江國香織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江國 香織
(えくに かおり)
誕生 1964年3月21日(50歳)
日本の旗 日本東京都世田谷区
職業 小説家翻訳家詩人
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1985年 - 現在
ジャンル 小説
代表作 きらきらひかる』(1991年)
落下する夕方』(1996年)
『号泣する準備はできていた』(2003年)
主な受賞歴 産経児童出版文化賞(1991年)
坪田譲治文学賞(1991年)
紫式部文学賞(1992年)
路傍の石文学賞(1999年)
山本周五郎賞(2002年)
直木三十五賞(2004年)
島清恋愛文学賞(2007年)
中央公論文芸賞(2010年)
川端康成文学賞(2012年)
親族 父:江國滋
テンプレートを表示

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本小説家児童文学作家翻訳家詩人。 

1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋

来歴・人物[編集]

東京都世田谷区出身[要出典]。順心女子学園(現広尾学園中学校・高等学校)、目白学園女子短期大学国語国文学科卒。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。

1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、はないちもんめ小さな童話賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。

1992年、アルコール使用障害の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。『がらくた』で島清恋愛文学賞受賞。

小説、エッセイ、絵本、詩の執筆活動を続ける。映画化作品として、『落下する夕方』(1996年)、辻仁成との共作『冷静と情熱のあいだ』(1999年)、『東京タワー』(2001年)、『間宮兄弟』(2004年)、『スイートリトルライズ』(2010年)がある。2013年3月にはNHK BSプレミアムにて『神様のボート』全3話が放送された。

夫は銀行員。喫煙者で、阪神ファンであり、好きな選手は中野佐資1986年 - 1993年阪神)。ギャンブルでは競艇のファンでもある。チョコレートが大好きで、結婚する際夫に、「他の女性にチョコレートを贈らない」という約束をさせた。が大好きで、子どもの頃は雨が降ると母や妹と一緒に眺めていたという。ペットは、アメリカン・コッカー・スパニエルの「雨」(オス)。エッセイ『雨はコーラがのめない』では、雨と音楽との生活を綴っている。

父の江國滋を訪ねてよく遊びに来ていた色川武大を、香織ら子供たちは「色ちゃん」と呼んでいた。

受賞歴[編集]

著書[編集]

小説・童話[編集]

長編[編集]

  • きらきらひかる(新潮社、1991年5月)のち文庫
  • ホリーガーデン(新潮社、1994年9月)のち文庫
  • なつのひかり(集英社、1995年11月2日)のち文庫
  • 流しのしたの骨(マガジンハウス、1996年7月)のち新潮文庫
  • 落下する夕方(角川書店、1996年11月)のち文庫
  • ぼくの小鳥ちゃん(あかね書房、1997年11月)のち新潮文庫
  • 神様のボート(新潮社、1999年7月)のち文庫
  • 冷静と情熱のあいだ Rosso(角川書店、1999年10月)のち文庫
    • 辻仁成が男性側の視点から「Blue」を描く。辻とのコラボレーション小説。
  • 薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木(集英社、2000年4月)のち文庫
  • ウエハースの椅子(角川春樹事務所、2001年1月)のちハルキ文庫、新潮文庫
  • ホテルカクタス(ビリケン出版、2001年4月)のち集英社文庫
  • 東京タワー(マガジンハウス、2001年12月)のち新潮文庫
  • スイートリトルライズ(幻冬舎、2004年3月)のち文庫
  • 思いわずらうことなく愉しく生きよ(光文社、2004年6月19日)のち文庫
  • 間宮兄弟(小学館、2004年9月29日)のち文庫
  • すきまのおともだちたち 絵:こみねゆら(白泉社、2005年6月)のち集英社文庫 
  • がらくた(新潮社、2007年5月)のち文庫 
  • 左岸(集英社、2008年10月11日)のち文庫
    • 対する男性側「右岸」を辻仁成が描く。辻とのコラボレーション小説第二弾。
  • 雪だるまの雪子ちゃん 絵:山本容子(偕成社、2009年9月)のち文庫
  • 真昼なのに昏い部屋(講談社、2010年3月25日)のち文庫
  • 抱擁、あるいはライスには塩を(集英社、2010年11月5日) 
  • 金米糖の降るところ(小学館、2011年9月28日)のち文庫 
  • ちょうちんそで(新潮社、2013年1月31日)
  • はだかんぼうたち(角川書店、2013年3月26日)
  • ヤモリ、カエル、シジミチョウ(朝日新聞出版、2014年11月7日、予定)

