ギルバート・ケイス・チェスタートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
G・K・チェスタトン

ギルバート・ケイス・チェスタトン: Gilbert Keith Chesterton1874年5月29日 - 1936年6月14日)はイギリス作家批評家ディテクションクラブ初代会長。また Keith はキースとも表記される[1]

概説[編集]

1874年ロンドンケンジントンに生まれる。セント・ポール校、ついでスレイド美術学校に学ぶ。詩人随筆家、批評家、作家として活躍している。推理作家としても有名で、カトリック教会に属するブラウン神父が遭遇した事件を解明するシリーズが探偵小説の古典として知られている。

ボーア戦争勃発に際しては反イギリス側の論客として頭角をあらわし、自由主義派の有力な論客としてイギリスの政治・社会を糾弾批判している。1922年イングランド国教会からカトリックに改宗。改宗後はキリスト教的歴史観から批評活動をおこなう。後期ヴィクトリア朝時代の物質主義・機械万能主義からくる自己満足(虚栄心)に対し鋭い批判を加えた。得意の警句と逆説を駆使したその文芸批評、文明批評は鋭利で、資本主義社会主義双方を排撃し、配分主義を提唱した。

生涯[編集]

1874年、ロンドン西部ケンジントンの不動産業・土地測量業の家に生まれる。1887年にセントポール校に入学すると1年下のE・C・ベントリーと出会い、生涯の親友となる。当初は画家を志し、1891年にスレイド美術学校(ロンドン大学付属)に入るが挫折し、文学を志すようになる。ロンドンでは、文壇付き合い、パブに入り浸る生活を続ける。

1900年、『戯れる白髪』、『野生の騎士』の2冊の詩集で文壇にデビューを飾る。

フランセス・ブロッグという少女と恋に落ち、1901年に結婚。彼女の影響と、盟友のヒレア・ベロックがカトリック教徒であったことから、アングロ・カトリシズムに魅かれていくようになる。

1904年には、マクミラン社の『英国文人叢書』の1冊として、評伝『ロバート・ブラウニング』を出版、批評家たちから高い評価を得る。また、同年に『ノッティング・ヒルのナポレオン』(『新ナポレオン奇譚』)を出版している。

弟のセシルが無線通信会社のマルコーニ社の汚職事件(マルコーニ・スキャンダル)に絡み、告訴され、裁判に敗れる。弟が第一次世界大戦に出征すると、言論誌『新証言』の編集と経営を引き継ぎ、のちに誌名を『週刊G.K』として終生その重責を担うことになる(弟はフランス戦線で戦い、のちに終戦直前に戦死している)。

1909年、バッキンガムシャーのベコンズフィールドに移住、静かな田園生活を送ることとなる。

1922年、ブラウン神父のモデルとなった、ジョン・オコンナー神父の手によりカトリックに改宗。

H.G.ウェルズとの間で、ウェルズのベストセラーである『世界文化史体系』をめぐり論争をおこなう。これがのちの『人間と永遠』の出版に結びつく。

1936年に死去し、その葬儀はウェストミンスター大聖堂で行われた(このときカトリックの聖職者として葬儀を執り行ったのは、推理作家として有名なロナルド・ノックスである)。

評価[編集]

江戸川乱歩は「チェスタトンのトリック創案率は探偵小説随一」と賞賛している。エッセイや評論にも名品があり、ディケンズの評伝はT・S・エリオットなどによってこの分野の最高のものと見なされた。並外れた巨体でも有名であり、ジョン・ディクスン・カーの創造した探偵ギデオン・フェル博士のモデルとも言われる。

本格派推理トリック創出者である反面、作風として当時の知識層の例に漏れず、キリスト教徒としての視点、また当時の植民地主義に立脚する、黒人インディアンインディオ東洋人など他民族への偏見・蔑視が色濃いことも特徴である。

主な著作[編集]

