和田芳恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

和田 芳恵(わだ よしえ、1906年4月6日 - 1977年10月5日 男性)は日本小説家、編集者、文学研究者。樋口一葉研究をライフワークとした。代表作は『一葉の日記』(1943年)。

来歴・人物[編集]

北海道山越郡長万部町出身。北海中学(現北海高等学校)、中央大学法学部独法学科卒業。新潮社勤務のかたわら同人誌に小説を執筆。 樋口一葉研究を行い、第二次世界大戦中に『樋口一葉研究』(1942年)などを刊行した。

戦後は大地書房に勤務、小説雑誌『日本小説』を創刊(「中間小説」を創始したと評される)。日本小説社を興して同誌の刊行を続けるが、経営に失敗し多額の負債を抱え、1949年から1952年まで失踪。

1953年より塩田良平と『一葉全集』を共編。1956年『婦人朝日』に名作モデル探訪を連載し、田山花袋の小説「蒲団」のモデル岡田美知代から最後の談話をとった。書き下ろしで刊行した『一葉の日記』(1956年)で日本芸術院賞を受賞。

小説『塵の中』で1963年下半期の直木賞を受賞。1975年『接木の台』で読売文学賞1977年『暗い流れ』で日本文学大賞1978年「雪女」で川端康成文学賞受賞。また『筑摩書房の三十年』(非売品、1970年)を執筆担当した。

1966年より土浦短期大学教授として日本文学を講じた。

娘の陽子は詩人吉岡実の妻である。

著書[編集]

一葉研究[編集]

  • 樋口一葉 十字屋書店、1941 
  • 樋口一葉研究(編)新世社 1942
  • 樋口一葉の日記 今日の問題社 1943
のち「一葉の日記」と改題(隅田書房、1947年)
  • 樋口一葉 講談社(世界伝記全集)1954
  • 樋口一葉 新潮社(一時間文庫)1954、増補版が角川文庫、講談社文庫
  • 一葉青春日記(編注)角川文庫 1956 改版1970
  • 一葉恋愛日記(編注)角川文庫 1956 改版1970
  • 一葉全集(塩田良平共編)全7巻 筑摩書房 1953-1956
  • 一葉の日記 筑摩書房 1956 
のち「樋口一葉伝 一葉の日記」と改題(新潮文庫、1960)
  • 樋口一葉読本 その生涯と作品(編)学習研究社 1958
  • 樋口一葉の人と作品(編)学研 1964
  • 一葉誕生 現代書館 1969
  • 樋口一葉 講談社現代新書 1972 

文学[編集]

  • 作家達 泰文堂 1942
  • 名作のできるまで 作品研究ノート 北辰堂 1957
  • おもかげの人々 名作のモデルを訪ねて 講談社 1958
  • 女性のための名作・人生案内 創思社 1963
  • ひとつの文壇史 新潮社 1967
  • 愛の歪み 中央大学出版部 1969(評論)
  • 私の内なる作家たち 中央大学出版部 1970
  • 作家のうしろ姿 毎日新聞社 1978

小説など[編集]

  • 離愁記 今日の問題社 1943(新鋭文学選集)
  • 塵の中 光風社 1963
  • 愛の民話 講談社 1963
  • 小説みだれ髪 光風社書店 1967
  • 色合わせ 光風社書店 1968
  • 火の車 講談社 1971
  • 接木の台 河出書房新社 1974 のち集英社文庫
  • 抱寝 河出書房新社 1975
  • 暗い流れ 河出書房新社 1977 のち集英社文庫
  • 道祖神幕 大西書店 1977
  • 順番が来るまで 北洋社 1978(随筆集)
  • 雀いろの空 中央公論社 1978
  • 雪女 文藝春秋 1978
  • ひとすじの心 毎日新聞社 1979(随筆集)
  • 自選和田芳恵短篇小説全集 河出書房新社 1976
  • 和田芳恵全集 全5巻  河出書房新社 1978-1979
刊行内容は、第1巻.第2巻は短編小説集、第3巻は長編小説(塵の中、暗い流れ)、第4巻は一葉論(樋口一葉、一葉の日記)、第5巻は随筆集。

新版の文庫[編集]

  • 一葉の日記 福武文庫 1986、(元版・福武書店、1983)
  • おまんが紅・接木の台・雪女 講談社文芸文庫 1994
  • 暗い流れ 講談社文芸文庫 2000
  • 一葉の日記 講談社文芸文庫 1995、新装版2005
  • ひとつの文壇史 講談社文芸文庫 2008
  • 一葉青春日記 角川文庫 復刊1989、1997
  • 一葉恋愛日記 角川文庫 復刊1997、新版角川文庫クラシックス

評伝・回想[編集]

  • 吉田時善 『こおろぎの神話 和田芳惠私抄』 新潮社、1995年
  • 和田静子 『命の残り 夫和田芳恵』 河出書房新社、1989年

外部リンク[編集]

はこだて人物誌 樋口一葉[1]