デイモン・ラニアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレッド・デイモン・ラニアン
Alfred Damon Runyon
DamonRunyon.jpeg
誕生 1884年8月4日
カンザス州 マンハッタン
死没 1946年12月10日
ニューヨーク市
職業 小説家ジャーナリスト
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
代表作 『ブロードウェイの天使』、『野郎どもと女たち』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

デイモン・ラニアンデーモン・ラニオンラニャンラニョンとも、Alfred Damon Runyon1884年8月4日 - 1946年12月10日)はアメリカ合衆国カンザス州生まれの新聞記者作家

ニューヨークブロードウェイを主な舞台とした短篇小説を多数発表しており、映画化や舞台化もされている。1967年に野球作家にとって最も権威のある賞、J.G.テイラー・スピンク賞を受賞した。

主な訳書[編集]

  • 『野郎どもと女たち』 加島祥造訳、新書館、1973年
  • 『ブロードウェイの天使』 加島祥造訳、新潮社新潮文庫〉、1984年
  • 『野郎どもと女たち ブロードウェイ物語』 加島祥造訳、新書館1987年、旧版1983年
  • 『ロンリー・ハート  ブロードウェイ物語』 加島祥造訳、新書館、1987年
  • 『街の雨の匂い ブロードウェイ物語』 加島祥造訳、新書館、1987年
  • 『ブロードウェイの出来事 ブロードウェイ物語』 加島祥造訳、新書館、1987年

映画化作品[編集]

外部リンク[編集]