ブラック・コーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラック・コーヒー』(原題: Black Coffee)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティ戯曲エルキュール・ポアロものの推理劇である。1930年にかつてロンドン北西部にあったスイス・コテージのエンバシー・シアターで初演、翌年同市内ウエスト・エンドセント・マーチンズ・シアターにて公演。クリスティ作品の戯曲化は1928年に『アクロイド殺し』を原作とした『アリバイ』があるが、クリスティ自身が執筆した戯曲としてはこれが初作品である。1997年チャールズ・オズボーンによって小説化された。日本語版としては2008年現在、早川書房から戯曲版と小説版の両方が出版されている。

あらすじ[編集]

科学者のクロード・エイモリー卿は、家族を前にして、探偵のエルキュール・ポアロを家に呼んだと言った。彼は、研究していた新しい原子爆発の方程式が盗まれたと言い、部屋を真っ暗にしておく間に、方程式が入った封筒を返すように勧めた。その後、電気がつき、封筒が机に置かれていたが、クロードは死んでおり、封筒はからだった。

登場人物[編集]

エルキュール・ポアロ[1]
ベルギー人の著名な私立探偵。
アーサー・ヘイスティングズ大尉[1]
ポアロの友人(いわゆるワトソン役)。
クロード・エイモリー卿
原子力科学者。60歳位の男性。現代科学界の第一人者[2]であると同時に発明家で特殊な錠の特許を持つ。
リチャード・エイモリー
クロードの息子。好感のもてるイギリス人紳士。
ルシア・エイモリー
リチャードの妻。イタリア人とイギリス人とのハーフで25歳位の美人女性。
キャロライン・エイモリー
クロードの妹。古風だが親切そうな中年女性。
バーバラ・エイモリー
クロードの姪。今風の21歳の女性。
エドワード・レイナー
クロードの秘書。これといって特徴のない28歳の男性。
トレッドウェル
エイモリー家の執事。
カレリ博士
エイモリー家の客。イタリア人男性。
グレアム
クロードのかかりつけの医師。
ジャップ警部[1]
スコットランド・ヤードの警部。
ジョンソン刑事
ジャップ警部が連れてきた警官。

構成[編集]

クロード・エイモリー卿邸の読書室を舞台とする3幕構成。なお、エイモリー邸はロンドンから約25マイル離れたアボット・クレーヴにある。

  • 第1幕 - 午後8時30分
  • 第2幕 - 翌朝
  • 第3幕 - その15分後

書誌情報[編集]

日本語翻訳版のみ記載する。

戯曲版[編集]

小説版[編集]

  • 『ブラック・コーヒー 小説版』中村妙子訳、早川書房(クリスティー文庫)、2004年9月発行、ISBN 4-15-130034-1

脚注[編集]

  1. ^ a b c クリスティの他の作品にも多く登場するキャラクターである。
  2. ^ 第1幕のリチャードの台詞から引用。