東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京タワー
〜オカンとボクと、時々、オトン〜
著者 リリー・フランキー
イラスト 装丁:リリー・フランキー
発行日 2005年6月29日
発行元 扶桑社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 449
コード ISBN 9784594049669
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(とうきょうタワー オカンとボクと、ときどき、オトン)は、リリー・フランキーの実体験を基にした長編小説である。

2006年2007年テレビドラマ化(単発ドラマと連続ドラマ)、2007年に映画化、舞台化されている。

小説[編集]

  • リリー・フランキーが自身の母親との半生を綴った小説である。扶桑社の『en-taxi』創刊号(2003年)から9号まで連載された。連載開始時(創刊号)は「連載長編エッセイ」とされていたが、第3号から単に「連載長編」と表記されるようになった。
  • 2005年6月29日扶桑社より発売された[1]。装丁もリリー本人。初版は3万部だった。2006年1月には100万部を突破。2006年10月31日には200万部(扶桑社発表)を越すベストセラーとなった。
  • トーハン発表の「2005年年間ベストセラー」総合11位と、「2006年年間ベストセラー」総合3位を記録した[2][3]
  • 2006年4月5日、第3回本屋大賞を受賞した[4]
  • 2010年7月1日、新潮文庫として文庫化された[5]
  • 帯には福山雅治仲畑貴志みうらじゅん田辺あゆみ藤代冥砂などが感想を寄せた。
  • この本の発売以前から既にサブカルチャーの分野では知られていたリリーの名は、この本の大ヒットで一般にも有名になった。
  • 久世光彦が「泣いてしまった…。これは、ひらかなで書かれた聖書である」と評価した。
  • 流通の過程でこの本を大切に扱ってほしいという思いから、著者のリリー・フランキーの提案で『汚れやすい白い表紙と壊れやすい金の縁取り』の本となった[6]
  • 江國香織の小説『東京タワー』とは関係ない。
  • ドラマはフジテレビが放送したのに対し、映画、舞台は日本テレビが協力している。

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台化作品[編集]

2007年萩原聖人主演で舞台化作品が上演された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

公演日程[編集]

公演 公演日 劇場
福岡公演 2007年6月29日 - 7月1日 北九州芸術劇場 中ホール
東京公演 2007年7月5日 - 7月16日 天王洲銀河劇場
大阪公演 2007年7月20日 - 7月22日 シアター・ドラマシティ
愛知公演 2007年7月24日 愛知厚生年金会館

各作品ごとの配役[編集]

配役表
役名 単発ドラマ 連続ドラマ 映画 舞台
ボク 大泉洋
神木隆之介(11-13歳)
速水もこみち
広田亮平(8-10歳)
オダギリジョー
冨浦智嗣(中高生)
田中祥平(小学生)
萩原聖人
オカン 田中裕子 倍賞美津子 樹木希林
内田也哉子(若い頃)
加賀まりこ
オトン 蟹江敬三 泉谷しげる 小林薫 林隆三
彼女 広末涼子 香椎由宇 松たか子 石田ひかり
オカンの母 加藤治子 赤木春恵 渡辺美佐子 新谷真弓 
オカンの妹 大塚寧々 浅田美代子 猫背椿 千葉雅子 
オトンの母   佐々木すみ江 佐々木すみ江 千葉雅子 
幼馴染 塚地武雅[7]
岡田義徳
柄本佑 勝地涼  
榎本 佐藤隆太   荒川良々  
  • 彼女と幼馴染はそれぞれ作品ごとに役名・設定が違う。
  • オトンの母は連ドラ版、映画版ともに佐々木すみ江が演じている。
  • 樹木希林と小林薫は単発版にもそれぞれ違う役で出演している。
  • 映画版ボク役のオダギリジョーと連続ドラマ版彼女役の香椎由宇は結婚している。

脚注[編集]

[ヘルプ]