折原一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
折原 一
(おりはら いち)
誕生 1951年11月16日(62歳)
日本の旗 日本埼玉県久喜市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1988年 -
ジャンル ミステリー推理小説
代表作 『沈黙の教室』(1994年)
主な受賞歴 日本推理作家協会賞(1995年)
処女作 『五つの棺』(1988年)
配偶者 新津きよみ
公式サイト 沈黙の部屋
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

折原一(おりはら いち、1951年11月16日 - )は日本小説家推理作家埼玉県久喜市生まれ。日本推理作家協会本格ミステリ作家クラブ会員。

経歴・作風[編集]

早稲田大学第一文学部卒業後、JTBに入社。JTB勤務中の主な業務は出版関係の仕事だった。その後月刊旅行誌「」の編集部員になる。

1985年、「おせっかいな密室」がオール讀物推理小説新人賞の最終候補作となる。1988年に、同作を含む短編集『五つの棺』が東京創元社より刊行され、作家活動を開始。次いで同社より「鮎川哲也と十三の謎」の1冊目として『倒錯の死角(とうさくのアングル) 201号室の女』が刊行される。同年に執筆した長編推理小説『倒錯のロンド』が江戸川乱歩賞最終候補作まで残るものの落選。1995年早川書房より刊行した小説『沈黙の教室』で第48回日本推理作家協会賞を受賞。

執筆する作品のほとんどに叙述トリックが使われており、(「叙述トリック」という枕詞がネタバレに成り得ない程に)日本を代表する叙述トリック作家といえる。特に『倒錯のロンド』自体は乱歩賞応募そのものをテーマにした類例のない作(ショートショートコンテストなどで楽屋ネタの例はあるものの、入れ子状の凝った長編形式でに虚実を往還する)で大きな話題を呼んだ。

異常心理と実在の事件を好んで取り上げ、基本的にはダークな作風だが、一方では黒星警部シリーズなどのドタバタ調ミステリも手がけている。

妻は同じく小説家の新津きよみ。共に執筆した小説『二重生活』が講談社より刊行されている。また、同じく推理作家の北村薫は、早稲田大学の先輩に当たり、大学在学時にはともにワセダミステリクラブに所属していた。折原の著書の一つ『ファンレター』には全編を通して"西村香"という覆面作家が登場している。

作中で活躍する探偵は、密室マニアであるが故に簡単な事件も「密室」と捉えてしまい、かえって事態をややこしくする迷警部の黒星光などがいる。

ホラー作品、「チェーンレター」発表当初は「青沼 静也」のペンネームを使用した。

日本テレビ「マジカル頭脳パワー」の「マジカルミステリー劇場」の原案ブレーンに関わっていた事もある。またフジテレビアナウンサー笠井信輔は自身のプロフィールで公言する程の折原ファンである。

文学賞受賞・候補歴[編集]

ミステリ・ランキング[編集]

週刊文春ミステリーベスト10[編集]

  • 1988年 - 『五つの棺』9位
  • 1989年 - 『倒錯のロンド』7位
  • 1990年 - 『灰色の仮面』6位
  • 1991年 - 『覆面作家』9位
  • 1993年 - 『異人たちの館』4位
  • 1994年 - 『沈黙の教室』3位
  • 1995年 - 『誘拐者』9位
  • 1997年 - 『冤罪者』10位
  • 1998年 - 『失踪者』10位
  • 1999年 - 『暗闇の教室』16位
  • 2000年 - 『倒錯の帰結』2位
  • 2001年 - 『沈黙者』4位
  • 2002年 - 『倒錯のオブジェ 天井男の奇想』10位
  • 2003年 - 『被告A』10位

このミステリーがすごい![編集]

  • 1988年 - 『倒錯の死角』12位
  • 1990年 - 『倒錯のロンド』10位
  • 1994年 - 『異人たちの館』9位
  • 1995年 - 『沈黙の教室』12位
  • 1998年 - 『冤罪者』14位
  • 2001年 - 『倒錯の帰結』20位

本格ミステリ・ベスト10[編集]

