黒岩重吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒岩 重吾
(くろいわ じゅうご)
誕生 1924年2月25日
大阪府大阪市
死没 2003年3月7日(満79歳没)
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
代表作 『背徳のメス』(1960年)
天の川の太陽』(1979年)
主な受賞歴 直木三十五賞(1960年)
吉川英治文学賞(1980年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

黒岩 重吾(くろいわ じゅうご、1924年2月25日 - 2003年3月7日)は日本小説家。 

来歴・人物[編集]

大阪市生まれ。父方の祖先は和歌山県新宮市廻船問屋[1]。旧制宇陀中学(現・奈良県立大宇陀高等学校)、同志社大学法学部卒。同志社大学在学中に学徒出陣し、北満に出征する。

敗戦による逃避行の末、1946年に朝鮮に辿り着き、内地へ帰還した。この時の体験が創作の原点になる。復学後に闇ブローカー業を行い、卒業後は日本勧業証券(現みずほ証券)に入社。

1949年に「北満病棟記」を書き、『週刊朝日』の記録文学コンクールに入選、同人誌「文学者」のグループに参加した。ドッジ政策により株相場で大失敗し、家財を売り払って株の情報屋となり、次いで「証券新報」設立に参加する。

1953年、悪食を試み、腐った肉を食べたことで小児麻痺を発病し、以後3年間入院生活を送る。

退院後は、入院中に株が暴落し、帰るべきところがなくなったために、釜ヶ崎あいりん地区)のドヤ街に移り住み、トランプ占い、キャバレーの呼び込み、「水道産業新聞」編集長などさまざまな職業を経験する。

1958年に「ネオンと三角帽子」がサンデー毎日に入選、発表。

1959年源氏鶏太の紹介で司馬遼太郎と知り合い「近代説話」の同人となり、1960年に「青い花火」が「週刊朝日」「宝石」共催の懸賞に佳作入選。同年、書き下ろしで『休日の断崖』を刊行し、直木賞候補となる。

翌年に釜ヶ崎を舞台にした『背徳のメス』で直木賞を受賞している。

以後、「西成モノ」を主に、金銭欲・権力欲に捕らわれた人間の内面を巧みに抉った社会派推理・風俗小説作家として活躍した。

1963年、日本推理作家協会関西支部長に就任。『裸の背徳者』や、戦災孤児をテーマにした全5部の大作『さらば星座』などの作品がある。直木賞選考委員、奈良文学賞選考委員を務めた。

弟子に難波利三がいる。

古代史小説[編集]

1970年代後半から、以前より関心のあった古代史を舞台にした歴史小説の執筆を始め、1980年に『天の川の太陽』で吉川英治文学賞を受賞した。また、1992年には一連の作品により菊池寛賞を受賞している。代表的な作品に『聖徳太子』『天翔ける白日』『白鳥の王子ヤマトタケル』などがある。

執筆の動機として、当時の古代史ブームの影響もあった他、古代史の舞台となった場所で生まれ育ち、百舌鳥古墳群の近くで遊んでおり、中学では飛鳥を中心にして古墳を利用するなどの軍事練習をしていたため、後に高松塚古墳が発見されたときに衝撃を受けたという(尾崎秀樹との対談(『紅蓮の女王』))。

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

1960年代[編集]

