年に小島がなくなった際、小林に「後任を」という話があったが断ったため、巨泉が小島の曜日も担当することになった。
  • 大平和登 - 小林の友人の中で屈指の米国通。東宝アメリカ代表をつとめてニューヨーク在住歴が長く、ブロードウェイの最新の演劇情報を小林にもたらした。
  • 大藪春彦 - 大学の後輩。『ヒッチコックマガジン』寄稿者の一人。大藪が、伊達邦彦がアメリカに行き、アメリカのハードボイルド探偵たちと対決するパロディ作品『野獣死すべし(渡米編)』を書く際には、小林が助言を行った。
  • 鴨下信一 - TBSの演出家、エッセイスト。小林とは「植木等ショー」「おれが一番!!」等で、ディレクターとして仕事を一緒にした。
  • 佐藤忠男 - 『映画評論』編集長時代に小林に「長い評論」を書くよう勧め、小林は「喜劇映画の衰退」(『世界の喜劇人』の原型)を執筆した。
  • 佐藤信 -劇団黒テント創設者。小林はしばしば、黒テントの公演を見た。晶文社版『日本の喜劇人』で「解説対談」をしている。
  • 荻昌孝 - 教育大附属時代からの、最も古い友人の一人。『ヒッチコックマガジン』寄稿者の一人荻昌弘の弟。本当に親友と呼べるのは稲葉と彼だけだという発言もある。
  • 長部日出雄 - 大学の後輩。讀賣新聞社時代から小林と交際。
  • 各務三郎 - 『ミステリマガジン』四代目編集長。小林の『大統領の密使』を連載させた。また料理物の文章が好きで小林と意気投合し、〈料理人教養小説〉『大統領の晩餐』を生んだ。
  • 香川登志緒 - 『てなもんや三度笠』の脚本家。番組のファンだった小林が、大阪を訪れ知り合った。のち、1963年に小林がNHKで「漫才の歴史」の番組「漫才繁盛記」を作る際、小林が知識がない「大阪の笑い」について香川に教えを乞い、個人的な交際が始った。また、大阪弁小説『唐獅子株式会社』を書いたのは、香川の会話があまりに面白かったことによる。また小林の小説『悪魔の下回り』の題名は、『てなもんや三度笠』の楽屋に来ていた、黒づくめの怪しげな「渡辺プロのマネージャー」を評する香川の発言から取った。
  • 景山民夫 - 『ヒッチコックマガジン』愛読者の一人。高平哲郎を通じて1970年に小林と初めて面会。「自分のやりたいことは、ことごとく小林さんに先回りされている」と、小林を深く尊敬していたが、幸福の科学に入信した景山が大川隆法の著書を小林のもとに送りつけ始めたため、宗教嫌いの小林から疎んじられるようになった。
  • 片岡義男 - 『ヒッチコックマガジン』寄稿者の一人。エルビス・プレスリーとその時代を巡って、対談集を刊行した。
  • 上林暁 - 全集を読み耽るなど、その私小説を愛読している。
  • 河村要助 - 小林泰彦の紹介で、『紳士同盟』以降、小林の小説の挿絵や、刊行本のカバーアートを多数担当。
  • 久保田二郎
  • 黒川光弘 - 中日新聞文化芸能局長。小林がコラムをずっと中日新聞にコラムを連載していたのは、この人がいたため。
  • 古今亭志ん生古今亭志ん朝 - 小林は夫婦で、親子2代の大ファンであった。
  • 古波蔵保好 - 「ヒッチコックマガジン」時代、永六輔も加えた3名で「若い人の不良化運動促進の会」を作った。
  • 坂本一亀 - 河出書房の名編集者。いくつもの出版社に持ち込んで断られていた、小林の処女長編小説『虚栄の市』を評価して、刊行させた。
  • 佐藤嘉尚 - 大光社の編集者時代に、大島渚の紹介で『笑殺の美学』を刊行。のち、『面白半分』を刊行。
  • 澤田隆治 - 「てなもんや三度笠」の演出家。番組のファンだった小林が、大阪を訪れ知り合った。1963年に小林がNHKで「漫才の歴史」の番組「漫才繁盛記」を作る際、協力した。
  • 品田雄吉 -「映画評論」編集部時代に小林の評論を担当。小林に「映画評論を書かないか」と初めて薦めた人。
  • 清水俊二 - 『ヒッチコックマガジン』で翻訳の仕事をした。
  • 城昌幸 - 詩人、作家。ショートショートの元祖とも言われ、一般には時代小説で名高い。『宝石』編集主幹、のち宝石社社長。『夢の砦』に登場する城戸草平のモデルの一人。
