ゴールデンスランバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴールデンスランバー
A Memory
著者 伊坂幸太郎
発行日 2007年11月30日
発行元 新潮社
ジャンル ミステリーハードボイルド
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判変型
ページ数 508
コード ISBN 978-4-10-459603-4
テンプレートを表示

ゴールデンスランバー』(A MEMORY) は伊坂幸太郎による日本小説作品。

概要[編集]

首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の、2日間に亘る逃亡劇を描いた作品。2008年本屋大賞受賞、第21回山本周五郎賞受賞作品。『このミステリーがすごい!』2009年版1位。

著者にとっては2年ぶりの書き下ろし作品である。作品は、全部で五部から構成されており、第四部「事件」が作品の大半を占めている。序盤から多くの伏線がはられ、魅力的な人物が数多く登場し、今までの著者の作品のエッセンスが数多く含まれていることから、現時点で著者の集大成と評されている。

この作品では、主人公の昔の彼女や、大学のサークル仲間といった周りの人たちとの絆が大きな役割を果たしている。これには、人間が生活する上で一番重要なのは、人との繋がりや、信頼なのではないかという作者の考えが込められている。

タイトルはビートルズ同名楽曲から引用されており、作中にも「ヘルプ!」「カム・トゥゲザー」などのビートルズナンバーのタイトルが散見される。

あらすじ[編集]

首相公選制が存在する現代。仙台市では金田首相の凱旋パレードが盛大に行われていた。

宅配業青柳雅春は数年前に暴漢に襲われていたアイドル凛香を仕事中偶然にも助けたことで一躍時の人となり、地元では顔を知らない人がいない有名人。

そんな青柳は数年ぶりに大学時代の親友・森田森吾に呼び出される。森田の様子がおかしいことを訝しむ青柳に、森田は「お前、オズワルドにされるぞ」と告げる。

なんのことか分からない青柳だったが、その直後に首相は暗殺され、警官が二人のところにやってくる。「お前は逃げろ」と促された青柳はその場を逃げ出し車を後にするが、森田は自動車ごと爆殺されてしまう。

その頃、街中では早くも青柳の顔写真や映像がくり返し流され、首相暗殺犯として大々的に報道されていた。青柳は警察マスコミを意のままに操作出来る人間が自分を犯人に仕立て上げようとしていることを思い知らされる。

青柳は様々な人々の力を借りて逃走につぐ逃走を重ねる・・・。

登場人物[編集]

青柳雅春(あおやぎ まさはる)
本作の主人公。数ヶ月前まで宅配便の配達ドライバーをしていたが現在は退職しており失業保険で生活している。
数年前、当時のトップアイドルであった凛香を暴漢から助け出したことがあり、一躍時の人となった。
金田首相暗殺の濡れ衣を着せられ、逃亡の身となる。
森田森吾(もりた しんご)
青柳雅春の学生時代の友人。「森の声が聞こえる」と冗談混じりながらも、観察力に基づく鋭い洞察を示す。結婚し子供もいるが、妻がパチンコにはまったことで多額の借金を抱えている。
久し振りに再会した雅春に、彼が巨大な陰謀に巻き込まれていることを伝え逃亡を促した後に、車に仕掛けられた爆弾で爆死した。
金田貞義(かねだ さだよし)
今回の首相暗殺事件の被害者にして、作中における現総理大臣。50歳と若く聡明な人物で、国民からの人気も高い。
樋口晴子(ひぐち はるこ)
青柳雅春の大学時代の恋人。今は別の男性と結婚し、七美という4歳の娘がいる。
小野一夫(おの かずお)
青柳雅春が学生時代に所属していたサークルの後輩。一時、逃亡中の雅春を匿うことになる。愛称は「カズ」。
岩崎英二郎(いわさき えいじろう)
青柳雅春が勤めていた宅配会社の従業員。当時、新人だった雅春に宅配のいろはを教えた。ロックが大好きで、あらゆる物事をロックに結びつけようとする。ヒップホップに偏見がある。警察とやりあうより妻との喧嘩を恐れる。
轟(とどろき)
花火工場「轟煙火」の社長。従業員たちからは、親しみを込めて「ロッキー」と呼ばれている。
保土ヶ谷康志(ほどがや やすし)
仙台病院センターに入院中の還暦を過ぎた患者。ひょんなことから逃亡中の青柳雅春と出会い、彼の逃亡を手助けすることになる。
田中徹(たなか とおる)
仙台病院センターに入院中の患者で、保土ヶ谷康志とは同じ病室。年齢は三十五歳。病室のテレビで首相暗殺のニュースを知る。
佐々木一太郎(ささき いちたろう)
警察庁の警備局総合情報課の課長補佐。今回の首相暗殺事件において捜査の指揮をとることになった。
髪形や幼く見える顔立ちから、ポール・マッカートニーを連想させる。青柳雅春を犯人と断定し、執拗に追跡する。
凛香(りんか)
数年前、青柳雅春によって、暴漢から助け出された当時のトップアイドル。整形の疑いがある。現在は引退している。
キルオ
二年前に仙台で起きた連続刺殺事件の犯人。「キルオ」とは、マスコミが勝手につけたネーミングである。彼の事件が契機となり、仙台市は監視カメラ「セキュリティポッド」を導入することになる。本名は「三浦」
鎌田昌太
キルオに大金を積まれ部屋を貸し日本中を親子で旅する。一年半ぶりに部屋へ戻る。来年小学生に上がる息子が一人いる。

