ニュー・ジャーナリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニュー・ジャーナリズム: New Journalism)は、1960年代後半のアメリカで生まれた新たなジャーナリズムのスタイル。従来のジャーナリズムにおいては何よりも客観性が重視されていたが、ニュー・ジャーナリズムでは、敢えて客観性を捨て、取材対象に積極的に関わり合うことにより、対象をより濃密により深く描こうとする。

ニュー・ジャーナリズムという語は、1973年トム・ウルフが、ニュー・ジャーナリズムの記事を編んだ『ニュー・ジャーナリズム』(The New Journalism)という書籍から広まったとされる。

ニュー・ジャーナリズムの代表的なジャーナリスト、小説家としては、『ライト・スタッフ』(1979年)のトム・ウルフ、『ラスベガスをやっつけろ』(1972年)のハンター・S・トンプソン、『夜の軍隊』(1968年)のノーマン・メイラーらの名が挙げられる。また、1966年に出版されたトルーマン・カポーティの『冷血』は、ニュー・ジャーナリズムの形成に大きな影響を与えたとされる。

日本では、沢木耕太郎が、一時期、ニュー・ジャーナリズムの旗手と呼ばれていた。

関連項目[編集]