松尾スズキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松尾スズキ
プロフィール
本名 松尾 勝幸(まつお かつゆき)
誕生日 1962年12月15日(52歳)
出身地 福岡県
主な作品
テレビドラマ 演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る
映画 恋の門
クワイエットルームにようこそ
舞台 『ファンキー!宇宙は見える所までしかない』
『キレイ』
受賞
岸田國士戯曲賞日本アカデミー賞・最優秀脚本賞
その他
俳優活動(舞台、映画、テレビドラマ)・映画監督・コラムニスト

松尾 スズキ(まつお スズキ、本名:松尾 勝幸(まつお かつゆき)、1962年12月15日 - )は、日本俳優演出家脚本家映画監督コラムニスト福岡県北九州市八幡西区生まれ。父親は佐賀県、母親は鹿児島県阿久根市の出身[1]八幡大学附属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)、九州産業大学芸術学部デザイン学科卒業。劇団『大人計画』主宰。以前は松尾すずきと表記していた。愛猫は「オロチ(雌)」

人物[編集]

漫画家になりたくて高校生の時に漫画賞に応募し続け、大学ではデザインを専攻し漫画研究会に入った。元々絵が下手で、漫研の中でも最も下手であった為プライドが叩き潰れ、演劇研究会に入った。コメディにも興味があり高校生の時に財津一郎ジョン・ベルーシの真似を一人部屋でしていたが、演劇研究会でいよいよコメディにはまる。在学中に劇団エクボを創設、学外からも人材を集め公演を行なった。大学3年生で演劇をやめ、大学4年で絵画に目覚め、落第。心を入れ替えて就職活動をして、東京へ出る。

大学卒業後は23歳で上京し印刷会社でサラリーマンをしていたが、仕事も人間関係も上手くいかず社内全体のやる気の無さなどから一年で挫折。その後、イラストで細々と生計を立てながら、1980年代後半に雑誌で団員を募集し劇団大人計画を26歳で設立する。『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田國士戯曲賞受賞。

2004年公開の映画監督デビュー映画『恋の門』はヴェネツィア国際映画祭に出品された。漫画原作者としても活動。特に漫画家河井克夫との活動は名義を「チーム紅卍」としている。最近では山本直樹の漫画原作などもした。コラム、小説など著書も多数。2006年1月、小説『クワイエットルームにようこそ』で第134回芥川龍之介賞候補。2010年、『老人賭博』で第142回芥川賞候補。2006年から太田出版より、松尾がスーパーバイザーをつとめる雑誌『hon-nin』が刊行されている。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ・教養番組他[編集]

OVA[編集]

CM[編集]

脚本・演出担当作品[編集]

舞台[編集]

  • 絶妙な関係(1988年・作・演出・出演)
  • 手塚治虫の生涯(1988年・作・演出・出演)
  • マイアミにかかる月(1989年・作・演出・出演)
  • 嫌な子供(1989年・作・演出・出演)
  • 絶妙な関係II(1989年・作・演出・出演)
  • ゲームの達人(1990年・作・演出・出演)
  • 鼻と小箱[鼻始め](1990年・作・演出・出演)
  • 絶妙な関係 Live at秘宝館(1990年・作・演出・出演)
  • 猿ヲ放ツ(1991年・作・演出・出演)
  • 溶解ロケンロール(1991年・作・演出・出演)
  • サエキナイト〜ムーディを探せ〜(1991年・作・演出・出演)
  • やられたい男(1992年・作・演出)
  • 冬の皮(1992年・作・演出・出演)
  • インスタントジャパニーズ(1992年・演出・出演)
  • セックスキングダム(1993年・作・演出・出演)
  • 鼻と小箱(1993年・演出・出演)
  • ゲームの達人(再演)(1993年・作・演出・出演)
  • 愛の罰(1994年・作・演出・出演)
  • 嘘は罪(1994年・作・演出・出演)
  • カウントダウン(1995年・作・演出・出演)
  • ちょん切りたい(1995年・作・演出・出演)
  • ファンキー!(1996年・作・演出・出演)
  • ドライブイン カリフォルニア(日本総合悲劇協会・1996年・作・演出・出演)
  • 愛の罰(再演)(1997年・作・演出・出演)
  • 生きてるし死んでるし(1997-1998年・作・演出・出演)
  • ニッキー・イズ・セックスハンター(ウーマンリブ・1998年・出演)
  • ヘブンズサイン(1998年・作・演出・出演)
  • ふくすけ(日本総合悲劇協会・1998年・作・演出・出演)
  • 母を逃がす(1999年・作・演出・出演)
  • キレイ(2000年・作・演出・出演)
  • エロスの果て(2001年・作・演出・出演)
  • マシーン日記(スズキビリーバーズ・2001年・作・演出・出演)
  • 春子ブックセンター(2002年・出演)
  • 業音(日本総合悲劇協会・2002年・作・演出・出演)
  • ニンゲン御破産(2003年・作・演出・出演)
  • 熊沢パンキース03(2003年・出演)
  • ドライブイン カリフォルニア(再演)(日本総合悲劇協会・2004年・作・演出・出演)
  • イケニエの人(2004年・作・演出・出演)
  • キレイ(再演)(2005年・作・演出・出演)
  • まとまったお金の唄(2006年・作・演出・出演)
  • ウーマンリブ先生(2006年・出演)
  • ドブの輝き(2007年・作・演出・出演)
  • キャバレー(2007年・演出)
  • 女教師は二度抱かれた(2008年・作・演出・出演)
  • サッちゃんの明日(2009年・作・演出・出演)
  • 農業少女(2010年・演出)
  • 裏切りの街(2010年・出演)
  • 男子はだまってなさいよ!7 「天才バカボン」(2010年・出演)
  • 母を逃がす(再演)(2010年・作・演出・出演)
  • 欲望という名の電車(2011年・演出)
  • ウェルカム・ニッポン(2012年・作・演出)
  • 生きちゃってどうすんだ(2012年・作・演出・出演)

