邪悪の家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
邪悪の家
Peril at End House
著者 アガサ・クリスティー
訳者 田村隆一
発行日 イギリスの旗1932年
日本の旗
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房ほか
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 シタフォードの秘密
次作 火曜クラブ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

邪悪の家』(原題:Peril at End House)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティ1932年に発表した長編推理小説である。戦後初めて日本語訳された長編で、最初の単行本が早川書房から出版されなかった3作のうちの一つである[1]

あらすじ[編集]

イギリスの南部海岸で休暇を楽しむポアロは、「3日間に3度も命が助かった」と話すニックという女性に出会う。別れたあと彼女が忘れていった帽子のつばにできた穴が狙撃によるものだと見抜いたポアロは、4度も命を狙われ、なお迫る危機からニックを守るため、また、こともあろうに希代の名探偵の目前で殺人を犯そうとした、”不運な”犯人に対する決意を胸に彼女の家「エンド・ハウス」へ急行する。

登場人物[編集]

エルキュール・ポアロ
私立探偵
ヘイスティングズ
ポアロの友人
ニック・バックリー
エンド・ハウスの女主人
マギー・バックリー
ニックの従妹
チャールズ・ヴァイス
ニックの従兄。弁護士
エレン・ウィルスン
エンド・ハウスのメイド
ウイリアム
エレンの夫。園丁
アルフレッド
エレンの息子
バート・クロフト
番小屋の住人
ミルドレッド
バートの妻
フレデリカ・ライス
ニックの友人
ジョージ・チャレンジャー
海軍中佐
ジム・ラザラス
美術商
マイケル・シートン
飛行家
グレアム
医師
ウエストン
警察署長
ジェームズ・ジャップ
警部

出版[編集]

他に『エンド・ハウスの怪事件』、『エンド・ハウス殺人事件』及び『危機のエンドハウス』などの邦題での出版がある。

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
邪悪の家 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-75 田村隆一 あとがき 田村隆一 真鍋博 1984年6月15日 329 4-15-070075-3 絶版
邪悪の家 早川書房 クリスティー文庫6 田村隆一 解説 石崎幸二 Hayakawa Design 411 4-15-130006-6
エンド・ハウスの怪事件 東京創元社 創元推理文庫 厚木淳 装画:ひらいたかこ
装幀:小倉敏夫
1975年12月12日
改版2004年1月30日
342 4-488-10541-9

脚注[編集]

  1. ^ 松本恵子訳『みさき荘の秘密』講談社