短編集[編集]

  • つめたいよるに(理論社、1989年8月)のちサイズを変更して再刊行(1991年7月)のち新潮文庫
  • こうばしい日々(あかね書房、1990年10月)のち新潮文庫
  • 綿菓子(理論社、1991年2月)のち新装版(1993年3月)新潮文庫『こうばしい日々』に併録
  • 温かなお皿(理論社、1993年6月)
  • すいかの匂い(新潮社、1998年1月)のち文庫
  • 江國香織とっておき作品集(マガジンハウス、2001年8月)
  • 泳ぐのに、安全でも適切でもありません ホーム社、2002年3月5日)のち集英社文庫
  • いつか記憶からこぼれおちるとしても(朝日新聞社、2002年11月)のち文庫
  • 号泣する準備はできていた(新潮社、2003年11月19日)のち文庫
  • 赤い長靴(文藝春秋、2005年1月15日)のち文庫
  • ぬるい眠り(新潮文庫、2007年2月28日)
  • 犬とハモニカ(新潮社、2012年9月28日)

エッセイ[編集]

  • 都の子(文化出版局、1994年6月)のち集英社文庫
  • 泣かない子供(大和書房、1996年5月)のち角川文庫
  • 絵本を抱えて部屋のすみへ(白泉社、1997年6月)のち新潮文庫
  • いくつもの週末(世界文化社、1997年10月)のち集英社文庫
  • 十五歳の残像(新潮社、1998年10月)
  • 泣く大人(世界文化社、2001年7月)のち角川文庫
  • 日のあたる白い壁(白泉社、2001年7月)のち集英社文庫
  • とるにたらないものもの(集英社、2003年7月25日)のち文庫
  • 雨はコーラがのめない(大和書房、2004年5月)のち新潮文庫
  • やわらかなレタス(文藝春秋、2011年2月25日)のち文庫 

絵本[編集]

  • あかるい箱 絵:宇野亜喜良(マガジンハウス、1992年6月)のち2002年10月に復刊
  • モンテロッソのピンクの壁 絵:荒井良二(ほるぷ出版、1992年12月)のち集英社文庫
  • 夕闇の川のざくろ 絵:守屋恵子(八曜社、1993年6月)のちポプラ文庫
  • デューク 絵:山本容子(講談社、2000年11月8日)
  • 桃子 絵:飯野和好(旬報社、2000年11月)
  • 草之丞の話 絵:飯野和好(旬報社、2001年7月)
  • おさんぽ 絵:こみねゆら(白泉社、2002年7月12日)
  • ジャミパン 絵:宇野亜喜良(アートン、2004年9月)
  • いつか、ずっと昔 絵:荒井良二(アートン、2004年12月)
  • ふりむく 絵:松尾たいこ(マガジンハウス、2005年9月15日)
  • カエルの王さま―あるいは鉄のハインリヒ グリム童話 絵:宇野亜喜良(フェリシモ出版、2009年7月17日)
  • ちょうちょ 絵:松田奈那子(白水社、2013年9月20日)

詩集[編集]

  • すみれの花の砂糖漬け(理論社、1999年11月)のち新潮文庫
  • 活発な暗闇(いそっぷ社、2003年4月)
  • パンプルムース! 絵:いわさきちひろ(講談社、2005年2月24日)のち文庫
  • いちねんせいになったあなたへ 絵:井口真吾(小学館、2011年3月1日)

その他[編集]

  • 僕はジャングルに住みたい(全国学校図書館協議会、2003年4月)

共著・対談集[編集]

  • 性愛を書く!(ビレッジセンター出版局、1998年10月)
  • 恋するために生まれた 辻仁成往復書簡(幻冬舎、2001年5月)
  • 愛蔵版 冷静と情熱のあいだ(角川書店、2001年6月)
  • 本の話をしよう(晶文社、2002年9月5日)
  • 恋の魔法をかけられたら―恋愛対談(角川春樹事務所、2003年7月)のち文庫
  • 過ぎゆくもの(マガジンハウス、2007年10月14日)

アンソロジー[編集]