  • 1998年 - 『冤罪者』6月
  • 2001年 - 『倒錯の帰結』9位
  • 2004年 - 『模倣密室』28位、『被告A』29位
  • 2010年 - 『逃亡者』30位

著作[編集]

シリーズ作品[編集]

黒星警部シリーズ[編集]

  • 五つの棺【短編集】(1988年5月 東京創元社
    • 収録作品:おせっかいな密室―天外消失事件 / やくざな密室―帝王死す事件 / 懐かしい密室―ユダの窓事件 / 冷ややかな密室―脇本陣殺人事件 / 永すぎる密室―ジョン・ディクスン・カーを読んだ男たち
    • 【増補・改題】七つの棺【短編集】(1992年11月 創元推理文庫
      • 収録作品:密室の王者 / ディクスン・カーを読んだ男たち / やくざな密室 / 懐かしい密室 / 脇本陣殺人事件 / 不透明な密室 / 天外消失事件
  • 鬼が来たりてホラを吹く(1989年2月 光文社カッパ・ノベルス
  • 猿島館の殺人(1990年6月 光文社カッパ・ノベルス / 1995年2月 光文社文庫)
  • 丹波家殺人事件(1991年3月 日本経済新聞出版社 / 1994年5月 講談社文庫
    • 【改題】丹波家の殺人(2004年5月 光文社文庫)
  • 黄色館の秘密(1998年3月 光文社文庫)
  • 模倣密室【短編集】(2003年5月 光文社 / 2006年5月 光文社文庫)
    • 収録作品:北斗星の密室―「黒星警部の夜」あるいは「白岡牛」 / つなわたりの密室 / 本陣殺人計画―横溝正史を読んだ男 / 交換密室 / トロイの密室 / 邪な館、1/3の密室 / 模倣密室

「倒錯」三部作[編集]

  • 倒錯の死角(1988年10月 東京創元社 / 1994年10月 創元推理文庫 / 1999年10月 講談社文庫)
  • 倒錯のロンド(1989年7月 講談社 / 1992年8月 講談社文庫)
  • 倒錯の帰結(2000年10月 講談社 / 2003年1月 講談社ノベルス / 2004年9月 講談社文庫)

幸福荘シリーズ[編集]

  • 天井裏の散歩者―幸福荘殺人日記【連作短編】(1993年12月 角川文庫
    • 【改題】天井裏の散歩者―幸福荘殺人日記1(2011年6月 講談社文庫)
  • 幸福荘の秘密―新・天井裏の散歩者【連作短編】(1995年9月 角川書店)
    • 【改題】幸福荘の秘密―続・天井裏の散歩者(1997年10月 角川文庫
    • 【再改題】天井裏の奇術師―幸福荘殺人日記2(2011年8月 講談社文庫)

~者シリーズ[編集]

  • 誘拐者(1995年8月 東京創元社 / 2002年11月 文春文庫
  • ファンレター(1996年1月 講談社 / 1999年2月 講談社文庫)
    • 【改題】愛読者(2007年11月 文春文庫)
  • 漂流者(1996年8月 角川書店 / 2011年1月 文春文庫)
    • 【改題】セーラ号の謎(1999年10月 角川文庫)
  • 遭難者(1997年5月 実業之日本社 / 2000年5月 角川文庫)
  • 冤罪者(1997年11月 文藝春秋 / 2000年11月 文春文庫) - 首都圏女性連続殺人事件をモデルにしている。
  • 失踪者(1998年11月 文藝春秋 / 2001年11月 文春文庫) - 神戸連続児童殺傷事件をモデルにしている。
  • 沈黙者(2001年11月 文藝春秋 / 2004年11月 文春文庫)
  • 行方不明者(2006年8月 文藝春秋 / 2009年9月 文春文庫) - 広島一家失踪事件をモデルにしている。
  • 逃亡者(2009年8月 文藝春秋 / 2012年2月 文春文庫) - 松山ホステス殺害事件をモデルにしている。
  • 追悼者(2010年11月 文藝春秋 / 2013年5月 文春文庫) - 東電OL殺人事件をモデルにしている。
  • 潜伏者(2012年12月 文藝春秋)