  • 『休日の断崖』(1960年、浪速書房) のち春陽文庫、角川文庫、新潮文庫、広済堂文庫
  • 『背徳のメス』(1960年、中央公論社)のち新潮文庫、講談社文庫、角川文庫、中公文庫
  • 『相場師』東方社 1960 「賭博の街」春陽文庫
  • 『青い火花』東方社 1961 「生きた造花」春陽文庫
  • 『腐った太陽』(1961年、浪速書房)のち春陽文庫、角川文庫、ケイブンシャ文庫
  • 『飛田ホテル』(1961年、講談社) のち角川文庫、「墓地の俳優」東方社
  • 『落日の群像』(1961年、新潮社)のち講談社文庫
  • 『強迫者』中央公論社 1962 「死火山の肌」角川文庫
  • 『真昼の罠』新潮社(ポケット・ライブラリ) 1962 のち文庫
  • 『脂のしたたり』講談社 1962 のち角川文庫、広済堂文庫
  • 『肌は死なない』文藝春秋新社(ポケット文春) 1962
  • 『影を燃やせ』講談社 1962 のち文庫
  • 『深夜の競走』角川書店 1962
  • 『天の踊り』文藝春秋新社 1962 のち春陽文庫、角川文庫
  • 『どぼらや人生』集英社 1963 のち講談社文庫
  • 『法王の牙』中央公論社 1963
  • 『鎖と歯』文藝春秋新社(ポケット文春) 1963 のち角川文庫
  • 『洞の花』講談社 1963
  • 廃虚の唇』光文社(カッパ・ノベルス) 1963 のち角川文庫
  • 『女の小箱』光文社(カッパ・ノベルス) 1963 のち文春文庫
  • 『象牙の穴』新潮社 1963 のち角川文庫、新潮文庫
  • 『虹の十字架』集英社 1963
  • 『愛の装飾』講談社 1963 のち角川文庫、講談社文庫
  • 『太陽を這う』講談社 1964 のち文庫
  • 『夜の聖書』集英社 1964 のち文庫
  • 『翳りある微笑』集英社 1964 のち文春文庫
  • 『隠花の露』中央公論社 1964
  • 『女予言者』東方社 1964 「沼の宿」角川文庫
  • 『太陽の素顔』集英社 1965 のち文庫
  • 黒岩重吾傑作シリーズ』全7巻 講談社 1965-1966
  • 『昼と夜の巡礼』講談社 1965 のち角川文庫、中公文庫
  • 『飾られた穴』文藝春秋新社(ポケット文春) 1965 のち文庫
  • 『花を喰う虫』新潮社 1965 のち角川文庫
  • 『同伴者』講談社 1965
  • 『西成山王ホテル』講談社 1965 のち角川文庫
  • 『夜間飛行』光文社(カッパ・ノベルス)1965 のち文春文庫
  • 『裸の背徳者』文藝春秋新社 1965 のち文庫
  • 『深海パーティ』文藝春秋新社(ポケット文春) 1966 のち集英社文庫
  • 『人形の足跡』東方社 1966 「機械の野望」角川文庫
  • 『沼の花影』光文社(カッパ・ノベルス)1966
  • 『炎は若い』文藝春秋(ポケット文春) 1966 のち文庫
  • 『影の旅行者』文藝春秋(ポケット文春) 1966
  • 『花と骨群』講談社 1966 のち文庫
  • 『昼下りの階段』講談社 1966 のち角川文庫
  • 『女の熱帯』新潮社 1966 のち角川文庫
  • 黒岩重吾全集』全18巻 講談社 1967-1968
  • 『肌と金』サンケイ新聞出版局 1967 のち角川文庫
  • 『闇の航跡』光文社(カッパ・ノベルス)1967 のち集英社文庫、ケイブンシャ文庫
  • 『煮えた欲情』講談社(ロマン・ブックス)1967 「砂の巣」文庫
  • 『背信の炎』講談社(ロマン・ブックス) 1967 のち角川文庫
  • 『女の氷河』光文社(カッパ・ノベルス) 1967 のち集英社文庫
  • 『飢えた渦』集英社 1967 のち文庫
  • 『墓標との契約』東方社 1967 「木枯しの女」角川文庫
  • 『夕陽ホテル』新潮社 1967 のち集英社文庫、ケイブンシャ文庫
  • 『花園への咆哮』毎日新聞社 1967 のち角川文庫
  • 『心斎橋幻想』講談社(ロマン・ブックス) 1967 のち文庫
  • 『病葉の踊り』講談社(ロマン・ブックス) 1967 のち文庫
  • 『一日未亡人』講談社(ロマン・ブックス) 1967 のち文庫
  • 『幻との契約』文藝春秋 1968
  • 『衣裳に棲む虫』文藝春秋(ポケット文春) 1968 のち講談社文庫
  • 『幻の広告』春陽文庫 1968 「水の中の砂漠」角川文庫
  • 『紅ある流星』講談社 1968 のち集英社文庫、ケイブンシャ文庫
  • 『造花の値段』東方社 1968 のち角川文庫
  • 『処女受胎』東方社 1968 のち角川文庫
  • 『孤猿の途』講談社 1968 のち中公文庫
  • 『別居夫人』東方社 1968 「ガラスの庭」角川文庫
  • 『乾いた湖底』講談社 1968
  • 『朝を待つ女』春陽文庫 1968 のち講談社文庫
  • 『人間を売る』講談社 1968 のち文庫
  • 『神の爪跡』文藝春秋 1968
  • 『人間の宿舎』文藝春秋 1969 のち文庫
  • 『夜の駐車場』サンケイ新聞社出版局 1969 のち角川文庫
  • 『汚れた巣』講談社 1969
  • 『陥没の季節』文藝春秋 1969
  • 『闇を走れ』集英社 1969 のち文庫
  • 『夜のない日々 横断歩道』新潮社 1969 のち角川文庫
  • 『花と獣の間』集英社 1969 「青ざめた装飾」角川文庫
  • 『夜の波』桃源社(ポピュラー・ブックス) 1969
  • 『星と蛇の像』桃源社(ポピュラー・ブックス) 1969
  • 『夜の水藻』講談社 1969

