情婦 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
情婦
Witness for the Prosecution
監督 ビリー・ワイルダー
脚本 ビリー・ワイルダー
ハリー・カーニッツ
原作 アガサ・クリスティ
検察側の証人
製作 アーサー・ホーンブロウ・Jr
出演者 タイロン・パワー
チャールズ・ロートン
マレーネ・ディートリッヒ
音楽 マティ・マルネック
撮影 ラッセル・ハーラン
編集 ダニエル・マンデル
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1958年2月6日
日本の旗 1958年3月12日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000
テンプレートを表示

情婦』(じょうふ、原題: Witness for the Prosecution)は、1957年製作のアメリカ映画アガサ・クリスティの小説及び戯曲検察側の証人』を原作とする法廷ミステリー。脚本・監督はビリー・ワイルダー

概要[編集]

キャストにはハリウッドの大スターや名優達が名を連ねている。ハリウッド・キングと称された二枚目スター、タイロン・パワーが未亡人殺しの容疑者役、20世紀を代表する女優・エンターティナーであるマレーネ・ディートリッヒがその年上のドイツ人妻に配役された。2人のスターはそれまでにない役柄を演じた。

実質的な主人公である病み上がりの老弁護士には、個性派俳優チャールズ・ロートンが扮した。その口うるさい付き添い看護婦役に配されたのは、実生活のロートン夫人であるエルザ・ランチェスター。二人のコンビネーションは絶妙で、ロートンがアカデミー賞主演男優賞、ランチェスターが助演女優賞にそれぞれノミネートされた。ともにオスカーは逃したが、ランチェスターはゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞した。

ラストに二重のどんでん返しがあり、物語終了後に「この映画の結末を未見の人に話さないでください。」という旨のナレーションが流れることでも知られている。

ストーリー[編集]

1952年イギリスロンドン。法曹界の重鎮としてその名を知られる老弁護士ウィルフリッド卿は、生死を彷徨う重病の床から、口うるさい付き添い看護婦ミス・プリムソル随行で退院を果たした。ウィルフリッドは事務所に落ち着く間もなく、事務弁護士メイヒューに連れられた未亡人殺しの容疑者レナード・ヴォールの弁護依頼を受ける。アリバイの証明者は夫人しかおらず、状況は極めて不利。まもなく彼らの元を警察が訪れ、レナードは殺人容疑で逮捕されてしまう。

善後策を協議するウィルフリッドらの前に、レナード夫人のクリスチーネが現れる。しかし彼女の態度は夫を信じていないかの如き不審なもので、しかも母国ドイツに正式な夫がおり、レナードとは正式な夫婦ではないと言う。クリスチーネが弁護側の証人として頼りにならないと判断したウィルフリッドは、体調を心配する周囲を振り切って弁護を引き受け、夫人の証言なしで公判に挑む決意をする。

裁判が開廷される。検事と弁護人との攻防は一進一退、検察側が繰り出す堅固に思える証言も、老獪なウィルフリッドに突き崩され決定打とはならない。そして評決を翌日に控えた日、クリスチーネが検察側の証人として出廷してくる。彼女は夫のアリバイを否定、偽証を依頼されたとする証言をし、レナードの有罪は確定的となる。クリスチーネの証言が嘘である事を確信するウィルフリッドだが、さすがの名弁護士も夫人の真意を計りかね、反駁の方法を見出せない。

事務所に戻って苦慮するウィルフリッドに謎の中年女性から1本の電話がかかってくる。彼女はクリスチーネの秘密を知っているという。ウィルフリッドとメイヒューは待ち合わせ場所に指定された駅の酒場でその女性と面会し、クリスチーネが恋人に宛てた手紙を入手する。その手紙には彼女は夫レナードに殺人の罪を着せ、恋人と結婚しようとする旨のことが書かれていた。この手紙が決め手となり公判は大逆転、レナードは無罪となり、クリスチーネは偽証の罪に問われる事となる。しかし、弁護士として見事勝利を手にしたウィルフリッドは、あまりにでき過ぎた展開に合点がいかない。そのウィルフリッドに、クリスチーネはある告白を始めた。

キャスト[編集]

主な受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

ノミネート
アカデミー作品賞:アーサー・ホーンブロウ・Jr
アカデミー監督賞:ビリー・ワイルダー
アカデミー主演男優賞:チャールズ・ロートン
アカデミー助演女優賞:エルザ・ランチェスター
アカデミー録音賞:ゴードン・ソーヤー
アカデミー編集賞:ダニエル・マンデル

英国アカデミー賞[編集]

ノミネート
最優秀外国男優賞:チャールズ・ロートン

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
助演女優賞:エルザ・ランチェスター
ノミネート
作品賞 (ドラマ部門)
監督賞:ビリー・ワイルダー
主演男優賞 (ドラマ部門):チャールズ・ロートン
主演女優賞 (ドラマ部門):マレーネ・ディートリッヒ

備考[編集]

  • 二枚目スター、タイロン・パワーは時に演技力不足を指摘されることもあったが、本作で演技派として新境地を開いたとの評価を受けた。しかし、次作の撮影中に心臓発作で急死し、本作が遺作となった。
  • マレーネ・ディートリッヒは歌手としても高名であり、100万ドルの保険を掛けたとされる脚線美でも知られる。本作ではレナードの回想による終戦直後のハンブルクのシーンで歌唱し、56歳にしての脚線美も披露している。
  • チャールズ・ロートンとエルザ・ランチェスター夫妻はイギリス時代から多くの共演作があるが、ロートンが1962年に死去するため、本作が最後の共演映画となった。酒と葉巻好きで不摂生、毒舌家だが、弁護に夢中になると脇目も振らず邁進する使命感の強い老弁護士と、口うるさくプライドが高いが、こちらも使命感の強い付き添い看護婦との機知に富んだやりとりの面白さで、夫婦揃ってアカデミー賞にノミネートされた。
  • ロートン夫妻の他にも第30回アカデミー賞では作品賞、監督賞、編集賞、録音賞の合計6部門にノミネートされたが、そのうち4部門で戦争大作『戦場にかける橋』に敗れるなどして、オスカー獲得はならなかった。
  • 1982年には同作品がテレビドラマ化(邦題は原題と同じ『検察側の証人』)され、映画でチャールズ・ロートンが演じたウィルフリッド・ロバーツ弁護士役をラルフ・リチャードソンが演じた。チャールズ・ロートンとラルフ・リチャードソン、いずれもサー称号を持つシェークスピア演劇俳優である。

外部リンク[編集]