切腹 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
切腹
監督 小林正樹
脚本 橋本忍
原作 滝口康彦
製作 細谷辰雄
出演者 仲代達矢
石浜朗
岩下志麻
丹波哲郎
三國連太郎
音楽 武満徹
撮影 宮島義勇
配給 松竹
公開 日本の旗 1962年9月16日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

切腹』(せっぷく)は、1962年日本映画。昭和37年度芸術祭参加作品。

滝口康彦の小説『異聞浪人記』を、松竹小林正樹が演出した作品である。

概要[編集]

社会派映画を監督してきた小林正樹が、初めて演出した時代劇映画である。武家社会の虚飾と武士道の残酷性などの要素をふんだんに取り入れた、かつて日本人が尊重していたサムライ精神へのアンチテーゼがこめられた作品である。

1963年第16回カンヌ国際映画祭審査員特別賞、第13回毎日映画コンクールでは日本映画大賞・音楽賞・美術賞・録音賞を受賞した。また、ブルーリボン賞では橋本忍が脚本賞、仲代達矢が主演男優賞を受賞した。さらに『キネマ旬報』においてはその年のベスト3に入賞した。

あらすじ[編集]

1630年(寛永7年)5月13日、安芸広島福島家元家臣、津雲半四郎と名乗る老浪人が井伊家の江戸屋敷を訪ねてきた。半四郎は井伊家の家老である斎藤勘解由に「仕官もままならず生活も苦しいので、このまま生き恥を晒すよりは武士らしく、潔く切腹したい。ついては屋敷の庭先を借りたい」と申し出た。これは当時、江戸市中に満ち溢れた食い詰め浪人によって横行していたゆすりの手法であった。このような浪人が訪れるようになった原因は、ある藩で切腹志願の浪人の覚悟を認められ仕官が適ったという前例があったからであり、それがうわさとなり他の浪人達も同じ手を使って職を求めてくるようになったという経緯がある。当然諸藩はこれらの浪人を皆召し抱えることは出来ない。以後処置に困り、切腹志願者に対しては職を与えるのではなく表向き武士の覚悟を評価するという名目で褒賞として金銭を渡すことで引き取ってもらっていた。藩は実際に切腹する気はないことは十分承知していたが、武士の情けを示したのである。しかしながらこのような浪人の出現がたび重なり藩としても対処に苦難するようになった。温情を掛けることが結果として、切腹志願の浪人を招きよせるという構図が出来上がってしまったのである。

勘解由はこの悪循環を断つべく、先日、同じように申し出てきた千々岩求女という若い浪人を庭先で本当に切腹させるという挙に出た。ただし世間の倫理的批判を躱すために切腹志願者に対して、礼を尽くした対応をする必要があると考え、求女を入浴させ、衣服まで与えた。その際求女に対し、一旦仕官が適いそうなそぶりをし希望を抱かせ、そのあと切腹に至らせるという念の云った陰険さを示した。切腹に際し求女はいったん家に帰り戻り切腹することを申し出たが、勘解由はそれを逃げ口実と解し許さず直ちに切腹を命じた。実は求女には病気の妻子がおり、最後の別れを告げようとしていたのである。ここに至っては求女は武士の意地を通すために切腹する覚悟を決めた。だがもともと切腹する心積もり気はなかったので、腹を召す脇差を準備していなかった。千々岩求女は武士の魂である刀でさえ質草に出さねばならぬほど困窮し、携えていたのは竹光であった。しかしながら勘解由はその事実を知りながら冷酷に竹光での詰め腹を切らせたのである。だがこの判断は世間からの倫理的な批判を招きかねない危険な処置でもあり、部下からも諌められたが耳を貸さずあえて断行してしまった。結果としてこの判断の誤りが事を複雑にこじらせる原因となった。切れぬ竹光を腹に突き悶え苦しむ求女に介錯人の沢潟彦九郎は無慈悲にも首を落とす時間を故意に遅らせ死に至るまで壮絶な苦痛を与えた。勘解由の意を汲んで、藩士においてサディスティックな心理を共有する雰囲気が醸成されてしまったのである。

だがそのことに勘解由は良心の呵責を感じ、自分がした酷な判断を多少なりとも悔いていた。それゆえに今回は「勇武の家風できこえた井伊家はゆすりたかりに屈することはない」からと、そのいきさつを語り聞かせて思いとどまらせようとした。だが半四郎は動じず、千々岩求女の同類では決してなく本当に腹を切る覚悟であると決意のほどを述べた。こちらの温情を受け入れない頑なな態度に勘解由は腹を立て、同じ過ちを繰り返すことになることを知りながら配下の者に切腹の準備を命じた。実は半四郎は求女の育ての親でありかつ娘の婿であり、求女が冷酷にも詰め腹を切らされたことに遺恨を持っていたのである。半四朗にとって求女の帰宅の嘆願を拒絶したことは、勘解由がその場では事情を知る由もなかったため致し方なくもあると考えたが、竹光での切腹の強要については断じて許すことのできないものであった。