  • 高平哲郎 - 晶文社編集者として『喜劇の王様たち』復刊に貢献。親友の景山民夫を小林に引き合わせた。ただし、小林は、のちに高平が構成したテレビ番組『今夜は最高!』について批判している。
  • 滝大作 - 演出家。1963年に小林がNHKで「漫才の歴史」の番組「漫才繁盛記」を作る際のアシスタントだった。
  • 谷啓 - クレイジーキャッツのトロンボーン奏者、俳優。メンバーの中で最も小林と親しく交際している。
  • つかこうへい - つかの『熱海殺人事件』を喜劇として高く評価した。
  • 筒井康隆 - SF界で不遇をかこっていた折、小林の薦めで中間小説誌に進出し、大成功を収めた。のち『』で純文学を書き始めたのも小林や大江健三郎たちの紹介による。また、同世代の映画マニアであり、ともにマルクス兄弟を愛好している。「笑いの文学」を書いていることについても、互いに同志感があり、筒井は『唐獅子株式会社』の解説で、その元ネタを詳細に書いている。
  • 都筑道夫 - 推理作家、SF作家。小林が『ヒッチコックマガジン』を創刊した時代に『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』の編集長を務めていた。当時、小林はライバル視して自身のモチベーションとしたが、3か月後に都筑は早川書房を退職し、小林を落胆させた。その後は、親しく交際した。
  • 寺山修司 - 寺山が書いた映画の脚本(1964年の篠田正浩監督作『乾いた湖』)をめぐって、小林と大喧嘩したことがある。
  • 常盤新平 - 『ヒッチコック・マガジン』刊行当時、早川書房の編集者。のち、『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』三代目編集長。外部から画策して小林を宝石社から追放した中心人物。『夢の砦』の井田実のモデル。
  • トニー谷 - かつては一世風靡した芸人だが忘れられていた。小林が『日本の喜劇人』の中で彼を大きく扱ったことから、再評価され、テレビ出演や、没後にレコードが再発される等した。
  • とんねるず - 一貫して彼らの「笑い」を評価している。
  • 永井淳 -『マルクス兄弟のおかしな世界』の共訳者。ユニークな性格で、小林に洋式トイレの使い方を滔々と語って聞かせ、「騎乗位」だの「後背位」だのといったコトバを使って、実際にそのポーズまでして見せたという。
  • 野坂昭如 - 小林を最初にテレビ局へ連れて行った張本人。テレビ作家時代に「ヒッチコックマガジン」の表紙のモデルをつとめたことがある。また、小林は、のちに1965年の野坂の作家デビュー作「エロ事師たち」を読み、その「独自の文体」にショックを受けた。六本木四谷に住んでいたころに互いに住まいが近く、家族ぐるみで親しく交際した。野坂の『東京十二契』は、野坂版『私設東京繁盛記』の趣きがある。
  • 萩本欽一 - コント55号時代からの小林の友人。短篇「踊る男」の風間典夫のモデルとなった。
  • 萩原津年武 - 小林の退社後の『ヒッチコックマガジン』編集長。のち、放送作家。
  • 爆笑問題 - 近年の「お笑いブーム」中では、唯一彼等を評価している。
  • 蓮實重彦 - 雑誌『』で、小林の小説『ちはやふる奥の細道』 の書評を執筆。小林がこの小説の「原題」とした「ROAD TO THE DEEP NORTH」はビング・クロスビー&ボブ・ホープの「珍道中シリーズ」の原題のパロディだが、それに呼応して「アラバマ珍道中」(ROAD TO THE DEEP SOUTH)という架空の映画を話題にし、この「なぜか、シリーズ中で唯一日本未公開の」映画の脚本家が「W・C・フラナガンの祖父である」などと、小林のギャグにさらに悪乗りする内容であった。この書評は『小林信彦の仕事』に収録されている。
  • 長谷川修二 - 元『新青年』編集者として、『ヒッチコックマガジン』の後見人的存在の一人だった。
  • 橋本治 - 『1960年代日記』の単行本版の解説対談、及び文庫本の解説を担当。小林同様に「60年代では、前半のほうが面白かった」という、一般的な評価とは逆の見解を示している。
