古代文明ミステリー たけしの新・世界七不思議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

古代文明ミステリー たけしの新・世界七不思議』(こだいぶんめいみすてりーたけしのしんせかいななふしぎ)とはテレビ東京系で2007年から毎年年始に放送される特別番組である。なお2012年9月には第7弾前哨戦スペシャルが放送された。2014年より装いを新たに『新・世界七不思議大百科』として放送されることとなった[1]

概要[編集]

ビザンチウムのフィロンが選出した「世界の七不思議」にちなみ、ビートたけしが「21世紀のフィロン」として現在世界に存在する様々な遺跡・遺物の中から新たな世界七不思議を選出する企画番組[2]。「新・世界七不思議大百科」となってからは、ビートたけしがその編集長として遺跡・遺物の選定を行うようになった。

出演者[編集]

MC[編集]

進行[編集]

  • 大江麻理子(テレビ東京アナウンサー、第1弾-第4弾、第7弾(最終回))
  • 松丸友紀(テレビ東京アナウンサー、第5弾-第7弾前哨戦、大百科1-2)

ゲスト(選考委員/パネラー)[編集]

VTRリポーター[編集]

本番組で紹介された遺跡等[編集]

七不思議に選出されたもの、大百科に収録されたものは太字。

放送日 タイトル 紹介された遺跡等
2007年1月3日 たけしの新・世界七不思議 マチュ・ピチュ
楽山大仏
ナスカの地上絵
2008年1月1日 たけしの新・世界七不思議2 モアイ
シーギリヤ・ロック
チチェン・イツァ
2009年1月1日 たけしの新・世界七不思議3 アンコール遺跡群
カッパドキア
モン・サン・ミッシェル
2010年1月1日 たけしの新・世界七不思議4 パルテノン神殿
コロッセオ
2011年1月7日 たけしの新・世界七不思議5 長安城
平城京
2012年1月6日 たけしの新・世界七不思議6 ボロブドゥール遺跡
アヤ・ソフィア
2012年9月21日 たけしの新・世界七不思議7 前哨戦スペシャル ペトラ遺跡
アダラジ・ヴァヴ(階段井戸)
コロッセオ
マチュ・ピチュ
モアイ
2013年1月4日 たけしの新・世界七不思議7 クフ王のピラミッド
カルナック神殿
アダラジ・ヴァヴ(階段井戸)
2014年1月5日[3] たけしの新・世界七不思議大百科 マヤ文明のヒスイの仮面
ロゼッタ・ストーン
パガン寺院群
2015年1月7日 たけしの新・世界七不思議大百科 第2巻 ネフェルティティの胸像
チッタウルガル
コロッセオ

エンディングテーマ[編集]

  • 嘲笑(ビートたけし)

スタッフ[編集]

第7回(2013年1月4日放送分)[編集]

  • ナレーション:斉藤茂一
  • 声の出演:シグマセブン
  • 構成:藤岡俊幸野村安史
  • エジプト監修:吉村作治
  • リサーチ:富田紀子、大川恵子
  • 撮影:舘岡悟
  • VE:花田弦
  • TD:近藤剛史
  • カメラ:山岸慶太郎
  • 映像:小峰信彦
  • 照明:宮田和
  • 音声:五十嵐公彦
  • 技術協力:テクノマックステレビ東京アートIMAGICA
  • 美術プロデューサー:見崎拓城
  • セットデザイン:工藤瑞樹
  • 和紙オブジェ:小林裕理子
  • 装置:佐々木英介
  • 大道具:高橋幸男
  • 美術進行:小越敏彦(テレビ東京アート)、田丸和善
  • メイク:佐藤恭子
  • 美術協力:空間工芸アザーワン、ファイバーワーク、モニック、ケンシアート
  • VTR編集:小部昌史、菊川雄太、最上昌哉/松田和茂(第6回まで)
  • MA:小田崇
  • 音響効果:細見浩三
  • CG:後藤克典
  • 演出補:中村賢二、森礼子
  • 企画協力:アケト
  • 映像協力:TBS奈良テレビイメージユニオン
  • AP:遠藤充子(テレビ東京)
  • 番宣:渡邊聖子(テレビ東京)
  • VTR演出:松田朋之、斉藤久剛、桜井律
  • スタジオ演出:松田朋之
  • 総合演出・プロデューサー:中谷直哉
  • プロデューサー:永田浩一(テレビ東京)、鈴木淳、八幡麻衣子
  • 制作:テレビ東京、テレビマンユニオン

脚注[編集]

外部リンク[編集]