血と骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

血と骨』(ちとほね)は、梁石日(ヤン・ソギル)の小説。また、それを原作とした映画および漫画

原作小説[編集]

1930年代大阪を舞台とし、作者の実父をモデルに、その体躯と凶暴性で極道からも畏れられた男・金俊平(キム・しゅんぺい)の、蒲鉾製造業や高利貸しによる事業の成功やその裏での実の家族に対する暴力、そしてその後の愛人との結婚による転落、遂には「故郷」である北朝鮮での孤独な死までを描いた小説。第11回の山本周五郎賞を受賞し、その後第119回直木賞にもノミネートされた。

登場人物[編集]

金俊平
主人公。猜疑心が強く極端に自己中心的な性格で何事も暴力に物を言わせて従わせようとする粗暴な人間。巨漢で暴力団員にも恐れられる膂力の持ち主。
李英姫
故郷を出奔した後に娘一人を連れ、飲み屋を営んでいた女性。金俊平に押しかけられ、有無を言わさず結婚させられた上、俊平の放蕩と暴力で心身を磨り減らすことになる。
高信義
俊平の従兄弟の蒲鉾職人。俊平の数少ない理解者で謹厳実直な人物だが、在日朝鮮人を取り巻く社会情勢にも高い意識を持つ。俊平が巻き起こすさまざまなトラブルの尻拭いのために奔走する。
金成漢
俊平と英姫の息子。幼少時から俊平の暴力に苦しむが、成長するに従いその暴力をやり過ごす術を身につけ、反抗するようになる。
山梨清子
英姫との生活が破綻した後に同棲した愛人。病魔に冒され俊平の重荷となっていく。

 

映画[編集]

血と骨
監督 崔洋一
脚本 鄭義信
崔洋一
出演者 ビートたけし
田畑智子
新井浩文
オダギリジョー
鈴木京香
寺島進
國村隼
濱田マリ
柏原収史
中村優子
音楽 岩代太郎
公開 日本の旗 2004年11月6日
上映時間 144分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2004年に公開された。ビートたけし主演で話題を呼ぶ。キネマ旬報ベストテン2位、脚本賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞(オダギリジョー)、毎日映画コンクール作品賞、日刊スポーツ映画大賞作品賞。第78回アカデミー外国語映画賞の日本代表に選出され、出品されたが、本選のノミネート5作品に選出されなかった。

出演[編集]

ほか

スタッフ[編集]

漫画[編集]

古沢優により漫画化されている。幻冬舎〈幻冬舎コミックス〉、2004年、全3巻。

  1. ISBN 9784344804562
  2. ISBN 9784344804692
  3. ISBN 9784344804852

外部リンク[編集]