泡坂妻夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
泡坂 妻夫
(あわさか つまお)
誕生 厚川 昌男
1933年5月9日
日本の旗 日本東京都
死没 2009年2月3日(満75歳没)
東京都
職業 推理作家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1975年 - 2009年
ジャンル 推理小説
代表作 乱れからくり
亜愛一郎シリーズ
『蔭桔梗』
主な受賞歴 日本推理作家協会賞(1978年)
泉鏡花文学賞(1988年)
直木三十五賞(1990年)
処女作 DL2号機事件』(1975年)
家業は紋章上絵師
奇術愛好家としても有名
テンプレートを表示

泡坂 妻夫(あわさか つまお、1933年5月9日 - 2009年2月3日)は日本推理作家小説家東京都出身。東京都立九段高等学校卒。筆名の"泡"の旁は正しくは"己"ではなく"巳"。本名は厚川 昌男(あつかわ まさお)。筆名は本名のアナグラムである。

経歴[編集]

東京・神田で「松葉屋」の屋号を持つ紋章上絵師の家に生まれ、約5年の会社勤めを経て家業を継いで絵師として働くかたわら、幻影城新人賞に応募した短篇「DL2号機事件」が佳作入選して1976年に作家デビューした[1]

その逆説を多用する作風から「日本のチェスタトン」と呼ばれた。また、劇中で用いられているトリックのタネを書籍自体に施した『しあわせの書』や、袋綴じされているページを切り開くと内容が変化する『生者と死者』など、紙媒体でしか成立しない仕掛けを施した[2]、遊び心と技巧が一体となった作品がある。 文章中に繰り返し符号「々」を使用しないことが知られている[3]

作中で活躍する探偵役としては、亜愛一郎曾我佳城、ヨギガンジー等。作品世界はすべて繋がっているらしく、ある作品の登場人物が別シリーズの作品にチラリと登場したり、時代小説にも先祖らしき人物が現れたりする。シリーズを終了させる際にパーティ場面を設定して、これまでの全主要人物が一堂に会する恒例のパターンなど、こまかな遊びがファンを喜ばせている。

また、泉鏡花賞を受賞した「折鶴」、直木賞を受賞した「蔭桔梗」などは、職人の世界を舞台にした「人情もの」小説である。

奇術愛好家兼奇術師としても有名であり、1968年に第2回石田天海賞を受賞している。また、自身の名を冠した奇術の賞に厚川昌男賞がある。

作家活動と並行して家業の紋章上絵師の仕事も続け、その経験・知識から、家紋についての本も著している。

2009年2月3日、急性大動脈解離のため東京都内の病院で75歳で他界した。15年ぶりのシリーズ再開で、死の前日まで執筆した『ヨギガンジー、最後の妖術』が絶筆となった[4]

受賞[編集]

作品リスト[編集]

小説[編集]

亜愛一郎シリーズ[編集]

  • 亜愛一郎の狼狽(1978年5月 幻影城ノベルス / 1981年11月 角川書店 / 1985年3月 角川文庫 / 1994年8月 創元推理文庫)
  • 亜愛一郎の転倒(1982年7月 角川書店 / 1997年6月 創元推理文庫)
  • 亜愛一郎の逃亡(1984年12月 角川書店 / 1997年7月 創元推理文庫)

曾我佳城シリーズ[編集]

  • 天井のとらんぷ(1983年6月 講談社ノベルス / 1986年8月 講談社文庫)
  • 花火と銃声(1988年6月 講談社ノベルス / 1992年8月 講談社文庫)
  • 奇術探偵 曾我佳城全集(2000年7月 講談社)
    • 上2冊の合本+数編の短編(本シリーズの完結編となる短編を含む)
  • 奇術探偵 曾我佳城全集 秘の巻(2003年6月 講談社文庫)
  • 奇術探偵 曾我佳城全集 戯の巻(2003年6月 講談社文庫)

ヨギ ガンジーシリーズ[編集]

  • ヨギ ガンジーの妖術(1984年1月 新潮社 / 1987年1月 新潮文庫) ※連作短編集
  • しあわせの書〜迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術(1987年7月 新潮文庫)
  • 生者と死者〜酩探偵ヨギ ガンジーの透視術(1994年10月 新潮文庫)

海方・小湊シリーズ[編集]

  • 死者の輪舞(1985年5月 講談社 / 1989年1月 講談社文庫 / 1993年5月 出版芸術社)
  • 毒薬の輪舞(1990年4月 講談社 / 1993年9月 講談社文庫)

