赤木春恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あかぎ はるえ
赤木 春恵
本名 小田章子
生年月日 1924年3月14日(90歳)
出生地 満州国の旗 満州国
国籍 日本の旗 日本
血液型 B型
職業 女優
活動期間 1940年頃 -
公式サイト 株式会社オフィスのいり
主な作品
テレビドラマ
藍より青く
3年B組金八先生
おしん
渡る世間は鬼ばかり

赤木 春恵(あかぎ はるえ、1924年(大正13年)3月14日 - )は、日本女優。身長152cm、血液型はB型。満州国出身。オフィスのいり所属。日本喜劇人協会相談役。

本名は小田 章子(おだ あやこ)[1]

来歴・人物[編集]

1940年(昭和15年)には松竹ニューフェースとして入社し、同年に映画「二本松少年隊」でデビュー[2]

1943年(昭和18年)に大映へ移籍する。

戦時中は慰問劇団に所属し、国内や旧満州などを巡業した。この時に森光子と知り合い、森が結核で療養し音信不通となっていた時期を除いて深い親交を結んでおり、赤木は「ソウルメイトのようなものですね」と振り返っている。

1948年(昭和23年)には東映へと移籍。大作や小品の別なく年相応の脇役を長く務めていた。

1959年(昭和34年)に森繁久弥主催の森繁劇団に参加するにあたり、フリーとなった。

橋田壽賀子の作品には、1974年(昭和49年)の『四季の家』初出演して以降、『となりの芝生』『おんな太閤記』『渡る世間は鬼ばかり(後述に詳しく記載)』などに出演。よって橋田ファミリーの一員としても数えられる(橋田とは番組の打ち上げにて即席デュオ「ザ・ドーナッツ」を結成したほどの仲)。

1979年(昭和54年)には『3年B組金八先生』に校長の君塚美弥子役でレギュラー出演(レギュラー降板後もゲスト出演するほどの当たり役となり、教育関係者から講演を頼まれたほど)。

1983年(昭和58年)の著書「おばあちゃんの家事秘伝」がベストセラーになる。

1990年(平成2年)からは『渡る世間は鬼ばかり』がスタート(赤木はほぼ全部の回に出演し、嫁役の泉ピン子をいびるシーンはドラマのウリとなった)。以降2011年までシリーズは継続され、本人は2005年に一時降板するも、最終シリーズ最終回にゲスト出演した。一方、自身まで役と同様に見られ「孫の運動会に行くに行けない」という苦しい思いを経験した。

2007年(平成19年)秋に乳がんが見つかり、友人で同所属事務所の後輩でもある大空真弓に相談して病院を紹介してもらい、年末に左乳房を全摘出して完治(2009年(平成21年)に『徹子の部屋』で発表)。

2011年(平成23年)6月13日には、コロッケの東京・明治座7・8月舞台公演の製作発表会に座長のコロッケと共に出席して会見を開き、親交の深いコロッケの舞台を最後に「これで私の卒業公演にしたい」と舞台からの引退を宣言した(理由は「現在は健康だが、いつご迷惑を掛けるか分からない。余裕のあるときにお別れした方がいいと思った」と述べている)。舞台エンディングでは親友の森から花束と共に届いた「戦争のつらい経験を乗り越えてきたからこそ、ここまで頑張ってこられました。いつも二人で支え合って来たわね」という手紙を共演の熊谷真実に代読され、 「森さんの手紙がグッときました。心友(親友)なんで…」と感極まっていた。

2012年11月10日には親友の森が死去。逝去後にはマスコミから森との思い出話などのインタビューにも応じた。12月7日に青山葬儀場で開かれた森の本葬には、ドラマ共演などが縁で森を実母のように慕って親交が深かった浅丘ルリ子と一緒に参列した。

2013年には森崎東監督の映画『ペコロスの母に会いに行く』に主演し、88歳と175日(クランクイン日の2012年9月5日時点)にして映画初主演を果たす。これは2008年に当時82歳で映画初主演を果たした菅井きんの記録を大幅に更新するもので、“世界最高齢での映画初主演女優”として、ギネス世界記録に認定された[3]。また、映画への出演も1980年の『二百三高地』以来33年ぶりとなる。同作品では第68回毎日映画コンクール女優主演賞を受賞した[4]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

バラエティ[編集]

  • アグネスのHI!赤チャンネル
  • おばあちゃんの知恵袋
  • 愛のエプロン(エプロンガールズ最年長)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 赤木春恵、89歳で映画初主演 ギネス大幅更新へスポーツ報知、2013年5月4日
  2. ^ 赤木春恵、89歳で映画初主演!ギネス認定なるかサンケイスポーツ、2013年5月4日
  3. ^ 赤木春恵、ギネス世界記録!世界最高齢映画初主演女優に認定”. 映画.com (2013年11月20日). 2013年11月20日閲覧。
  4. ^ 中山雄一朗、第68回毎日映画コンクール発表!『舟を編む』が日本映画大賞(2014年1月21日)、シネマトゥデイ、2014年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]