終の信託

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
終の信託
著者 朔立木
発行日 2012年6月12日
発行元 光文社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
ページ数 257
公式サイト 終の信託 朔立木|光文社文庫
コード ISBN 978-4-334-76419-7
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

終の信託』(ついのしんたく)は、朔立木による2本の短編による小説集、および表題作、それを原作とする日本映画。単行本は当初、2005年6月22日光文社より『命の終わりを決めるとき』というタイトルで刊行されたが、2012年の2度目の文庫化の際、改題された。

書籍情報[編集]

あらすじ[編集]

収録作品[編集]

  • 終の信託
  • よっくんは今

映画[編集]

終の信託
監督 周防正行
脚本 周防正行
原作 朔立木
製作 亀山千広
出演者 草刈民代
役所広司
大沢たかお
音楽 周防義和
主題歌 種ともこ「遠く、そして近く」
撮影 寺田緑郎
編集 菊池純一
製作会社 アルタミラピクチャーズ
配給 東宝
公開 日本の旗 2012年10月27日
上映時間 144分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2012年10月27日公開。監督は周防正行、主演は草刈民代。「映画らしい映画を作りたかった」ということで、フィルムでの撮影にこだわったという[1]

草刈と役所広司の共演は、同じく周防監督作品で、草刈がバレリーナ時代に映画初出演を果たした『Shall we ダンス?』(1996年公開)以来16年ぶりとなる。10月24日に第25回東京国際映画祭でこの作品が特別招待作品として公式上映された際には監督を含め3人で舞台挨拶も行い[2]、同時に今作が第36回山路ふみ子映画賞を受賞したことも発表された。[3]

東宝系にて全国264スクリーンで公開され、10月27、28日2日間の動員は約5万人、興行収入約5800万円で、映画観客動員ランキングは初登場5位となった(興行通信社調べ)[4]。公開33日時点で動員28万人、興行収入3億円を記録した[5]

第67回毎日映画コンクール・日本映画大賞を受賞[6]。周防にとっては『シコふんじゃった。』(1992年)、『Shall we ダンス?』(1996年)、『それでもボクはやってない』(2007年)に続いてこの作品で4度目の受賞[7]となり、2013年2月7日に川崎のシネマコンプレックス「チネチッタ」で行われた授賞式には草刈と2人で出席した[8]

大沢たかおは今作で第22回日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞した[9]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

楽曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]