いざ切腹の時となり、半四郎は介錯人に井伊家中の沢潟彦九郎、矢崎隼人、川辺右馬介を名指しで希望した。しかしその三名は奇怪なことに揃って病欠であった。 介錯は誰か他の者にという勘解由に、半四郎は、この切腹の背景となった衝撃的な事実を語りはじめた。三名は実は求女を死に追いやった者たちであり、それを知った剣の達人の半四郎によって復讐として髷を切り落とされていたのであった。武士にとって不覚にも髷を切られるのは万死に値し死を以て恥を雪がねばならないが、卑劣にも三名は命を惜しみ髷が生え揃うまで仮病を偽り出仕しないつもりであった。その経緯を知ると勘解由は家の恥が世間に広まることを恐れ、部下に半四郎を取りこめ切り捨てるように命じた。情け容赦もなく浪人の求女を竹光で切腹させ、かつ家臣が不覚にも髷を落とされたことが世間に知られれば、譜代といえども幕府よりおとがめを受けずにはいられないことを勘解由は知っていたからである。しかしながら半四郎は剣の達人であり、返り討ちに会い多数の死傷者を出すに至った。結局半四郎は討ち死にしたが、上記の病欠の三名については、沢潟は切腹して果て、他の二人は勘解由によって拝死を受け、傷者は手厚い治療を受けた。公儀には半四郎は見事切腹したとし、死者は病死として報告された。管理職の勘解由にとって最優先すべきことは組織()の存続であり、武士道は建前に過ぎなかったのである。だが勘解由の処置は結果的に適切で、井伊家の名誉は守られ、武勇は以前にもまして江戸中に響き、老中よりも賞讃の言葉を賜ったのであった。

キャスト[編集]

役名 俳優
津雲半四郎 仲代達矢 (俳優座)
千々岩求女 石濱朗
美保 岩下志麻
沢潟彦九郎 丹波哲郎
稲葉丹後 三島雅夫 (俳優座)
矢崎隼人 中谷一郎 (俳優座)
福島正勝 佐藤慶
千々岩陣内 稲葉義男 (俳優座)
井伊家使番A 井川比佐志 (俳優座)
井伊家使番B 武内亨 (俳優座)
川辺右馬介 青木義朗
清兵衛 松村達雄
井伊家使番C 小林昭二
代診 林孝一
槍大将 五味勝雄
新免一郎 安住譲
人足組頭 富田仲次郎
小姓 天津七三郎
斎藤勘解由 三國連太郎東映
  • その他

田中謙三、中原伸、池田恒夫、宮城稔、門田高明、山本一郎、高杉玄、西田智、小宮山鉄朗、成田舟一郎、春日昇、倉新八、林健ニ、林章太郎、片岡市女蔵、小沢文也、竹本幸之佑

スタッフ[編集]

逸話[編集]

  • 終盤の津雲半四郎演じる仲代と沢潟彦九郎役の丹波の、護持院原での決闘では殺陣に使われる竹光ではなく真剣が使われており、文字通り命懸けの撮影であった。なお、この時の仲代が用いているのが、戦国時代の「沈なる身の兵法」といわれる鎧武者が戦うために腰を低く落とし、脇に刀を構える「八相の構え」による介者剣術であり、丹波が江戸初期の尾張藩で柳生利厳(兵庫助)が創始した「直立たる身の兵法」(つったったるみのへいほう)と「上段・中段の構え」、すなわち現代の剣道の原型である背筋を伸ばした構えで戦っている。つまり、戦国生き残りの武士を演じる仲代と、江戸時代の当時としては最先端の構えを習得している丹波の対照が鮮やかに描写されている。時代考証家の大森洋平が「鎧武者の刀法」の例として時代劇制作スタッフに例示しているほどである。[1]
  • 千々岩求女が竹光で切腹したストーリーと、音楽担当が武満徹であったことを掛けて、当時の松竹の宣伝部には「切腹もタケミツ、音楽もタケミツ」という内輪のジョークがあった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大森『考証要集 秘伝!NHK時代考証資料』文春文庫pp.314-315。なお、現代剣道で八相の構えは型稽古に残るのみで試合では殆ど用いない。詳しくは五行の構え参照。
  2. ^ 戸板康二『ちょっといい話』文藝春秋pp.188-189

関連項目[編集]

外部リンク[編集]