山口勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまぐち いさむ
山口 勇
本名
生年月日 1904年3月4日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市麻布区竹谷町(現在の東京都港区南麻布
職業 俳優
ジャンル 劇映画現代劇時代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1931年 - 1964年
家族 小林信彦 (従甥)
主な作品
腰辨頑張れ
旅寝の夢
和製キング・コング
噫薄情

山口 勇(やまぐち いさむ、1904年3月4日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3][4][5][6][7][8][9]。本名同じ[1]成瀬巳喜男の現存する最古の監督作『腰辨頑張れ』の主演俳優であり、戦後も東映京都撮影所の脇役俳優として知られる[1]

人物・来歴[編集]

1904年明治37年)3月4日東京府東京市麻布区竹谷町(現在の東京都港区南麻布)に生まれる[1][2][6]小林信彦によれば、赤坂区青山(現在の港区青山1丁目付近)出身の小林の母は、山口の従姉妹にあたるといい、つまり山口からみて小林は従甥にあたる[10]

麻布区内の東京市立南山尋常小学校(現在の港区立南山小学校)を卒業し、旧制・高輪中学校(かつての第一仏教中学校、現在の高輪高等学校)に進学する[1]。2学年上にのちの俳優の江川宇礼雄がいた。同校を1922年(大正11年)に卒業し、明治大学法科に進学する[1]。1923年(大正12年)9月1日に起きた関東大震災を経て1924年(大正13年)には同学を中途退学し、父が当時経営していた無線通信器具の工場に勤務した[1][11]。その後、同工場を経営していた父が亡くなり、その経営を引き継いだ[1]。1929年(昭和4年)末の情報が記載されている『商工省編纂 全国工場通覧 昭和六年九月』(1931年)によれば、同工場は「山口電機工場」といい、所在地は山口の自宅と同一で、1909年(明治42年)5月に開業しており、同年末時点での同工場の代表は「山口勇」である[11]

満26歳になる1930年(昭和5年)3月、同工場の経営権を弟に譲り、松竹蒲田撮影所に入社、同年12月31日に公開された、石川和雄監督による鈴木傳明主演の正月映画『大学の顔役・ラクビー篇』で映画界にデビューした[1]。1931年(昭和6年)8月8日に公開された成瀬巳喜男監督の『腰辨頑張れ』で、初の主演を果たす[1][3]。同年9月には、当時の同社のスター俳優である鈴木傳明、岡田時彦高田稔渡辺篤らとともに同社を退社、彼らが設立した映画会社不二映画社に参加するが、1933年(昭和8年)3月には同社が解散、その後、さらに傳明や佐久間妙子らとともに、東京府北多摩郡調布町(現在の東京都調布市)に新設された日本映画(現在の角川大映撮影所)に移籍、中村能二が監督した『上海から来た女』に出演するが、同社がまもなく解散、同年5月には、松竹蒲田撮影所に復帰している[3]。同年、清水宏監督の『旅寝の夢』、斎藤寅次郎監督の『和製キング・コング』に主演する[1][3]。多く助演を重ねながら、翌1934年(昭和9年)には吉村公三郎監督の『ぬき足さし足』、1935年(昭和10年)には斎藤寅次郎監督のサウンド版噫薄情』にも主演した[1][3]

同年3月には、松竹キネマのトーキー政策に不満を持った重宗務らが独立して東京発声映画製作所が発足、藤井貢大日方傳三井弘次らとともに松竹キネマを退社して、その設立に参加、同年8月25日に日活が配給して公開した、重宗監督による同社の第1作『乾杯! 学生諸君』に出演した[3]。1938年(昭和13年)3月には藤井らとともに同社を離れ、新興キネマに移籍、同社の東京撮影所(現在の東映東京撮影所)に所属して、現代劇に出演した[3]。1942年(昭和17年)1月27日、同社は日活の製作部門(撮影所)および大都映画等と合併して大映が成立した後は、同社に継続入社して、日活京都撮影所改め大映京都撮影所に所属した[3]

第二次世界大戦終結後は、大映東京撮影所(現在の角川大映撮影所)に所属したが、京都の松竹京都撮影所東横映画(現在の東映東京撮影所)の作品に多く出演するようになり、1951年(昭和26年)4月1日の東映設立以降は、東映京都撮影所に所属した[3]。満60歳を迎える1964年(昭和39年)までは、テレビ映画を含めた出演歴が確認でき[1][3][4][7]、その15年後、満75歳となった1979年(昭和54年)10月23日に発行された『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社)の山口の項には、存命人物として東京都豊島区南長崎の連絡先が示されているが、すでに引退しており、以降の消息は不明である[1]没年不詳