書籍情報[編集]

映画[編集]

ゴールデンスランバー
GOLDEN SLUMBER
監督 中村義洋
脚本 中村義洋
林民夫
鈴木謙一
原作 伊坂幸太郎
音楽 斉藤和義
主題歌 斉藤和義
『Golden Slumbers』
『幸福な朝食 退屈な夕食』
撮影 小松高志
編集 阿部亙英
配給 東宝
公開 日本の旗 2010年1月30日
上映時間 139分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 11.5億円[1]
テンプレートを表示

2010年1月30日公開。伊坂が原作の映画は以前も一部が仙台市内で撮影されていたが、今回はすべて仙台での撮影となった。

原作の舞台となった仙台市の各所で、2009年5月から[2]ロケが行われた。撮影にはせんだい・宮城フィルムコミッション宮城県警東日本放送[3]などの協力で同年7月にクランクアップとなった。第2回仙台シネマ認定作品。

2011年3月12日フジテレビの「土曜プレミアム」で地上波初放送される予定だったが、前日の3月11日に本作の舞台である東北地方で東北地方太平洋沖地震が起こった影響で休止となった[4]。その後、同年10月1日に改めて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

原作との相違点[編集]

  • 主人公青柳雅春が元宅配便ドライバーから現職の宅配便ドライバーに変更されている。
  • 青柳雅春が井ノ原小梅にはじめて声を掛けられた場所がハローワークからネットカフェになった。
  • 鎌田昌太がキルオに部屋を貸した理由が、親子で乗れるようサイドカー付きのバイクをプレゼントしたから、になっている。
  • セキュリティポッドがストーリーに登場しない。
  • 首相暗殺を樋口晴子と共に目撃する元同僚・平野晶が登場しない。
  • セキュリティポッドがすべてカットになったため、平野の恋人・菊池将門(セキュリティポッド掃除人)も登場しない。
  • キルオの名前が三浦とわかるのは、キルオが死んだあと。
  • 稲井さんの名前もマンションも登場しない。
  • 児島巡査を捕まえた所が稲井さんのマンションではなく青柳雅春が外で立ち小便をしている時だった。

ビハインドストーリー[編集]

『映画ゴールデンスランバービハインドストーリー 首相暗殺事件、その視聴者』
auオリジナルドラマLISMOオリジナルドラマ)第9弾となるケータイ配信ドラマ。全5話。原作『第二部・事件の視聴者』を原案とした、映画本編を他視点から見たストーリー。2009年12月21日より第1話配信開始。第2話以降は2010年1月4日配信より開始。全話セルDVD及びBDに収録されている。

キャスト[編集]

  • 保土ヶ谷康志 - 柄本明
  • 田中徹 - 波岡一喜
  • 看護師 - さくら

スタッフ[編集]

  • 脚本:鈴木謙一、中村義洋
  • 企画:KDDI、ゴールデンスランバー製作委員会2010
  • 監督:中村義洋
  • 主題歌:「ランナウェイ 〜こんな雨じゃ〜」斉藤和義(サウンドトラックに収録。)

サウンドトラック[編集]

