なかにし礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なかにし 礼
誕生 中西 禮三(なかにし れいぞう)
1938年9月2日(76歳)
満州国の旗 満州国牡丹江省牡丹江市
職業 小説家作詞家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 立教大学文学部仏文科
代表作 作詩
『天使の誘惑』
『今日でお別れ』
『北酒場』
『石狩挽歌』
『時には娼婦のように』
小説
『兄弟』
『長崎ぶらぶら節』
『赤い月』
オペラ
『天国と地獄』
『ワカヒメ』
『静と義経』
主な受賞歴 日本レコード大賞(3回)
日本作詩大賞(2回)
直木三十五賞(2000年)
配偶者 石田ゆり(中西由利子)
公式サイト なかにし礼公式ホームページ
テンプレートを表示

なかにし 礼(なかにし れい、1938年9月2日 - )は、日本小説家作詞家。本名は中西 禮三(なかにし れいぞう)。

来歴[編集]

満州国牡丹江省牡丹江市(現在の中華人民共和国黒竜江省)に生まれる。元は北海道小樽市に在住していた両親は、渡満して酒造業で成功を収めていた。終戦後、満州からの引き揚げでは家族とともに何度も命の危険に遭遇、この体験は以後の活動に大きな影響を与えた。8歳の時に小樽に戻るが、兄の事業の失敗などで小学校は東京青森で育ち、中学から東京品川区大井町に落ち着く[1]東京都立九段高等学校卒業後、一浪して1958年に立教大学文学部英文科に入学する。中退と再入学と転科を経て、1965年に立教大学文学部仏文科を卒業する(立教仏文の第1期生)。その後、東京に在住。実兄は立大から学徒出陣として陸軍に入隊し、特別操縦見習士官として特攻隊に配属されたが終戦となった。

大学在学中、1963年に最初の妻と結婚する。一女を儲けたが、1966年に別居、1968年には離婚が成立している[2]

タカラジェンヌで、シャンソン歌手の深緑夏代に依頼されたことがきっかけで始めたシャンソンの訳詞を手がけていた頃、妻との新婚旅行中に静岡県下田市のホテルのバーで「太平洋ひとりぼっち」を撮影中の石原裕次郎と偶然出会い知遇を得る。石原に「シャンソンの訳なんてやっていないで、日本語の歌詞を書きなさいよ」と勧められ、約1年後に作詞作曲した作品(後の「涙と雨にぬれて」)を自ら石原プロに持ち込んだ。それから数ヶ月後、石原プロがプロデュースした「涙と雨にぬれて」がヒットする。 1969年には、作品の総売上が1,000万枚を超える。コンサートや舞台演出、映画出演、歌、作曲、翻訳、小説・随筆の執筆や文化放送セイ!ヤング』パーソナリティ、NHKN響アワー』レギュラーなども務める。心臓疾患、離婚、特攻隊の生き残りで戦後、鰊漁に投資した兄の膨大な借金を肩代わりして返済に苦しむなどの困難を抱えたこともある。1998年に『兄弟』で第119回直木賞候補となり、2000年に『長崎ぶらぶら節』で第122回直木賞を受賞した。NHK連続テレビ小説てるてる家族』の原作となった『てるてる坊主の照子さん』を始め『赤い月』『夜盗』『さくら伝説』『戦場のニーナ』『世界は俺が回してる』などを執筆する。

2006年2月、なかにしの全音楽作品における自身が保有する権利の約2分の1を株式会社日音に譲渡した。

テレビ朝日系列で放送されているワイドショーワイド!スクランブル』のコメンテーターを務めていたが、2012年3月5日の放送で、食道がんであることを報告。治療のため休業することを明らかにした[3][4]。医師たちから抗がん剤、放射線治療、手術という治療法の説明を受けるが、自身の心臓は長い手術や放射線治療には耐えられないと考え、インターネットを活用して陽子線療法の存在を見つける。2012年2月から6月にかけての闘病の様子は著書『生きる力 心でがんに克つ』に詳しい。闘病の結果がんを克服、同年10月に復帰。執筆、コメンテーター等の仕事も再開した。

作品[編集]

主な作詞曲[編集]

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や・ら・わ行

アルバム[編集]

クラシック音楽[編集]

著書[編集]

詞集[編集]

  • 『エメラルドの伝説』(作品集 新書館、1969年)
  • 『シャンソン詩集141・さらば銀巴里』(さがみや書店、1991年)
  • 『なかにし礼訳詞によるモーツァルト歌曲集』(音楽之友社、1991年)
  • 『昭和忘れな歌―自撰詞華集』(新潮文庫、2004年)

創作[編集]

随筆・その他[編集]

  • 『ズッコケ勝負―終わりなき愛の遍歴』(双葉社、1969年)
  • 『青春の愛について』(新書館、1972年)
  • 『遊びをせんとや生まれけむ~なかにし礼の作詩作法』(毎日新聞社、1980年)
  • 『音楽への恋文』(共同通信社、1987年) - 「音楽の話をしよう」(改題、新潮文庫)
  • 『翔べ!わが想いよ』(東京新聞出版局、1989年、のち文春文庫、新潮文庫) - 自伝
  • 『時には映画のように』(読売新聞社、1997年) - 「口説く」(改題、河出文庫)、「恋愛100の法則」(改題、新潮文庫)
  • 『愛人学』(河出書房新社、1997年、のち河出文庫)
  • 『天上の音楽・大地の歌』(音楽之友社、2001年)
  • 『道化師の楽屋』(新潮社、2002年、のち新潮文庫)
  • 『さくら伝説―松坂慶子写真集』(フォーブリック、2002年) - 原作・監修
  • 『人生の黄金律 自由の章―なかにし礼と華やぐ人々』(2003年、清流出版)- 対談集
  • 『月夜に飛んで人を斬る』(作画:ふくしま政美芳文社、1979年)- 劇画原作
  • 『三拍子の魔力』(毎日新聞社、2008年)
  • 『歌謡曲から「昭和」を読む』NHK出版新書 2011
  • 『人生の教科書』(ワニブックス、2012年)
  • 『生きる力 心でがんに克つ』(講談社、2013年)
  • 『天皇と日本国憲法 反戦と抵抗のための文化論』(毎日新聞社、2014年)

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『「家」の履歴書』 光進社 2001年、147-151頁
  2. ^ 清水秀子(語)、高山文彦(文)「それからのわたし」飛鳥新社、2004年。
  3. ^ “なかにし礼氏が食道がん告白、治療に専念へ「初期より少し進んだ状態」”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年3月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/05/kiji/K20120305002766030.html 2012年3月5日閲覧。 
  4. ^ “なかにし礼さん 番組で「がん」”. nikkansports.com. (2012年3月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120306-913229.html 2012年3月6日閲覧。 

外部リンク[編集]