フィルモグラフィ[編集]

主演作『腰辨頑張れ』(1931年)、左は西村青児
主演作『和製キング・コング』(1933年)のスチル写真。

特筆以外すべてクレジットは「出演」である[3][4]。公開日の右側には役名[3][4]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[9][12]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。

松竹蒲田撮影所[編集]

すべて製作は「松竹蒲田撮影所」、すべて配給は「松竹キネマ」、すべてサイレント映画である[3][4]

不二映画社[編集]

特筆以外すべて製作は「不二映画社」、特筆以外すべて配給は「新興キネマ」、すべてサイレント映画である[3][4]

松竹蒲田撮影所[編集]

すべて製作は「松竹蒲田撮影所」、すべて配給は「松竹キネマ」、特筆以外すべてサイレント映画である[3][4]

東京発声映画製作所[編集]

すべて製作は「東京発声映画製作所」、すべて配給は「日活」あるいは「東宝映画」、以降すべてトーキーである[3][4][8]

配給 日活
配給 東宝映画
  • 港は浮気風』 : 監督豊田四郎、1937年5月11日公開 - 船乗りくずれ・江差鉄(日活配給説あり[8]
  • オヤケアカハチ』 : 監督重宗務・豊田四郎、1937年6月1日公開
  • 若旦那三国一』 : 監督重宗務、1937年6月20日公開
  • 若い人』 : 監督豊田四郎、1937年11月17日公開 - 佐々木先生、81分尺で現存(NFC所蔵[9]
  • 泣蟲小僧』 : 監督豊田四郎、1938年3月17日公開 - 水上竜山、80分尺で現存(NFC所蔵[9]

新興キネマ東京撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「新興キネマ東京撮影所」、すべて配給は「新興キネマ」である[3][4]

