皆川博子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
皆川 博子
(みながわ ひろこ)
誕生 1929年12月8日あるいは1930年1月2日
韓国の旗 韓国京城(現・ソウル[1]
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京女子大学外国語科英文学専攻中退[1]
活動期間 1972年 -
ジャンル 幻想小説推理小説
主な受賞歴 学研児童文学賞(1970年)
小説現代新人賞(1973年)
日本推理作家協会賞(1985年)
直木賞(1986年)
柴田錬三郎賞(1990年)
吉川英治文学賞(1998年)
本格ミステリ大賞(2012年)
日本ミステリー文学大賞(2013年)
処女作 『海と十字架』(1972年)
親族 塩谷信男(父)
塩谷信幸(弟)
塩谷隆志(弟)
福田陽一郎(又従弟)
木崎さと子(従妹)
テンプレートを表示

皆川 博子(みながわ ひろこ、1929年12月8日あるいは1930年1月2日 - )は、日本小説家。様々なジャンルにわたる創作活動を行うが、中井英夫赤江瀑などの作家への敬愛から生まれた幻想文学、または幻想的なミステリにおいて知られる。

父は正心調息法の創始者の医師で、心霊研究者でもあった塩谷信男。父の影響で幼少期に霊媒をさせられたこともあるという。弟に北里大学医学部名誉教授の塩谷信幸、伝奇・SF作家の塩谷隆志、 又従弟に脚本家演出家福田陽一郎がいる。木崎さと子は従妹で、少女時代に文学教育をほどこした。

来歴・人物[編集]

朝鮮京城出身。東京女子大学外国語科英文学専攻中退。

『海と十字架』で児童文学作家としてデビューした後、推理小説・サスペンスに転向。当初は男女の奇縁を現代的な道具立てを用いてサスペンスフルに描く作風だったが、『光の廃墟』で浪漫的な異国譚、『花の旅 夜の旅』でトリッキーな本格ミステリに挑むなど、後年の作品に続く志向もみせている。

80年代は幻想文学にも創作をひろげているが、編集者にノベルスブームへの迎合を依頼されて、一般的な「ミステリー」の創作をおこなうこともあった。

新本格ミステリのムーヴメント以降再評価が始まり、千街晶之東雅夫日下三蔵の三名によってアンソロジーが編まれたり、文庫での再版も行われている。同時に新作の執筆も活発化し、80代とは思えぬペースでの発表が続いている。

受賞・候補歴[編集]

太字が受賞したもの

著書[編集]

