北野井子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松田井子
基本情報
出生名 松田井子
出生 1982年10月5日(31歳)
血液型 A型
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル J-POP
職業 歌手女優
担当楽器 ボーカル
活動期間 1997年 -
レーベル avex trax

北野 井子(きたの しょうこ、1982年10月5日 - )は、東京都出身の歌手女優

父はビートたけし、母は元漫才師北野幹子、父方の伯父はタレント明治大学教授の北野大、母方の叔父はレーシングドライバー松田秀士。米国の高校を卒業。

略歴[編集]

1982年に誕生。名前の「井子」はたけしの知人の美人ホステスにちなんだとしている[1]。3歳からピアノを習う[2]

1997年に父・たけしの映画HANA-BI』に出演して芸能界デビュー。当時の芸名は母・幹子の旧姓を名乗り、松田井子であった。父・たけしが同映画の製作発表記者会見で語ったところによると、井子が誕生した当時、たけし夫婦の仲は冷えており離婚を前提とした話し合いをしていたことに加え、父親がフライデー襲撃事件で前科がついたため、娘の成長に芳しくない環境になりうるであろうと判断し、母親の姓を名乗らせることにしたという。

1998年に本名の北野井子名義でX JAPANYOSHIKIのプロデュースにより『Begin』で歌手デビュー。同曲は13万枚のスマッシュヒットとなり、大物タレントのビートたけしの娘のデビューということでも注目された。また、既に「世界のKITANO」と言われるようになった、父・たけしがプロモーションビデオを監督したことでも話題になった。

1999年1月から芸能界を一時休業し、アメリカ留学していたためメディア露出も控えめだったが、2004年調理師男性結婚、妊娠6ヶ月であることも明らかになった。2005年3月9日、女児を出産[3]。しかし、後年、その男性とは離婚。長女は井子が引き取ることになった。

2005年、映画『有限会社ひきもどし』(9月10日公開)で自身初となる主役を演じた。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北野武編『新潮45別冊 コマネチ! ビートたけし全記録』新潮社、1998年、p306
  2. ^ 『ARENA37℃』7月号、音楽専科社、1998年6月、 22頁。
  3. ^ ZAKZAK (2004年10月21日). “たけしに初孫…長女・井子さんが来春出産”. 2009年7月30日閲覧。