忍ぶ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

忍ぶ川』(しのぶかわ)は、三浦哲郎小説、またそれを原作とした映画・ドラマ化作品である。小説は『新潮1960年10月号に掲載、同年に第44回芥川賞を受賞した。

映画[編集]

1972年5月25日公開。俳優座作品。東宝配給。モノクロ・スタンダード作品。併映は『白鳥の歌なんか聞こえない』(原作:庄司薫、監督:渡辺邦彦、主演:岡田裕介)。監督の熊井は構想段階では吉永小百合を主演に予定していたが[1]、劇中のシーンの問題などから吉永の親族と軋轢を起こし[2]、結局吉永の主演が実現しなかったばかりか、後に吉永の母の手記で名指しで痛烈に批判されるなど禍根を残すことになった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

1961年版[編集]

1961年1月22日TBS東芝日曜劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1962年版[編集]

1962年1月21日に『続・忍ぶ川』のタイトルで、TBS東芝日曜劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー - 石井ふく子
  • 脚本 - 八住利雄
  • 制作 - TBS

1963年版[編集]

1963年1月20日に『忍ぶ川 その三』のタイトルで、TBS東芝日曜劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー - 石井ふく子
  • 制作 - TBS

1975年版[編集]

1975年7月7日 - 8月29日TBS花王 愛の劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

TBS 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
赤い殺意
(1975.5.6 - 1975.7.4)
忍ぶ川
(1975.7.7 - 1975.8.29)
ここに幸あり
(1975.9.1 - 1975.10.31)

2000年版[編集]

2000年3月8日に『にっぽんの名作・朗読紀行「忍ぶ川」』のタイトルで、NHKBShiにて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 忍ぶ川③吉永小百合が候補に熊井啓への旅、市民タイムス
  2. ^ 忍ぶ川④悲願の映画化 暗礁に熊井啓への旅、市民タイムス

外部リンク[編集]