トミーとタペンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トミーとタペンス
Tommy and Tuppence
トミーとタペンスシリーズのキャラクター
初登場 秘密機関』(1922年
最後の登場 『運命の裏木戸』(1973年
作者 アガサ・クリスティー
詳細情報
国籍 イギリスの旗 イギリス

トミーとタペンス (Tommy and Tuppence) は、アガサ・クリスティによる長編、および短編作品に登場する、夫婦の探偵あるいは諜報員。クリスティの作品の中でも人気が高い。

概要[編集]

幼馴染の二人は第一次世界大戦直後のロンドンで再会し、国家機密にかかわるちょっとした冒険を経て結ばれる。その後は夫婦で探偵事務所を開くが、本業よりも主にスパイ組織と対決したり、諜報部員として働いたりといったスリラー的な活躍で知られている。役割分担としてはタペンスが直感で突っ走り、トミーがそのフォローに回ることが多い。私生活では男女の双子をもうけたほか、ある事件で知り合った孤児を養女に迎えている。

アガサ・クリスティも気に入っていた主人公のようで、最初に発表された『秘密機関』はクリスティの出版第二作であり、最終作品『運命の裏木戸』はクリスティの最後に執筆した作品である。主人公達も、最初は二人の年を合わせても45にもならなかったが、最終作品ではともに75歳前後になっている。

読者からの人気も高く、新作が発表されていなかった時期は「その後トミーとタペンスはどうしていますか?」などの手紙が世界中からクリスティの元に届いたという。

人物[編集]

  • トーマス・ベレズフォード (Thomas Beresford)
    トミーは愛称。階級は中尉。
    赤毛の好青年で、タペンスとは対照的に慎重に考えて行動するタイプ。
  • プルーデンス・ベレズフォード(Prudence Beresford)
    タペンスは愛称。旧姓はカウリー (Cowley)。
    牧師の娘で、トミーとは対照的に好奇心の強い行動的なタイプ。行動するのは主にタペンスである。

登場作品[編集]

長編[編集]

短編[編集]

    • アパートの妖精
    • お茶をどうぞ
    • 桃色真珠紛失事件
    • 怪しい来訪者
    • キングを出し抜く
    • 婦人失踪事件
    • 眼隠しごっこ
    • 霧の中の男
    • バリパリ屋
    • サニングデールの謎
    • 死のひそむ家
    • 鉄壁のアリバイ
    • 牧師の娘
    • 大使の靴
    • 16号だった男

映像作品[編集]

秘密機関』(1983)、短編集『おしどり探偵』から10編(1983-1984)、『親指のうずき』(2006)がテレビドラマ化されている。また『親指のうずき』は、舞台を現代のフランス翻案したフランス映画アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』(2005)として映像化されている。