常盤新平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
常盤 新平
(ときわ しんぺい)
誕生 1931年3月1日
岩手県
死没 2013年1月22日(満81歳没)
東京都
職業 小説家、翻訳家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学大学院
ジャンル 小説、翻訳、エッセイ
代表作 『遠いアメリカ』(1986年)
主な受賞歴 直木三十五賞(1987年)
テンプレートを表示

常盤 新平(ときわ しんぺい、1931年昭和6年〉3月1日 - 2013年平成25年〉1月22日)は、日本作家翻訳家であり、アメリカ文化研究者である。別名に、大原寿人(おおはらとしひと)。

人物[編集]

岩手県水沢市(現・奥州市)生まれ。早稲田大学大学院修了。作家、翻訳家のほか、マフィア研究家でもある。

作家、山口瞳を師とあおぎ、山口の著作からセレクトした本を刊行している。また、競馬好きとしても知られ、競馬についてのアンソロジーを編んでいる。さらに、将棋好きでもあり、将棋を愛する作家、ジャーナリスト、観戦記者たちの団体「将棋ペンクラブ」が与える賞、「将棋ペンクラブ大賞」の選考委員を1996年から2005年までつとめた。

生い立ち[編集]

母親は福島県の出身[1]。税務署員だった父親の転勤に伴って生後半年で水沢を離れ、山形県長井町、宮城県石巻市と転居した[2]。小学校時代に仙台市に落ち着き、高校卒業までを同地で過ごした[2]宮城県仙台第二高等学校を経て、早稲田大学文学部英文科卒。同大学院修了。

編集者として[編集]

早川書房に入社し、都筑道夫生島治郎の後任として、ミステリー小説誌 『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』(日本版)の三代目編集長を、1963年(昭和38年)から6年間務めた。ただし、常盤はミステリはそれほど好きではなかったので、デイモン・ラニアンリング・ラードナーら、雑誌「ニューヨーカー」系のユーモア小説なども、よく掲載していた。また星新一のアメリカの一コマ漫画紹介エッセイ「進化した猿たち」を連載させた。

また、その間の1964年(昭和39年)には、海外の文学作品や、スパイ小説、冒険小説などを紹介するシリーズ「ハカヤワ・ノヴェルズ」を創刊し、その最初の作としてジョン・ル・カレの「寒い国から帰ってきたスパイ」を刊行。以降も話題作を紹介し、人気シリーズとした(現在は、大半の作品が「ハヤカワ文庫NV」に収録されている)。1969年(昭和44年)、『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』誌の編集長を各務三郎に譲り、その後は早川書房の「SF以外のすべての分野の編集局長」となるが、社内抗争のため、同年に退社した[3]

文筆家として[編集]

早川書房を退社してフリーの文筆生活へ。アメリカの雑誌「ニューヨーカー」の黄金時代の作品や、20世紀の文学ニュー・ジャーナリズムの作品を翻訳して日本に紹介する翻訳家、そしてアメリカの雑誌や人物を紹介するエッセイスト、さらに作家として知られるようになった。

1979年(昭和54年)から川本三郎青山南とともに編集委員として『ハッピーエンド通信』を刊行。1986年(昭和61年)には、アメリカにあこがれペーパーバックを読みあさり、翻訳の勉強にいそしむ大学院時代の自身を描いた自伝的小説、『遠いアメリカ』が、第96回直木賞を受賞した。

私生活[編集]

一度の離婚歴を経て、再婚[4]。東京都町田市つくし野在住[4]

死去[編集]

2013年(平成25年)1月22日、肺炎のため東京都町田市の病院で死去[5]。81歳没。

著書[編集]