  • ハナ肇 - クレージーキャッツのリーダーでドラマー。俳優。小林はその善良だが押しの強い性格を敬遠したが、死後に「迷惑だが懐かしい人柄だった」と回想。一方では自他をプロデュースする才腕を早くから高く評価しており、これは山田洋次とのコンビ作から晩年の「会社物語」に至るまで話題作出演の多さで見事に証明された。
  • 花田清輝 - 『ヒッチコックマガジン』寄稿者の一人。ただし、小林が初めて発表した映画評論「『二重の鍵』とヒッチコック」において、ヒッチコックに私淑するクロード・シャブロルの作品からヒッチコックの作風を分析すると、花田は「ヒッチコックのような『娯楽性専門の無思想人』と、シャブロルのような芸術家を比較するのはおかしい」と小林の評論を批判。そのため、小林から痛烈に反論された。
  • 弘田三枝子 - 歌手。その稀有な歌唱力、リズム感、躍動感は傑出していて、小林も「大天才」「戦後の17年は無駄ではなかった」と、高く評価した。また個人的にも交友関係があり、彼女を登場人物のモデルにした短編も書いている。
  • 氷室冴子 - 彼女の小説をいち早く評価。のち、対談もしている。
  • 藤山寛美 - 「喜劇役者としては、最高の人」と高く評価しており、一時は「松竹新喜劇」の東京公演には通いつめるほど、熱中していた。だが、楽屋を訪れた小林に現金を渡すなどの、寛美の性格には閉口し、個人的には交際しなかった。千葉蝶三郎の死後は、寛美の舞台から足が遠のいた。
  • 藤脇邦夫 - 白夜書房営業部勤務。営業サイドの目から「良書幻想」を斬る『出版幻想論』などを刊行している。一方で小林信彦マニアであり、唯一の個人による研究本『仮面の道化師 定本小林信彦研究』(1986年)を執筆し、当時刊行されていた全作品のレビューを行っている(なお「唯一好きになれなかった作品」ということで、取り上げられていないのが『サモアン・サマーの悪夢』)。また「小林の『下町への拘り』には、どうしても共感できない」と記している。
  • 双葉十三郎 - 小林が少年時代に最も尊敬していた映画評論家の一人。双葉が『スタア』という映画雑誌を編集していたとき、小林は高校時代にファンレターを出し、「おひまなときには遊びにいらっしゃい」という返事を貰ったことがある。のち『ヒッチコックマガジン』寄稿者の一人となった。
  • 細野邦彦 - 日本テレビ・プロデューサー。1970年代前半に野球拳で人気を博した『コント55号の裏番組をぶっとばせ!』や、『ウィークエンダー』などの「俗悪番組」を制作。小林は直接一緒に仕事をしたことはなかったが、日本テレビによく出入りしていて面識があり、「オヨヨ」シリーズの「辣腕プロデューサー・細井忠邦」のモデルとした。
  • 松本清張 - 『ヒッチコックマガジン』寄稿者の一人。『夢の砦』に登場する佐伯一誠のモデル。1964年に「衰亡記」で52回直木賞候補となった際に、選考委員だった松本に冷たい選評を受けたらしきことが、短編小説「パーテイー」に描かれている。
  • 真野律太 - 博文館の『講談雑誌』『譚海』の元編集長。小林が宝石社に入った頃、校正者として同社に勤務していた。短篇『隅の老人』のモデル。なお色川武大も編集者時代に、彼とは面識があった。
  • 峰岸達 - イラストレーター。1980年代後半 - 1990年代にかけて、小林の本のカバー絵を担当。
  • みうらじゅん - 小林の著書『定年なし、打つ手なし』において、名指しはしていないが「みうら的な生き方」がこれからの時代にあっていると、評価した。
  • 虫明亜呂無 - 大学の先輩。『ヒッチコックマガジン』寄稿者の一人で、雑誌『映画評論』の寄稿者仲間。小林の結婚式仲人を務めた。
  • 森卓也 - 『ヒッチコックマガジン』寄稿者の一人。専門はアニメーション評論だが、映画、落語にも詳しく、雑誌『映画評論』寄稿者仲間だった頃からの友人。若きおり、小林が森に戦前のアニメーションの話をした所、たちどころにその間違いを指摘され、「同世代で、戦前の映画について自分より詳しい者がいる」と驚愕した。
  • ヤクルトスワローズ - 小林はルールも知らないほどの野球音痴で、1960年代には「長嶋を知らない男」との異名をとった。だが、1980年代になぜかプロ野球好きとなり(アメリカの野球関係のノンフィクションに、小林好みのユーモア物が多かったことが影響したか?)、ヤクルトの熱狂的なファンとなった。そして、ついにはW・C・フラナガンに「素晴らしい日本野球」を執筆させた。野茂英雄などのメジャーリーガーたちも応援していた。