映画(脚本・演出)[編集]

テレビドラマ(脚本・演出)[編集]

アニメ[編集]

DVD[編集]

著書[編集]

戯曲[編集]

  • 『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』(1997年・白水社
  • 『ヘブンズサイン』(1998年・白水社)
  • 『キレイ 神様と待ち合わせした女』(2000年・白水社)
  • 『手塚治虫の生涯』(2000年・ENBU研究所
  • 『マイアミにかかる月』(2000年・ENBU研究所)
  • 『嫌な子供』(2000年・ENBU研究所)
  • 『ゲームの達人』(2000年・ENBU研究所)
  • 『猿ヲ放ツ』(2000年・ENBU研究所)
  • 『溶解ロケンロール』(2000年・ENBU研究所)
  • 『冬の皮』(2000年・ENBU研究所)
  • 『SEX KINGDOM』(2000年・ENBU研究所)
  • 『鼻と小鼻』(2000年・ENBU研究所)
  • 『嘘は罪』(2000年・ENBU研究所)
  • 『ちょん切りたい』(2000年・ENBU研究所)
  • 『生きてるし死んでるし』(2000年・ENBU研究所)
  • 『マシーン日記 悪霊』(2001年・白水社)
  • 『母を逃がす』(2001年・白水社)
  • 『エロスの果て』(2002年・白水社)
  • 『ふくすけ』(2002年・白水社)
  • 『ニンゲン御破産』(2003年・白水社)
  • 『ドライブインカリフォルニア』(2004年・白水社)
  • 『キレイ2005』(2005年・白水社)
  • 『まとまったお金の唄』(2006年・白水社)

シナリオ[編集]

  • 『恋の門 フィルムブック』(2004年・マガジンハウス)
  • 『クワイエットルームにようこそ シナリオ&アーツBOOK 』(2007年・ぴあ)
  • 『ザ・シナリオ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(2007年・扶桑社)

小説[編集]

エッセイ他[編集]

  • 『大人失格』(1995年・マガジンハウス
  • 『第三の役たたず』(1999年・情報センター出版局)
  • 『この日本人に学びたい』(1999年・ロッキング・オン
  • 『ぬるーい地獄の歩き方』(1999年・演劇ぶっく社)
  • 『永遠の10分遅刻』(2001年・ロッキング・オン)
  • 『これぞ日本の日本人』(2001年・ぴあ
  • 『演技でいいから友達でいて 僕が選んだ舞台の達人』(2001年・岩波書店)
  • 『寝言サイズの断末魔』(2003年・扶桑社
  • 『撮られた暁の女 松活妄想撮影所』(2003年・扶桑社)
  • 『実況生中年』(2004年・扶桑社)
  • 『スズキが覗いた芸能界』(2004年・太田出版
  • 『監督ちゃん 松尾スズキの映画『恋の門』制作日記』(2004年・ロッキング・オン)
  • 『厄年の街』(2006年・扶桑社)
  • 『12歳の大人計画 課外授業ようこそ先輩』(2006年・文藝春秋)
  • 『東京物欲道場』(2007年・ソニーマガジンズ)
  • 『ドブロクの唄』(2008年・新潮社)
  • 『サビシーマン 寝言サイズの断末魔IV』(2008年・扶桑社)
  • 『中年入門』(2008年・朝日新聞出版)
  • 『俺はモテても困らない』(2009年・ロッキング・オン)

脚注[編集]

  1. ^ 松井清人『オカン、おふくろ、お母さん』 文藝春秋、2006年、156-157頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]