アーサー・ヘイスティングズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーサー・ヘイスティングズ(Arthur Hastings)は、アガサ・クリスティの小説「エルキュール・ポアロ」シリーズに登場する人物。

ポアロの友人。イートン校出身。かつて第一次大戦の戦地に赴いたが、負傷により予備役に退いている。階級は大尉(『スタイルズ荘の怪事件』では中尉)。軍務に就く前まではロイド保険協会で勤務していた。ポアロがイギリスで最初にできた友達である。

ドイルの「シャーロック・ホームズ」もののワトスン役にあたる「ポアロ」シリーズの事件の記録者であり、彼が登場する話では基本的に彼の一人称で記述されている。

人物[編集]

生真面目で正義感が強く、女性には優しい典型的な英国紳士である。女性(特に鳶色の髪の)に対してはロマンを抱いており、必要以上に感情移入して事件を混乱させることもしばしばある。そのような要素も加わって、推理に関しては相当な迷走ぶりを見せ、度々ポアロに呆れられている。しかし時に事件の表層面に惑わされず、本人が気づかないままに本質を見抜き、事件の核心に迫る何気ない一言を発することがあり、これがポアロの事件解決に貢献したことが何度もある。看護師をしている従姉妹がいる。

妻は『ゴルフ場殺人事件』で出会った女性、アクロバット女優ダルシー・デュヴィーン(愛称シンデレラ)。結婚後はアルゼンチンに移住し、牧場を経営する。この牧場経営は妻の助力もあって成功を収めた。従って『ゴルフ場殺人事件』以降の作品ではアルゼンチンに永住したことになっており、イギリスへ一時帰国したという設定で6つの長編に登場するだけとなっている(詳しくは登場作品の節を参照のこと。なお短編『ポアロ登場』の発表は『ゴルフ場』より後だが、物語の時系列上は『ゴルフ場』以前になる)。そのため作品への登場回数は意外にも少ない。

有名なITV制作のテレビシリーズ「名探偵ポワロ」は、いくつか原作と設定を変えている。ドラマでは妻は歌手イザベラ・デュヴィーンである(原作ではダルシーの姉)。なおドラマ版では鉄道への投資に失敗したため破産し、イギリスに帰国して再びポアロの助手を務めるということになっている。

登場作品[編集]

長編[編集]

短編[編集]

  • 1924年 ポアロ登場
    • <西洋の星>盗難事件
    • マースドン荘の悲劇
    • 安アパート事件
    • 狩人荘の怪事件
    • 百万ドル債券盗難事件
    • エジプト墳墓の謎
    • グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
    • 首相誘拐事件
    • ミスタ・ダヴンハイムの失踪
    • イタリア貴族殺害事件
    • 謎の遺言書
    • ヴェールをかけた女
    • 消えた廃坑
    • チョコレートの箱
  • 1939年 黄色いアイリス
    • バクダットの大櫃の謎
  • 1950年 愛の探偵たち
    • ジェニー・ウェイバリーの冒険
  • 1951年 教会で死んだ男
    • 戦勝記念舞踏会事件
    • 潜水艦の設計図
    • クラブのキング
    • マーケット・ベイジングの怪事件
    • 二重の手がかり
    • 呪われた相続人
    • コーンウォールの毒殺事件
    • プリマス行き急行列車
    • 料理人の失踪
    • 二重の罪

戯曲[編集]

他の作家による作品[編集]