安西水丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

安西 水丸(あんざい みずまる、本名:渡辺 昇(わたなべ のぼる)、1942年7月22日 - 2014年3月19日)は、日本のイラストレーター漫画家エッセイスト作家絵本作家

来歴[編集]

東京都港区赤坂生まれ。血液型AB型。7人兄弟の末っ子で姉が5人いた。一番下の姉とは7つ離れている。生家は祖父の代から建築設計事務所を営んでいた[1]

1945年、重い喘息を患い、母の郷里である千葉県千倉町(現・南房総市千倉町)へと移住[1]。幼少期を千倉で暮らす。その頃の体験や思い出は、初期の漫画作品、エッセイ、小説など多くの作品に登場している。「千倉」は安西水丸にとっての、重要なキーワードとなっている。千倉はすべての心象のルーツであるように描かれている。1949年、千倉町立七浦小学校に入学[1]

1961年日本大学豊山高等学校卒業。日本大学藝術学部美術学科造形コースに入学。1965年、同大学を卒業。電通アートディレクターとして就職。1969年、同社を退社して渡米。現地でADアソシエイツ(N.Y.のデザインスタジオ)に就職[2]

1971年、帰国。平凡社のADとなり、そこで当時雑誌『太陽』の編集をしていた嵐山光三郎に誘われたのをきっかけに、デザイナーからイラストレーターへと転向。ペンネームの「安西」は、嵐山から「あ」がつく名前がいいと言われ、祖母の苗字「安西」から取った。また「水丸」は、子どもの頃から「水」という漢字が好きだったことから。

また、嵐山の紹介で、『ガロ』等で多数の漫画も発表していた。

1979年、「パレットクラブ」発足。メンバーは、ペーター佐藤原田治、当時「ポパイ」のアートディレクターの新谷雅弘の4人。パレットクラブから派生した東京築地にあるイラストの学校「パレットクラブ・スクール」に於いては、講師にも就いている。

1981年、安西水丸事務所を設立し、本格的にフリーのイラストレーターとなる。その後イラストレーターと平行して日藝の講師を1991年から2003年まで務める。

1987年3月、エッセイ集『青インクの東京地図』を刊行。以降、エッセイや小説も発表する。小説の代表作に『メランコリー・ララバイ』、『バードの妹』、『アマリリス』など。

2005年東京イラストレーターズ・ソサエティの理事長に就任。

2013年1月、個展「1984 ~ 2013 vol.1 : MIZUMARU ANZAI ORIGINAL WORKS」と「1987 ~ 2013 vol.2 : MIZUMARU ANZAI SILK SCREENS」をスペースユイにて開催。

2014年3月17日に神奈川県鎌倉市にて執筆中に倒れ、病院に搬送されて治療を受けていたが、3月19日の21時7分、脳出血のために死去した[3]。71歳没。

同年8月19日、玄光社よりムック『イラストレーション緊急増刊 安西水丸 青空の下』が刊行される。

同年10月17日から11月20日まで、「安西水丸展」が銀座のクリエイションギャラリーG8で開かれる[4]

エピソード[編集]

  • 村上春樹の小説に多数登場する「渡辺昇」あるいは「ワタナベノボル」は、安西水丸の本名が元となっている[6][7]
  • スノードームのコレクターとしても知られる。「日本スノードーム協会」会長(事務局長:百瀬博教)であり、コレクションを本にしている。また、ブルーウィローの絵柄の陶器もコレクションしている。

著書[編集]