1970年代
  • 『海と十字架』(1972、偕成社)のち文庫
  • 『トマト・ゲーム』(1974、講談社)のち講談社文庫
  • 『ライダーは闇に消えた』(1975、講談社)
  • 『水底の祭り』(1976、文藝春秋)のち文春文庫
  • 『夏至祭の果て』(1976、講談社)
  • 『祝婚歌』(1977、立風書房
  • 『薔薇の血を流して』(1977、講談社)のち徳間文庫、講談社文庫
  • 『光の廃墟』(1978、文藝春秋)のち文春文庫
  • 『花の旅夜の旅』(1979、講談社)「奪われた死の物語」文庫、原題で扶桑社文庫
  • 『冬の雅歌』(1978、徳間書店
1980年代
  • 『彼方の微笑』(1980、集英社) のち創元推理文庫
  • 『虹の悲劇』(1982、徳間書店) のち文庫
  • 『炎のように鳥のように』(1982、偕成社) のち文庫
  • 『霧の悲劇』(1982、徳間ノベルス) のち文庫
  • 『巫女の棲む家』(1983、中央公論社)のち中公文庫
  • 『知床岬殺人事件 流氷ロケ殺人行』(1984、講談社ノベルス) のち講談社文庫
  • 『相馬野馬追い殺人事件』(1984、徳間ノベルス) のち講談社文庫
  • 『壁 旅芝居殺人事件』(1984、白水社) のち文春文庫、双葉文庫
  • 『愛と髑髏と』(1985、光風社出版) のち集英社文庫
  • 『光源氏殺人事件 古典に隠された暗号文』(1985、講談社ノベルス) のち講談社文庫
  • 忠臣蔵殺人事件』(1986、徳間ノベルス) のち講談社文庫
  • 『恋紅』(1986、新潮社)のち新潮文庫
  • 世阿弥殺人事件』(1986、徳間ノベルス) のち文庫
  • 『妖かし蔵殺人事件』(1986、中央公論社) のち中公文庫
  • 『会津恋い鷹』(1986、講談社)のち講談社文庫
  • 『殺意の軽井沢・冬』(1987、祥伝社ノン・ポシェット)
  • 『花闇』(1987、中央公論社)のち集英社文庫
  • 『変相能楽集』(1988、中央公論社)
  • 『北の椿は死を歌う』(1988、光文社カッパノベルス)「闇椿」光文社文庫
  • 『聖女の島』(1988、講談社ノベルス)のち講談社文庫
  • 『二人阿国』(1988、新潮社)
  • 『みだら英泉』(1989、新潮社)のち新潮文庫
  • 『顔師・連太郎と五つの謎』(1989、中央公論社)
  • 『秘め絵灯篭』(1989、読売新聞社)
1990年代
  • 『薔薇忌』(1990、実業之日本社)のち集英社文庫
  • 『散りしきる花 恋紅第二部』新潮文庫、1990
  • 『朱鱗の家 絵双紙妖綺譚』岡田嘉夫絵 (角川書店 1991)のち角川ホラー文庫『うろこの家』
  • 『乱世玉響 ― 蓮如と女たち』(1991、読売新聞社)のち講談社文庫
  • 『たまご猫』(1991、中央公論社)のちハヤカワ文庫
  • 『幻夏祭』(1991、読売新聞社)
  • 鶴屋南北冥府巡』(1991、新潮社)
  • 『化蝶記』(1992、読売新聞社)
  • 『妖櫻記』(1993、文藝春秋)のち文春文庫
  • 『骨笛』(1993、集英社)のち文庫
  • 『滝夜叉』(1993、毎日新聞社)のち文春文庫
  • 『妖笛』(1993、読売新聞社)
  • 『悦楽園』(1994、出版芸術社
  • 『あの紫は ― わらべ唄幻想』(1994、実業之日本社
  • 『巫子 自選少女ホラー集』(1994、学習研究社) のち学研M文庫
  • 写楽』(1995、角川書店)
  • 『みだれ絵双紙金瓶梅』(1995、講談社)
  • 『戦国幻野 ― 新・今川記』(1995、講談社)のち講談社文庫
  • 『雪女郎』(1996、読売新聞社)
  • 『花櫓』(1996、毎日新聞社)のち講談社文庫
  • 『笑い姫』(1997、朝日新聞社)のち文春文庫
  • 『妖恋 男と女の不可思議な七章』(1997、PHP研究所
  • 『死の泉』(1997、早川書房)のちハヤカワ文庫
  • 『ゆめこ縮緬』(1998、集英社)のち集英社文庫
  • 『朱紋様(あけもよう)』(1998、朝日新聞社)
  • 『結ぶ』(1998、文藝春秋)のち創元推理文庫
  • 『鳥少年』(1999、徳間書店)のち創元推理文庫
2000年代
  • 『ジャムの真昼』集英社、2000
  • 『摂 ― 美術、舞台そして明日』(2000、毎日新聞社)朝倉摂
  • 『溶ける薔薇』青谷舎、2000
  • 『皆川博子作品精華 〈ミステリ-編〉 迷宮』(2001、白泉社
  • 『皆川博子作品精華 〈幻想小説編〉 幻妖』(2001、白泉社)
  • 『皆川博子作品精華 〈時代小説編〉 伝奇』(2001、白泉社)
  • 『冬の旅人』(2002、講談社)のち講談社文庫
  • 『総統の子ら』(2003、集英社)のち集英社文庫
  • 『猫舌男爵』(2004、講談社)
  • 『薔薇密室』(2004、講談社)のちハヤカワ文庫
  • 『蝶』(2005、 文藝春秋)のち文春文庫
  • 『絵小説』(2006、集英社)
  • 『伯林蝋人形館』(2006、文藝春秋)のち文春文庫
  • 『聖餐城』(2007、光文社)のち光文社文庫
  • 『倒立する塔の殺人』(2007、理論社)のちPHP文芸文庫
2010年代
  • 『少女外道』(2010、文藝春秋)のち文春文庫
  • 『開かせていただき光栄です』(2011、早川書房)のちハヤカワ文庫
  • 『マイマイとナイナイ』(2011、岩崎書店
  • 『双頭のバビロン』(2012、東京創元社
  • 『ペガサスの挽歌』(2012、烏有書林
  • 『少年十字軍』(2013、ポプラ社)
  • 『海賊女王』(2013、光文社)
  • 『皆川博子コレクション』(日下三蔵編・2013、出版芸術社)
    • 1 ライダーは闇に消えた+未文庫化・未刊短篇ミステリ
    • 2 夏至祭の果て+未文庫化・未刊短篇時代小説
    • 3 冬の雅歌+未文庫化・未刊短篇サスペンス
    • 4 顔師・連太郎と五つの謎/変相能楽集+未文庫化・未刊短篇幻想小説
    • 5 海と十字架/炎のように鳥のように
  • 『影を買う店』(2013、河出書房新社)
  • 『アルモニカ・ディアボリカ』(2013、早川書房)

映像化作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]