1970年代[編集]

  • 『砂漠の太陽』報知新聞社 1970 のち集英社文庫
  • 『氷った果実』桃源社(ポピュラー・ブックス) 1970 のち角川文庫
  • 『男の市場』講談社 1970 のち文庫
  • 『人間の鎖』学習研究社 1970 のち角川文庫
  • 『幻花の牙』桃源社(ポピュラー・ブックス) 1970 のち角川文庫
  • 『蒼ざめた虹』新潮社 1970 「夜の光芒」角川文庫
  • 『男蔦』講談社 1970 「夜の水藻」講談社文庫
  • 『双頭の蛇』集英社 1970
  • 『詐欺師の旅』光文社(カッパ・ノベルス) 1970 のち角川文庫
  • 『女の樹林』サンケイ新聞社出版局 1970 のち角川文庫
  • 『涙谷の蘚苔植物』講談社 1971
  • 『花汁の囁き』文藝春秋 1971
  • 『華やかな亀裂』文藝春秋(ポケット文春) 1971 のち文庫
  • 『背徳の伝道者』中央公論社 1971 のち文庫
  • 『夜の挨拶』集英社 1971 のち文庫
  • 『巨大な墓標』サンケイ新聞社出版局 1971 のち角川文庫
  • 『夜の防波堤』桃源社(ポピュラー・ブックス) 1971 のち角川文庫
  • 『花壇の孤愁』桃源社(ポピュラー・ブックス) 1972
  • 『砂を這う蔦』新潮社 1972 のち講談社文庫
  • 『大いなる変身』サンケイ新聞社出版局 1972 のち角川文庫
  • 『ガラスの橋』講談社 1972
  • 『場外の王者』集英社 1972 のち角川文庫
  • 『黒い巡礼』文藝春秋 1972 「幻想花」角川文庫
  • 『消えない影』サンケイ新聞社出版局 1973
  • 『罠の冠』集英社 1973
  • 『影に棲む蛇』実業之日本社 1973 のち集英社文庫
  • 黒岩重吾傑作集成』全18巻 桃源社 1973-1974
  • 『女の太陽』集英社 1973-75 のち文庫
  • 『幻の漂泊詩人』桃源社 1973 「人形の部屋」角川文庫
  • 『さ迷える占師』桃源社 1973 「夜の波」角川文庫
  • 『蒼ざめた蜃気楼』講談社 1973 「濁流の花」角川文庫
  • 『果てしない影』文藝春秋 1973 のち文庫
  • 『西成海道ホテル』講談社 1974 のち文庫
  • 『カオスの星屑』文藝春秋 1974 のち文庫
  • 『影の旅行者』文藝春秋 1974 のち文庫
  • 『白夜の花』中央公論社 1974
  • 『ビハインド・ハードロック』中央公論社 1975 のち角川文庫
  • 『西成涙通りに舞う』講談社 1975 のち文庫
  • 『どかんたれ人生』毎日新聞社 1975 のち集英社文庫
  • 『我が炎死なず』いんなあとりっぷ社 1975 のち講談社文庫
  • 『女の宴』新潮社 1975 のち角川文庫
  • 『肌は死なない』文藝春秋 1975 のち文庫
  • 『幻への疾走』実業之日本社 1975 のち集英社文庫
  • 『石に咲く花』光文社(カッパ・ノベルス) 1975 のち文庫
  • 『夜なき亀裂』角川書店 1976 のち文庫
  • 『茜雲の渦』光文社 1976 (カッパ・ノベルス) のち集英社文庫
  • 黒岩重吾長編小説全集』全20巻 光文社 1976-1978
  • 『斑点のある唄』講談社 1976
  • 『アムスのじゃが芋』集英社 1976
  • 『西成十字架通り』毎日新聞社 1976 のち角川文庫
  • 『ガラスの棺』桃源社 1977 「朽ちたホテル」角川文庫
  • 『機械の野望』桃源社 (ポピュラー・ブックス) 1977
  • 『古狼の賦』桃源社 (ポピュラー・ブックス) 1977
  • さらば星座』集英社 1977-89 のち文庫
  • 『終着駅の女』集英社 1977 のち文庫
  • 『夜の遺書』青樹社 1977 のち角川文庫
  • 『夜の突風』桃源社(ポピュラー・ブックス) 1977「廃墟と残月」角川文庫
  • 『訣別の時』新潮社 1977 のち講談社文庫
  • 『贅沢な被葬者』光文社(カッパ・ノベルス)1977 のち文庫
  • 『サンマルタン運河』桃源社(ポピュラー・ブックス) 1978
  • 『薄暮の笛』桃源社(ポピュラー・ブックス) 1978
  • 『幻の歩道橋』青樹社 1978 「開かない花」講談社文庫
  • 『黒い雪』中央公論社 1978 のち文庫
  • 『モンマルトルの陽と風』文藝春秋 1978 のち文庫
  • 『されど吾あり(わが人生観)』大和書房 1978
  • 『翳りある座席』実業之日本社 1978 のち集英社文庫
  • 『黒いレンズ』中央公論社 1979 のち文庫