教室シリーズ[編集]

樹海シリーズ[編集]

  • 樹海伝説―騙しの森へ(2002年6月 祥伝社文庫
  • 鬼頭家の惨劇―忌まわしき森へ(2003年12月 祥伝社文庫)
  • 黒い森(2007年11月 祥伝社 / 2010年9月 祥伝社文庫)
  • 赤い森(2010年4月 祥伝社) - 「樹海伝説」「鬼頭家の惨劇」に新たに書下した「赤い森」を加え、加筆・訂正したもの
    • 収録作品:樹海伝説―騙しの森へ / 鬼頭家の惨劇―忌まわしき森へ / 赤い森―鬼頭家の秘密

ノンシリーズ[編集]

  • 白鳥は虚空に叫ぶ(1989年7月 光文社カッパ・ノベルス)
    • 【改題】「白鳥」の殺人(1994年2月 光文社文庫)
  • 螺旋館の殺人(1990年1月 講談社 / 1993年8月 講談社文庫)
    • 【改題】螺旋館の奇想(2005年6月 文春文庫) - 「倒錯のロンド」の姉妹編とも言われる
  • 灰色の仮面(1990年8月 講談社 / 1992年6月 講談社ノベルス / 1995年6月 講談社文庫 / 1998年10月 徳間文庫
  • 死の変奏曲(1991年1月 徳間書店
    • 【改題】 黒衣の女(1995年8月 徳間文庫 / 1998年7月 講談社文庫)
  • 覆面作家(1991年10月 立風書房 / 1996年3月 講談社文庫 / 2013年2月 光文社文庫)
  • 仮面劇(1992年2月 講談社 / 1995年3月 講談社文庫)
  • 奥能登殺人旅行(1992年11月 光文社カッパ・ノベルス)
    • 【改題】 蜃気楼の殺人(1996年2月 光文社文庫 / 2005年8月 講談社文庫)
  • 異人たちの館(1993年1月 新潮社 / 1996年2月 新潮文庫 / 2002年7月 講談社文庫)
  • 水底の殺意(1993年8月 講談社)
    • 【改題】 水の殺人者(1996年8月 講談社文庫)
  • 望湖荘の殺人(1994年9月 光文社カッパ・ノベルス / 1997年3月 光文社文庫)
  • 二重生活(1996年10月 双葉社 / 2000年3月 講談社文庫) - 新津きよみとの共著
  • 101号室の女【短編集】(1997年2月 講談社 / 2000年7月 講談社文庫)
    • 収録作品:101号室の女 / 眠れ、わが子よ / 網走まで… / 石廊崎心中 / 恐妻家 / わが子が泣いている / 殺人計画 / 追跡 / わが生涯最大の事件
  • 耳すます部屋【短編集】(2000年2月 講談社 / 2003年2月 講談社文庫)
    • 収録作品:耳すます部屋 / 五重像 / のぞいた顔 / 真夏の誘拐者 / 肝だめし / 眠れない夜のために / Mの犯罪 / 誤解 / 鬼 / 目撃者
  • 倒錯のオブジェ(2002年10月 文藝春秋)
    • 【改題】天井男の奇想(2006年3月 文春文庫)
  • チェーンレター(2001年9月 角川書店 / 2004年3月 角川ホラー文庫) - 発表当初は青沼静也名義
  • 被告A(2003年9月 早川書房 / 2006年9月 ハヤカワ文庫)
  • 偽りの館―叔母殺人事件(2004年9月 講談社)
    • 【改題】叔母殺人事件―偽りの館(2007年9月 講談社文庫)
  • 黙の部屋(2005年4月 文藝春秋 / 2008年7月 文春文庫)
  • グッドバイ―叔父殺人事件(2005年11月 原書房
    • 【改題】叔父殺人事件―グッドバイ(2008年11月 講談社文庫)
  • タイムカプセル(2007年3月 理論社ミステリーYA! / 2012年10月 講談社文庫)
  • 疑惑【短編集】(2007年6月 文藝春秋)
    • 収録作品:偶然 / 疑惑(文庫版は「放火魔」に改題) / 危険な乗客 / 交換殺人計画 / 津村泰造の優雅な生活 / 黙の家 / 石田黙への旅
    • 【改題】放火魔(2010年2月 文春文庫) - 文庫版では「石田黙への旅」ははずされている。
  • クラスルーム(2008年7月 理論社ミステリーYA! / 2013年8月 講談社文庫)
  • 帝王、死すべし(2011年11月 講談社) - 京都小学生殺害事件をモデルにしている。
  • グランドマンション(2013年5月 光文社)
    • 収録作品:音の正体 / 304号室の女 / 善意の第三者 / 時の穴 / 懐かしい声 / 心の旅路 / リセット(書き下ろし)