宝引の辰捕者帳[編集]

  • 鬼女の鱗(1988年3月 実業之日本社 / 1992年2月 文春文庫)
  • 自来也小町(1994年6月 文藝春秋 / 1997年6月 文春文庫)
  • 凧をみる武士(1995年5月 日本放送出版協会 / 1999年8月 文春文庫)
  • 朱房の鷹(1999年4月 文藝春秋 / 2002年7月 文春文庫)
  • 鳥居の赤兵衛(2004年8月 文藝春秋 / 2007年8月 文春文庫)
  • 織姫かえる(2008年8月 文藝春秋)

夢裡庵先生捕物帳[編集]

  • びいどろの筆(1989年2月 徳間書店 / 1992年11月 徳間文庫)
  • からくり富(1996年5月 徳間書店 / 1999年7月 徳間文庫)
  • 飛奴(2002年10月 徳間書店 / 2005年1月 徳間文庫)

その他の長編[編集]

  • 11枚のトランプ(1976年10月 幻影城ノベルス)
    • 【改題】11枚のとらんぷ(1979年8月 角川文庫 / 1988年11月 双葉文庫 / 1993年5月 創元推理文庫 / 2014年6月 角川文庫)
  • 乱れからくり(1977年12月 幻影城ノベルス / 1979年4月 角川文庫 / 1988年2月 双葉文庫 / 1993年9月 創元推理文庫 / 1996年10月 角川文庫 / 1997年11月 双葉文庫)
  • 湖底のまつり(1978年11月 幻影城ノベルス / 1980年4月 角川文庫 / 1989年11月 双葉文庫 / 1994年6月 創元推理文庫)
  • 花嫁のさけび(1980年1月 講談社 / 1983年8月 講談社文庫 / 1999年7月 ハルキ文庫)
  • 迷蝶の島(1980年12月 文藝春秋 / 1987年2月 文春文庫)
  • 喜劇悲奇劇(1982年5月 カドカワノベルズ / 1985年10月 角川文庫 / 1999年5月 ハルキ文庫 / 2010年1月 創元推理文庫)
  • 妖女のねむり(1983年7月 新潮社 / 1986年1月 新潮文庫 / 1999年4月 ハルキ文庫 / 2010年6月 創元推理文庫)
  • 花嫁は二度眠る(1984年4月 光文社カッパ・ノベルス / 1989年4月 光文社文庫)
  • 猫女(1985年12月 フタバノベルス / 1990年7月 双葉文庫)
  • 斜光(1988年7月 カドカワノベルズ / 1991年5月 角川文庫 / 2001年6月 扶桑社文庫)
  • 黒き舞楽(1990年3月 白水社 / 1993年12月 新潮文庫)
  • 旋風(1992年5月 集英社 / 1995年2月 集英社文庫)
  • 写楽百面相(1993年7月 新潮社 / 1996年9月 新潮文庫 / 2005年12月 文春文庫)
  • 弓形の月(1994年4月 双葉社 / 1996年8月 双葉文庫)
  • からくり東海道(1996年9月 光文社 / 1999年6月 光文社時代小説文庫)
  • 春のとなり(2006年4月 南雲堂)

その他の短編集[編集]

  • 煙の殺意(1980年11月 講談社 / 1984年10月 講談社文庫 / 2001年11月 創元推理文庫)
  • ゆきなだれ(1985年2月 文藝春秋 / 1988年4月 文春文庫)
  • ダイヤル7をまわす時(1985年12月 光文社 / 1990年4月 光文社文庫)
  • 妖盗S79号(1987年7月 文藝春秋 / 1990年6月 文春文庫)
  • 奇跡の男(1988年2月 光文社 / 1991年2月 光文社文庫)
  • 折鶴(1988年3月 文藝春秋 / 1991年1月 文春文庫)
  • 蔭桔梗(1990年2月 新潮社 / 1993年3月 新潮文庫)
  • 砂のアラベスク(1990年10月 文藝春秋 / 1993年10月 文春文庫)
  • ぼくたちの太陽(1991年1月 光文社)
    • 【改題】雨女(1997年3月 光文社文庫)
  • 夢の密室(1993年8月 光文社 / 1998年3月 光文社文庫)
  • 恋路吟行(1993年10月 集英社 / 1997年5月 集英社文庫)
  • 泡坂妻夫の怖い話(1995年5月 新潮社 / 1998年7月 新潮文庫)
  • 砂時計(1996年12月 光文社 / 2000年3月 光文社文庫)
  • 亜智一郎の恐慌(1997年12月 双葉社 / 2000年7月 双葉文庫 / 2004年1月 創元推理文庫)
  • 鬼子母像(1998年12月 祥伝社 / 2003年2月 光文社文庫)
  • 比翼(2001年2月 光文社 / 2003年8月 光文社文庫)
  • 蚊取湖殺人事件(2005年3月 光文社文庫)
  • 揚羽蝶(2006年11月 徳間書店)
  • トリュフとトナカイ(2006年11月 岩崎書店)
  • 泡坂妻夫引退公演(2012年8月 東京創元社)