1980年代[編集]

  • 『飛田残月』中央公論社 1980 のち文庫
  • 『霧の中の異邦人』文藝春秋 1980 のち文庫
  • 『夜の湖』集英社 1981 のち文庫
  • 『霧の鎖』毎日新聞社 1981 のち文春文庫
  • 『旅人宿 エッセイ集』実業之日本社 1982
  • 『現代家族』中央公論社 1983 のち文庫
  • 『明日なき巡礼たち』講談社ノベルス 1983 のち文庫
  • 『真昼の闇』角川書店 1984
  • 『雲の鎖』集英社 1984 のち文庫
  • 『残雪の門』朝日新聞社 1985 のち文春文庫
  • 『潮の墓標』講談社 1986 のち文庫

1990年代以後[編集]

  • 『顔のない扉』ベストセラーズ 1990 のち角川文庫
  • 『波の虹』悠思社 1992 のち角川文庫
  • 『木枯しの手帳』講談社 1994 のち文庫
  • 『生きてきた道 私の履歴書』集英社 1997
  • 『雨毒』(1998年、講談社)のち文庫
  • 『落日はぬばたまに燃えゆ』(1999年、集英社)のち文庫
  • 『闇からの声』文藝春秋 2001
  • 『人に定めなし』角川書店 2003 のち文庫
  • 『黒岩重吾のどかんたれ人生塾』集英社 2003 のち文庫
  • 『とっておきの手紙』たちばな出版 2004

古代史小説・評論[編集]

