アガサ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アガサ賞(アガサしょう、: Agatha Award)は、アガサ・クリスティに敬意を表したミステリ(推理小説)の文学賞で、マリス・ドメスティックが主催している。マリス・ドメスティックは「伝統的なミステリ」愛読者の大会として1989年に発足し、毎年春にワシントンDCで授賞式が開催されている。

受賞作品は、アガサ・クリスティ作品のような「伝統的なミステリ」が対象となる。「伝統的なミステリ」とは、あからさまな性描写や過激な流血、暴力シーンがないミステリ作品と緩やかに定義されていて、たいていは、警察官や私立探偵ではない一般の人が主人公となり、狭い地域を舞台として、お互い顔見知りの人々の中で起きる事件や謎を解決するミステリである。

アガサ賞の作品賞には5つのカテゴリ「最優秀長篇賞」「最優秀処女長篇賞」「最優秀短篇賞」「最優秀ノンフィクション賞」「最優秀児童書・ヤングアダルト賞」があり、これらの賞にノミネートされる作品は大会の出席者すべてによる投票で選ばれる。また、「生涯功労賞」「ポアロ賞」もあり、これはあらかじめ理事によって決定される。

作品賞[編集]

最優秀長篇賞 (Best Novel)[編集]

受賞作 ノミネート作
1988年 キャロリン・G・ハート 『舞台裏の殺人』
1989年 エリザベス・ピーターズ 『裸でご免あそばせ』
1990年 ナンシー・ピカード 『虹の彼方に』
1991年 ナンシー・ピカード 『悲しみにさよなら』
1992年 マーガレット・マロン 『密造人の娘』
1993年 キャロリン・G・ハート 『死者の島』
1994年 シャーリン・マクラム 『丘をさまよう女』
1995年 シャーリン・マクラム "If I'd Killed Him When I Met Him"
1996年 マーガレット・マロン 『悪魔の待ち伏せ』
1997年 ケイト・ロス英語版 『マルヴェッツィ館の殺人』
1998年 ローラ・リップマン 『スタンド・アローン』
1999年 アーリーン・ファウラー英語版 "Mariner's Compass"
2000年 マーガレット・マロン "Storm Track"
2001年 リース・ボウエン 『口は災い』
2002年 ドナ・アンドリューズ 『恋するA・I探偵』
2003年 キャロリン・G・ハート 『手紙と秘密』
2004年 ジャクリーン・ウィンスピア英語版 "Birds of a Feather"
2005年 キャサリン・ホール・ペイジ "The Body in the Snowdrift"
2006年 ナンシー・ピカード 『凍てついた墓碑銘』
2007年 ルイーズ・ペニー 『スリー・パインズ村と運命の女神』
2008年 ルイーズ・ペニー 『スリー・パインズ村の無慈悲な春』
2009年 ルイーズ・ペニー "A Brutal Telling"
2010年 ルイーズ・ペニー "Bury Your Dead"
2011年 マーガレット・マロン "Three-Day Town"
2012年 ルイーズ・ペニー "The Beautiful Mystery"
2013年 ハンク・フィリッピ・ライアン英語版 "The Wrong Girl"

最優秀処女長篇賞(Best First Novel)[編集]