小説以外の著作[編集]

  • 秘文字(1979年2月 社会思想社 / 1983年3月 社会思想社)
    • 3人の作家(泡坂と中井英夫日影丈吉)による書き下ろし短編の全文を、暗号化した作品集。1979年版では、暗号化以前の平文(原文)は収録されていなかった。泡坂の提供作「かげろう飛車」の原文は、後に扶桑社文庫版「斜光」に収録された。
  • トリック交響曲(1981年2月 時事通信社 / 1985年3月 文春文庫)※エッセイ集
  • 魔術館の一夜(1983年2月 社会思想社 / 1987年5月 現代教養文庫)※奇術ショートショート集
  • ミステリーでも奇術でも(1989年10月 文藝春秋 / 1992年10月 文春文庫)※エッセイ集
  • 家紋の話 上絵師が語る紋章の美(1997年11月 新潮選書)※エッセイ
  • 泡亭の一夜(1999年10月 新潮社 / 2002年7月 新潮文庫)※新作落語集とエッセイ
  • 大江戸奇術考 手妻・からくり・見立ての世界(2001年4月 平凡社新書)※奇術エッセイ集
  • 泡坂妻夫 マジックの世界(2006年12月 東京堂出版)※創作マジック集
  • 卍の魔力、巴の呪力 家紋おもしろ語り(2008年4月 新潮選書)

編纂[編集]

  • 日本の名随筆 別巻7 奇術(1991年9月 作品社)

海外への翻訳[編集]

中国(簡化字)[編集]

  • 亚爱一郎的狼狈 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-亜愛一郎の狼狽
  • 亚爱一郎的忙乱 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-亜愛一郎の転倒
  • 亚爱一郎的逃亡 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-亜愛一郎の逃亡
  • 奇术侦探曾我佳城・秘之卷 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-奇術探偵 曾我佳城全集(秘の巻)
  • 奇术侦探曾我佳城・戏之卷 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-奇術探偵 曾我佳城全集(戯の巻)
  • 十一张牌 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-11枚のトランプ
  • 失控的玩具 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-乱れからくり
  • 湖底的祭典 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-湖底のまつり
  • 荫桔梗 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-蔭桔梗

台湾(正体字)[編集]

  • 蔭桔梗 (1991年、皇冠文化、 許珀理訳)-蔭桔梗
  • 失控的玩具 (1999年、台灣英文雜誌社有限公司、刘子倩訳)-乱れからくり
  • 亞愛一郎的狼狽 (2010年1月、獨步文化、王華懋訳、ISBN 9789866562433)-亜愛一郎の狼狽
  • 亞愛一郎的慌乱 (2010年9月、獨步文化、王華懋訳、ISBN 9789866562655)-亜愛一郎の転倒
  • 亞愛一郎的逃亡 (2011年4月、獨步文化、王華懋訳、ISBN 9789866562914)-亜愛一郎の逃亡
  • 11張撲克牌 (2011年9月、獨步文化、王華懋訳、ISBN 9789866562990)-11枚のトランプ
  • 幸福之書:迷偵探約吉・甘地之心靈術 (2010年10月、新雨出版社、張嘉芬訳、ISBN 9789862270752)-しあわせの書〜迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術

大韓民国[編集]

映像化作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ朝日
日本テレビ
フジテレビ関西テレビ
NHK総合テレビ
TBS
テレビ東京

出典[編集]

  1. ^ 直木賞の泡坂妻夫さんが死去 紋章上絵師の顔も 共同通信 2009年2月4日
  2. ^ 瀧井朝世 (2013年12月8日). “しあわせの書―迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術 [著]泡坂妻夫 紙の本ならではのトリック”. BOOK.asahi.com. 朝日新聞社. 2014年1月4日閲覧。
  3. ^ 三省堂 Web Dictionary”. 三省堂. 2014年6月3日閲覧。
  4. ^ オール讀物』2009年4月号、p.418。