  • 『紅蓮の女王 小説推古女帝』(1978年、光文社)のち中公文庫
  • 『天の川の太陽』(壬申の乱)(1979年、中央公論社)のち文庫
  • 『落日の王子 蘇我入鹿』(1982年、文藝春秋)のち文庫
  • 『古代史の迷路を歩く』中央公論社 1982 のち文庫
  • 『天翔ける白日 小説大津皇子』(1983年、中央公論社)のち文庫
  • 聖徳太子 日と影の王子』(1985年、文藝春秋)のち文庫
  • 『古代史の謎を探る』大和書房 1986
  • 『古代史への旅』講談社 1988
  • 『北風に起つ 継体戦争と蘇我稲目』(1988年、中央公論社)のち文庫
  • 『剣は湖都に燃ゆ 壬申の乱秘話』文藝春秋 1990 のち文庫
  • 『白鳥の王子ヤマトタケル』(1990年 - 2000年、角川書店)
  • 『謎の古代女性たち』中央公論社 1991 のち文庫
  • 『古代浪漫紀行 邪馬台国から大和王権への道』勁文社 1991 のち講談社文庫、「古代史を読み直す」PHP文庫
  • 『茜に燃ゆ 小説額田王』(1992年、中央公論社)のち文庫
  • 弓削道鏡』(1992年、文藝春秋)のち文庫
  • 『磐舟の光芒 物部守屋蘇我馬子』(1993年、講談社)
  • 『古代日本への探険』PHP研究所 1993 「古代史の真相」PHP文庫
  • 『影刀 壬申の乱ロマン』文藝春秋 1994 のち文庫
  • 『斑鳩王の慟哭』(1995年、中央公論社)のち文庫
  • 『鬼道の女王卑弥呼』(1996年、文藝春秋)のち文庫
  • 『東征伝』(日本武尊)角川書店 1997
  • 『天風の彩王 藤原不比等』(1997年、講談社)のち文庫
  • 『謎が謎を呼ぶ古代を解く』PHP研究所 1999 「古代史を解く九つの謎」文庫
  • 『女龍王神功皇后』(1999年、新潮社)のち文庫
  • 斑鳩宮始末記』文藝春秋 2000 のち文庫
  • 『「日出づる処の天子」は謀略か 東アジアと聖徳太子』集英社新書 2000
  • 中大兄皇子伝』(2001年、講談社)のち文庫
  • ワカタケル大王』(2002年、文藝春秋)のち文庫
  • 『子麻呂が奔る』文藝春秋 2002 のち文庫
  • 役小角仙道剣』(2003年、新潮社)のち文庫
  • 『闇の左大臣 石上朝臣麻呂』(2003年、集英社)のち文庫

共編著[編集]

  • 日本の名随筆 夜 作品社、1988
  • 藤ノ木古墳と六世紀 被葬者は誰か 大和岩雄共著 大和書房 1989.2
  • 藤ノ木古墳の主は誰か 黒岩重吾推理ドキュメント NHK取材班 日本放送出版協会 1989.5
  • 卑弥呼と邪馬台国 大和岩雄共著 大和書房 1992.12
  • 邪馬台国の時代 大和岩雄共著 大和書房 1997.9

参考文献[編集]

  • 紅蓮の女王 小説推古天皇 (上記)

ドラマ化作品[編集]

黒岩重吾シリーズ(関西テレビ
休日の断崖(1961年9月5日 - 11月28日)
脂のしたたり(1961年12月5日 - 1962年2月27日)
※いずれも主演は天知茂
廃虚の唇
1964年4月2日 - 9月24日NETテレビ
出演:天知茂、高城丈二上月左知子
夜間飛行
1965年9月20日 - 12月31日日本テレビ
出演:市川靖子葉山良二松本克平香月美奈子
女の小箱
1975年10月2日 - 1976年1月1日よみうりテレビ
出演:小川真由美児玉清滝田裕介市原悦子野際陽子
黒岩重吾シリーズ(毎日放送
女の樹林(1979年10月6日 - 11月17日
水の中の砂漠(1979年11月24日 - 12月29日
裂けた星(1980年1月5日1月12日
愛の装飾(1980年1月19日 - 2月23日
女の熱帯(1980年3月1日 - 3月29日
出演:いしだあゆみ村井国夫江波杏子高橋幸治
水曜ドラマスペシャル 夏の特選サスペンス(4)「詐欺師の旅」
1986年8月27日21:02-22:54、TBS
演出:中村瑞貴、脚本:松木ひろし、田口耕三
出演:石立鉄男(悟郎)、春川ますみ左とん平二宮さよ子殿山泰司(伝太郎)、松本ちえこ(久子)、ケーシー高峰、松岡ふたみ(菊江)、にしきのあきら(高田)

脚注[編集]

  1. ^ 『私の父、私の母PartⅡ』中央公論社、1996年、69頁