蒼ざめた馬 (アガサ・クリスティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

蒼ざめた馬』(あおざめたうま、原題:The Pale Horse)は、1961年に発表されたアガサ・クリスティ推理小説である。ノンシリーズ作品ではあるが、アリアドニ・オリヴァ夫人が登場する。

あらすじ[編集]

執筆活動に嫌気が差し、カフェへと出向いたマーク。しかしカフェでは、2人の女性が喧嘩を始めてしまう。警官の登場によって何とかその場は収まったが、それから約1週間後、マークは新聞の死亡欄で女性の片方が死んだと知る。

主な登場人物[編集]

  • マーク・イースターブルック:学者
  • アリアドニ・オリヴァ:推理作家
  • ゴーマン神父:司祭
  • デイヴィス夫人:神父の助けを求めた女性
  • ジム・コリガン:警察医
  • ルジューン:警部
  • ザカライア・オズボーン:薬剤師
  • ハーミア・レッドクリフ:マークの女友達
  • デイヴィッド・アーディングリー:マークの友人、歴史学の講師
  • ポピー:デイヴィッドの女友達、花屋勤務
  • ローダ・デスパード:マークのいとこ
  • ヒュー・デスパード:ローダの夫、大佐
  • ジンジャー:マークの女友達
  • デイン・キャルスロップ夫人:牧師夫人
  • サーザ・グレイ:「蒼ざめた馬」館の住人
  • シビル・スタンフォーディス: 〃
  • ベラ・ウェッブ:「蒼ざめた馬」館の料理人
  • ヴェナブルズ:プライアーズコートの住人
  • ブラッドリー:元弁護士

映像化[編集]

テレビドラマ

その他[編集]

  • 作品の表題は、『ヨハネの黙示録』第6章に記される4人の騎士のうち、「死」を象徴する第四の騎士が蒼ざめた馬に乗って現れることに由来する。
  • オリヴァ夫人は本作より以前に『ひらいたトランプ』『マギンティ夫人は死んだ』『死者のあやまち』でエルキュール・ポアロと共演している。
  • 作中でオリヴァ夫人は犯人探しのゲームを企画したら本物の死体が出てきたと語っているが、恐らくこれは『死者のあやまち』での出来事である。
  • デイン・キャルスロップ夫人は本作より以前に『動く指』に登場し、ミス・マープルを事件に引っ張り込む役割を果たしている(『動く指』では「キャルスロップ」が「カルスロップ」と表記されている)。
  • ローダとヒュー・デスパードは本作より以前に『ひらいたトランプ』に出演している。
  • 本作に登場するトリックについては、実際に実行されていたのが、本作を読んでいた人によって発見され解決したという事例が複数ある。