  • 名探偵ピンカートン 岩崎書店 1969
  • アメリカ黄金時代 禁酒法とジャズ・エイジ 新書館 1972
  • アメリカが見える窓 冬樹社 1979 のち徳間文庫 
  • はじまりはジャズ・エイジ 講談社 1979 のち文庫
  • アメリカの編集者たち 集英社 1980 のち新潮文庫 
  • マフィア経由アメリカ行 冬樹社、1980 のち徳間文庫  
  • ブックス&マガジンズ アメリカ出版界通信 サイマル出版会 1981
  • アメリカンジャズエイジ 集英社文庫 1981 
  • 雨あがりの街 筑摩書房 1981.1 のち文春文庫  
  • 彼女のアメリカ 新潮社 1981
  • コラムで読むアメリカ 大和書房 1981 のち旺文社文庫  
  • 酒場の時代 1920年代のアメリカ風俗 サントリー 1981 のち文春文庫  
  • アメリカン・ベストセラーズ 常盤新平せれくと書評 PHP研究所 1982 のち旺文社文庫 
  • ニューヨーク五番街物語 冬樹社 1982 のち集英社文庫  
  • グラスの中の街 筑摩書房 1983
  • プロ野球遠めがね 文藝春秋 1983.7
  • ニューヨーク紳士録 弥生書房 1983 のち講談社文庫
  • ニューヨークの女たち 大和文庫、1984 
  • 晴れた日のニューヨーク PHP研究所 1984 のち旺文社文庫 
  • ベースボール・グラフィティ 講談社 1984.11 のち文庫  
  • 高説低聴 常盤新平インタビュー集 講談社 1984
  • 川明かりの街 筑摩書房 1986 のち文春文庫 
  • アメリカン・ゴシップnow 講談社 1986 「ザ・ニューヨーク・アイ・ラヴ」文庫
  • アメリカン・マガジンの世紀 筑摩書房 1986
  • 遠いアメリカ 講談社 1986 のち文庫
  • グラスの中の街 文藝春秋 1987 のち文庫 
  • キミと歩くマンハッタン 講談社 1988.12
  • 彼女の夕暮れの街 実業之日本社 1989
  • そうではあるけれど、上を向いて 講談社 1989.2
  • アメリカン・マガジンの女たち 大和書房 1989.10
  • ニューヨークの女たち ダイワアート 1989.3
  • ニューヨーク知ったかぶり 魅惑の都市の読み解き方 ダイヤモンド社 1989
  • 罪人なる我等のために 長篇小説 文藝春秋 1989
  • 聖ルカ街、六月の雨 講談社 1989 のち文庫  
  • ペイパーバック・ライフ 新潮社 1990
  • マフィアの噺 文藝春秋 1990 のち文庫 
  • いつもハーシーの板チョコ 実業之日本社 1991.8
  • 恋貧乏 東京書籍 1991
  • 熱愛者 祥伝社 1991.12
  • 小さなアメリカ PHP研究所 1991.4
  • 新緑の風にゆられて 講談社 1992.4
  • 旅する気分 東京書籍 1992
  • うつむきながら、とぼとぼと 読売新聞社 1992
  • 片隅の人たち 福武書店 1992
  • ファーザーズ・イメージ 毎日新聞社 1992 のち講談社文庫 
  • 熱い焙じ茶 筑摩書房 1993.9
  • 頬をつたう涙 徳間書店 1993 のち文庫  
  • 街の風景 毎日新聞社 1993
  • 親父橋の町 双葉社 1993.4
  • 熱愛者ふたたび 祥伝社、1993 
  • 門灯が眼ににじむ 作品社 1993.5
  • 夕空晴れて TBSブリタニカ 1994
  • 東京の小さな喫茶店 世界文化社 1994
  • 池波正太郎を読む 潮出版社 1994 「快読解読池波正太郎」小学館文庫
  • 彼女の夕暮れの街 講談社 1994 のち文庫 
  • 雪の降る夜に 東京書籍 1995.10
  • 冬ごもり 東京平井物語 祥伝社 1996.1
  • ニューヨーク遥かに 集英社 1996.8
  • ベストパートナー 「夫婦」という名の他人 講談社 1996.7
  • スコッチ街道 白水社 1997.1
  • シチリア・地中海の風に吹かれて 日本放送出版協会 1997
  • グレニッチ・ヴィレッジ物語 翔泳社 1997
  • わさびの花 実業之日本社 1997
  • 光る風 徳間書店 1998.1
  • ちょっと町へ あの町で通った店がある忘れることのできない人がいる… 経済界 1998
  • 森と湖の館 日光金谷ホテルの百二十年 潮出版社 1998
  • 姿子 祥伝社 1998.5
  • おとなの流儀 マガジンハウス 1998
  • 「ニューヨーカー」の時代 白水社 1999
  • 天命を待ちながら 大村書店 1999.9
  • 風の姿 講談社 1999.7
  • 威張ってはいかんよ 新・おとなの流儀 マガジンハウス 2000.7
  • 窓の向うのアメリカ 恒文社21 2001.6
  • 山の上ホテル物語 白水社 2002 のちUブックス 
  • ニューヨークの古本屋 白水社 2004
  • 国立の先生山口瞳を読もう 柏艪舎 2007.8
  • 私の好きな時代小説 晶文社 2008.12
  • 東京の小さな喫茶店・再訪 リブロアルテ 2008.12
  • 時代小説の江戸・東京を歩く 日本経済新聞出版社,2011.2
  • 銀座旅日記 筑摩書房,2011.3(ちくま文庫)
  • 池波正太郎の東京・下町を歩く ベストセラーズ,2012.2(ベスト新書)
  • たまかな暮し 白水社 2012.6
  • 池波正太郎の江戸東京を歩く ベストセラーズ, 2012.8(ベスト新書)
  • 明日の友を数えれば 幻戯書房, 2012.12

編纂[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松井清人『オカン、おふくろ、お母さん』 文藝春秋2006年、122-123頁
  2. ^ a b http://netcity.or.jp/michinoku/hometown/tokiwa/index.html
  3. ^ 『はじめて話すけど…―小森収インタビュー集』(フリースタイル)中の各務三郎インタビュー。宮田昇『戦後「翻訳」風雲録 <翻訳者が神々だった時代> 』(本の雑誌社)
  4. ^ a b https://www.slownet.ne.jp/sns/area/life/reading/interview/200602161352-1000000.html
  5. ^ 作家で翻訳家の常盤新平さん死去 スポニチ 2013年1月22日閲覧

外部リンク[編集]