落下する夕方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

落下する夕方』(らっかするゆうがた)は1998年江國香織原作の小説を映画化した合津直枝監督、原田知世主演の日本映画。1998年第48回ベルリン国際映画祭正式招待作品。

ストーリー[編集]

坪田リカは同棲して8年になる恋人・薮内健吾から突然別れを告げられる。健吾は別に好きな人が出来たという。現実を受け止められないリカは、健吾をひたすら待ち続ける。しかし、そこへ健吾が好きになったという根津華子という女がリカのところへころがりこみ住みついてしまう。すると華子を追って健吾もリカのところへ来るようになる。奇妙な3人の生活が始まるのであった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

海外映画祭[編集]

外部リンク[編集]