ビッグ4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビッグ4
The Big Four
著者 アガサ・クリスティー
訳者 中村妙子ほか
発行日 イギリスの旗1927年
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房ほか
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 ハードカバー
ページ数 282ページ(原著初版、ハードカバー)
前作 アクロイド殺し
次作 青列車の秘密
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ビッグ4』(原題:The Big Four)は、1927年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説である。クリスティ7作目の長編で、エルキュール・ポアロシリーズの長編第4作目にあたる。私立探偵ポアロのシリーズではあるが、扱う題材は国際謀略物であり、サスペンス・冒険小説にも近い。

本作は1924年にスケッチ誌に『4号だった男』のタイトルで連載された短編12編をまとめて一貫した読み物にしたものである(『おしどり探偵』のポアロ編の題名「16号だった男」はこの総題に由来する)。

概要[編集]

本作は発表順ではシリーズ第2作『ゴルフ場殺人事件』に続くポアロシリーズの3作目である(単行本化に際して『アクロイド殺し』が先行した)。ただし、内容は一般的な推理小説とは異なるサスペンス・スリラーとなっており、国際犯罪組織「ビッグ4」とポアロの対決を描く作品となっている。

単行本化された1927年の前年、クリスティは『アクロイド殺し』と、その後の失踪事件で世間的な注目を集め、この先も小説家として生計を立てていくかの決断に迫られていた。その折、夫アーチボルトの兄・キャンベルの勧めでスケッチに連載されていた短編の最新12話を一貫した読み物となるよう手を加えて出版に至った。世間をにぎわした直後であったため初版8500部はすぐに無くなったという[1]

結末でポアロは探偵を引退し、カボチャを栽培する生活を送ることを宣言するが、これは『アクロイド殺し』につながるエピソードである。また、ロサコフ伯爵夫人はその後のシリーズにもしばしば登場する。

あらすじ[編集]

ポアロのもとに、イギリスの情報部員がやってきた。彼は錯乱しており、数字の4を書くばかりである。そして、ポアロとヘイスティングズが少し外出したすきに、その情報部員は殺されてしまった。ポアロは世界征服を企む国際犯罪組織「ビッグ4」を追って大陸へ渡る。

登場人物[編集]

  • エルキュール・ポアロ - 私立探偵。
  • アーサー・ヘイスティングズ - ポアロの友人。
  • リー・チャン・イェン - ビッグ4の首領
  • ジョン・イングルズ - 中国通の退職公務員
  • ジョナサン・ホェイリー - 元船乗り
  • ロバート・グラント - ジョナサンの使用人
  • ジョン・ハリデー - イギリスの科学者
  • マダム・オリヴィエ - フランスの科学者
  • イネズ・ヴェロノー - オリヴィエの秘書
  • エイブ・ライランド - アメリカの大富豪
  • ミス・マーティン - エイブの速記者
  • ジェームズ - エイブの従僕
  • ディーヴズ - エイブの侍僕
  • ペインター - 旅行家
  • ジェラルド - ペインターの甥
  • アー・リン - ペインターの従僕
  • クェンティン - 医者
  • サヴァロノフ - チェスの名人
  • ギルモア・ウィルソン - サヴァロノフへの挑戦者
  • ソーニャ・ダヴィロフ - サヴァロノフの姪
  • クロード・ダレル - 俳優
  • フロッシー・モンロー - クロードの恋人
  • シドニー・クラウザー - イギリスの内務大臣
  • デシャルドー - フランスの首相

出版[編集]

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
ビッグ4 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-77 田村隆一 真鍋博 1984年 282 4-15-070077-X 絶版
ビッグ4 早川書房 クリスティー文庫4 中村妙子 解説 若島正 Hayakawa Design 2004年 335 4-15-130004-X
謎のビッグ・フォア 東京創元社 創元推理文庫 厚木淳 1976年5月21日 266 4-488-10527-3

訳注[編集]

  1. ^ 『ビッグ4』中村妙子早川書房、訳者あとがき