野間宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野間 宏
(のま ひろし)
誕生 1915年2月23日
日本の旗 日本兵庫県神戸市長田区
死没 1991年1月2日(満75歳没)
職業 小説家評論家詩人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 京都帝国大学仏文科
活動期間 1946年 - 1991年
ジャンル 小説評論
文学活動 第一次戦後派
代表作 『暗い絵』(1946年)
『崩解感覚』(1948年)
真空地帯』(1952年)
『青年の輪』(1949年 - 1971年)
『狭山裁判』(1976年、ノンフィクション)
主な受賞歴 毎日出版文化賞(1952年)
谷崎潤一郎賞(1971年)
ロータス賞(1973年)
朝日賞(1989年)
処女作 『暗い絵』(1946年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

野間 宏(のま ひろし、1915年大正4年)2月23日 - 1991年平成3年)1月2日)は日本小説家評論家詩人。長編小説を多く書き、社会全体の構造をとらえる全体小説を志向した。また、最晩年まで社会的な発言を多く行ったことでも知られている。

経歴[編集]

全22巻の『野間宏全集』(筑摩書房)、全14巻『野間宏作品集』(岩波書店)があるが、スターリンを賛美した作品は収録されなかったという。

  • 藤原書店より、『完本 狭山裁判』(上中下、1997年)と、『作家の戦中日記 一九三二-四五』(2001年)が出された。また『野間宏の会』を主催している。
  • 影書房で『野間宏集』 (戦後文学エッセイ選9、2008年)が出された。
  • 『真空地帯』発表時、大西巨人は、軍隊があまりに単純に悪として描かれていると批判し、「俗情との結託」と呼び、のち自ら軍隊を描いた『神聖喜劇』を発表した。

著書[編集]

  • 暗い絵 真善美社 1947 のち新潮文庫
    • 暗い絵・顔の中の赤い月 (角川文庫)
    • 暗い絵・崩解感覚 (新潮文庫)
    • 暗い絵・第三十六号 (旺文社文庫)
    • 暗い絵・顔の中の赤い月 (講談社文芸文庫)
  • 崩壊感覚 丹頂書房 1948
    • 崩壊感覚・夜の脱柵 (旺文社文庫)
  • 小説入門 真善美社 1948 「文章入門」旺文社文庫、レグルス文庫
  • 星座の痛み 詩集 河出書房 1949
  • 青年の環 第1-2部 河出書房 1949-1950 のち岩波文庫(以下同)
  • 顔の中の赤い月 目黒書店 1951 (自選作品集)
  • 雪の下の声が…… 未來社 1952
  • 文学の探求 正続 未來社 1952-1953
  • 真空地帯 河出書房 1952 のち岩波文庫、角川文庫、新潮文庫、旺文社文庫
  • 人生の探求 未來社 1953
  • 野間宏詩集 三一書房 1953 (日本国民詩集)
  • 野間宏作品集 全3巻 三一書房 1953
  • 現代文学の基礎 いかに人間を考えるか 理論社 1954
  • 思想と文学 未來社 1954
  • 志津子の行方 河出新書 1955
  • 文学の方法と典型 社会主義リアリズムにむかって 青木書店 1956
  • 地の翼 上巻 河出書房 1956
  • 真実の探求 現代文学の方法 理論社 1956 (私の大学・文学の教室)
  • 今日の愛と幸福 中央公論社 1957
  • 黄金の夜明ける 未來社 1959
  • さいころの空 文藝春秋新社 1959 のち角川文庫
  • 車の夜 東京書房 1959
  • 感覚と欲望と物について 評論集 未來社 1959
  • 若い日の文学探求 青春出版社 1960 (青春教養大系)
  • 文章読本 新読書社出版部 1960
  • 干潮のなかで 新潮社 1961
  • わが塔はそこに立つ 講談社 1962 のち文庫、文藝文庫
  • 肉体は濡れて 東方社 1965 (イースト・ブックス)
  • 青年の環 第3 河出書房新社 1966
  • 人生と愛と幸福 合同出版 1967 (パピルス双書)
  • 文学論 合同出版 1967
  • 青年の問題文化の問題 合同出版 1967 (パピルス双書)
  • 青年の環 第4 河出書房新社 1968
  • サルトル論 河出書房 1968
  • 歎異抄 筑摩書房 1969 (私の古典) のち河出文庫、ちくま文庫
  • 野間宏全集 全22巻 筑摩書房 1969-1974
  • 野間宏評論集 全2巻 未來社 1969-1970
  • 創造と批評 筑摩書房 1969
  • 全体小説への志向 対話集 田畑書店 1969
  • 全体小説と想像力 河出書房新社 1969
  • 青年の環 5 河出書房新社 1971
  • 鏡に挾まれて 青春自伝 創樹社 1972
  • 親鸞 岩波新書 1973
  • 心と肉体のすべてをかけて 文学自伝 創樹社 1974
  • 文学の旅思想の旅 文藝春秋 1975 (人と思想)
  • 忍耐づよい鳥 河出書房新社 1975
  • 狭山裁判 岩波新書 1976
  • 現代の王国と奈落 現代文明の危機についての文学者の考察 転轍社 1977.12
  • 野間宏全詩集 文和書房 1979.12
  • 危機の中から 対話集 小学館 1981.3 (小学館創造選書)
  • 新しい時代の文学 岩波書店 1982.9
  • 戦後その光と闇 福武書店 1982.4
  • 東西南北浮世絵草書 わたしの読書と生活 集英社 1987.10
  • 野間宏作品集 全14巻 岩波書店 1987-1988
  • 解放の文学その根元 評論・講演・対話集 解放出版社 1988.10
  • 生々死々 講談社 1991.12
  • 時空 福武書店 1991.4
  • 天の穴、地の穴野間宏生命対話 立松和平編 社会思想社 1991.12 (現代教養文庫)
  • 作家の戦中日記 藤原書店 2001.6

共編著[編集]

  • 山繭 詩集 井口浩富士正晴共著 明窗書房、1948
  • 世界解放詩集 長田弘共編訳 飯塚書店 1951
  • 愛と革命(編)河出新書 1953
  • 日本抵抗詩集(編)三一書房 1953
  • 風に鳴る樹々 全国結核療養者詩集 安東次男瀬木慎一共編 朝日書房 1954
  • フランス解放詩集 小内原文雄共編 河出文庫 1954
  • 学生たちの記録 永丘智郎共編 河出書房 1956
  • 知識人の思想と行動 新しい連帯のために 木下順二日高六郎共編 麦書房 1964
  • 文章のつくり方 三一書房 1966 (高校生新書)
  • 小説の書き方 明治書院 1969 (作法叢書)
  • 差別・その根源を問う 安岡章太郎共編 朝日新聞社 1977.7 のち選書
  • 狭山差別裁判 三一新書 1978.6
  • 人間のゆくえ 渡辺格対談 新泉社 1979.4
  • アジアの聖と賤 被差別民の歴史と文化 沖浦和光共著 人文書院 1983.4
  • 日本の聖と賤 沖浦和光共著 人文書院 1985-1987
  • 親鸞から親鸞へ 現代文明へのまなざし 三国連太郎対談 藤原書店 1990.12
  • 万有群萌 ハイテク病・エイズ社会を生きる 山田国広対談 藤原書店 1991.12
  • 日本の名随筆 100 命 作品社 1991.2
  • 日本の聖と賤 近代篇 沖浦和光 人文書院 1992.4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]