学校 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

学校』(がっこう)は、山田洋次監督の映画シリーズ作品。1993年から2000年までに全4作が制作された。

学校[編集]

学校
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
製作 中川滋弘
深澤宏(プロデューサー)
出演者 西田敏行
竹下景子
田中邦衛
裕木奈江
萩原聖人
音楽 冨田勲
撮影 高羽哲夫
長沼六男
編集 石井巌
製作会社 松竹日本テレビ放送網住友商事
配給 松竹
公開 日本の旗 1993年11月6日
上映時間 128分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1993年11月6日(土)公開の日本映画。製作は松竹・日本テレビ放送網・住友商事。松竹創業百周年記念作品。日本テレビ放送網開局四十年記念作品。芸術文化振興基金助成作品。文部省特選。

幅広い年代の生徒が集まる夜間中学校を舞台に、挫折や苦境から立ちあがる人々を描いた。焼肉店を経営する在日コリアンのオモニ、中年になるまで文字が読めなかったイノさん(田中邦衛)などが登場する。

下敷きになったのは、松崎運之助(みちのすけ)『青春 夜間中学界隈』(教育史料出版会1985年)である。イノさん(猪田)のモデルは実在の井上という生徒であり、映画のエピソード(競馬の話、医学部生に夜間中学を紹介された話、急病で死去した話など)もほぼ事実である。

この映画によって、夜間中学校は一挙に知名度が高まった。

ストーリー [編集]

夜間中学校に勤める黒井はある日校長に呼び出され「そろそろ異動を」と薦められていた。しかし黒井は「私は夜間に根を生やして『古狸』と呼ばれたいんです」とつっぱねる。黒井のクラスには働きながら夜間に通うカズ、中学校を不登校になったえり子、不良のみどり、日本の社会になかなか馴染めない中国人の張、焼肉屋を経営するオモニ、脳性麻痺で言葉の不自由な修、そして長年の肉体労働で身体を酷使した競馬好きのイノさんがいた。それぞれに違った環境でそれぞれの悩みを抱えつつ夜間に通う生徒たち。

イノさんが体調不良で田舎に戻り、療養中(教室には不在)であるところから物語は始まる ....。

出演[編集]

スタッフ[編集]

学校II[編集]

学校II
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
製作 中川滋弘
深澤宏(プロデューサー)
出演者 西田敏行
吉岡秀隆
永瀬正敏
いしだあゆみ
神戸浩
音楽 冨田勲
撮影 長沼六男
編集 石井巌
製作会社 松竹日本テレビ放送網住友商事
配給 松竹
公開 日本の旗 1996年10月19日
上映時間 122分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億円(配給収入[1]
テンプレートを表示

1996年10月19日(土)公開の日本映画。製作は松竹・日本テレビ放送網・住友商事。芸術文化振興基金助成作品。文部省選定。

高等養護学校を舞台に、重い障害を持つ生徒と軽い障害を持つ生徒の交流・葛藤、就職問題等を入学から卒業までの、3年間の出来事を描いた作品。

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:山田洋次
  • 製作:松竹・日本テレビ放送網・住友商事

学校III[編集]

学校III
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
鶴島緋佐子
製作 中川滋弘
大谷信義(製作代表)
氏家齊一郎(製作代表)
宮原賢次(製作代表)
角川歴彦(製作代表)
渡邉恒雄(製作代表)
深澤宏(プロデューサー)
出演者 大竹しのぶ
黒田勇樹
余貴美子
小林稔侍
音楽 冨田勲
主題歌 中島みゆき瞬きもせず(MOVIE THEME VERSION)
撮影 長沼六男
編集 石井巌
製作会社 松竹日本テレビ放送網
住友商事角川書店読売新聞社
配給 松竹
公開 日本の旗 1998年10月17日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1998年10月17日(土)公開の日本映画。製作は松竹・日本テレビ放送網・住友商事・角川書店・読売新聞社。日本テレビ開局45年記念作品。文部省選定。

自閉症の息子を持つシングルマザーの女性を中心に、人生の再出発をかけて集った人々の リストラ・再就職問題を職業訓練校を舞台に、心の交流を描いた作品。

出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

十五才 学校IV[編集]

十五才 学校IV
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
平松恵美子
原案 松本創
製作 迫本淳一
中川滋弘(プロデューサー)
深澤宏(プロデューサー)
出演者 金井勇太
麻実れい
赤井英和
丹波哲郎
音楽 冨田勲
主題歌 ゆずシャララン」「境界線」
撮影 長沼六男
編集 石井巌
製作会社 松竹日本テレビ放送網
住友商事角川書店博報堂
配給 松竹
公開 日本の旗 2000年11月11日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2000年11月11日(土)公開の日本映画。製作は松竹・日本テレビ放送網・住友商事・角川書店・博報堂。

本作の舞台は学校ではなく、全国各地でのロケをメインにしている初めての作品である。

学校に行かない少年の横浜から鹿児島県の屋久島までのヒッチハイクの旅を描いたロードムービーである。

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:山田洋次
  • 製作:松竹・日本テレビ放送網・住友商事・角川書店・博報堂
  • 録音:岸田和美

主題歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大高宏雄 『日本映画逆転のシナリオ』 WAVE出版、2000年4月24日、56頁。ISBN 978-4-87290-073-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]