謎のクィン氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

謎のクィン氏』(なぞのクィンし、The Mysterious Mr Quin)は、1930年に刊行されたアガサ・クリスティの短編集。ハーリ・クィンが初登場する「クィン氏登場」を含めた12編を収録している。初訳(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)は『海から来た男』『翼の折れた鳥』の2分冊で刊行された。『クイン氏の事件簿』(創元推理文庫)という訳題もある。

収録している12編すべてがハーリ・クィンものである。

収録作品[編集]

  • クィン氏登場
  • 窓ガラスに映る影
  • 〈鈴と道化服〉亭奇聞
  • 空のしるし
  • クルピエの真情
  • 海から来た男
  • 闇の声
  • ヘレンの顔
  • 死んだ道化役者
  • 翼の折れた鳥
  • 世界の果て
  • 道化師の小径