  • 応援歌』 : 監督清水宏、1938年5月4日公開 - 松本
  • 男の魂』 : 監督曾根千晴、1938年5月12日公開 - 村雨組の親分仁蔵、12分尺の断片のみが現存(NFC所蔵[9]
  • 太陽の子』 : 監督阿部豊、製作東京発声映画製作所、配給東宝映画、1938年5月18日公開 - 医師桑原、90分尺で現存(NFC所蔵[9]
  • 海を渡る女』 : 監督田中重雄、1938年7月7日公開 - 港の親分横山
  • 結婚真剣勝負』 : 監督沼波功雄、1938年7月13日公開 - ガス会社集金人坂口剛三
  • 妻の魂』 : 監督曾根千晴、1938年8月4日公開 - 団長天竜
  • 新妻の幸福』 : 監督田中重雄、1938年8月13日公開 - 貧乏小説家久保田健
  • 親なればこそ』 : 監督沼波功雄、1938年9月29日公開 - 小夜子の伯父山中新兵衛
  • あゝ故郷』 : 監督溝口健二、1938年10月6日公開 - バス会社社長花田熊吉
  • 貧しき者の幸福』 : 監督沼波功雄、1938年10月27日公開 - 古着屋加藤三平
  • 新しき門』 : 監督伊奈精一、1938年11月3日公開 - 市会議員紀見圭造
  • 亜細亜の娘』 : 監督田中重雄、応援監督沼波功雄、1938年11月17日公開 - 紳商陳
  • 日本の魂』 : 監督伊奈精一、1938年12月15日公開 - 森山一等兵
  • 喧嘩の春』 : 監督沼波功雄、1938年12月25日公開 - 大家大原伝助
  • 女難突破』 : 監督沼波功雄、1939年1月26日公開 - 中華そば屋の親方谷口一平
  • 裁かるる女』 : 監督沼波功雄、1939年2月1日公開 - 柳瀬弁護士
  • 若旦那 ここにあり』 : 監督井上金太郎、製作松竹下加茂撮影所、配給松竹、1939年6月1日公開
  • 若旦那 武者修業』 : 監督古野栄作、製作松竹下加茂撮影所、配給松竹、1939年8月17日公開
  • 子宝』 : 監督沼波功雄、1939年11月23日公開 - 植木屋善吉(主演
  • 岩に咲く花』 : 監督久松静児、1939年12月12日公開 - 市蔵の兄正人
  • 若妻の夢』 : 監督沼波功雄、1939年12月30日公開 - 田丸五兵衛
  • 男は度胸』 : 監督曾根千晴、1940年1月25日公開
  • 素晴らしき喧嘩』 : 監督沼波功雄、1940年2月28日公開 - 蒲鉾屋の番頭金造
  • 絹代の初恋』 : 監督野村浩将、製作松竹大船撮影所、配給松竹、1940年3月31日公開 - 北原
  • 誰か故郷を思はざる』 : 監督伊奈精一、1940年4月11日公開 - 山下
  • 舞姫の秘密』 : 監督小石栄一、1940年5月8日公開 - 実業家高田守衛
  • 娘たずねて三千里』 : 監督沼波功雄、1940年5月23日公開 - 髭の勇五郎
  • 玄海灘』 : 監督原千秋、1940年6月6日公開 - 土地の親分大沢
  • 花嫁の喧嘩』 : 監督沼波功雄、1940年7月7日公開 - 医師小山泰三
  • 嵐に花は散らず』 : 監督小石栄一、1940年8月22日公開 - 良一の相棒吉さん
  • 漫才タクシー』 : 監督沼波功雄、1940年8月29日公開 - 漫才師芋丸
  • 水藻の花』 : 監督青山三郎、1940年9月8日公開 - ポンポン蒸気船の船長松井市助
  • 真人間』 : 監督伊奈精一、1940年9月15日公開 - 河野先生、54分尺で現存(NFC所蔵[9]
  • 夢みる娘』 : 監督沼波功雄、1940年10月15日公開 - その夫原田伝吉
  • 笑ふ父』 : 監督沼波功雄、1940年12月15日公開 - 山岡幸造
  • 初春娘』 : 監督沼波功雄、1940年12月29日公開 - 小説家本多亮三
  • 白夜の天使』 : 監督田中重雄、1941年1月14日公開 - 大津賀院長
  • 母代』 : 監督田中重雄、1941年2月22日公開 - 安井先生
  • 新生の歌』 : 監督沼波功雄、1941年2月28日公開 - 松波玄次、64分尺で現存(NFC所蔵[9]
  • 戸田家の兄妹』 : 監督小津安二郎、製作松竹大船撮影所、配給松竹、1941年3月1日公開 - 昌二郎の友人内田、105分尺で現存(NFC所蔵[9]
  • 我が家の春』 : 監督青山三郎、1941年5月29日公開 - その夫恒平
  • 素晴らしき結婚』 : 監督沼波功雄、1941年6月22日公開 - 森金酒店の主人森田金助
  • 飛び込んだ幸福』 : 監督沼波功雄、1941年7月15日公開 - 高利貸
  • 北極光』 : 監督田中重雄、1941年8月20日公開 - 弁慶の辰野(人夫)、108分尺で現存(NFC所蔵[9]
  • 春星夫人』 : 監督田中重雄、1941年9月28日公開 - 新劇俳優皆川春星
  • 太陽先生』 : 監督深田修造、1941年11月13日公開 - 八百辰
  • 春遠からじ』 : 監督久松静児、1942年1月8日公開 - 調査課長
  • 逞しき愛情』 : 監督沼波功雄、1942年3月1日公開 - 長男健一

大映京都撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「大映京都撮影所」、すべて配給は「映画配給社」である[3][4]

大映東京撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「大映東京撮影所」、特筆以外すべて配給は「大映」である[3][4]

、110分尺で現存(NFC所蔵[9]

東映京都撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「東映京都撮影所」、特筆以外すべて配給は「東映」である[3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r キネマ旬報社[1979], p.603-604.
  2. ^ a b 山口勇jlogos.com, エア、2013年2月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 山口勇日本映画データベース、2013年2月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 山口勇、日本映画情報システム、文化庁、2013年2月1日閲覧。
  5. ^ 山口勇、映連データベース、日本映画製作者連盟、2013年2月1日閲覧。
  6. ^ a b 山口勇KINENOTE, 2013年2月1日閲覧。
  7. ^ a b 山口勇テレビドラマデータベース、2013年2月1日閲覧。
  8. ^ a b c 山口勇日活データベース、2013年2月1日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay 山口勇東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年2月1日閲覧。
  10. ^ 小林[1998], p.103, 194.
  11. ^ a b 大西[1931], p.450.
  12. ^ 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年2月1日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]