「」は収録作。

  • いじめの時間(朝日新聞社、1997年4月)のち文庫 「緑の猫」
  • LOVE SONGS(幻冬舎、1997年12月)のち文庫 「Cowgirl blues」
  • LOVERS(祥伝社、2001年6月)のち文庫 「ほんものの白い鳩」
  • 銀座24の物語(文藝春秋、2001年8月)のち文庫 「カステラ」
  • Friends(祥伝社、2003年7月)のち文庫 「ザーサイの思い出」
  • ナナイロノコイ―恋愛小説(角川春樹事務所、2003年8月)のち文庫 「ドラジェ」
  • with you(幻冬舎、2004年3月)のち文庫 「突き進む娘」
  • 君へ。―つたえたい気持ち三十七話(メディアファクトリー、2004年3月26日) 「そばにいてくれた?」
  • ただならぬ午睡(光文社文庫、2004年5月13日)「十日間の死」
  • めぐり逢い―恋愛小説アンソロジー(ハルキ文庫、2005年7月) 「テイスト・オブ・パラダイス」
  • 男の涙 女の涙―せつない小説アンソロジー(光文社文庫、2006年1月) 「デューク」
  • JOY!(講談社、2008年4月22日) 「テンペスト」
  • 甘い記憶―6 Sweet Memories(新潮社、2008年8月)のち文庫 「おそ夏のゆうぐれ」
  • ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ』(新潮社、2008年10月31日) 「夕顔」
    • のち『源氏物語 九つの変奏』に改題して文庫
  • 金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前にI 真夜中に読みたい10の話(ピュアフル文庫、2008年11月10日) 「十月のルネッサンス」
  • Invitation(文藝春秋、2010年1月) 「蛾」
  • チーズと塩と豆と(ホーム社、2010年10月5日)のち集英社文庫 「アレンテージョ」
  • それはまだヒミツ: 少年少女の物語(新潮文庫、2012年1月28日) 「亮太」
  • いつも一緒に: 犬と作家のものがたり(新潮文庫、2012年12月24日) 「アメリカンな雨のこと」
  • アンソロジー お弁当。(パルコ、2013年8月31日)「のり弁の日」
    • お弁当についての随筆集。
  • 読まずにいられぬ名短篇(筑摩書房、2014年5月8日)「デューク」

翻訳[編集]