『―』内は主な邦題 List of books by G. K. Chestertonも参照

  • 評論・評伝の日本語訳は、春秋社で著作集が出版(半数以上が品切中) 

評論[編集]

評伝[編集]

エッセー他[編集]

  • 1936年 『自叙伝』(Autobiography)
     吉田健一訳 (春秋社、新装版1999年)-『正統とは何か』と対をなす評論風自伝
  • 1938年 『色とりどりの国』(The Coloured Lands)
     尾崎安・山形和美訳(教文館、1987年)-キリスト教論集
  • 『求む、有能でないひと』 
      阿部薫訳 (国書刊行会、2004年)-本邦初訳の時事コラム集

長編小説[編集]

短編集[編集]

  • 1905年 『奇商クラブ』(The Club of Queer Trades)
    • 『奇商クラブ』(福田恆存訳、創元推理文庫:東京創元社、1977年 もと1959年「世界推理小説全集56」 のちに中村保男訳名義)
      • この訳書には、『知りすぎた男』収録の短編が2篇収録されている
  • 1911年ブラウン神父の童心』(The Innocence of Father Brown)
    • 『ブラウン神父の無知』(村崎敏郎訳、ハヤカワミステリ201:早川書房、1955年)
    • 『ブラウン神父の純智』(橋本福夫訳、新潮文庫:新潮社、1959年)
    • 『ブラウン神父の童心』(福田恆存・中村保男訳、創元推理文庫:東京創元社、1959年 のちに中村単独訳となる)
  • 1914年ブラウン神父の知恵』(The Wisdom of Father Brown)
    • 『ブラウン神父の知慧』(村崎敏郎訳、ハヤカワミステリ202:早川書房、1955年)
    • 『ブラウン神父の知恵』(橋口稔訳、新潮文庫:新潮社、1960年)
    • 『ブラウン神父の知恵』(福田恆存・中村保男訳、創元推理文庫:東京創元社、1959年 のちに中村単独訳となる)
  • 1922年 『知りすぎた男』(The Man Who Knew Too Much)
    • 新訳、『知りすぎた男 ホーン・フィッシャーの事件簿』(井伊順彦訳、論創海外ミステリ:論創社、2008年)
      • この訳書では、上記『奇商クラブ』に収録の2編が省略されている。
  • 1925年 『法螺吹き友の会』(Tales of Long Bow)
    • 『法螺吹き友の会』(井伊順彦訳、論創海外ミステリ:論創社、2012年)
  • 1926年 『ブラウン神父の不信』(The Incredulity of Father Brown)
    • 『ブラウン神父の懐疑』(村崎敏郎訳、ハヤカワミステリ203:早川書房、1956年)
    • 『ブラウン神父の懐疑』(橋口稔訳、新潮文庫:新潮社、1960年)
    • 『ブラウン神父の不信』(福田恆存・中村保男訳、創元推理文庫:東京創元社、1959年 のちに中村単独訳となる)
  • 1927年 『ブラウン神父の秘密』(The Secret of Father Brown)
    • 『ブラウン神父の秘密』(村崎敏郎訳、ハヤカワミステリ204:早川書房、1957年)
    • 『ブラウン神父の秘密』(橋口稔訳、新潮文庫:新潮社、1964年)
    • 『ブラウン神父の秘密』(福田恆存・中村保男訳、創元推理文庫:東京創元社、1961年 のちに中村単独訳となる)
  • 1929年 『詩人と狂人たち』(The Poet and The Lunatics)
    • 『詩人と狂人たち』(福田恆存訳、創元推理文庫:東京創元社、1977年 もと1957年「世界推理小説全集33」 のちに中村保男訳名義)
    • 福田恆存訳(実質は・中村保男訳)が、国書刊行会世界幻想文学大系〉1976年でも刊行(創元社版と訳文の違う箇所がある)
  • 1930年 『4名の申し分なき重罪人』(Four Faultless Felons)
  • 1935年ブラウン神父の醜聞』(The Scandal of Father Brown)
    • 『ブラウン神父の醜聞』(村崎敏郎訳、ハヤカワミステリ205:早川書房、1957年)
    • 『ブラウン神父の秘密』(福田恆存・中村保男訳、創元推理文庫:東京創元社、1961年 のちに中村単独訳となる)
  • 1937年 『ポンド氏の逆説』(The Paradoxes of Mr. Pond
    • 『ポンド氏の逆説』(福田恆存訳、創元推理文庫:東京創元社、1977年 もと1959年「世界推理小説全集56」 のちに中村保男訳名義)
  • 「ブラウン神父シリーズ」は、戦前は浅野玄府訳や西田政治訳などが雑誌に掲載されたり傑作集が編まれたりしたが、まとまって紹介されることはなかった。なお、名作推理小説大系、推理名作全集といったものにも一部の短編が収録されているが煩をおそれて省略した。

