ジョン・トーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・トーランド英語:John Toland、1912年6月29日 - 2004年1月4日)は、アメリカ戦史ノンフィクション作家で、ピューリッツァー賞作家。

ウィスコンシン州南西部のラクロス(La Crosse、アイオワ州との境の街)生まれ、ウィリアムズ大学出身。第二次世界大戦太平洋戦争)に従軍。

戦記著作などで、40代より本格的に作家活動に入った。日米双方の幅広い当事者に多数取材した「The Rising Sun 大日本帝国の興亡」で、1971年にピューリッツァー賞 一般ノンフィクション部門を受賞、大著のヒトラー伝も高い評価を得た。

妻の寿子は日本人で一女がいる(精神科医小此木啓吾の親族)。取材執筆を兼ね、長期の在日生活も行っている。後期はコネチカット州西部のダンブリー(Danbury)に在住し、肺炎で没した。

日本語訳著書[編集]