受賞作 ノミネート作
1988年 エリザベス・ジョージ 『そしてボビーは死んだ』
(1998年改題『大いなる救い』)
1989年 ジル・チャーチル 『ゴミと罰』
  • エリナ・ボイラン "Working Murder"
  • フランセス・ファイフィールド 『愛されない女』
  • メラニー・ジョンソン・ホウ "The Mother Shadow"
  • エディス・スコム "The Mark Twain Murders"
1990年 キャサリン・ホール・ペイジ 『待ち望まれた死体』
1991年 メアリー・ウィリス・ウォーカー英語版 『凍りつく骨』
  • メアリー・ケイヒル英語版 "Carpool"
  • メアリー・ダンハイム "Just Desserts"
  • レベッカ・ローゼンバーグ 『果樹園殺人事件』
  • アン・ウィリアムズ "Flowers For The Dead"
1992年 バーバラ・ニーリイ英語版 『怯える屋敷』
1993年 ネヴァダ・バー 『山猫』
1994年 ジェフ・アボット英語版 『図書館の死体』
1995年 ジーン・M・ダムズ 『眠れない聖夜』
1996年 アン・ジョージ英語版 "Murder on a Girl's Night Out"
  • デイル・フルタニ英語版 『ミステリー・クラブ事件簿』
  • テリス・マクマハン・グライム "Somebody Else's Child"
  • テリ・ホルブルック英語版 "The Grass Widow"
  • マーガレット・K・ローレンス "Hearts and Bone: A Novel of Historical Suspense"
  • リリアン・M・ロバーツ "Riding For A Fall"
1997年 スジャータ・マッシー英語版 『雪 殺人事件』
  • ジョーン・ドブソン "Quieter Than Sleep"
  • フィリス・リックマン "The Butter Did It"
  • ペニー・ワーナー英語版 『死体は訴える』
  • バーバラ・ジェイ・ウィルスン "Death Brims Over"
1998年 ロビン・ハサウェイ 『フェニモア先生、墓を掘る』
  • ジェリリン・ファーマー英語版 『死人主催晩餐会』
  • ジャクリーン・フィールダー "Tiger's Palette"
  • ジュディ・フィッツウォーター "Dying to Get Published"
  • シャロン・カーン "Fax Me A Bagel"
1999年 ドナ・アンドリューズ 『庭に孔雀、裏には死体』
  • エイプリル・ヘンリー英語版 『フェルメール殺人事件』
  • クリス・ネリ 『花嫁誘拐記念日』
  • エレナ・サンタンジェロ 『将軍の末裔』
  • マーシャ・タリー "Sing It To Her Bones"
2000年 ローズマリー・スティーヴンス "Death on a Silver Tray"
2001年 サラ・ストロマイヤー英語版 『バブルズはご機嫌ななめ』
  • ティム・マイヤーズ "Innkeeping With Murder"
  • チャールズ・オブライアン 『王宮劇場の惨劇』
  • アンディ・ストレイカ英語版 "A Witness Above"
  • アン・ホワイト "An Affinity For Murder"
2002年 ジュリア・スペンサー=フレミング英語版 "In the Bleak Midwinter"
  • ピップ・グレンジャー "Not All Tarts Are Apple"
  • ロベルタ・アイレイブ "Six Strokes Under"
  • クレア・M・ジョンソン "Beat Until Stiff"
  • ナンシー・マーティン "How to Murder a Millionaire"
  • リア・ウェイト英語版 『死体あります―アンティーク・フェア殺人事件』
2003年 ジャクリーン・ウィンスピア英語版 『夜明けのメイジー』
  • エレーネ・フィン "Dealing in Murder"
  • エリン・ハート 『アイルランドの柩』
  • S・W・ハッバード "Take the Bait"
  • マディ・ハンター 『死んでもいきたいアルプス旅行』
  • ジョイス・クレイグ "Murder Off Mike"
  • サラ・スチュアート・テイラー 『狡猾なる死神よ』
2004年 ハーレイ・ジェーン・コザック英語版 『誘惑は殺意の香り』
  • ジュディ・クレメンス "Till the Cows Come Home"
  • パトリシア・ハーウィン "Arson and Old Lace"
  • スーザン・カンデル英語版 『E・S・ガードナーへの手紙』
  • パリ・ノスキン・タイヒェルト "The Clovis Incident"
2005年 ローラ・ダラム 『ウェディングプランナーは眠れない』
  • リサ・ティルマン "Blood Relations"
  • ローラ・ブラッドフォード "Jury of One"
  • マギー・セフトン "Knit One, Kill Two"
  • シャーリー・ダムズガード "Witch Way to Murder"
2006年 サンドラ・パーシャル 『冷たい月』
2007年 ハンク・フィリッピ・ライアン英語版 "Prime Time"
2008年 G・M・マリエット 『コージー作家の秘密の原稿』
  • サラ・アトウェル "Through a Glass, Deadly"
  • クリスタ・デイヴィス "The Diva Runs Out of Thyme"
  • ローズマリー・ハリス 『事件現場は花ざかり』
  • ジョアンナ・キャンベル・スラン "Paper, Scissors, Death"
2009年 アラン・ブラッドリー 『パイは小さな秘密を運ぶ』
  • リサ・ボーク "For Better For Murder"
  • メレディス・コール "Posed for Murder"
  • エリザベス・ダンカン "The Cold Light of Mourning"
  • ステファニー・ピントフ英語版 『邪悪』
2010年 エイヴリー・エイムズ "The Long Quiche Goodbye"
  • ローラ・アーデン "Murder at the PTA"
  • アマンダ・フラワー "Maid of Murder"
  • サッサー・ヒル "Full Mortality"
  • アラン・オルロフ "Diamonds for the Dead"
2011年 サラ・J・ヘンリー "Learning to Swim"
  • ジャネット・ボリン "Dire Threads"
  • ケイ・ジョージ "Choke"
  • ロッチェル・スタッブ "Who Do, Voodoo?"
  • カリ・リー・タウセンド "Tempest in the Tea Leaves"
2012年 スーザン・M・ボイヤー英語版 "Lowcountry Boil"
  • ダッフィー・ブラウン "Iced Chiffon"
  • モリー・コックス・ブライアン "A Scrapbook of Secrets"
  • エリカ・チェイス "A Killer Read"
  • ステファニー・ジェイ・エヴァンス "Faithful Unto Death"
2013年 レスリー・ブードウィッツ "Death Al Dente"
  • シェリー・コスタ "You Cannoli Die Once"
  • ケンデル・リン "Board Stiff"
  • リズ・ムガベロ "Kneading to Die"
  • リンディー・ウォーカー "Front Page Fatality"