  • ピッキーとポッキー あらしやまこうざぶろう、あんざいみずまる (福音館書店 1976年3月)
  • 安西水丸ビックリ漫画館 (ブロンズ社 1977年5月)
  • ふりかえりおじさん あんざいみずまる (コーキ出版 1979年11月)
  • ピッキーとポッキーのかいすいよく あらしやまこうざぶろう、あんざいみずまる (福音館書店 1980年8月)
  • ハナクロ探検隊 (けいせい出版 1981年4月)
  • バスにのりたかったおばけ あんざいみずまる (好学社 1981年7月)
  • 東京エレジー (青林堂 1982年5月)
  • 普通の人 (JICC出版局 1982年12月)
  • 象工場のハッピーエンド 村上春樹文、安西水丸絵 (CBS・ソニー出版 1983年12月)
  • 食卓のプラネタリウム 山本益博著、安西水丸画 (講談社 1984年5月)
  • 村上朝日堂 村上春樹、安西水丸 (若林出版企画 1984年7月)
  • のりものおばけのんのん 矢玉四郎さく、安西水丸え (PHP研究所 1984年9月)
  • 新日本漫遊記 松木直也文、安西水丸画 (CBS・ソニー出版 1984年11月)
  • 水玉全集 小玉節郎文、安西水丸絵 (JICC出版局 1985年3月)
  • 安西水丸vs.奥村靫正 安西水丸、奥村靫正小学館 1985年10月)
  • 東京こちょこちょ物語 松木直也文、安西水丸画 (若林出版企画 1985年10月)
  • 村上朝日堂の逆襲 村上春樹、安西水丸 (朝日新聞社 1986年6月)
  • ポストカード (学生援護会 1986年7月)[8]
  • ランゲルハンス島の午後 村上春樹文、安西水丸絵 (光文社 1986年11月)
  • ぷーぷーぷー 嵐山光三郎文、安西水丸絵 (あすなろ書房 1986年10月)
  • 青インクの東京地図 (講談社 1987年3月)
  • 日出る国の工場 村上春樹、安西水丸 (平凡社 1987年4月)
  • 青の時代 (青林堂 1987年4月)
  • がたんごとんがたんごとん (福音館書店 1987年6月)
  • 春はやて (筑摩書房 1987年12月)
  • 黄色チューリップ (角川書店 1988年6月)
  • 村上朝日堂はいほー!文化出版局 1989年5月)
  • アマリリス (新潮社 1989年6月)
  • 青山の青空 (PHP研究所 1989年8月)
  • 70パーセントの青空 (角川書店 1989年10月)
  • シネマ・ストリート (キネマ旬報社 1990年2月)
  • Mysteric restaurant A to Z (架空社 1990年7月)
  • 朱色の島バリ 稲越功一、安西水丸 (扶桑社 1990年8月)
  • 冬の電車 (徳間書店 1990年10月)
  • 手のひらのトークン (新潮社 1990年10月)
  • リヴィングストンの指 (マガジンハウス 1990年10月)
  • エンピツ絵描きの一人旅 (新潮社 1991年10月)
  • 十五歳のボート (平凡社 1992年3月)
  • 平成版普通の人 (南風社 1993年4月)
  • エンピツ画の風景 (日本文芸社 1993年7月)
  • シネマ・ストリートpart2 (キネマ旬報社 1993年9月)
  • 荒れた海辺 (新潮社 1993年12月)
  • 草のなかの線路 (徳間書店 1994年1月)
  • ガラスのプロペラ (誠文堂新光社 1994年4月)
  • 空を見る (PHP研究所 1994年7月)
  • 町の誘惑 安西水丸、稲越功一 (宝島社 1994年9月)
  • ぼくの映画あそび (広済堂出版 1995年3月)
  • ストローハウスからの手紙 (毎日新聞社 1995年5月)
  • 夜のくもざる 村上春樹、安西水丸 (平凡社 1995年6月)
  • 丘の上 (文藝春秋 1995年11月)
  • スノードーム 安西水丸、百瀬博教 (日本スノードーム協会 1996年2月)
  • 青山の青空2 (清水書院 1996年4月)
  • うずまき猫のみつけかた 村上春樹、安西水丸 (新潮社 1996年5月)
  • 普通の食事 山本益博、安西水丸 (マガジンハウス 1996年9月)
  • アトランタの案山子、アラバマのワニ 安西水丸文、小平尚典写真 (小学館 1996年8月)
  • 村上朝日堂はいかにして鍛えられたか 村上春樹、安西水丸 (朝日新聞社 1997年6月)
  • スケッチブックの一人旅 (JTB 1997年11月)
  • 青山へかえる夜 (マガジンハウス 1998年1月)
  • カレーを食べに行こう 安西水丸とカレーの地位向上委員会編 (平凡社 1998年3月)
  • メランコリー・ララバイ (日本放送出版協会 1998年5月)
  • ふわふわ 村上春樹、安西水丸 (講談社 1998年6月)
  • 夜の草を踏む (光文社 1998年7月)
  • CD-ROM版村上朝日堂 夢のサーフシティー 村上春樹、安西水丸 (朝日新聞社 1998年7月)
  • ぼくのいつか見た部屋 (KSS出版 1998年8月)
  • バードの妹 (平凡社 1998年9月)
  • たびたびの旅 (フレーベル館 1998年10月)
  • 安西水丸の二本立て映画館 前篇 (朝日新聞社 1998年11月)
  • 安西水丸の二本立て映画館 後篇 (朝日新聞社 1998年11月)
  • 安西水丸が見た建設の世界 安西水丸、増田彰久 (大成建設広報部 1999年3月)
  • 三月の魚 岸田ますみ画集 岸田ますみ画、安西水丸詩 (新潮社 1999年8月)
  • ニッポン・あっちこっち (家の光協会 1999年11月)
  • さるとかに 日本昔話 蘭巴文、安西水丸絵 (小学館 2000年3月)
  • 4番目の美学 (心交社 2000年6月)
  • 東京美女2 小沢忠恭写真、安西水丸文 (モッツ出版 2000年7月)
  • おんなの仕種 (中央公論新社 2001年3月)
  • CD-ROM版村上朝日堂 スメルジャコフ対織田信長家臣団 村上春樹、安西水丸 (朝日新聞社 2001年4月)
  • メロンが食べたい (実業之日本社 2001年10月)
  • 魚心なくとも水心 (ぴあ 2002年3月)
  • サボテンの花 (実業之日本社 2002年6月)
  • 美味しいか恋しいか (光文社 2002年8月)
  • No idea 安西水丸、和田誠 (金の星社 2002年10月)
  • 少年カフカ 村上春樹、安西水丸 (新潮社 2003年6月)
  • 青豆とうふ 安西水丸、和田誠 (講談社 2003年9月)
  • あげたおはなし 中山千夏ぶん、安西水丸え (自由国民社 2005年5月)
  • 彼はメンフィスで生まれた アメリカン・ジャーニー 安西水丸文、小平尚典写真 (阪急コミュニケーションズ 2005年7月)
  • クッキーのおべんとうやさん (ポプラ社 2005年7月)
  • テーブルの上の犬や猫 安西水丸、和田誠 (文藝春秋 2005年7月)
  • りんごりんごりんご・りんごりんごりんご (主婦の友社 2006年1月)
  • クッキーのぼうしやさん (ポプラ社 2006年1月)
  • 「これだけは、村上さんに言っておこう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける330の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? 村上春樹、安西水丸 (朝日新聞社 2006年3月)
  • おばけのアイスクリームやさん (教育画劇 2006年6月)
  • 大衆食堂へ行こう (朝日新聞社 2006年8月)
  • 「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? 村上春樹、安西水丸 (朝日新聞社 2006年11月)
  • はるのどきどきマジック! きむらゆういちのしかけクイズえほん きむらゆういち作、安西水丸絵 (教育画劇 2007年2月)
  • 村上かるた うさぎおいしーフランス人 村上春樹、安西水丸 (文藝春秋 2007年3月)
  • おさるのケーキやさん (教育画劇 2007年6月)
  • 水丸劇場 (世界文化社 2014年6月)
  • イラストレーション緊急増刊 安西水丸 青空の下 (玄光社 2014年8月)

