死との約束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
死との約束
Appointment with Death
著者 アガサ・クリスティー
訳者 高橋豊
発行日 イギリスの旗1938年5月2日
日本の旗1988年5月31日
発行元 イギリスの旗Collins Crime Club
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 ナイルに死す
次作 ポアロのクリスマス
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

死との約束』(原題:Appointment with Death)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティ1938年に発表した長編推理小説である。

あらすじ[編集]

エルサレムを訪れたポアロが耳にしたのは、「いいかい、彼女を殺してしまわなきゃいけないんだよ。」という男女の囁きだった。 やがて、死海を舞台に殺人事件が起こった。

解説[編集]

物語は2部構成で、第一部は殺人が起こるまで、第二部でその後の顛末が描かれる。ポアロが登場するのは(プロローグと)第二部のみである。

登場人物[編集]

  • エルキュール・ポアロ
  • ボイントン夫人 - 金持ちの老婦人
    原作では名前が明記されていない。下記の映画版においてはエミリー・ボイントン。
  • レノックス・ボイントン - ボイントン夫人の長男
  • ネイディーン・ボイントン - レノックスの妻
  • レイモンド・ボイントン - ボイントン夫人の次男
  • キャロル・ボイントン - ボイントン夫人の長女
  • ジネヴラ・ボイントン - ボイントン夫人の次女
  • ジェファーソン・コープ - アメリカ人、ネイディーンの友人
  • サラ・キング - 女医
  • テオドール・ジェラール - フランス人、心理学者
  • ウエストホルム卿夫人 - 下院議員
  • アマベル・ピアス - 保母
  • カーバリ大佐 - アンマン警察署長、ポアロの旧友

戯曲[編集]

1945年に "Appointment with Death" の題名でクリスティ自身が戯曲化した。ポアロは登場しない。2012年現在、日本語訳は未刊である。

日本語訳[編集]

本作品は、早川書房の日本語版翻訳権独占作品となっている。

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
死との約束 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-33 高橋豊 真鍋博 1978年5月31日 311 4-15-070033-8 絶版
死との約束 早川書房 クリスティー文庫16 高橋豊 「だって、彼女は殺されるんでしょ?」
東野さやか
Hayakawa Design 384 4-15-130016-3

映像化作品[編集]