FAMOSO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FAMOSO
ジャンル 写真雑誌
刊行頻度 不定期
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 ネコ・パブリッシング
発行人 笹本健次
編集長 ビートたけし
副編集長 所ジョージ
刊行期間 2009年4月1日(創刊号) - 現在
ウェブサイト ファモーソ公式サイト

FAMOSO』(ファモーソ)は、ネコ・パブリッシングから不定期に発行されている日本の写真雑誌。雑誌名のFAMOSOイタリア語で「有名な」の意味。

編集長はビートたけし、副編集長は所ジョージ

概要[編集]

写真週刊誌風の「フィクションスクープマガジン」と銘打った雑誌。記事、広告から訂正記事・お詫びまで、掲載内容の全てがギャグとパロディー満載のニセ物という凝った作りになっている。第1・2号はかつて発行されていた『FOCUS』に良く似た外観だったが、第3号は表紙がアメリカの雑誌『TIME』を、構成は『週刊プレイボーイ』を模した(週プレに似せたロゴも作成されている)ものにリニューアルされた。

現在はネコ・パブリッシングの自動車雑誌『Tipo』の増刊扱いで発行されている。

2010年5月28日より『FAMOSO3』のみ、App Storeの電子雑誌書店「MAGASTORE(マガストア)」にてダウンロード販売を開始。iPhoneiPod touchiPad、パソコンからも読めるようになった。

発行の経緯[編集]

最近のビートたけしは、仕事帰りに所ジョージの自宅兼事務所(世田谷ベース)で寛ぐ機会が多くなっていた。その際に番組で使った着ぐるみや小道具などを持ち込み、所が写真に撮り貯めた物を手製のアルバムにして遊んでいた。その遊びが昂じて、エイプリルフールに写真集にして出版してしまおうと両名が思い立ったのがキッカケである。当初は単なる遊びで儲けようとは思っておらず、採算度外視の高級紙を使ったため増刷は困難で、2009年4月1日発行の創刊号は発行部数を20万部限定とした。

たけし・所の2人が番組出演時にPRしたり、各種メディアが取り上げた事もあり、創刊号はほぼ即日で完売。インターネットオークションでプレミアが付くなど人気となっている。この人気を受けて創刊号の復刻版と第2号が2009年8月3日に発売された。

備考[編集]

発行リスト[編集]

  • 創刊号:2009年4月1日発行
  • 第2号:2009年8月3日発行
  • 創刊号復刻版:2009年8月3日発行
  • 第3号:2010年4月1日発行
  • 第4号:2011年7月1日発行

スタッフ[編集]

  • 発行人:笹本健次
  • 編集長:ビートたけし
  • 副編集長:所ジョージ
  • お昼御飯担当:芳賀文子(所ジョージ夫人)
  • 文:谷口秀一、クリタヤスシ
  • 写真:蔭山惣一
  • 編集:永田郷
  • 協力:櫻井卓、下舘隆介
  • デザイン:斎藤邦子・島田孝二(TOW DESIGN)
  • ADデザイン:新井敦(co.,n'but +)
  • 表4デザイン:今吉将之(M.I.C)
  • フォトレタッチ:DIGI+CAPSULE
  • 営業:村川卓司、大渕俊輔
  • 発行所:ネコ・パブリッシング

ファモーソ展[編集]

  • ビートたけし×所ジョージ 全日本選抜・国際EXHIBITION
    • PARCO40周年&FAMOSO創刊40周年記念
    • 池袋パルコ(2009年11月7日~11月23日)
  • ビートたけし×所ジョージ 全日本選抜・国際EXHIBITION 青マネキネコ祭 in 名古屋パルコ
    • 名古屋PARCO20周年&FAMOSO創刊20周年記念
    • 名古屋パルコ(2010年1月15日~2月1日)
  • ビートたけし×所ジョージ 全日本選抜・国際EXHIBITION 青マネキネコ祭 in 札幌パルコ
    • 祝!ファモーソ3発売記念!&札幌PARCO35周年
    • 札幌パルコ(2010年3月12日~4月7日)
  • ビートたけし×所ジョージ 全日本選抜・国際EXHIBITION 青マネキネコ祭 in 仙台パルコ
    • 仙台PARCO&FAMOSO GW特別企画
    • 仙台パルコ(2010年4月23日~5月10日)
  • ビートたけし×所ジョージ 全日本選抜・国際EXHIBITION 青マネキネコ祭・天神ファイナル in 福岡パルコ
    • 福岡PARCOオープン&FAMOSO創刊記念
    • 福岡パルコ(2010年5月27日~6月20日)

表彰[編集]

2011年には米国オンラインタブロイドウィークリー・ワールド・ニューズ英語版から「世界のお笑い界のアカデミー賞」、バットボーイ・アワード("Batboy Award")を授与されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]