  • 安原顯 - 破天荒な性格の名物編集者。荒木経惟と組んで『私説東京繁盛記』『私設東京放浪記』を著したのは安原の薦めによる。また、安原が編集長を務めていた頃の『リテレール』によく寄稿していた。だが没後、村上春樹が安原による生原稿流出疑惑を暴露した際には、自分も被害者である旨を公表した。
  • 山川方夫 - 『ヒッチコックマガジン』寄稿者の一人。小林の処女長篇『虚栄の市』に跋文を寄せた。小林は「山川スクールの最後の生徒」を名乗っている。
  • 山田智彦 - ともに新人作家時代からの親友で(小林にとっては兄貴分的存在だったという)、小林は山田を「日本初のモダン・ホラー作家」として評価し、山田のホラー小説集『蜘蛛の館』を編集し解説を執筆した。
  • 横田順彌 - 小林が『ぼくたちの好きな戦争』の作中に「日本が勝利する架空小説」を登場させる際、実際に戦前に書かれた「日米架空戦記」についての情報を提供した。
  • 横溝正史 - 日本に本格推理小説を根づかせた大御所。もと「新青年」編集長。江戸川乱歩とは生涯の盟友でもあり、宝石社時代の小林とも接触があった。一時引退後、1970年代後半に空前のブームとなってカムバック。その際に小林は自ら企画して数回のロングインタビューを行ない「横溝正史読本」をまとめた。起こしまで自分で手がけており、作家として地位を築いたのちの彼としては異例の労作である。また『オヨヨ大統領の悪夢』において横溝作品『真珠郎』の冒頭文をもじり、ご本尊を苦笑させた。
  • 横山やすし - 自作『唐獅子株式会社』の映画化時の主役をやすしが演じたことから交際が始まったが、深夜に酔っ払って電話をかけてくるなどのやすしの性行に閉口した。なお、評伝『天才伝説 横山やすし』で「やすしが何者かに殴打された事件」の犯人について、ある推理を行っている。
  • 吉田秋生 - 漫画家。小林は彼女の絵を気に入り、一時、小林の本のカバー絵をよく描いていた。
  • 吉本隆明 - 「オールナイト・フジ」をいち早く評価するなどの、1980年代の吉本のメディア論を評価していた。
  • 渡辺晋 - 渡辺プロのブレインとなった小林は、ワンパターンの喜劇映画にばかりに出演させられる植木等に義憤を感じ、「音楽屋出身で映画のことがわからない」渡辺に向かって、「3本に1本は、まともな喜劇を撮らせるべきだ」と進言したが、無視された。シンガポールを舞台にした『無責任捕虜収容所』という映画のプロットも話したが、相手にされなかった。
  • 渡辺武信 - 詩人、建築家、映画評論家。教育大附属の後輩。『笑殺の美学』の解説を担当。
  • 渡辺美佐 - 1963年、多忙な植木等のインタビューの仕事のため渡辺家に招かれ、渡辺プロ所属のクレージーキャッツのブレインを依頼され、引き受けた。

脚注[編集]

  1. ^ a b #流される16-50、282-284頁
  2. ^ 『流される』 (小林信彦 著) | 著者インタビュー - 本の話WEB 文藝春秋
  3. ^ 電話拡張計画実施でトップメーカーに/WE社との提携交渉 - Oki
  4. ^ 流される 小林信彦著 明治の祖父にみる東京人の原型 :日本経済新聞流される [著]小林信彦 - BOOK asahi.com - 朝日新聞デジタル
  5. ^ この幼少期にみた喜劇の舞台の内容及び当時の批評まで、後年まで細かく記憶していたという。それが『日本の喜劇人』の執筆に役立ったが、小林的にはそれは「ごく普通のこと」だという。『定本・日本の喜劇人 下』あとがきより。
  6. ^ 小林は主に日本テレビの井原高忠と仕事をしたが、1969年の井原制作の新番組『ゲバゲバ90分!!』の「ストーリー抜きのサイトギャグの連発」に違和感を覚え、テレビの仕事から離れることになった(『喜劇人に花束を』より)。
  7. ^ 小林信彦『セプテンバー・ソングのように』(弓立社、1989年)p.56
  8. ^ 小林信彦『セプテンバー・ソングのように』(弓立社、1989年)p.57
  9. ^ 小林信彦『セプテンバー・ソングのように』(弓立社、1989年)p.57

関連項目[編集]