単行本未収録作品[編集]

  • 遠い誤解(1996年9月 『小説新潮 1996年10月号』 新潮社)
  • 石田黙のある部屋(2009年10月 『探偵Xからの挑戦状!』 小学館文庫)
  • 部屋の中の死(2011年4月 『オール讀物 2011年5月号』 文藝春秋)

アンソロジー[編集]

「」内が折原一の作品

  • やっぱりミステリーが好き(1990年6月 新潮社 / 1995年3月 講談社文庫)「殺人計画」
  • 鮎川哲也と十三の謎'91(1991年12月 東京創元社)「覆面推理作家」
  • 密室殺人事件―ミステリーアンソロジー(1994年12月 角川文庫)「不透明な密室」
  • 密室(1994年5月 カドカワノベルズ / 1997年10月 角川文庫)「傾いた密室」
  • 誘拐(1995年1月 カドカワノベルズ / 1997年10月 角川文庫)「二重誘拐」
  • 「傑作推理」(ベスト・オブ・ベスト)大全集〈下〉(1995年8月 光文社カッパノベルス)「眠れ、わが子よ」
  • 推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1996年版(1996年6月 講談社)「わが生涯最大の事件」
    • 【改題】どたん場で大逆転 ミステリー傑作選35(1999年4月 講談社文庫)
  • 七人の警部(1998年3月 廣済堂ブルーブックス)「不透明な密室」
  • 最新「珠玉推理」大全〈上〉(1998年8月 光文社カッパノベルス)「五重像」
    • 【改題】幻惑のラビリンス(2001年5月 光文社文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑 1999年版(1999年6月 講談社)「眠れない夜のために」
    • 【改題】密室+アリバイ=真犯人 ミステリー傑作選40(2002年4月 講談社文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑 2000年版(2000年6月 講談社)「真夏の誘拐者」
    • 【改題】嘘つきは殺人のはじまり ミステリー傑作選43(2003年4月 講談社文庫)
  • 密室殺人大百科〈上〉魔を呼ぶ密室(2000年7月 原書房)「本陣殺人計画」
    • 【改題・再編集】密室殺人大百科〈上〉(2003年9月 講談社文庫)
  • M列車で行こう(2001年10月 光文社カッパ・ノベルス / 2005年5月 光文社文庫)「危険な乗客」
  • 密室レシピ(2002年3月 角川スニーカー文庫)「トロイの密室」
  • 本格ミステリ02(2002年5月 講談社ノベルス)
    • 【分冊・改題】天使と髑髏の密室(2005年12月 講談社文庫)「北斗星の密室」
  • 推理作家になりたくて マイベストミステリー 第六巻「謎」(2004年4月 文藝春秋) 「わが生涯最大の事件」
    • 【改題】マイ・ベスト・ミステリーVI(2007年12月 文春文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑 2004年版(2004年7月 講談社)「偶然」
    • 【分冊・改題】孤独な交響曲 ミステリー傑作選(2007年4月 講談社文庫)
  • 赤に捧げる殺意(2005年4月 角川書店)「トロイの密室」
  • アート偏愛 異形コレクション(2005年12月 光文社文庫)「黙の家」
  • ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑 2009年版(2009年7月 講談社)「音の正体」
    • 【分冊・改題】Bluff騙し合いの夜 ミステリー傑作選(2012年4月 講談社文庫)
  • 探偵Xからの挑戦状!(2009年10月 小学館文庫)「石田黙のある部屋」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]