  • 天使のクリスマス(ほるぷ出版、1990年)
  • てろんてろんちゃん ジョイス・デュンバー(ほるぷ出版、1992年)
  • いちにち ハイディ・ゴーネル(PARCO出版局、1992年)
  • くまのプーさんのクリスマス ブルース・トーキントン(講談社、1992年)
  • ときにはひとりもいいきぶん ハイディ・ゴーネル (PARCO出版局、1992年10月)
  • そとはただ春 E・E・カミングス (PARCO出版、1992年)
  • ペンギンかもしれないな ハイディ・ゴーネル(PARCO出版、1992年12月)
  • おひるねのいえ オードリー・ウッド(ブックローン出版、1993年)
  • 1999年6月29日 デイヴィッド・ウィーズナー(ブックローン出版、1993年)
  • おおきなペットたち レイン・スミス(ほるぷ出版、1993年)
  • おふろじゃおふろじゃ オードリー・ウッド(ブックローン出版、1993年2月)
  • こぶたちゃん ドン&オードリー・ウッド(ブックローン出版、1994年)
  • おとなになること サラ・ミッダ(ほるぷ出版、1995年)
  • 大あらし ディヴィッド・ウィーズナー(ブックローン出版、1995年)
  • しろいゆきあかるいゆき アルビン・トレッセルト(ブックローン出版、1995年)
  • 夜がくるまでは イヴ・バンティング(ブックローン出版、1996年)
  • きつねおくさまのごけっこん ガビン・ビショップ(講談社、1996年4月)
  • 海辺のくま クレイ・カーミッシェル(BL出版、1997年7月)
  • ふるびたくま クレイ・カーミッシェル(BL出版、1999年8月)
  • しょうぼう馬のマックス サラ・ロンドン(岩波書店、1998年11月)
  • レターズ・フロム・ヘヴン レイチェル・アンダーソン(講談社、1999年)
  • 心の小鳥 ミハル・スヌニット(河出書房新社、1999年)
  • マーサのいぬまに ブルース・イングマン(小学館、1999年)
  • きんいろのとき アルビン・トレッセルト(ほるぷ出版、1999年)
  • シェイカー通りの人びと アリス&マーティン・プロベンセン(ほるぷ出版、1999年)
  • くまのプーさんのクリスマス(講談社、2000年)
  • マドレーヌのクリスマス ルドウィッヒ・ベーメルマンス BL出版、2000年11月)
  • あたしの一生 猫のダルシーの物語 ディー・レディー(飛鳥新社、2000年)
  • おおきなあかいなや マーガレット・ワイズ・ブラウン(偕成社、2001年9月)
  • ロンドンのマドレーヌ ルドウィッヒ・ベーメルマンス(BL出版、2001年11月)
  • ねこたちの夜 ブルース・イングマン(小学館、2001年)
  • どうして犬が好きかっていうとね キム・レヴィン(竹書房、2002年)
  • 3びきのぶたたち デイヴィッド・ウィーズナー(BL出版、2002年11月)
  • おひさまパン エリサ・クレヴェン(金の星社、2003年7月)
  • ホンドとファビアン ピーター・マッカーティ(岩崎書店、2003年9月)
  • カプチーヌ(小峰書店、2003年10月)
  • 小さな魔女のカプチーヌ タンギー・グレバン(小峰書店、2003年10月)
  • しつれいですが、魔女さんですか エミリー・ホーン(小峰書店、2003年)
  • ゆきのひのステラ メアリー=ルイーズ・ゲイ(光村教育図書、2003年)
  • オキーフの家 マイロン・ウッド(メディアファクトリー、2003年)
  • ステラもりへいく(光村教育図書、2003年7月)
  • イングリッシュローズィズ マドンナ(ホーム社、2003年11月)
  • おはようサム(光村教育図書、2004年)
  • おやすみサム(光村教育図書、2004年4月)
  • うみべのステラ(光村教育図書、2004年)
  • ジベルニィのシャーロット ジョアン・マックファイル・ナイト(BL出版、2004年4月)
  • さびしいくま(BL出版、2004年8月)
  • おへやのなかのおとのほん(ほるぷ出版、2004年9月)
  • アメリカのマドレーヌ(BL出版、2004年10月)
  • マドレーヌのメルシーブック(BL出版、2005年4月)
  • なつのいなかのおとのほん(ほるぷ出版、2005年7月)
  • ステラのほしぞら(光村教育図書、2005年)
  • いやはや(光村教育図書、2006年5月)
  • とんでもないおいかけっこ クレメント・ハード(BL出版、2006年5月)
  • マドレーヌとどうぶつたち ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ(BL出版、2006年7月)
  • クリスマスのまえのばん クレメント・クラーク・ムーア(BL出版、2006年10月)
  • おぞましいりゅう(BL出版、2006年10月)
  • イングリッシュローズィズ2(とてもほんとうとは思えないくらいすてき) マドンナ(ホーム社、2007年2月)
  • なにしてるの、サム?(光村教育図書、2007年6月)
  • うみべのおとのほん(ほるぷ出版、2007年8月)
  • マリーのお人形(BL出版、2007年8月)
  • 竹取物語(現代語訳)かぐや姫の物語(新潮社、2008年)
  • オズの魔法使い(BL出版、2008年11月)のち単行本(小学館、2013年3月15日)
  • マドレーヌとローマのねこたち(BL出版、2009年7月)
  • ステラがうんとちいさかったころ(光村教育図書、2010年2月)
  • よくぞごぶじで(BL出版、2010年10月)
  • しんとしずかな、ほん(光村教育図書、2011年1月)
  • マドレーヌ、ホワイトハウスにいく(BL出版、2011年3月)
  • にぎやかな ほん!(光村教育図書、2011年4月)
  • ゴールデン・バスケットホテル(BL出版、2011年4月)
  • アートとマックス―ゴキゲンなゲイジュツ―(BL出版、2011年8月)
  • バティストさんとハンガーブルグ=ハンガーブルグ伯爵のおはなし(BL出版、2012年1月)
  • しずかな、クリスマスの ほん(光村教育図書、2012年11月12日)
  • マールとおばあちゃん(ブロンズ新社、2013年4月17日)
  • 新装版 青い鳥 モーリス・メーテルリンク(講談社、2013年10月11日)青い鳥文庫版も同時刊行。

テレビ出演[編集]