日本ミステリー文学大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本ミステリー文学大賞(にほんみすてりーぶんがくたいしょう)は光文文化財団が主催するである。推理小説の発展に貢献のあった作家・評論家に贈られ、受賞者には正賞のシエラザード像と副賞の賞金300万円が与えられる。日本推理小説界における功労賞の役割を持つ。贈呈式は毎年3月に行われる。

同財団の主催するミステリーの賞にはほかに、長編ミステリーを公募する日本ミステリー文学大賞新人賞がある。

なお、本賞の選考委員及び日本ミステリー文学大賞新人賞の選考委員は、本賞の候補にしないという内規がある。存命の作家・評論家に贈られるのが普通だが、2003年には、前年に亡くなった推理作家鮎川哲也に特別賞が贈られた。

受賞者一覧[編集]

年は贈呈式の行われる年。受賞者の発表はその前年。

回(年) 受賞者 選考委員
第1回(1998年贈呈) 佐野洋 五木寛之小松左京田辺聖子土屋隆夫都筑道夫
第2回(1999年贈呈) 中島河太郎 同上
第3回(2000年贈呈) 笹沢左保 五木寛之、小松左京、佐野洋、都筑道夫
第4回(2001年贈呈) 山田風太郎 同上
第5回(2002年贈呈) 土屋隆夫 阿刀田高権田萬治、佐野洋、皆川博子
第6回(2003年贈呈) 都筑道夫、特別賞 鮎川哲也 同上
第7回(2004年贈呈) 森村誠一 阿刀田高、北方謙三、権田萬治、皆川博子
第8回(2005年贈呈) 西村京太郎 同上
第9回(2006年贈呈) 赤川次郎 阿刀田高、北方謙三、権田萬治、森村誠一
第10回(2007年贈呈) 夏樹静子 同上
第11回(2008年贈呈) 内田康夫 阿刀田高、逢坂剛、権田萬治、森村誠一
第12回(2009年贈呈) 島田荘司 同上
第13回(2010年贈呈) 北方謙三 同上
第14回(2011年贈呈) 大沢在昌 同上
第15回(2012年贈呈) 高橋克彦 大沢在昌、権田萬治、西村京太郎、森村誠一
第16回(2013年贈呈) 皆川博子 同上
第17回(2014年贈呈) 逢坂剛 同上

関連項目[編集]

外部リンク[編集]