『ゴールデンスランバー 〜オリジナルサウンドトラック〜』

本作の音楽監督を務めた斉藤和義によるサウンドトラック。歌詞カードには、斉藤と中村義洋監督の対談とライナーノーツが掲載されている。

ゴールデンスランバー 〜オリジナルサウンドトラック〜
斉藤和義サウンドトラック
リリース 2010年1月27日
録音 2009年2010年 日本の旗 日本
ジャンル サウンドトラック
時間 61分45秒
レーベル スピードスターレコーズ
プロデュース 斉藤和義
斉藤和義 年表
月が昇れば
(2009年)
ゴールデンスランバー 〜オリジナルサウンドトラック〜
(2010年)
ずっと好きだった
(2010年)
テンプレートを表示
収録曲
  1. Golden Slumbers [1:40]
  2. 春の日 [1:53]
    • 斉藤の2002年のアルバム『35 STONES』の中の1曲「Orange」をイメージした曲。
  3. 森田と青柳 [3:24]
  4. 逃亡のテーマ [4:24]
  5. 悪魔のエレベーター [1:34]
  6. 逃亡のテーマ2 [1:31]
    • 作曲・編曲:斉藤和義,エマーソン北村,隅倉弘至,玉田豊夢
  7. キルオ登場 [1:46]
  8. 春の日2 [2:06]
  9. 死んじゃう! 死んじゃう!! [2:58]
  10. 岩崎の裏切り!? [1:47]
    • 作曲・編曲:斉藤和義,隅倉弘至,エマーソン北村
  11. 花火 〜マンドリンversion〜 [1:31]
  12. 作戦のテーマ [5:57]
    • 後に斉藤のアルバム『ARE YOU READY?』に、この曲に歌詞とスチャダラパーのBoseによるラップを付け足した、「いたいけな秋」が収録された。
  13. 花火 [3:05]
  14. Golden Slumbers 〜Instrumental〜 [2:01]
    • 作曲:John Lennon,Paul McCartney
  15. 救出のテーマ [2:30]
    • 作曲・編曲:斉藤和義,隅倉弘至,エマーソン北村
  16. 絶望の公園 [2:30]
    • Strings Arrangement:村山達哉,斉藤和義
  17. ランナウェイ 〜Instrumental〜 [4:24]
  18. ナスの花 [3:54]
    • Strings Arrangement:村山達哉,斉藤和義
    • 斉藤の2000年のミニアルバム『HALF』の中の1曲「ユーモアで」をイメージした曲。
  19. 幸福な朝食 退屈な夕食 (新録) [8:16]
    • 1997年に発表された斉藤のアルバム『ジレンマ』に収録され、後にシングルカットされた曲の再録。原曲と比べ、アウトロが長い。
  20. ランナウェイ 〜こんな雨じゃ〜 [4:34]
    • ボーナス・トラック。『ランナウェイ 〜Instrumental〜』に詞を付けた、書き下ろし曲。本編ではなく携帯電話で配信された『ビハインドストーリー』の主題歌に使用された。

ソフト化[編集]

2010年8月6日発売。発売・販売元はアミューズソフトエンタテインメント

  • ゴールデンスランバー DVD版(2枚組)
    • ディスク1:本編DVD
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング オブ ゴールデンスランバー
      • Music of GOLDEN SLUMBER
      • 未公開シーン集
      • 完成披露試写会
      • プレミアムイベント
      • 初日舞台挨拶
      • 第60回ベルリン国際映画祭
      • 仙台凱旋パレード
      • インタビュー
      • 公開記念特番
    • 初回限定特典
      • 特製アウターケース
      • ブックレット(公開時プレス縮刷版)
  • ゴールデンスランバー Blu-ray Disc版(初回生産分は特典DVD付き2枚組・初回生産終了後は本編BDのみ)
    • 本編BD映像特典:DVD版と同様
    • 初回限定特典
      • 特典DVD(DVD版の特典DVDと同内容)
      • ブックレット(DVD版と同様)
      • 特製スリーブケース

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2010年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 本作映像ソフトの特典ディスク収録の「メイキング オブ ゴールデンスランバー」より。
  3. ^ 劇中の架空ニュースやテレビ中継のシーンなどにおいて、東日本放送のスタジオや中継車などが使用されている。
  4. ^ 当日3月12日の全国紙などでは『県庁の星』が差し替え放送される予定だったが、東北地方以外でも強い地震が相次いだ事や地震の影響による原発事故などで、結局報道特別番組が放送され休止となった。

外部リンク[編集]