翻訳書[編集]

  • ハリーズ・バー 世界でいちばん愛されている伝説的なバーの物語 アリーゴ・チプリアーニ (にじゅうに 1999年2月)
  • 真夏の航海 トルーマン・カポーティ (ランダムハウス講談社 2006年9月)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 村上春樹、安西水丸『夢のサーフシティー』朝日新聞社、1998年7月。「安西水丸の宝箱」ホームページ展より。
  2. ^ 『イラストレーション緊急増刊 安西水丸 青空の下』玄光社、2014年8月、110-111頁。
  3. ^ “安西水丸さん死去 イラストレーター・作家 71歳”. 朝日新聞. (2014年3月24日). http://www.asahi.com/articles/ASG3S44BRG3SUCFI005.html?iref=comtop_6_02 2014年3月24日閲覧。 
  4. ^ 安西水丸展 リクルートの2つのギャラリー
  5. ^ 『夢のサーフシティー』に収録された対談のタイトルは「南青山『愛人カレー』対談」。『スメルジャコフ対織田信長家臣団』に収録され対談のタイトルは「『人妻・愛人スポーツクラブ』対談」。
  6. ^ 和田誠『仕事場対談―和田誠と27人のイラストレーター』河出書房新社、2001年12月。
  7. ^ 安西の本名である「渡辺昇」が村上春樹の小説に使われたのは以下の8作品。「象の消滅」、「ファミリー・アフェア」、「双子と沈んだ大陸」、「ねじまき鳥と火曜日の女たち」、「中断されたスチーム・アイロンの把手」、そしてショートショート集『夜のくもざる』に収められた「鉛筆削り (あるいは幸運としての渡辺昇①)」、「タイム・マシーン (あるいは幸運としての渡辺昇②)」、「タコ」。
  8. ^ 本書には村上春樹の短編小説「中断されたスチーム・アイロンの把手」が収録されている。

外部リンク[編集]