最優秀歴史小説賞 (Best Historical Novel)[編集]

受賞作 ノミネート作
2011年 リース・ボウエン "Naughty in Nice"
2012年 カトリオーナ・マクファーソン "Dandy Gilver and an Unsuitable Day for Murder"
2013年 チャールズ・トッド英語版 "A Question of Honor"
  • リース・ボウエン "Heirs and Graces"
  • ケイ・ジョージ "Death in the Time of Ice"
  • J・J・マーフィ "A Friendly Game of Murder"
  • ヴィクトリア・トンプソン "Murder in Chelsea"

最優秀短篇賞 (Best Short Story)[編集]

最優秀児童書・ヤングアダルト賞 (Best Children/Young Adult Fiction)[編集]

最優秀ノンフィクション賞(Best Nonfiction)[編集]

英語版wikipedia Agatha Award参照。

その他の賞[編集]

生涯功労賞(Malice Domestic Award for Lifetime Achievement)[編集]

ポアロ賞(Poirot Awards)[編集]

作家ではないが、ミステリのジャンルで素晴らしい貢献をした個人に与えられる。

  • 2003年 - デヴィッド・スーシェ(俳優)
  • 2004年 - ルース・キャビン(編集者)
  • 2005年 - アンジェラ・ランズベリー(女優)
  • 2006年 - ダグラス・グリーン(出版関係者)
  • 2007年 - 該当者なし
  • 2008年 - ジャネット・ハッチングス(『HQMM』編集者)、リンダ・ランドリガン(『AHMM』編集者)
  • 2009年 - ケイト・スティーン、ブライアン・スクーピン(『ミステリー・シーン』出版者)
  • 2010年 - ウィリアム・リンク(脚本家・プロデューサー)
  • 2011年 - ジャネット・ルドルフ
  • 2012年 - リー・ゴールドバーグ英語版(作家、脚本家、TVプロデューサー)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]