ゴルフ場殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴルフ場殺人事件
The Murder on the Links
著者 アガサ・クリスティー
訳者 田村隆一ほか
発行日 イギリスの旗1923年
日本の旗
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房ほか
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 秘密機関
次作 ポアロ登場
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示


ゴルフ場殺人事件』(原題:The Murder on the Links)は、1923年に発表されたイギリス小説家アガサ・クリスティの長編推理小説

探偵エルキュール・ポアロが登場するシリーズの作品のひとつである。


あらすじ[編集]

ポアロヘイスティングズは、命を助けてほしいという依頼を受け、フランスに赴くが、すでに依頼人は殺されていた。その後まもなく、依頼人と同じ凶器で刺されていた浮浪者の死体が見つかる。

登場人物[編集]

  • エルキュール・ポアロ - 私立探偵
  • アーサー・ヘイスティングズ - ポアロの友人、物語の語り手
  • ポール・ルノー - 依頼人の富豪
  • エロイーズ・ルノー - ポールの妻
  • ジャック・ルノー - ポールの息子
  • ガブリエル・ストーナー - ポールの秘書
  • ドーブルーユ夫人 - マルグリット荘主人
  • マルト・ドーブルーユ - ドーブルーユ夫人の娘
  • シンデレラ - アクロバット芸人
  • リュシアン・ベー - 警察署長
  • オート - 予審判事
  • ジロー - パリ警察刑事

出版[編集]

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
ゴルフ場殺人事件[1] 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-66 田村隆一 アガサ・クリスティー
長篇著作リスト
真鍋博 1982年 325 4-15-070066-4 絶版
ゴルフ場殺人事件 早川書房 クリスティー文庫2 田村隆一 「ポアロとわたし」
熊倉一雄
Hayakawa Design 2004年 411 4-15-130002-3
ゴルフ場殺人事件 早川書房 クリスティー文庫2 田村義進 「ポアロとわたし」
熊倉一雄
Hayakawa Design[2] 改訳2011年7月9日 411 4-15-131002-7
ゴルフ場の殺人 東京創元社 創元推理文庫 中村能三 1976年1月23日 345 4-488-10525-9
ゴルフ場の殺人 講談社 講談社青い鳥文庫 花上かつみ 高松啓二 2004年1月15日 358 4-06-148638-1 新書判


映像化[編集]

TV作品

劇中の表示では事件発生は1936年。事件の発生が実在のリゾート地ドーソンである、ヘイスティングスのロマンスの相手に姉妹がいないなど、設定も一部改変されている。
「サンドリヨン」はシンデレラのフランス語読み。

脚注[編集]

  1. ^ 本刊は、「ミステリハンドブック アガサ・クリスティー」(原書房)の巻末書誌リストによれば、創元推理文庫の『ゴルフ場の殺人』(中村能三訳)に比べて全体の9割ほどしかない抄訳となっている。
  2. ^ クリスティ文庫新訳シリーズ/期間限定カバー:安西水丸もある。