連作長編[編集]

全集[編集]

  • 1986年~ 『G・K・チェスタートン全集』全39冊 (Collected Works of G. K. Chesterton)

発言[編集]

  • 「徹底的に現世的な人々には、現世そのものを理解することさえできぬものだ。」
  • 「狂人とは理性を失った人のことではない。狂人とは理性以外のあらゆる物を失った人である。」
  • 唯物論者には、完璧に磨き上げられた機械のごとき彼らの宇宙に、ほんのひとかけらの精神性も奇跡も受け入れる自由がない。」
  • 「自らの五感を信じることのできぬ人間は、五感以外の何物も信じることのできぬ人間同様狂人である。」
  • 「人を正気たらしめてきたのは、何あろう神秘主義である。神秘主義の功績、それは即ち人は理解し得ないものの力を借りることで、初めてあらゆるものを理解することができるということである。」
  • 思想を破壊する思想がある。もし破壊されねばならぬ思想があるとすれば、まずこの思想こそ破壊されねばならぬ思想だ。」
  • 「意思の行為はことごとく自己限定の行為である。ある行動を望むとは、すなわちある限定を望むことなのだ。(中略)何物かを選ぶことは、他の一切を捨てることである。」
  • 「孤立した傲慢な思考は白痴に終わる。」
  • 「人々はローマが偉大であるからローマを愛したのではない。ローマは人々がローマを愛したから偉大となったのだ。」
  • 「自殺は単に一つの罪であるばかりではない。自殺はまさに罪の中の罪である。究極の悪、絶対の悪であって、生命の存在そのものに関心を持とうとせぬ態度にほかならぬ。」
  • 「キリスト教徒は世界を逃れて宇宙に入るのであるが、仏教徒は世界ばかりかむしろ宇宙から逃れることを願うのである。これら二つのものに比べられるものは、他に地上には殆ど無い。そしてキリストの頂に登らぬ者は、仏陀の奈落に落ちるのである。」

エピソード[編集]

結婚式の当日、遅刻しそうになって急いでいたが、一旦休息したところ馴染みの銃砲店の主人に以前に頼んだ猟銃が手に入ったと言われた。チェスタートンは銃を購入して喜んで携えて結婚式に向かい、新婦を殺害するのかと列席者に勘違いされてしまった。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 西部邁 「保守の情熱 G・K・チェスタトン論」『ニヒリズムを超えて』 角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、1997年、53-89頁。ISBN 9784894563629
  • 西部邁 「45 チェスタトン」『学問』 講談社、2004年、154-156頁。ISBN 4-06-212369-X
  • 西部邁 「諧謔による正統の擁護 ギルバート・チェスタトン」『思想の英雄たち 保守の源流をたずねて』 角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、2012年、119-134頁。ISBN 978-4-7584-3629-8
  • 芝 隆之=編「日本におけるG・K・チェスタント書誌」(『ミステリマガジン』No.368=1986年12月号、早川書房所収)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]